自分が店長を務める大型スーパーで万引きした男から現金を脅し取ったとして、岡山県警玉島署は5日、同県倉敷市玉島八島、スーパー「トライアル倉敷店」店長、柴田浩司容疑者(39)と副店長の男(35)、保安員の女(55)の3人を恐喝容疑で逮捕したと発表した。柴田容疑者は容疑を認めているという。

 3人の容疑は昨年11月13日、パソコン周辺機器とおにぎり計2点(1377円相当)を万引きした倉敷市の無職の男(48)から現金50万円を脅し取ったとされる。玉島署で調べを受けた男性が同日夕、被害弁償に兄(50)と同店を訪れたところ、柴田容疑者らは「あなたは約1年前から1日3回くらい来店した。1回1000円として109万5000円を払わなければならない。これは当社の方針。明日までに支払えないのなら警察に言う。刑務所に入ってもらい、お兄さんも仕事ができなくなる」と脅し、男性は翌日、現金を届けたという。

 スーパーの広報担当者は「事実確認中でコメントできない。万引きした客に、業務に支障をきたした範囲で弁償を求めることはある」と説明した。【石井尚】

【関連ニュース】
強盗容疑:万引きし外へ、呼び止められ暴行 小学教諭逮捕
窃盗容疑:万引き遺留品のバイクを署から奪還 少年を逮捕
陸自善通寺駐屯地:欠勤や万引きの陸士長を懲戒免 /香川
万引き:容疑で三郷市議を逮捕 /埼玉
窃盗:容疑の県係長を懲戒免職 県、上司3人も処分 /徳島

ラーメン具の定番「なると」、ブームに乗れず…(読売新聞)
DNAデータベース拡大(産経新聞)
「勉強になる」接客アルバイト人気(産経新聞)
<国分寺路上遺体>20代の男6人 殺人容疑で再逮捕(毎日新聞)
「地域ソーシャル法が必要」―民主・介護議連会長(医療介護CBニュース)