福知山電車区にかつて所属した183系特急電車のA編成とC編成を製作しました。
DSC_0251

A42編成

北陸特急で使われていた485系の交流機器を撤去して直流専用化したJR西日本の183系のうち、4連を組んでいたA編成です。
 
クロ183-2702
DSC_0253

塗り替えてグリーンマークを貼っただけです。



モハ183-808
DSC_0255

交流機器と思われる部分を撤去し、塗り替えました。

2016-12-19-01-05-22

撤去された交流機器は113系に移植され…ることはなく、廃プラ材と化しました。


モハ182-704
s_DSC_0256

既製品の485系の中間車からパンタグラフとクーラーを撤去してフラットにした後、別の485系からクーラーを持ってきて載せました。
後尾車から改造する場合、ドア幅が違うので今回は中間車から作りました。

クハ183-203
DSC_0257

s_DSC_0262

顔を貫通構造をもつ形状に変更しました。
A42編成は貫通扉より細く帯が入っています。

C34編成

もとはスーパー雷鳥用に作られた特徴的な顔のクモハ183-200番台を含む3両編成。

クモハ183-204
s_DSC_0258

 側面を大胆に入れ替え、特徴的な顔面を作りました。

DSC_0263
 
 折妻構造なので211系の顔を使用しました、先端に向かってすぼんでいく形状もしっかり削り出しました。

モハ182-204
DSC_0259
 
こちらは交流機器の撤去は行われず、使用停止措置のみだったので塗り替えただけです。

クハ183-707
DSC_0260

塗り替えただけです。

連結面の様子
s_DSC_0264
綾部駅で「まいづる」と「たんば」が併結されます。

2016-12-18-17-25-39

顔面のパターンが多くて楽しいです。


DSC_0252

 この手のJR西日本の塗り分けが個人的に好みなので、ほかのパターンもやってみたいところです。

落成日:2016/12/18

製作中の様子はこちら→http://blog.livedoor.jp/s_hokuto281/archives/10718936.html