法務省所管の社団法人「民事法情報センター」が、理事長を務める元最高裁判事の香川保一氏(88)に、無担保無利子で1500万円を貸し付けていた問題で、センターが近く解散する方針を固めたことがわかった。

 解散には、社員(会員)の4分の3以上の賛同が必要で、近く総会を開いて正式決定する。

 センターによると、26日に開いた理事会で決めた。センターが抱える約4億円の内部留保は民法の規定で、国庫に寄付される見通し。センターの岩佐勝博常務理事は、解散の理由について「公益法人として社会的に迷惑をかけたため」としている。

 この問題を巡っては、千葉法相が「公益法人として不相当」として、同省が調査を進めていた。

<犯罪被害者支援>施策知らぬ被害者ら多く 認知度調査で(毎日新聞)
元秘書有罪判決、首相「責任痛感、一生の戒め」(読売新聞)
猿橋賞に高橋奈良先端大教授=体形成の仕組みで先駆的研究(時事通信)
設計起因のリコール増える…車両使用長期化が影響(レスポンス)
懐かしのグッズも 千葉そごうで「ハローキティ展」(産経新聞)