愚禿道化の備忘録

持ち前の鈍ーい感性で四季折々森羅万象を忘れないように記すグータラ記録

カテゴリ: 世捨て村

例えば、ナチス・ドイツに象徴されるような、狂気とも言うべき資質・気質・人格・品性・性格を持った一人の人間が強大な暴力装置を勝手に動かせるのは人類にとって極めてマイナスだと遅ればせながら気づいてから、世界は権力を一点に集中できないようなシステムを構築したはずなのに、そういう歴史から学ぶどころか、ダークヒストリーへと逆行する暴挙がまた起ってしまったことに驚く。
この世紀にいまだに独裁者という者が世界に存在し、強大な権力と暴力を一手に掌握し、行使できることが不思議だ。人類はやはり愚かなのか。
報道に接するかぎり、いくつかの国はほとんどたった一人の人間がその国を動かしている印象しかない。今のロシアもそんな感じだ。
一国内での独裁も問題だが、一人の人間の意思で究極の暴力装置を他国へまで及ぼすのはさらに許せない。しかも、今回もそうだが、戦争を始める時は常に「平和のため」という理由を持ちだして来るから油断できない。
こういう世界の時勢で特筆すべきはやはり日本国憲法だ。戦争放棄条項は世界の宝だと再認識すべきだろう。

さて昨日の続きです。
DSCF1719
沢の水を飛沫させておいてできたミニ氷山を鶴嘴で割ろうと渾身の力で降り下ろすが、ガチガチに凍っているミニ氷山はビクともしない。何とか氷の筋を見つけてその間に降り下ろしたら少しだけ食い込んだ。岩のように硬い氷だ。

DSCF1721
真ん中からでは到底刃が立たないので端から割っていく。
DSCF1722
この中から気泡が入っていない透明な氷を採取するのだ。
この日はクーラーボックス1つ持参しただけだったので、それに満杯にし、さらに小屋にあったレジ袋にも詰め込んだ。まだまだ良質の氷は無尽蔵だったが、一人ではそんなに持てないし、持って行っても保存するところもない。

DSCF1727
多分気温は零度くらいだろう。それでも鶴嘴を何度も降り下ろしたので汗だくになった。それもすぐ下の山葵を見に行ったときにはもうすっかり引いて、寒い。
ついでにこの山葵コーナーを拡張しようとも思ったのだが、雪をかぶっていたので断念した。早く帰って天然氷オンザロックでも味わいましょう。
DSCF1728
哀れ厳寒の沢の山葵、かろうじて命を繋いでいた。
DSCF1729
脇の沢にはナチュラル・アイス・アートがサヨナラを言っていた。



一応、家の休日作業の剪定で出た太枝の始末は終わったので、お山へ天然氷の様子でも見てきましょうと、コロナ禍でどうも他人を誘うのが気が引けるこの頃だ、寂しいけれど一人で行って来た。
このガソリン高なのでちょいと躊躇はしたけれど、たまには運転もしないと、例えば右に回るにはハンドルをどちらへ切るのかも忘れちゃうといけないのでね。
DSCF1708
着いてみると、いつものPは入口の斜面がアイスバーンになっていて、さすがの4駆もこれではダメで、他のPも吹き溜まりの雪が30センチくらいになっていてここも断念、諦めて帰ろうと思って引き返したらすぐ近くに除雪してあった広場があったのでここに駐車した。そこからは5分くらい余計に歩けばいいのだ。
DSCF1709
葉をすっかり落としている雑木林はまだ早春にも程遠い装いだ。
獣の足跡を踏みしめながらエッチラオッチラ雪道を登った。それがし以外は人の気配はなし。ここで倒れたら俺はいつ発見されるんだろうと心配しながら登ったのであった。またストレスが溜まっちゃったのだ。
DSCF1712
ここは標高約800m、沢から引いた水道は凍結防止で出し放しだ。シンクには撥ねた水が凍結していた。
DSCF1715
一人なのでアルコールは飲めないし、昼食も食べないし、何も持って来なかったのでお湯を沸かすこともないのだが、ここへ来て火がないとゴムひもの無いパンツみたいなので、まずは火をつけて鉄瓶をかける。
脱水症状になるといけないので、あとで白湯でも飲みましょう。
DSCF1716
DSCF1718
小屋の前もウッドデッキも屋根もすっかり雪に覆われていた。ここには獣の足跡は皆無だった。小屋の下で雪宿りをする獣はいなかったようだ。
さすがにこの程度の雪では小屋も倒壊しなかった、よかったよかった。

