大塚工場活動報告

鉄道模型(Nゲージ)車両小改造と、ときどき実車。豊島区大塚からお届けする趣味の徒然。

634形ビール列車

チラシ画像

サークルメンバーのひとりが、
こんな列車が走るとの情報を入手してきました。

北千住駅から加須駅までの往復で、
634形スカイツリートレインを使用したビール列車です。
行き帰りにそれぞれビールとチューハイが1本ずつもらえるほか、
おつまみ弁当や加須市からのささやかなプレゼントもあるとか。

私はビールもチューハイも飲めないので酒には興味はありませんが、
定期列車がなくなった634形に乗れる貴重な機会と考え、
サークルメンバー3人と参加してまいりました。



写真

北千住駅特急ホームから出発します。


写真

こんな横断幕まで用意されていました。


634形は「スカイツリートレイン」の廃止直前に葬式で乗った以来。
あの時は東京スカイツリーから春日部までの短距離でしたが、
今回は2時間以上がっつり乗って楽しめます。

私達は運良く窓を向いた席になり、
夕焼け空を眺めながら加須を目指しました。

おつまみ弁当もなかなかボリゅーミーでおいしかったですよ。


加須駅では停車時間に撮影タイム。
なお写真はiPadで撮ったものなので画質はご容赦ください。


写真

ホーム側から。


写真

反対側から。


写真

連結面。

いろいろ撮っていたら、
コンコースでやってた加須市の特産市がほとんど売り切れになってしまい、
帰りの食料があまり調達できませんでした。



写真
(写真提供:Lofterさん)

せっかくのビール列車でしたが、
お酒を飲むのは4人中2人ということで、
あまったビールやチューハイはLofterさんがお持ち帰りになりました。

集まったお酒を窓辺に並べ、
1/150のスカイツリートレインを載せて満面の笑みを浮かべる
Lofterさんがいました。



写真

ところで参加人数が少なかったのか
最初からスタッフの荷物整理用として空けておくつもりだったのか、
4号車はまるまる1両誰も乗っていませんでした。

そんな訳で無人の車内写真が撮れちゃいました。

さらに帰りはこの車両が先頭となるため、
復路の出発直後に4号車に乱入して展望座席をゲット。
終点に着くちょっと前まで前面展望を楽しませてもらいました。

恐らくマニアさんも乗車していたと思うのですが、
この場所の存在に気づいていないのか遠慮していたのか、
我々以外には誰も来なかったのでずっと占領させてもらいました。

しかもその展望座席が動力台車の真上というね。
もう さいこー。


たった2時間半ではありましたが、
年末のひと時を楽しませてもらいました。

またこういう列車が走る時は乗りに行きたいですね。

マイクロの京成新AE系


マイクロエース車両のレビューを書くと、
アクセス数が伸びる気がしたので、
今日はこの子を紹介してみます。


写真

京成新AE系の初期ロットです。

マイクロエースの箱はだいたい処分してしまうのですが、
この列車は8連でぴったり納まっているので、
元の箱をつかっています。



それでは中身をみてまいりましょう。


写真

まずは先頭部。
流線型のデザインを見事にスケールダウンしていて、
格好いいですね。

ブルーのメタリックもなかなかいい色合いです。


写真

スカイライナーのロゴもくっきり印刷されていて満足です。
その他、号車番号などの印刷類もきれいです。


写真

4号車の車端部についている3つ縦に並んだ丸窓。
なんだかかわいらしいですよね。



と、ここまではディテールの話でしたが、
続いて改造箇所をご覧ください。


写真

室内灯は当初はマイクロ純正白色を積んでいましたが、
実車に乗る機会がありこれは電球色の方がよさそうだと思い、
TORM.狭幅Bの暖色に取り替えました。

Bタイプを積んだことで集電スプリング受けの反対側にある
客扉まで光が回っています。

とか書いていますが、
客室窓は実車同様かなり強いスモークガラスになっているので、
室内灯を点けたところで外からはあまりよく見えません。
せっかく椅子の枕カバーも塗られているのに・・・。


写真

上の写真でもちらっと見えていますが、
車体下の機器カバーにはスミ入れをして、
立体感を演出しています。


写真

ある運転会で
編成で4機あるパンタグラフのうち2機が一度に壊れまして、
避雷器も一部なくなっている車両がいることから、
思い切ってTOMIXの<0246>へ交換しました。

若干足のピッチが一致しませんでしたが、
穴空け加工などせず取り替えることができました。


写真

3両はすんなり行ったのですが、
2号車のパンタを外してみるとこんな感じ。

他の車両にはなかった、
明らかに塗装した後でパンタ穴を無理矢理開口したような跡が。
恐らく組立工程のところでパンタが取り付け辛かったので、
担当者が勝手に開口したのではと疑いたくなります。

