しょうへい!JAPAN

人一倍多くインプット!人一倍濃いアウトプット!

2017年五大ニュース

1.銀行員へ
出向して銀行員になった。仕事の内容もかなり変わった。
日本の最先端の話題が集まる現場であり、
自分が関わった案件が日経新聞の一面に載るようなことも何度かあった。
新しいもの好きなので全てが刺激的だし、楽しいし、今までの職場に比べたら
残業規制とかもしっかりしていて健康的だし素晴らしいのだが、
銀行的事務ワークが多くて、試作品などのプロダクトを作る暇がないことが不満で
事務ばかり詳しくなってもしょうがなく、仕事中は新しい技術を追いかけることに
全力を傾けたいという欲求が日に日に強くなっており、焦燥感を感じる。
今が勝負どきなのでプライベートを削ってでもスキルを磨きたいと思う。

2.仮想通貨との出会い
仕事柄仮想通貨に触れ合うことが多かったので自分でも手を出してみたが、
結果的には瞬殺されてしまった。結構な額を。。
自分が興味を持ったタイミングではbitcoinに興味を持ったタイミングでは
1BTC=12万円で、現在120万円近いため普通に考えて負けるわけないのだが、
欲をかいたためにやられてしまった。
要するにボラの激しさを利用して、レバレッジをかけてやっていたのだが
起きたら死んでたということを5回くらい繰り返してしまった。
レバなどかけずに素直に寝かしておけば今頃。。。勉強代と思うしかない。
ただ、早い段階で手を出せたということは評価したい。今後もアンテナ高く。

3.ビジネス英会話スクール
銀行員になって英語を使う機会が増えたので、思い切って英会話スクールに通った。
もちろん会社の金だが、半年間毎週行ったのでかなりの額かかった。
結果としては、まだペラペラになったわけではないが、10分くらいの時間であれば
用意したスクリプトを詰まらずにプレゼンテーションできるくらいにはなった。
外国人と話すことの恐れ、文法を気にしすぎて話せないことからの脱却、
英語に限らないプレゼンテーションスキルなどが磨けたので大変有意義であった。
ただ、まだスモールトークが苦手であるため、ビデオチャット型のオンライン
英会話などを活用してさらに練習を続けたい。

4.入院した
夏頃、お腹が痛くなって2日我慢しても治らなかったので病院に行ったらそのまま
入院してくださいと言われて1週間入院した。
原因は今でも不明だが、大腸がパンパンに腫れていた。
抗生物質の点滴を1週間ずっと刺しているのが辛かった。ご飯も一切食べれないし。
入院憧れていたけど、もういいや。退院後、健康に気をつけよう、と思っていたけど
最近ではすっかりどうでもよくなってしまった。。

5.初ハワイ
銀行員になって堂々と長い休みが取得できるようになった。
最初グアム、サイパンに行こうとしていたけど、どちらも2年以内に行っていたので
思い切ってハワイに行った。
正直、グアムの上位互換かな、くらいの認識しかなくて、だったらグアムの方が
コスパいいと思っていたが、行ったら別次元の快適さだった。
子供達も大満足しており、いい思い出になった。また来れるよう頑張ろう。

その他
・ばーちゃん亡くなった
・朝ランクラブに入った、来月リレーマラソン
・amazon echoとの出会い
・ハッカソンに初参加、準優勝
・登山は一度だけ武甲山へ
・BBQ、秩父日帰り、泊まりで潮干狩りなどご近所家族と楽しく過ごした

今年は環境変化が大きかったのだが、それに順応して活躍していくために
もっともっと本を読んだり、手を動かして、インプットすることが必要だったが
自分に負けてしまったという思いがある。
家に帰ってきて家事(皿洗い、洗濯、明日の準備)、入浴をしたら、
ついつい酒を飲んでしまって、ダラーッとしてしまっていた。

今年あと一ヶ月残して今年の総括をしたのは、今年中にそういった生活と決別する
決意をしたからであり、来年への好スタートを切りたいと思っている。
何も仕事だけでなく、育児や、生活面でもやるべきことをやって生産的に過ごしたい。

今日から頑張る。

クライシスマネジメント

この前、投資信託をAIで運用する会社の社長のプレゼンテーションを聞いたのだが、
「クライシスマネジメント」という言葉が心に残った。
要するにリーマンショック、BRExitのようなものが起こった場合にAIが自動で対処してくれるというものだ。