DSCF1713
さて、天然氷は思っていた以上に良質のが出来ていた。
沢の水をホースで引いて、岩の上から落として飛沫が跳ねるようにしておく。そうするとそれが徐々に凍結して透明で堅い良質の天然氷になるのだ。
DSCF1714
被っていた雪を取り除いてみたら下からガチガチに凍った塊が出てきた。ミニ氷山だ。

続く。


昨日の続きです。

何はともあれ山に着いたらまず火を熾す。寒くても暑くても火を熾す。
DSCF1603
なぜ人は火が恋しくなるのか。
原始の時代より人は火ともに生活してきて、火がなくてはならない存在だったから、その重要性が現代人の体の片隅にでも脈々と無意識に受け継がれてきたからなのだろう。
しかし今や薪の火は望んでもほとんど見られなくなってしまったし、生活に必要でもなくなってきた。喜ぶべきか悲しむべきか、嗚呼。
なんてことを考えながら火を熾したわけでは、もちろん、ない。

DSCF1602
薪の火は強力だから、沢の冷たい水が入った鉄瓶もあっという間に湯気を出している。私めは普段は昼食は摂らないので、一人で行くときは持参するのはコーヒーくらいだが、この日は連れ合いが朝調理したパンと、途中で買ったカレーパンとスープを二人で頂く。スープが熱くてうまい!食い過ぎだ!

DSCF1604
風もなく穏やかだ。見上げれば胡桃と杉の上空は奥多摩ブルーだ。

DSCF1606
少ししか採取できなかった沢の氷で帰宅後さっそくハイボール。強炭酸にジャック・ダニエルの口当たりが心地よい。
DSCF1607
取りあえずは、前日川越のN青年のお土産の石巻産炙りホヤと数の子入り山葵漬けと私めが朝晩かき混ぜている糠漬けで、軽く一杯でした。

オミクロンとかいう新型コロナ株の蔓延で、また他の人を山へ誘えなくなってしまった。いったいいつになったらみんなでワイワイ行けるようになるんだろう。

昨日の続きです。

そういえば、小河内神社に初詣していた時も、恐れ多くも神様の上空をヘリコプターがパタパタとローター音を響かせながら何回も旋回していたので、何かあったのかとは思っていたのだった。
DSCF1594
車を止められてしばらく待っていたら、やがて東京消防庁の赤いヘリが飛び上がった。これでやっと一時通行止め解除になった。
DSCF1595
間近で見上げるヘリは音とともになかなかの迫力だ。腹部には東京消防とJAなんたらかんたらの英字がある。
DSCF1596
やっと通行できるようになったこの左側にはヘリポートがある。
この日は救助訓練か、はたまた実際に山で遭難でもあって救助活動が行われていたのか詳細は分からない。消防車や救急車、パトカー、その他関係車両や人がいてものものしい雰囲気だった。
実際の救助活動にしてはそれほど緊迫感がなかったし、関係車両や人も多すぎると思われるので、やはり訓練だったのかもしれない。

DSCF1600
さて、それからは車はスイスイと進み、目的地に着いた。
肝心の氷はというと、沢の水量が少なく、従って沢水が段差を落ちる際にできる飛沫が少ないのでほとんど良質の氷はなかった。

DSCF1605
沢はこの程度の水量だ。
いつもは厳冬期の前に沢から引いたホースを岩盤の上に飛沫が飛ぶように設置し、極めて固く厚い氷の層をこしらえるのだが、この秋はそれを設置してなかったから、沢のところどころにある氷を採取するしかなかった。

