【ワシントン時事】鳩山由紀夫首相は12日午前(日本時間13日未明)、政府専用機でワシントンに到着した。首相は、当地で12、13両日に開かれる核安全保障サミットに出席し、核不拡散に向けた日本の貢献策を表明する。また、オバマ米大統領とも意見交換の場を持ち、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について、5月中の決着を目指して検討作業を続ける方針を伝える。
 首相はサミットで、唯一の被爆国として、オバマ大統領が目指す「核なき世界」の実現に向け、緊密に連携していく方針を強調。核施設防護の専門家育成の国際拠点を茨城県東海村につくるなどとした構想について説明する。 

【関連ニュース】
政府・民主党、支持率続落に広がる危機感=首相「踏ん張りどころ」
核安保サミット開幕へ=米大統領主宰で最大級
「県外への機能移転」検討=北マリアナ諸島は否定的
普天間で米大統領に協力要請へ=鳩山首相、核サミットへ出発

北日本は大荒れ、東日本はポカポカ(産経新聞)
<諫早湾干拓事業>検討委「4月末ごろ方向性」 現地視察へ(毎日新聞)
都公安委に苦情申し出=長官銃撃の警視庁発表で-アレフ(時事通信)
女児にわいせつ 消防士長を逮捕 容疑で兵庫県警(産経新聞)
<新党>名称は「たちあがれ日本」 平沼氏ら結成(毎日新聞)