国土交通省は18日、毎年6月に実施している自動車運送事業者重点監査月間で、今年度は貸切バス事業者を対象に重点監査を行うと発表した。

貸切バス事業者を巡っては、2007年2月に発生した、あずみ野観光バス死傷事故を踏まえ、07年度の重点監査月間の対象としたが、昨今でも車両火災事故が続発しているほか、車検切れ車両による運行、点呼未実施・過労運転の疑いのある運行など法令違反事業者が散見されている。

このため10年度の重点監査月間では、07年度監査のフォローアップの意味も併せて監査を行う。

監査対象は、2000年2月以降監査を受けていない事業者や07年度監査で行政処分後の苦情や内部告発があった事業者、車検切れ車両を保有している事業者、運行管理者の特別講習を受講していない事業者など。

《レスポンス 編集部》

【関連記事】
東レ、エアバスに航空機用炭素繊維プリプレグを供給
ローム、超小型パッケージ化した車載用SPIバスEEPROMを開発
ドコモ向け「地図アプリ」を更新、ガソリン価格やバス停情報を追加
国土交通省 特別編集

【関西印 うまいもん】オムライス ふわとろっ、老舗の集大成(産経新聞)
<新党改革>荒井幹事長が出馬表明 参院選比例(毎日新聞)
遺棄女性へ保険2100万、発見直前に半分解約(読売新聞)
F22が来週から嘉手納基地に=哨戒艦沈没に絡み存在示す? ―米空軍(時事通信)
<裁判員制度>裁判官も「良い経験」…東京高裁で意見交換会(毎日新聞)