鳩山由紀夫首相は24日午前の参院予算委員会で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関し「決して県外をあきらめていない。当然、選択肢に含まれている」と述べ、県外移設を断念したとの見方を否定した。

 首相はこれに先立ち、公邸前で記者団に「3月いっぱいには政府案をまとめる。それは約束するし、それをもって米国にも沖縄の皆様方にも理解を求める」と改めて強調。「どこかに絞り込んだということではない」と述べるにとどめた。【鈴木直、野原大輔】

【関連ニュース】
普天間移設:政府案へ大詰め 関係閣僚が協議
普天間移設:官房長官と国民新の下地氏が会談
普天間移設:鳩山首相、米に理解求めていく考えを強調
普天間移設:23日に協議 政府案まとめ目指す
普天間移設:鳩山首相「難しいけれど頑張っている」

<新聞協会>78紙が同じ広告を一斉掲載(毎日新聞)
亀井郵政改革相 郵貯限度額「修正せず」 郵政非正規社員と交流(産経新聞)
<あま市>七宝、美和、甚目寺3町が合併で誕生 愛知(毎日新聞)
飲酒運転で当て逃げか、米兵逮捕=道交法違反容疑-沖縄県警(時事通信)
強風でシャッター外れ、3人軽傷 東京・調布(産経新聞)