リーマンショックから9年経つが、あれ以来ほぼ右肩上がりで世界経済は成長を続けてきた。
アメリカの主要なIT企業の株価を見るとわかるが概ね数倍になっている。
Facebookは嫌いなので買わないとしても、5年前だったら十分Amazon信者だったはずであり
買っておけば4倍か、と思うとやるせない。

5年間の株価の伸び
Facebook 8.8倍
Amazon 4.0倍
Google 2.7倍
Microsoft 2.3倍

なので、アメリカの有望な企業の株を買うことは投資としてはかなり安定していると言えると思うのだが
リーマンショックのようなことをやられると一瞬にして水泡に帰してしまうから、一番の不安の種である。
自分では間違いなく対処できない。慌てふためき成り行きで売っぱらって急いで円に変えるだろうか。
果たしてスムースにできるだろうか、おそらく數十分、数分の勝負なのではないか。
AIによって自動で察知し、世界で最も安全な資産に変えてくれる機能があったら素晴らしいと思う。

クライシスマネジメント、これをキーワードに色々調べてみたいと思った。

退院ちた

月曜日に入院して、木曜日に退院した。先生からは念のためもう1日いたら?と言われたが、
入院費用もタダではないし、体はもはや全快に近いという確信があったからだ。
自宅に戻れて本当に嬉しい。

入院は一日中寝て過ごせ、好きな本など読み放題になると考えており、
以前は入院生活に憧れを持っていたが、そういう気持ち一切無くなった。
理由は以下。

・病院の食事が不味い(主食は三分がゆ、おかずも味がなく、ミキサーにかけられたベチョっとしたもの)
・ずっと点滴なのがストレス(腫れてくる、交換する時血管が痛い、生活の邪魔)
・風呂に入れない
・大部屋で他の入院患者(ジジイ)が気になる
 - 生活音がうるさい(食事をペチャペチャ食べる、屁)
 - 老人ホーム斡旋業者と言い争いをする(ホームに入る金が無いとかなんか悲惨な話が多くて陰鬱になる)
 - 痴呆で、立ち上がってはいけないのに何回言い聞かせても立ち上がる
  (とうとう、踏んだら鳴るセンサーまで仕掛けられる始末)
 - トイレに何回も行きたがる、看護士はオムツにしちゃっていいからね、と言う
 - 一晩中ゲロを吐く
 - 真夜中に「すいませ〜ん!」と声で看護士を呼ぶ(ナースコール使え)
 - おしもの清掃(つまりオムツを解き放つ)で部屋中にとんでもない臭いが充満する(自分は逃げる)
・先生が忙しすぎてほとんど相手にしてもらえず時間の無駄を感じる
 (退院の書類書くから今晩泊まって待ってて、とかある。後で確認すると大した文量ではない。)
・ベッドが硬いので腰を悪くする

また、水曜日には初めて胃カメラをやったが、信じられないほど苦痛だった。
胃カメラの時の麻酔には、霧吹きで喉にだけ麻酔をかけるものと、静脈から全身に麻酔を入れるパターンと
2種類あるのだが、今回は前者だった。
マウスピースをして早速胃カメラを入れていくも反射的反応が抑えられず悶絶する。
胃にカメラが到達し、空気を入れられるもゲップが止まらなくて、先生にゲップやめてと言われるも
制御できなくて涙を流しながらただただゲップと胃液を吐き続けた。
時間にしたら5分くらいだったと思うが、この辛さは史上最悪に飲んだ時の二日酔いと同等に思えた。
そして、検査の後で先生に言われたことだが、食道と胃の間にある噴門と言われる部分がガバガバで
胃カメラで胃を見るために空気を入れて胃を膨らませようとしても空気が漏れてゲップになってしまい
非常にやりづらい、これから歳をとるにつれて胃カメラをやる機会も増えていくと思うけど
静脈麻酔でやらないと今回みたいに大変な思いすると思うから気をつけてね、とのこと。
あと、ガバガバなことが原因で逆流性食道炎を患いやすいと言われるも、若干心当たりあり。
たまに胸焼けするのこれかぁ。ただ、噴門は腹式呼吸などで横隔膜を鍛えることによって引き締めることが
可能だというちょっとやってみるかなぁ。こんな地獄はもう御免蒙る。

