7時起床。朦朧としながら、
スズキ秘書運転、
8時半、TBS「アサ秘ジャーナル」へ。

TBS内、和室会議室、
三宅久之氏、迎え、総集編的トーク。
この放送分で、名門アサ秘ジャーナルは、終了。
曜日を、水曜日の深夜に変えて、
『週刊アサ秘ジャーナル』に。
3年半を超えて長寿番組になりつつある。

TBS、2時間の待ち時間。
ひたすら、安倍晋三資料読み。
時期総裁候補、
保守系雑誌の論文、期待を寄せる声も多し。

自民党本部へ。
安倍晋三、2回目のゲストに。
前回は、官房副長官時代に、新装したばかりの首相官邸。
そして、今回は、総裁応接室にて。
周囲は、歴代首相の肖像。
まさに、「昭和の妖怪」に囲まれて、
この、進退が注目されている時期、40分だけ時間を頂いて。

いつもは、小泉総裁が座る総裁の椅子に俺たち、腰掛ける。
拉致問題など触れていると話は、堅くなりがち。
話題を変えて、趣味の映画に。
膨大資料のなかでチラリと見つけた、
「ギャング・オブ・ニューヨーク」を劇場で見たとき、
小泉総理と偶然遭遇した話、振ると、盛り上がる。
資料読み、功を奏する。
さらに、「グレート・ブルーも見に行った」とのこと。
「隣でやっている華氏911は?」の呼び水に、
「見ていない」とのことだが、
「マイケル・ムーアは、あの映画ですごくお金儲けしたわけでしょ」
という意味の言葉。
うむむむ…それは、いかがなものか…と。
仮に真実の部分があっても、
「中坊公平は、弱いものの味方をして、お金儲けしたわけでしょ」
と、弱者が語るのはともかく、権力者が語るのは、どんなものか。
「あなたたちは、岸、反対派でしょ、我が家で評判悪いよ」
とフジテレビの岸信介特番を見た話、笑いつつ。
そんな、こんなで、アッと言う間にタイムアップ。

仕事は続く。砧、TMCへ移動、
『さんまのまんま』収録。
20年目を迎えるこの番組、我々の芸歴より長い。
自民党総裁の部屋より、
むしろ、この人の部屋に座ることの方が感慨深い。

一本目のゲスト、保坂尚輝さん遅れて、
急遽、我々が一本目に。
ノープランで、さんまさんの話のまんまに。

帰途、荻窪BOOK OFFで、
トイレット博士と化して、
五味太郎の『みんな うんこ』他、
うんこ&しっこ、話を中心に、絵本物色。

さすがに、疲れたが、
津多屋弁当を当てに晩酌。


《 球界再編・選手会に追い風 「楽天」がプロ野球参入へ 》
《 保険金殺人で元スナック経営者を再逮捕 》
《 昨年より7610万人増!世界人口は63・7億人 》
《 アントニオ猪木ら国際武道大会のため訪朝 》
《 元メダリスト池谷が2度目の離婚 》