旅行の朝は早い。

本来ならもう5時前には目が覚めてうずうずしているのが常なのですが、この日は意外とゆっくり目が覚めました。

六時頃に起きだし、着替えてささ出発♪

まだ人が動き出していない早朝の散歩、旅行の重要な楽しみの一つです。

もし朝から雨が降っていたり、周りになあ―――ンもないことが確定しているとテンション下ります(~_~;)

ほら、旅行ってどうしても宿で宴会とかするとその勢いで二次会行ったり、酔っぱらったりしてなかなかホテルから外出する機会がないことが多いです。

特に仕事がらみの旅行が多かったからでしょうね。

でも「温泉地」って宿が全てじゃないでしょ。

せっかく「温泉地」に来たなら、その土地をしっかりと満喫したいのが私好みの旅行です♡


フロントで地元ならではの「手書き地図」を貰い出発♪

手書き地図の良さは地元の人が「ここ見て欲しい!」気持ちが詰まっているので良いですよ♪


出発・・・

したものの・・・

なぜかいきなり行き止まり(笑)

なぜかいきなり校舎?のピロティ?に裏から到着(・・;)

Uターンして反対側の道を・・・

あはは・・・また行き止まり((+_+))

めったにこんなことないんですけどね(~_~;)この地図使えねえーー。

でもでもやっぱり諦めきれないので最初の道に逆戻り。

恐る恐るピロティを抜けると・・・・・

オジサンがタバコ吸ってた(T_T)

無反応なのでそのまま突っ切って校門らしき方へ。


・・・・・。

あった♪

目的の神社ハケ―――ン♪


P1000203


せめて立札とか案内板とか欲しかった((+_+))

お陰で時間をかなりロスしてしまいました。

早くいかないと朝食7時に間に合わないよ(~_~;)

えーーとここは「槵觸神社

効能はご自身でお調べください(笑)


山門、いや鳥居の前に来て愕然


P1000204


階だーーーーん!orz

これくらいどうってことないはず、ですよ通常ならね。

しかし私の装備は浴衣と下駄草履のみ(+o+);;;

鼻緒の所も痛くなってきてるのにまだこれ登らなきゃいけないですかーーー。

と叫ぶ相手もおらず、仕方なくエッチらホッチら登りましたよ(^_^;)

でようやく到着

P1000205


なぜ横から(笑)

うーーん、どうも本殿を直接正面から撮りたくない気分でした。

やっぱ失礼にあたるというか、なんかそんな感じです(^_^;)

でたぶんここが拝殿で後ろが本殿でしょう。


P1000206


真ん中屋根から滑り台が!

緊急時、ここから脱出・・・したら足くじきますよねwww

本殿と拝殿の屋根からの雨水を外に逃がし、建物の老化を防いでいるんでしょう。

もしくは下にいたらずぶ濡れなるやん(~_~;)~~の措置か。


でね、ここまで来て凄いもの見つけました!

彫り物です♪

刺青の方じゃないです念のため。

P1000207


結構な厚みの木に彫られてますよねこれ多分。

P1000209

反対側も。

でよくよく見上げたら


P1000210


でっかい龍が睨みを聞かせていましたスゴイ!

右は残念ながら朽ちたのでしょうね(~_~;)

でも左側、ヤシの木と鯉と人魚に見える!

P1000211

老人魚かい!!!!

髭生えてるしwwwww

こうなったら反対側も気になる木になる♪♪♪

P1000212


こっちにも龍が、んでもって下にもなんかある♪



P1000213


獅子と超能力少女!



P1000214


これはーーーーー、なんでしょね(^_^;)

でもどの彫り物も、元となるストーリーがありそうで興味は尽きないです。

せっかくなら立札で書いておいて欲しいですよね。

でもここでタイムアウト

早く帰らないと朝食タイムがww

急いで元来た階段を下り、

おり?

右手に泉があるってか?

120m?

微妙www

こんなときゃ


ダッシュで行くっきゃないでしょwww


P1000215


あたっ!!


P1000216


石の、ほこら?

で、イズミはこっち


P1000217


はい、今日はここまで♪

さあ、朝食ですよーーーーーー♪



P1000218


山の宿の朝食はこんな感じです。

ちな、真ん中の椀物二つ

右はそばがゆ、左はそばシリアルです♪

御馳走様でした♪