月曜日は妻が、火曜日と水曜日は娘と息子が見舞いに来てくれた。
とっても癒された。家族がいるっていいなと思った。

次回、「外来!直腸カメラ」編へツヅク。

入院しました

入院ちました。
持ち込んだMacでこれを書いている。

普通の金曜日、たまたま妻が飲み会で私が子供たちを保育園に迎えに行った。

帰っている途中からちょっと調子悪かったのかもしれない。
家に戻って子供たちの食事の準備をするも私自身は食欲が全くなく、
猛烈な腹痛に襲われなれながら、やっとの事で小さいおにぎり一個を食べた。
子供たちを風呂に入れなければならないがそれをする気力も持てず、
「パパお腹痛いから今日は早く寝ようね」と言って協力してもらい、すぐに寝た。

次の日は土曜日であったが起きることができず、妻たちはマクドナルドに行ったようだった。
帰ってきたところでようやく起きたことに驚かれつつも、不調を告げる。
今日は、近所の子供達も招いてたこ焼きパーティ→花火大会の流れであったが全く参加せず
ほとんどご飯も食べずずっと寝ていた。

次の朝、まだ治らず。症状変わらず。
さすがにこのまま放っておいても治らないことを察して休日診療所に行く。
歩いて行ったのだが、一歩ごとに臓腑に響き、大変辛かった。
結果は下痢であることを切り取られ、ウイルス性腸炎ぽいですなーと言うことになり
それっぽい薬が出た。ウイルス性腸炎は何度かやっているので違うとは思ったのだが。
そしてこの日もほとんどご飯も食べずひたすら寝ていた。

次の朝、まだ治らず。症状変わらず。もう平日である。
この時点では盲腸で入院かなと思っていたので、近場で、入院施設のある大きな病院を
探して朝一から行った。歩いて。辛かった。

循環器外科なるところに行って先生に問診を受け、
採血、CTスキャン、レントゲン、採尿、心電図、点滴と流れ作業で進む。
また先生に呼ばれ、診察の結果を聞く。
盲腸ではない、虫垂は腫れていない。腫れているのは大腸の上部でありパンパンになって、
大腸の周囲の脂肪まで炎症を起こしており、これを腹膜炎という状態と呼ぶそうだ。
腹膜炎になっている状態で家に帰すわけにいかないので入院してもらって、
2日後に大腸の炎症の根本原因をカメラ入れて検査します、とのこと。
そしてカメラが終わるまでは禁食だということ。
ただでさえ、この3日ほとんど食べてないのに禁食か。つらすぎる。焼肉。

この時点で会社3日休み決定。
たまたま大して忙し時期ではなくて助かったが、各所に連絡を入れた。
通ってる英語スクールでチームプレゼンを控えてて、チームメンバーにも連絡を入れた。
職場のメンバーは仕事だから仕方ないと思うが、こちらは迷惑をかけて申し訳がないと思った。

点滴台を引っ張りながら色々歩き回るも待合室の新聞とゴルゴ13くらいしか見つからず。
妻に色々リクエストを出して本など持ってきてもらうことになった。
妻は仕事から戻るなり、子供たちを保育園に迎えに行き、近所の奥さんに預け、
物資をまとめて雨の中バスに乗ってきてくれた。
持ってきてくれた「濃いめのカルピス」ほんと沁みたぁ。

とりあえず今日は寝るしかない。

入院することがあったら思う存分本とか読みまくっちゃると思っていたけど、
本当に没頭してハイペースで読めるのかやってみたいと思う。

仮想通貨怖すぎ、イミフすぎ。

何なんだよこれよぉ。ライトコインって何なんだよ。どこで使えるんだよ。

キャプチャ

CoinCheckをメインに使っているが、スプレッドがでかくて
スプレッド以上に儲けを出すのが大変な状態。
ETHならBitpointがスプレッド狭くてやりやすいんだけど
取扱い通貨種類が少ないのが魅力半減である。

俺としてはスプレッドが超狭いところで、ちょっとでも利益でたら利益確定するなど
回数で稼ぐやり方をやっていきたいのだがそれだとbitcoinでしか出来ないからなぁ。

35歳、ターニングポイントだとおもう。

この記事。
多くの若い人より圧倒的に成長速度の速いおっさんと絶望的に遅いおっさんの違い

ずっと肝に銘じておきたい。

日々メモしないと忘れていく

最近、もっと勉強して良いアウトプットが出したいと思っているのだが
なかなか自分を律せないでいる。
そこでまずは日々思ったこと、アイデアを書き留めていくことからかなと
思ったのでこの場を久しぶりに利用する。
以前毎日書いていたときのデータを保全する意味もあり。

