経済産業省の望月晴文事務次官は21日、高松市内で記者会見し、事業仕分け第2弾に関して「改革すべきは改革するという対応をしておけば、落ち着いた気持ちで臨める」と述べ、自らの改革姿勢に自信をみせた。既に経産省は独自に独立行政法人への「丸投げ」廃止など仕分けを実施している。 

地裁執行官2人、無断設置カメラで職場監視(読売新聞)
三浦の新名物「アカモク」食べごろ 健康食品としても注目(産経新聞)
<火災>強風で8棟焼き延焼中 札幌(毎日新聞)
「小沢幹事長らは説明責任果たしている」 民主・平田氏(産経新聞)
アカウミガメ 産卵期前に清掃活動…愛知・表浜海岸(毎日新聞)