DSCF1601
氷の採取の前に、山へ来たらまずは火だ。自在鉤に鉄瓶をかける。

続く。

昨日は休日にもかかわらず印刷物の納品の仕事があった。それを終えて、そのまま珍しく連れ合いと今年初めて世捨て村へ天然氷の様子を見に行って来た。
DSCF1582
このところ雨があまり降ってないので奥多摩湖の水位は低下していた。

DSCF1583
例によって、首都東京用水の守り神・小河内の総鎮守、パワースポット小河内神社へ初詣だ。
この時には私たちの他には二人だけお参りの人がいた。ご利益は高配当だね。

DSCF1584
鳥居をくぐって石段を登り終えるとさらにスロープが続く。高齢者には優しくない神社だが、何せ山また山の小河内、他に場所がなかったのでここにしたのだろう。

DSCF1585
この神社には小河内貯水池建設のために水没した9社11祭神が合祀されている。
これだけの神様にお参りしておけば今年はいい年になるでありましょう。
この境内では合計60円もお賽銭を奉納したんだもんね。

DSCF1586
DSCF1587
この寒空に相変わらず狛犬様がマスクも防寒具もなしに鎮座しておりました。
天照皇大神、広國押武金日命、伊弉那美命、貴船大神、大山祇神、火産霊神、速玉男命、事別之男命、高皇産霊神、熊野三神、加茂別霊神 (神社庁HPからコピー)
を守るため、日夜寝食を忘れて防御しているのでありましょう。
(以上は毎年ほとんど同じ記事です、はい)

DSCF1588_2
お参りを済ませ車を走らせていると我らの同類が橋を我が物顔に闊歩し、占拠しているではありませんか。写真では数匹ですが、この手前や欄干の上、歩道とかなりの数のお猿さまが散歩しておりました。今年は猿年じゃないんだけどなあ。
ここは東京都ですけど、最近はこんな光景も珍しくないほど野生動物が増えていますね。

DSCF1592
猿軍団に占拠された橋を何とか渡り切って車を進めてくると、今度は突然パトカーが道を占拠してして、「しばし待つのだ」というようなことをハンドスピーカーで言っている。
なぜ「ようなことを」かというと、斜め左上空のヘリコプターのホバリング音で言ってることがよく聞こえなかったからだ。

続く。

昨日の続きです。
トレイルウォーキングに行く前に世捨て村の冬支度だ。
DSCF1519
まず、ウッドデッキに溜まった落葉を掃く。前回来た時に粗方やっておいたので、その後落ちた杉の葉は少なく、汗をかく間もなく終わる。気温5℃。
床に苔が生えてきている。かなり老朽化してきた。
DSCF1520
次は水道補修だ。来るたびにホース水道が詰まって出なくなっている。冬を迎える前にある程度本格的に補修することにした。
まず水道源の沢の分流を掘る。

DSCF1521
ここに籠を埋めてその下部にホースを突っ込んで完成だ。なんて簡単な水道源なんだ、とお思いでしょうが、これでも作業は結構大変だった。

DSCF1522
籠の下流に石や砂を入れ、水がたまる状態にする。上流には枝や石を置きゴミがホースに詰まらないようにする。籠に石を載せて完成だ。
沢利用ホース水道はいつも出し放しにしておく。止めてしまうと夏は水がホースの中で腐敗し、冬は凍ってしまうからだ。
特に冬はホースの中の水が凍ってしまうと、それを融かして出るようにするまでがかなり時間がかかるので出し放しは必須だ。
ここまでやってさあトレイルウォーキングに出かけよう。山葵田の補修もやりたかったけど、それはこの次だ。急ぐ作業でもない、苗もないし。

DSCF1528
そしてまた時間は進み、山歩きから帰って来てお腹が空いた青年二人は、寒いし火が恋しい。久しぶりに「ずりだし」でもやろうと火を熾し、自在鉤に鍋を掛けたのでした。
DSC_0006
グラグラ煮立った鍋に乾麺を投入、待つこと5分、奥多摩名物「ずりだしうどん」のできあがり。
たっぷり湯に強力火力が美味しいずりだしには必要条件です。
DSC_0007
お椀の中には卵、ネギ、鰹節、醤油、マヨネーズという豪華版ずりだしです。
う、うまい!なんて美味いんだ。山で食す「ずりだし」はアウトドア最強の料理?だ。