まず最近勉強したいことは以下の3つだ。
・英語
・ブロックチェーン/仮想通貨
・ちょっとしたものをクラウドでさくっと作ること

英語は普段から契約書を読んだりニュースを見るときに触れていて、
読むことに抵抗はあまりないのだが、
聞くこと話すことが、ビジネスで使えるレベルにないので
最後のチャンスと思って英会話レッスンに通っている。
そこで感じたことは、言葉が出てこないということ。
よく中学生レベルの英語さえわかっていたら大丈夫ということを言われるが
本当にそのとおりだが、英語コミュニケーションで重要な2.5秒以内にレスする
というスピードにまったくついていけない。
それに対しては瞬間英作文、シャドーイングという効果的な勉強法があることまでは
調べはついていて、あとはどう習慣化していくかというところが課題だ。
また、聞くことについても英会話レッスンの先生がやさしく話してくれるのは
全然大丈夫なのだが、仕事で英語の会議に出ると理解度50%以下になってしまう。
やはりスピードについていけないのか。
これも簡単・短く・ゆっくりな英文を毎日聞いて徐々にレベルを上げていくとか
ディクテーションをやってどれが自分が聞き取れない音なのか把握しながら
弱点をつぶしていくとかしなければいけないことがわかっている。
3ヶ月くらい毎日1時間くらい勉強すれば、力がついてきたことが実感できて
のめりこめるというので早くその領域に達したいものだ。

2016年5大ニュース

1. 仕事しすぎ
人生で一番したし、今後これ以上仕事することがあったらそのときは死ぬだろうと思えるくらいやった。
電通で自殺した子の最大残業時間が公開されていたが自分の年間の平均のほうが遥かに上であった。
以前は行き帰りの電車は読書や学習も時間に当てていたが、脳のスタミナを使い果たして何もできなかった。
この一年は仕事以外のインプットができなかったし、仕事以外の家庭の用事では全てが片手落ちの結果しか
出せなくてただのポンコツになっていた。ライフワークバランス・・・。

2. 仕事で抜擢
忙しい中であったが、数百人の中から数名抜擢されて、社長が掲げる最重要施策を実行するための
特別プロジェクトチームの一員となった。
特別プロジェクトチームの面々は皆将来最低でも部長まではいくでしょ、な人たちだけで構成されている。
その中でも最重要ポストに任命された。来年からプロジェクト始動だ。
プレッシャーと期待を大いに感じる。

3. 会社やめたい
ヤクザな金融システム業界にうんざり。人は使い潰されて壊れていって、同僚で辞職するやつが続出。
転職は前年度年収が保証されるケースは多いが、残業し過ぎで今年の年収はありえない大台に乗った為、
転職するなら来年一杯だし、もう34歳だしというものがある。
しかしながら上記の、新しいプロジェクトチームに抜擢されたこともあってタイミングがよろしくない。
相当悩む。

4. 子育て
息子が二歳になったのだが、非常に表情豊かで甘え上手であり、周囲の大人がメロメロになっている。
自分もそう。ほとんど家を空けっぱなしなので自分には懐いてないが。眠くなると、だっこちてと言って
すぐ全身が温かくなって寝てしまうのがたまらない。
娘は相変わらず可愛いが、ちょっと問題児な部分が見えてきた。
集団行動ができずグズグズすることを保育園の先生から指摘される。
朝もご飯食べなさい、トイレいっておきなさい、着替えなさい、と本当はできることを10回くらい言っても
やらない動かない、最終的に怒鳴らないといけなくなる。
また、一旦不機嫌モードに陥ると切り換えられるまでに時間が掛かる。
具体的にはお遊戯会の劇では、最初に整列して挨拶するところで自分だけ上履きを履いてないことを
(俺が履かせ忘れた) 先生に問われ(叱った訳ではない)泣き出し、その後、劇中では立つべきところで立たず、
座るべきときに座らず、セリフを言わず、唄わずでそのまま劇が終わってしまった。
期限のいいときであれば問題なくできることなので、精神的なムラをなんとかしてやりたいと思った。
あと、娘と二人でデートで西武遊園地のプール行って、遊園地行って、連れ回した。
大きくなってもデートしてくれるといいな。

5. サイパン
自分が子供のときに親に連れていってもらったグアムのPICというホテルの思い出が強烈に残っていて、
夏休みはサイパンのPICに行った。プールサイドでビア&ピザ。BGMはEDM。腹いっぱいになったら寝る。
最高ですな。子供も各種様々なプールに喜んでいた。オプショナルツアーで行ったマニャガハ島での
スノーケリングではたくさんの魚を見ることが出来て、大興奮。
四歳の娘がちょっとはスノーケリングに順応できるかと思ったけど全然出来なかったのが残念。
家帰ったら風呂でトレーニングさせたいとか考えていた。
あとは、グアムもそうだけどサイパンは韓国なのかってくらい韓国人が多い。
もうちょっとアメリカに来ている感を感じたかったな。


