遅くなりましたが、 「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」のピッコロさんにお誘いいただきまして、「今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?14」に参加させていただきます。

 

当ブログでは、「STEINS;GATE」「ロウきゅーぶ!」「神様のメモ帳」「セイクリッドセブン」「異国迷路のクロワーゼ」「夏目友人帳 参」「神様ドォルズ」「バカとテストと召喚獣にっ!」「いつか天魔の黒ウサギ」「ダンタリアンの書架」の10作品の評価をしてみたいと思います。

 

 

……先にお詫びしておくと、さすがに上記作品の放送終了から三ヶ月の時間が経ってしまっていることから、当時の記憶も大分薄れてきてしまっているため、これまでの同記事よりもコメントを付けた作品の数が少なくなってしまいました。その分、簡易感想とはいえ、書ける程度には当時の気持ちが蘇ってきた作品に関しては長めの感想になりましたが……。

 

 

STEINS;GATE

ストーリー:5点

キャラクター性:5点

画:5点

演出:5点

音楽:5点

総合的な評価:5点

総合点:30点

 

原作付きアニメの理想形を見せてもらった作品だったと思います。原作のストーリーをきっちりと描き切ったのは勿論、主人公視点のゲームでは見られなかった主人公不在のシーンを始め、アニメオリジナルシーンの出来が秀逸だったのが印象に残ったところ。まあ、さすがに全部が全部良かったとは言えませんでしたけど、それでも、この“原作を生かしたままアニメならではの物語に再構成する”というのを満足のいくレベルでやってくれるアニメはなかなかないので、それをこの作品で観られたのは嬉しかったです。

 

話の構成や主人公の厨二病設定などから、序盤はどうしてもとっつきにくさというか、スロースターターな面もありましたが、最後まで観てから一話を見直すとにやりとしてしまうように無駄なくしっかりとピースの配置された物語は、話が進むにつれてどんどん面白くなっていくし、そういう主人公だからこそ仲間のために身を削って戦う姿には感動させられるし、そんな主人公を支えるヒロインズもまたどんどん魅力的になっていって、単純にストーリーを追っていくだけでも十分満足させてもらえる作品だったと思います。

 

<ロウきゅーぶ!>

ストーリー:4点

キャラクター性:4点

画:4点

演出:4点

音楽:5点

総合的な評価:4点

総合点:25点

 

 

 

神様のメモ帳

ストーリー:2点

キャラクター性:4点

画:4点

演出:3点

音楽:4点

総合的な評価:3点

総合点:20点

 

時系列シャッフルはよほどうまくやらないと失敗する確率が高いと個人的には思っているわけですけど、見事にその失敗を踏襲してしまった作品になっちゃったかな、と。

一話目の摑みは悪くないどころか、個人的にはそれで大いに興味を惹かれたところだったのですけど、変に時間軸を飛ばしたエピソードを次に持ってきたせいで、主人公の気持ちについていけないという最悪の状態になってしまったのが……(汗)。自分が一話目を見て一番期待した部分が、主人公・鳴海がアリスたちと出会ってどう変わっていくのか、という部分だっただけに、これはかなり痛かったです。

それでも一応、個々のエピソードとして観るなら悪くない部分もありましたが、全体として見ると、やはりそこが最後まで足を引っ張ってしまったというか、それも含めてしっちゃかめっちゃかになってしまっていたというか……。最後まで見れば序盤〜中盤では改悪にしか見えなかった時系列シャッフルの意味が分かるかも、という期待を持って最後まで観ましたが、結局シャッフルしたことによるデメリットのほうが大きく見えてしまって、一話目での期待が高かった分、残念な結果に終わってしまった作品でした。

 

セイクリッドセブン

ストーリー:4点

キャラクター性:4点

画:5点

演出:5点

音楽:5点

総合的な評価:4点

総合点:27点

 

 

 

<異国迷路のクロワーゼ>

ストーリー:4点

キャラクター性:4点

画:5点

演出:5点

音楽:5点

総合的な評価:5点

総合点:28点

 

 

 

<夏目友人帳 参>

ストーリー:5点

キャラクター性:5点

画:5点

演出:5点

音楽:5点

総合的な評価:5点

総合点:30点

 

独立した物語としても楽しめる個々のエピソードの出来も相変わらず素晴らしかったですが、既に三度目のアニメ化ということで、全体としては、ここまでずっと観てきた人にとっては夏目の成長が感じられるストーリーになっていたのも良かったと思います。

特にこの三期では、物語が始まったばかりの頃に比べたら、夏目の周りにいる人も妖もぐっと増えて、対人にしても対妖にしても不器用に触れ合ってきた夏目もこんなにも大勢に囲まれるようになったんだな、と思うと、それだけで何だか見ているこっちも嬉しくなってしまうところでした。

 

三期で本格的に登場した的場さんが意外と出番が少なかったわけですが、彼との関わりもまた夏目にとっては重要なものだと思うので、おそらく今度こそそこも掘り下げてくるんじゃないかな、と思われる一月からの四期も楽しみにしたいと思います。

 

神様ドォルズ

ストーリー:4点

キャラクター性:4点

画:5点

演出:5点

音楽:5点

総合的な評価:4点

総合点:27点

 

 

 

<バカとテストと召喚獣にっ!>

ストーリー:4点

キャラクター性:3点

画:5点

演出:4点

音楽:3点

総合的な評価:3点

総合点:22点

 

 

 

<ダンタリアンの書架>

ストーリー:3点

キャラクター性:4点

画:5点

演出:4点

音楽:4点

総合的な評価:3点

総合点:23点

 

 

 

いつか天魔の黒ウサギ

ストーリー:2点

キャラクター性:3点

画:4点

演出:3点

音楽:4点

総合的な評価:2点

総合点:18点

 

1クールでのアニメ化は中途半端というか消化不良だったなぁ……というのが一番思うところでしょうか。

最終エピソードが個人的には盛り上がりに欠けたなぁというのもありましたけど、設定も少しずつ明かされ、キャラも出揃ってきて、主人公チームの関係も少しずつ進展してきて、さあこれから面白くなるぞ……!というところで終わってしまった感じで。

俺様生徒会長な月光とムードメイカーな美雷のコンビは気に入っていましたし、前述のとおりストーリーもこれから面白くなりそうな気配があったにも関わらず、何だか素材の良さを生かす前に終わっちゃったみたいで、それが残念だったなぁと思います。

 

 

<ベストキャラクター賞>

牧瀬紅莉栖(「STEINS;GATE」)

 

 

 

<ベストOP賞>
Hacking to the gate」(いとうかなこ/STEINS;GATE」)

 

 

 

<ベストED賞>
「スイッチが入ったら」(石川智晶/「神様ドォルズ」)

 

 

 

<ベスト声優賞・男性>

宮野守(「STEINS;GATE」岡部倫太朗役)

 

総じて満足のいく出来だったアニメ版の「シュタゲ」ですが、それを支える大事な柱の一つだったのは間違いなく声優さんたちの演技だろうと思うわけで。その中でも取り分け、主人公・オカリン役の宮野さんと、ヒロインでありパートナーでもある紅莉栖役の今井さんの、終盤での熱演は特に素晴らしく、最後まで失速することなく駆け抜けたのはそれがあってこそだったかな、と思うので。

 

<ベスト声優賞・女性>

今井麻美(「STEINS;GATE」 牧瀬紅莉栖役)

 

同上。