全国の保守系地方議員が結束して国政に対し声をあげていこうという「草の根の声で日本を変える! 四・一七全国地方議員緊急決起集会」が17日、都内で開かれた。地方議員約450人が参加し鳩山政権を厳しく批判した。

 来賓の石原慎太郎都知事は「今度の参院選は外国人参政権を与えるか与えないかの選挙」と指摘、「日本の運命を左右しかねない問題。国が売られようとしている。頑張りましょう」と激励。日教組と民主党の癒着や外国人参政権問題、民主党幹事長への陳情一本化など政権への批判が続出した。

亀井氏「外国人参政権付与は日本滅ぼす」(読売新聞)
派遣社員遺族の請求棄却=自殺、うつ病認定されず-仙台地裁(時事通信)
天皇、皇后両陛下が浅田選手にお声かけ 春の園遊会 (産経新聞)
医療器具販売会社に破産開始決定―東京地裁(医療介護CBニュース)
りそな銀退職者、年金減額が確定 最高裁が上告不受理(産経新聞)