来年は35歳だ、節目の年だ。がんばろう。

2015年五大ニュース

仕事と家庭と遊びの割合が95:5:0になってしまった一年。
ライフワークバランスという言葉が気になる今日この頃。

1.子供2人が保育園に入り、妻が職場に復帰
  我が家全員にとっての一番のインパクト。
  朝が修羅場になったし、妻は帰ってからも修羅場。洗濯物も3倍増。
  おまけに0歳5ヶ月で入園した息子がとにかくすぐ熱を出す、流行の感染症にかかるので、
  登園できなくなることもしばしば。登園できないので、妻が休めないときは私が仕事を休むことも。
  しかしながら、入園してからの娘の精神的成長は素晴らし かった。
  他の子とケンカするようなことも少なくなり、迎えにいったときに楽しそうに遊んでる姿を
  見ることがとても嬉しい。また、先生が連絡ノートをとてもたくさん書いてくれるので、
  深夜に帰宅後ノートを見て、2人の成長ぶりに驚いたり笑ったりするのが本当に癒される時間。
そして妻の頑張りには本当に感謝している。 子供二人も本当に可愛い。家族が一番大事。

2.会社での評価がMAXまで到達した
  4月に大規模案件を獲得した功績で社長表彰(優秀社員賞)を受けた。
  また、11月には社内プレゼン大会でも優勝。社内の個人2大タイトルはとった感じ。
  現場では50名超えの部内最大チームを指揮し、他にも全社の新人研修講師や、
  2つめの高度情報処理試験にも合格し、人事査定のランクが最上位まで上がった。
  これは皆が「そんなランクは存在しない」と思っているレベルでレアなもの。
  来年年始の管理職昇格試験の受験資格も得た。
  なお、社長賞をとったときに社長と2人で会食したのが良い思い出になった。
  
3.案件を炎上させる
  上記の大規模案件を炎上させた。同期を鬱病に追い込み、この12月は2.4人月働いた。
  こうなってしまったった原因はしっかりと分析し別エントリーとして書き残しておきたいが、
  スキルの揃っていない新生開発チームをまとめ上げることの難しさを知った。
  自分は炎上したチームに最初からいたわけではなく、外側から見守っていたのだが
  不穏な空気は感じ取っていたし、抜本的な対策をぶち上げることも出来る立場であったが
  自分の仕事に追われ、人任せにしていたところがあった。(まあ他人の仕事だったが)
  自社内の問題は自分の責任として捉えて対処することが自分に求められていることを知った。
  けど、さすがに現状は辛すぎる。社畜、転職、できるやつが損をする、会社は無責任、という
  言葉がグルグル回っていた。後輩たちが段々と元気をなくしていくのを見るのが辛い。
  この業界の負の構造を感じた一年であった。SIer=人材派遣会社、みたいなね。
  この業界に関わらずに生活していく道もあるんじゃないかと、深く考えさせられた。

4.転職を意識
  上記の一件以前から、転職は意識していた。慕っていた先輩が辞めたからだ。
  もうお客様のいいなりは嫌で、ピラミッドの頂点に行きたいと言ってその通りの転職をして、
  年収も大きく上げた。残業も少なく、家族との時間も増えたようだ。
  私の年齢は今33だが、その先輩(37)からは年齢で足切りとかも普通にあったので、
  35才というボーダーは確実に意識して動いたほうが良いと言われた。
  35才以下でいれる期間はあと18ヶ月しかない。
  また、お世話になってるお客さんに、もう君には十分世話になったから辞めてもいいよ、
  他の金融機関に転職して君にとって適正な年収を得るべきと言ってもらったことも大きかった。
  転職イメージの1つの道としてはユーザー企業に入って同じように、
  システム開発には関わるが、SIerより立場は上であり、社会的地位、年収を得られるパターン。
  2つ目は、業界を変え、新たな世界で生きていくパターン。
  しかし、自分が何をしたいのか何も思いついていないというのが現状。
  正直、1つ目の業界はもーうんざりだなぁと思っているので逃れたいという気持ちがあり、
  全然違うことしてーなーというフワッとしたスタンスなのだが、家族もあるし、家のローンも
  あるので現実的な対応を取らざるを得ない。
  後悔のない選択をするためにもっと色んな人の話を聞きたいと思ってる。  
  
