Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray] Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

アニプレックス 2010-06-23
売り上げランキング : 14
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 

朝に弱い自分が(仕事ある日は)早起きして朝に視聴しているため、見落としや何かもいろいろ出てくるだろうなぁとは思っていたものの、第一話の他の人の感想を見ていたらやっぱりそういうところがありそうで、時間があるならもう一回くらい見たほうがいいのかなぁと思うところです。

第一話の感想を見ていて何が一番驚いたかって、ゆり=ハルヒを連想した人がほとんどだったことですからね(笑)。言われてみればなるほどとは思うのですけど、私はちっとも思いつきませんでしたよ。……というか、第二話を見てもやっぱり見ている最中は、ゆりはゆりでしかないしなぁ……。

(※4/10 夕方 書き忘れていたことを追記しました)

 

まあ、それはそれとして。二話目からはOPもお披露目です。

取り敢えず、キャラ名を表示してくれるのがありがたいなぁ、と(笑)。徐々に覚えていこうとは思っていましたが、これで少しは助かりそうです。

あと気になるのは、アイキャッチ……というよりタイトルロゴに付いている線。心電図(?)っぽいなぁと思っていたのですけど、これがOP映像でも何回か挿入されているのを見て、やはりこれも伏線の一つなのかなぁ、と。何せ世界観があんな感じなので、実は死後の世界ではない、という可能性も十分ありますからね。どうしても、実はみんな昏睡状態か何かで見ている夢のようなもの、という説を考えてしまいますから。

 

あの世界の正体については、第一話の天使の迎撃シーンで、電脳世界を思わせる描写があったらしいというのを他の人の感想で見たので、そういう可能性もあるわけですが。

場面が変わると挿入される現在地を示すテロップも、実はそういう意図なのかもしれませんし、この物語の設定自体が全体的にゲームっぽいのはありますからね。死んでも一定時間で復活するとか、PCでもモブでもあり得ることですし、今回はストーリーがトラップをかいくぐりながら目的地を目指すというものだけあって、ダンジョン探索しているような感じもありましたし。

……まあ、ゲーム世界なら、何でゆりたちは自分たちを死者だと思っているのか、という疑問が出てきますけど。

 

第二話のメインは「ギルド」と呼ばれる武器工場への武器調達ということで、第一話の時点では謎だったことが一つ解明された感じです。取り敢えず今回の話を見て、やっぱりその辺の謎はちゃんと回を追うごとに回収していってくれるんだなぁと思えたのでちょっと安心したところでしょうか。

最初に明かされたのが「どうやって武器の調達をしているか」だったのは、地下ダンジョン攻略という分かりやすく楽しめそうな展開だったのと、あとはやはりそれが真っ先に種を明かしても大丈夫な伏線だったのかな、と。個人的には、「何故大人がいないのか」「何故同じ年頃の少年少女ばかり(というか高校生限定)なのか」「天使とは何なのか」という辺りが気になっているのですが……特に三つ目は核心っぽい気がするので、完全に明らかになるのは後半に入ってからですかね。

 

天使といえば、ここに来てギルドの存在がバレた、あるいは進攻を開始したのは何故なのか、というのも気になるところ。今までも探していて今回やっと見つけたから、というのならともかく、敢えて今潰しに来たのだとしたらその理由は何なのか。

第一話からして、天使の行動原理というのは不明で(ゆりたちの存在をある程度は見逃している節がある辺りとか)……というか、そもそもその存在自体が分からないことだらけで。銃弾を一度喰らってから防御対応するとか(ゆりは対応が早いとか言っていましたけど、もう何度も交戦しているはずなので最初から展開していてもおかしくない)、トラップはそのまま喰らっていたっぽいとか、そもそもそのトラップで天使も他の人のように死亡しているのかとか、もしそうならそれはどういうことなのかとか……。やはりその辺が明かされるときに話が一気に進みそうな気がしてしまいます。

そのためには天使とある程度のコミュニケーションを取る必要があるように思えますが、その辺はやはり音無の役割になるのですかね。もっとも、彼は彼でゆりのほうと急速に親交を深めている感じもあるので、そのためには何らかのイベントが必要な気もしますが。

 

今回、ゆりが持っている死ぬ前の記憶が語られましたが、そのことによって、ゆりが何故抗っているのかが分かったのは良かったかなと思います。第一話だけだと、確証もない神の存在を確信して、それを根拠に抗っているだけのようにも見えたので、その辺のゆりの認識が語られたことで少し彼らの状況が見えましたし、その理由も何か納得できた感じです。まあ、神の存在の曖昧さが明らかになったことで、ますますあの世界は何なのか、っていうのはありますけど。何を以って天使を「天使」と定義したのかも。

あと、そのゆりが語ったのはあくまで生前の記憶であって、死んだときの記憶でないのは気になるところです。SSSメンバーに自殺者はいない、と断言していましたけど、それは音無以外の全員の記憶がそうだからなのか、それとも……と。敢えて語らなかったのが、それを明かすのはまだ先だからなのか、実はそれに関してはゆりたちも失ったままなのか、とね。

 

(※追記)

ゆりがリーダーなのは最初に抗ったからだと明かされましたが、ゆりが抗う前はどんな感じだったのか、そして何より、ゆりはどのくらいの間天使と戦い続けているのかがちょっと気になりました。まだそれほど経っていないのだとしたら、何故急にそんなことになったのか、とか。これまでにも同じような人はいたけどゆりのように組織を作るまでには至らなかっただけなのか、それとも、ゆりの存在が特殊だったのか、それによっていろいろ変わってきそうですし。

又、天使との戦いの発端は何だったのかも、そうなると気になってきます。天使は最初からいて抗う人を消していたから敵対したのか、それとも、ゆりが抗ってから現れたのか。そもそも、最初から敵だったのか。この辺は、上記の何を以って「天使」と定義したのかという辺りにも絡んでくるところですが……。

 

◇次回「My Song