MEMORIA(期間生産限定盤 )(アニメ盤)(DVD付) MEMORIA(期間生産限定盤 )(アニメ盤)(DVD付)
藍井エイル

SE 2011-10-19
売り上げランキング : 65

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 

Zero」から一週遅れで放送の始まった「ベン・トー」の第一話も観ていたのですが、ただでさえちょっと寝坊して視聴時間がギリギリになってしまっていた上に、何故主人公が冒頭で病院送りになるほどの怪我をしたのかという謎をずっと引っ張る構成で(一応、大雑把にどんな物語かくらいは知っているので予想はつきますが)、更には事情を知る人間も秘匿に積極的という状況に、さすがに引っ張りすぎな気がしてイライラし始めていたところに、今度は理由も分からないまま理不尽に殴られる展開が続いたため、一話が終わる前に視聴ストップとなってしまいました(汗)。

とはいえ、原作の評判をちらっと見ている感じでは面白い作品のようでしたし、ここで本当に切ってしまっていいのかは迷うところ。取り敢えず他の人の感想を見てみて、評判が良さそうだったら残りも見てみて、それから改めて考えるかなぁと思うところです。

 

さて、では「Fate/Zero」の感想ですが。作品内容的に暗いシーンが多くなるだろうなぁと覚悟はしていましたが、二話目で早速(既にブログでは何度か書いている)我が家のテレビの不具合の問題が発生となりました。音声はあるので何となく状況は分かるのですが、キャスター召喚の一連のシーンがほぼ画面がブラックアウト状態という、つまりは第二話の半分くらいは(映像的には)何やってんのかさっぱりだったという(汗)。キャスターの顔とか、EDで始めて見ましたし。

まあ、シーンがシーンなだけに、観ても愉快なシーンではなさそうですが、これは後日ネット配信でもう一度観たほうがいいのかなぁと思ってしまうところかも。確か一週遅れだったと思うので、うまく次回放送の前に観られれば良い復習になるかなぁとも思いますし。アニメだけでなくとうとうドラマでも支障が出始めたこともあってか、冬のボーナスで新調する予定のようなので、後半戦はまともに観られそうなんですけどねー……。

 

とまあ、映像的な楽しみに関しては半減してしまっていた第二話でしたが、今回明らかになった各陣営のマスターとサーヴァントの関係は、観ていてなかなか興味深かったところでしょうか。

 

まずは、ウェイバー&ライダー(征服王イスカンダル)。

これから観て行くに当たっては、このコンビが一番面白そうかも、と思わせてくれるものでした。ウェイバーがどんなキャラなのかは第一話で提示されたとおりなわけですが、そんな彼の相棒となったのが、今回観ただけでもその豪快な性格には気持ちの良さを感じるかつての覇者ということで、彼と触れ合うことでウェイバーが何を学びどう変わっていくのかに注目したい感じで。聖杯戦争の勝者にならなくても、生き残ることさえできれば、ウェイバーにとっては十分得るもののあった経験になりそうだなぁと思えるところで、キャラの成長的な意味では一番楽しみなコンビになりそうかも?

 

マスターとサーヴァント間の意気投合という意味では、第二話で初登場となった龍之介&キャスター(青髭)のコンビが一番安心して(?)観られそうな感じでしょうか。

趣味が殺人の殺人鬼だし、被害者の血で悪魔召喚しているしと、初っ端からぶっ飛んだキャラであることを見せてくれた龍之介でしたけど、そんな彼が呼び出したキャスターは更に悪辣というか非道というか残酷というか……といったところを見せてくれて、このコンビが聖杯戦争をどう引っ掻き回して行くのかが楽しみでもあるかも。キャスターのクラスというだけで知略には富んでいそうなイメージがあるので、その期待は的外れではないんじゃないかなぁとも思えますし。

一つ懸念するものがあるとすれば、このコンビは初っ端から意気投合しているので、どこかで意見のすれ違いが生まれてそこから破綻しないかということですが……。

 

逆に初っ端からすれ違っているのが、切嗣&セイバー(アルトリア/アーサー王)のコンビ。

幼イリヤと戯れる切嗣の姿は、第一話とはまた違った切嗣像を見せるものであり、まあそれを抜きにしてもイリヤの可愛さには悶え転げそうなものがありましたが(笑)、すれ違っているからこそ、この二人が今後どうなるかは気になるところで。今のところ、目指す理想は似通っていて、だけど切嗣にはセイバーの生き方とそんな彼女の側にかつていた人々が許せないようで、前回のサーヴァントは道具云々の台詞と早速矛盾しているような、諦めた辺りは有言実行しているようなといった感じですが、アイリという仲介者(?)がいることで何とか成り立っているような感じのこのコンビの行方にも注目しておきたいところでしょうか。

とはいえ、こちらのコンビの結末に関しては、「stay night」がある以上、大よそどうなるのかは分かってしまうところなのですが。だからこそ逆に、切嗣が早々に諦めず、最初からセイバーという存在にもっと歩み寄っていたら……なんてことも脳裏を過ぎりながら観てしまう部分もあるのですけどね。

 

これらの三コンビと違い、今のところ単純な主従関係というようにしか見えなかったのが、綺礼&アサシンのコンビでしょうか。

まあ、何かを期待する前にアサシン返り討ちに遭っちゃってるじゃん、といった感じの第二話ラストではありましたが、逆にこれだけ早々に退場となると、前回の次回予告でもあった「時臣を殺せ」発言含めて、ブラフっぽい感じが強いですかね。今回のサブタイトル「偽りの戦端」も、七人のマスターとサーヴァントが出揃ったことよりも、早々に綺礼&アサシンvs時臣&アーチャーの構図が展開されたことを示すと考えたほうがしっくり来ますし。何より、どっちにしても最終的には時臣は綺礼に裏切られるんだろうなぁとは思うものの、今回の展開を観た感じだと、さすがに今はまだ早すぎるように思えましたし。

綺礼の持ち駒がアサシンのクラスであることを考えれば尚のこと、アサシンは既に舞台から退場したと他のマスターに思わせられれば、それだけでかなりのアドバンテージになりそうな気がするのもありますしね。問題は、あそこまでやられたアサシンがどう復活するのかという話ですが……まあそれは次回以降を楽しみにするところでしょうか。

 

今回お披露目となったEDもそうですが、意外とサーヴァントの正体が早々に視聴者に示されているのにちょっと驚いたところ。これは正体の探り合いはあまり重要ではないということなのか、それとも視聴者には開示した上でその駆け引きを楽しめるようになっているのか。一応の主人公としては切嗣&セイバー陣営が設定されていそうですが、全体的には群像劇の色が強い気がするので、これはたぶん後者かなと思うところですが、何にしても次回からは本格的に舞台が冬木市に移りそうで、開幕した第四次聖杯戦争の行方を楽しみにしたいところです。

 

◇次回「冬木の地」