5.人前で話すことが多かった一年
  親友の結婚式司会を始め、前述のプレゼン大会、社内講師と人前で話すことが多かった。
  普段から50人チームのリーダーとして皆を集めて話す機会もよくあったし、
  急遽、100人の前でしゃべって!という無茶ぶりもあった。
  自分でもしゃべりがうまいとは思っていないのだが、場数を積んで、苦手意識を排除する
  レベルまでは行けた気がする。(そういえば元々苦手じゃなかったのかも)

その他:
 ・娘と4か月間毎週土曜日朝、水泳教室に通った。娘との絆が深まった。
 ・仕事で、英文表記法(シカゴマニュアル)に則っているか校正する作業を経験し、
  英文作成に自信がついた。
 ・昨年家も買ったし、ホームパーティを何度かやったが超楽しかった。
 ・社内プレゼン大会のときにもらった150名分の感想アンケート。概ね絶賛の内容でとても嬉しかった。
 ・所属する会社の経営統合が進んだ。好転?暗転?まだ自分にどう影響するのかわからず。じれったい。

総括するとやっぱり、仕事仕事仕事の1年だった。
結果もついてきたし、社内では「無敵感」を感じたが、井の中の蛙ではいけないんじゃかと。
それと可愛い盛りの子供たちの顔をもうちょっと見られる環境にいられないものかと、本気で悩んだ。
世の中のパパたちみんなそうなんだろうけどね・・。

来年の抱負は、自分の本当にやりたい仕事を考える。である。
来年も謙虚傾聴でいきたい。

俺にゅーす2014

今年もベスト5ニュースで1年を回顧。

さらっと書くけど今年は大きいイベントが多かったよ。

1.息子が生まれた
10月に第二子となる息子が生まれた。
もうすぐ三歳になる第一子が女の子だったので、
狙った訳ではないがちょうどよく男女に産み分けられたことになり大満足。
父子でキャッチボールをするのが楽しみである。
あと、今回も立ち会い出産できて、冷静に観察できたのが良かった。

2.一戸建てを購入した
息子が生まれることもあり、2年ぐらいずっと検討を続けていた
自宅の購入に踏み切った。
理想より郊外になってはしまったが、マンションではなく一戸建てに
することができたし、諦めていた”駅近物件”であったから、大満足。
週末の朝はリビングのひだまりの中でまどろんでいる。

3.仕事
超大型案件を受注して営業兼PMとして、ずっと忙しくしていた。
プロジェクト完遂までは3年半掛かるが、まだ開始4ヶ月時点である。
朝子供が起きる前に家を出て、夜は午前様でときにはお泊まり、休日出勤も。
新しい家で子供と過ごす時間がもっと欲しいのである(切実)

4.娘がかわいかった
2歳になる娘の成長が著しく、一緒にいると常に笑顔にさせてくれた。
息子が生まれて、娘がママを独占できずに寂しい思いをしないように
娘の心をケアする係になろうときめて、
野毛山動物園やアンパンマンミュージアムに誘って二人きりでデートしたが、
パパのほうがたっぷり癒されちゃったよ。
娘もよほど楽しかったのか、度々そのときの思い出話をしてくれる。
今度は二人の育児に奮戦しているママの方もケアをしてあげないとな。

5.グアム旅行
真冬に南国にいくことの素晴らしさを知った。
詳細はリンク参照。


<その他>
・将棋にはまる(現在アマ三段)
・体調不良(ひょう疽、秋花粉、喘息、胃炎、捻挫)を引っ張る
・母の病気
・生きてる蛸を買ってきて〆て煮た
・携帯破壊
・旧友が帰国/企業/結婚


あと昨年掲げた一年の目標の達成状況と、来年の目標の再設定について。

・仕事成功、大規模案件獲得&昇進
   →案件は獲得したが昇進はしてない、来年するぅ
・マイホーム購入
   →購入!
・高度IT系資格合格
   →無念!来年も最低1つは獲る!
・剱岳制覇&ゴルフ100ギリ
   →妻身重だったため行けてない・・・。来年はとりあえず剱岳はいく!
・ダイエット成功65キロへ
   →無念!

新たな目標は「少なくてもいいから副業でお小遣いを得ること」

来年もよろしくお願いします。
プロフィール

しょうへい

11年目SE。既婚・娘1・息子1。
時間を大切に、日々精進したい。
謙虚さが大事だと思う。

カウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
最新トラックバック
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