自民党の町村信孝元官房長官(衆院比例代表北海道ブロック)は23日、札幌市で講演し、北海道教職員組合の違法献金事件で陣営幹部らが起訴された小林千代美民主党衆院議員(北海道5区)が辞職した場合の対応について、「仮に補欠選挙になれば、議員辞職して立候補する」と述べ、同区の補選に出馬する考えを表明した。 

【関連ニュース】
消費税上げ、公約明記を=自民・町村氏
舛添氏離党、当然視=「党の顔」失い動揺も
町村派を退会=自民・山本氏
党勢回復へ道筋見えず=世代間対立が激化
額賀派がパーティー=野党になって出席者半減

大久保元秘書を聴取=小沢氏処分近く協議―陸山会虚偽記載・東京地検(時事通信)
小沢氏、連合会長と「二人三脚」=参院選へ労組票固め(時事通信)
ワクチン使用判断へ=口蹄疫の感染拡大防止で―農水省(時事通信)
<窃盗>自転車かごの300万円ひったくられる 大阪・吹田(毎日新聞)
補助人工心臓2つ装着に成功 阪大、自宅で移植待機、外出可(産経新聞)