8時起床。
アサイージュース。

11時、紀尾井町、ベローチェ。
TOKYO MXの新番組『博士の異常な鼎談』打ち合わせ。

ネット配信の『博士も知らないニッポンのウラ』が、
また同じメンバーでやりましょう、と打ち上げて、
本当に同じキャスト、同じスタッフで、
蘇った、極めて珍しい例だ。


一回目のゲストは、堀江貴文。


12時半、
紀尾井町ビル。
スペクター・コミニケーションズ。
噂には聞いていたが、
デーブ・スペクターの会社が、
自前のスタジオを持っているのだから、これは大したものだ。
スタッフの人たちも、なごやかな感じ。

恋愛写真で使ったという、
デーブ・スペクターの銅像のあるスタジオでの収録。

「春の無料放送スペシャル!
 デーブ&麻里のWOWOW NAVI〜!」
司会:デーブ・スペクター、関根真理。

一日、無料放送の日、約3カ月分の番組紹介。
6本分を収録。『海外ドラマNAVI』も。

無軌道ではあるが、情報性は高い、
デーブ・スペクターがボケ、
俺が突っ込みと役割分担出来るので、
毎回、常に手が会う。

さまざまな裏事情にも精通するデーブ・スペクターには、
そのリミッターを外した状態で、
『博士の異常な鼎談』にも出てもらいたい。

国民年金のように20代の時から、
WOWOWの受信料を払いつづけてきた俺。

最初は、RINGS、今は、UFC目当てだが、
今回、改めて面白い番組が目白押しである。

スタッフさんの一人が、柔術家で、
中井さんのお弟子さんであった。
こういう人がいるから、
格闘技中継も続くのだ。


夜、ベールワンズの井上崇宏くん夫妻と子供二人、来宅。
カンタくんはタケシと同い年。
トキオくんは、フミと同い年。
本当に幼馴染だ。
大人しかったカンタくんが、
今や、高田道場のちびっこレスリングのチャンピオンだ。
タケシ、異種格闘技戦にやる気マンマンだったが、
いざ、会えば、二人とも遊ぶことに夢中で、
なかなか試合にならず。

終わりがけに、ひょんなところから、二人の対戦が実現。
子供のレスリングなど、ぐだぐだになりそうなものだが、
カンタくんの卓越したテクニックが、
次々とシステマチックに決まり、
面白いように、抑え込まれ続けるタケシ。
それでも、何度も、何度も、向かっていく。
二人とも裸になって汗だらけでも止めない。
野蛮なところがなく、実にスポーツライク。
タケシ、毎日、訓練しなければ、
やられることが得心できたよう。
実に面白かった。


夜、マッサージへ。
前回、出会った日本人女性整体師にやっと遭遇。
たっぷり100分。
身体の各所に痛み、疲れが残っているのは明白。
整体で、身体を動かしているうちに、腰に亀裂的な痛みあり。
まさに、ここがヘルニアのポイントなのだ。
「ここに痛みがこないように走れればいいのですが……」
と言われるが、それがどうやって出来るのかはわからない。

昨日、今日と、一旦、直りかけていた、
右足の親指も腫れがぶり返してしまった。
ここ数日、歩かなければ良かったのかも。後の祭りだ。

いよいよ、ここにきて、不安が押し寄せる。


《 WBC・4度目対戦の韓国を撃破し一位通過も…村田が負傷離脱 》
《 ETC高速料金値下げで「海ほたる」大にぎわい 》
《 提携戦略断念…楽天がTBSに株買い取り請求へ 》