えーーーと、

part-2はあんまりおもしろくないかもww

まあ旅の記録として書き残しておきます<(_ _)>

こじんまりとしたお宿のいわゆる「山の旅館」的な夕食を頂き、「さてこんな山の中はどこも楽しめることがナイゾ」と、どうやらこの町の「夜の観光♡」があるらしいので若者二人?でバスに揺られて高千穂神社まで。

どうやら「夜神楽」なるものがあるそうなのですが、まったく興味なし(断言!)

しかし宴会場で無限酒地獄に嵌るよりは良かろうと、こちらを選択したわけで。

まあ日本人なので、神楽なるものを見る遺伝子ぐらいはあるのではないかと「自分の適性」を試しに行ったのも一つの理由ではあります(^_^;)


天の岩戸に隠れた天照大神を誘い出すために

あの手

P1000111


この手で誘いだし


P1000120


力自慢が


P1000124


岩戸をどけて 


P1000145


祝の酒を造り


P1000151


ああ目出度い、酒盛りじゃ♪


P1000158


酔っぱらって

P1000171


組んづほぐれつ・・・♡

とまあ、こんなお話でした(笑)


うーーーーーん・・・

凄く日本の良さが随所に・・・

でも今のあくせくした世の中と歯車のスピードが違いすぎる(・・;)

何なの日本って他の全ての国と全く違う次元に住んでるの、的な。

ああ、こんな国なら争い事なんか起きるわきゃねーやん。

なんか現代の人間ってすっごい毒されてる、そんな感じ。

でもこれでは世界と勝負にならないわ的な、アダムとイブの時代に戻らなきゃこの感覚伝わらんわ的ななんかもう、やっぱり異次元でした(笑)

それでもやはりここが「日本人のルーツ」なのは確かです。

大切に守り続けて頂きたいです。


さて、異次元からの帰り道、バスはもう1か所に寄りました。

P1000187


高千穂峡にある真名井の滝


P1000196



P1000197


幻想的、神秘的な光景にすっかり酔いしれてしまいます。

宴席を抜け出してみるこの景色。

旅は一期一会。

新しい出会いは自分から掴みにいかないと、歩いては来てくれませんからね♪