これのせいでTOMIXのパンタがすぐ取れてしまいます。
この1両だけはパンタを屋根に接着しないといけないみたいです。


とはいえ接着剤を使う細かい作業は私ではできないので、
友人のところにお願いしないといけません。

まったくマイクロさんは余計なことをしてくれました。



以上、新AE系のレポートでした。

新田運転会

足立区新田地域学習センターでの、
関急車輌の公開運転会でした。

ここでの運転会はサークルとしては初の開催となります。

「新田」と聞いても地元の人しかよくわからない場所かと思いますが、
王子神谷駅から徒歩10分くらいの環七近くにある施設です。


今回はTOMIXの立体的な複線と、
KATOの平坦オーバル複線の4路線を設置しました。
それでは各線の様子をみてまいります。


写真

受付はこんな感じで一括方式としました。
ここで来場者に車両を選んでもらい、
それぞれの路線に振り分けます。


写真

1・2番線全景です。
築堤などを使いなかなか華やかな線路配置です。
8両程度までのJRローカル線や私鉄・路面電車も走りました。


写真
(写真提供:Lofterさん)

車庫には前日に発売になった小田急GSEもこっそり混ざっていました。
車両カードが間に合わなかったため裏メニューとなっていましたが、
けっこう指名が入っていたようです。


写真
(写真は関急車輌公式twitterより)

展示スペースには、
王子ということで都電も製品化されているものはすべて並びました。
動力の入っているものはこの中から指名を受けて走らせることも可能で、
裏メニューだらけの路線となっておりました。



写真

一方の3・4番線は新幹線12両までが安定して走れることを重視し、
平坦のオーバルエンドレス路線となりました。
車庫は18本、もちろん駅含め全電動です。

こちらは私が自宅からありったけの線路を持参し、
なんとかほぼひとりの資材だけで完成させました。


写真

車庫の並びの様子です。
極力見た目がきれいな車両が並ぶように頑張って調整してみました。
左下に今回のポイントコンソールの配置もご覧いただけます。



土曜日に1日かけて準備をし、
日曜10時から17時までのイベントでしたが、
立地のせいもあってか他の運転会に比べると来場者は少なめでした。

単独のイベントでしたし、
初開催としてはこんなものでしょうか。
もう少し宣伝をしないといけないなと痛感しました。

逆に子どもたちは車両を変えて何度も運転体験を楽しんでいたようでした。
1日中滞在していた子も居て気に入ってもらえてよかったです。
まぁこれはこれでよかったのかな。



以上が新田運転会の報告でした。

これにて2018年度の関急車輌の公開運転会は終了となります。
来年もたくさんの子どもたちに出会えることを楽しみにしていますよ。

江戸川運転会'18

毎年恒例、
江戸川区スポーツセンターでの
関急車輌の公開運転会でした。

今回もたくさんの来場者があり、
各運転台は長蛇の列ができていました。



写真

1・2番線は私が担当したJR・私鉄の10両程度が走る
複線オーバルエンドレス。


写真

地元東西線を走る車両たちもしっかり揃えました。


写真

3・4番線は新幹線を中心に長編成の電車や貨物列車などが走行、
やっぱりここが一番人気だったようです。


写真

5・6番線はちょっと変わった志向の路線で、
キャラクターなどのラッピング車両を集めた路線と、
路面電車を中心とした路線を組み合わせた複線となっていました。

レイアウトの内側にもキャラクターラッピング車両が展示され、
著作権の都合で写真ではお見せできませんが解説コーナーなどもあり、
なかなか類を見ない楽しい路線となっていました。



さて前述したとおり私は1・2番線にずっと居た訳ですが、
今回は地元東西線を代表してM車2両化室内灯交換をした15000系と、
先日塗装が完成したE235系を持って行きました。

基本的にどの車両が走行するかは子どもたちの指名によるのですが、
閉場間際にこの2車両が同時に走行する状況が発生しました。

最近手をかけて完成させた車両たちが室内灯を輝かせて行き交う姿は
非常にエモかったです。



ということで今年の江戸川運転会の様子でした。

所沢電鉄で試運転

E235系が完成したので、
おまけ車両ももって所沢市電気鉄道さんへ、
走らせに行ってきました。



写真

まずは後輩であるE231系と並べて1枚。
落成記念といった感じでしょうか。

なおこのE231系は未だ窓改造が全部済んでいません。
完成はいつになることやら・・・。


写真

ホームに入線させて1枚。
うーん、格好いいですね。


写真

所沢電鉄さんは緑豊かなレイアウトなので、
E235系が似合う都会的な風景がなかなか見当たりません。
これでもまだ田舎っぽいかな・・・。


写真

高架の下をくぐって行くところを後ろから撮ってみました。
トウ04編成なので10号車の屋根肩が揃っているのがわかりますね。
にしても室内灯がきれいでたまりません。


写真

今度は埼京線のE233系、
カーブを曲がって鉄橋を渡る姿が格好いいですね。
隠れ撮影地かもしれません。


写真

ふつうに直線構図でも撮ってみました。
川越線のイメージでしたがあそこは単線でしたね。。。


写真

最後に車庫にりんかい線70-000系も入れて、
3本で室内灯全点灯をやってみました。

やっぱり銀車体は車内を塗って光らせると美しいですね。



という訳でE235系の試運転を中心に、
充実した1時間を楽しんできました。


E235系は今度の江戸川運転会でも走る予定なので、
お時間のある方はぜひ見に来てくださいね。
プロフィール
最近は模型、他に撮り鉄や録り鉄など、毎日趣味を中心に人生を送っています。
最近のつぶやき
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

所属サークル
関急車輌

モバイルからもブログへアクセス!
QRコード
月間表示
検索