山の日暮れは早い。念入りに消火をし、山歩きで疲れた体に満腹で山を下りたのでした。

世捨て村の冬支度をかねて、N氏と二人で隣りの尾根をハイキングコースの縦走路峠まで完登して来た。獣しか通らない道なき尾根だが、急斜面とはいえ薮も無く、割合歩きやすかった。
出発点の標高約800m、到達点1,241mだ。標高差440mを約1時間半で登った。
DSCF1523
右側が昼なお暗い植林の針葉樹、左側が葉を落として明るい広葉樹の間をすり抜けて行く。

DSCF1525
熊?の糞もところどころに落ちていた。

DSCF1524
落葉の積もる急斜面を、杖を巧みに扱いながら登るN氏。こういう急斜面は3本目の足とも言うべき杖があると無いでは全然違う。山側の杖に体重をかけてジグザグに登って行く。

DSC_0003
フー、やっとハイキングコースに出た。コーヒーでも炒れて一息つきましょう。ン、なぜかシーバスリーガルもベンチにあるぞ。

DSC_0004
峠に出ると一息ついてから、今度は来た尾根ではなく隣の尾根を下ることにした。
ところがやはり道なき薮を歩いていると突然狭い山道に出た。もちろん地図にはない道だ。いったいこの道はどこへ続いているんだろうと下ってみると、先日登った沢筋の道に出た。どうやら小尾根がいくつもあって、尾根違いだったらしい。でもこの道の方が断然歩きやすくてラッキーだった。

DSCF1527
先日もお世話になった湧き水は昨日も岩の下からこんこんと湧き出ていた。ここでのどを潤す。

続く。



獣の生まれ変わりと言われている、いかなる時でも3秒あれば爆睡できる、戒名も眠獣淫晴山と私めがつけてやった言いだしたら聞かない高校の同級生が、雨でも何でも涼しいところへ行こうというので、仕方がない付き合ってやるかと、8日に雨の中4人で世捨て村に行って来た。
IMG_20210808_131746
なぜかここはYモバイルは通じるがドコモはダメだった。ドコモはどこも通じるんじゃないの?
奥様から茗荷の調達を頼まれたメンバーだが、総て鹿に食べられてしまって全然ありませんでした。

IMG_20210808_131732
台風10号の影響で雨はやまず、作業もできない。やることと言ったら飲んで食べるだけ。ありがたいことに運転の青年は飲めないし、料理番もやってくれたのでこちらは飲み放題だった。
このN青年は普段から料理はやっているのでまことに手際がいい。

IMG_20210808_115118
山に来たらバーボンと決めているので、一番安そうなのを購入、その原料をつまみにハイボール。
しかし、メンバーの一人にはこれがすこぶる評判が悪かった。芋焼酎はいいが、バーボンの匂いがどうもいただけないと。そんなものかねえ。

IMG_20210808_140333
最後には余った食材をすべて投入して炒める。山葵を散らして出来上がり。これじゃ、子供の頃に見た豚の餌だよ。まあ、メンバーが私めを除いてみんな豚みたいなもんだからいいけど。

IMG_20210808_154159
もう何でもありだ。バーボンのお湯割りに山椒の実をつぶして入れてみた。唇がピリピリしてなかなか味わえない山の味だった。

IMG_20210808_152745_2
雨が止んだのでウッドデッキへ移動。山は涼しい。至福のひと時。

IMG_20210808_152818
アオリイカの師匠の愛猫用マタタビ。師匠、採ってきたよ。

IMG_20210808_172133
そんなわけで、誰ーれも来ない、鹿だけがピーピーと鳴いていたお山を後に、虹を目指して帰ったのでした。





昨日の続きです。

この日はチエンソーは持っていかなかったので、枯れ倒木の薪は運んだだけで切断はしなかった。高齢者がそんなに働いてはいけないしね。

DSCF1086

山から引きずりおろした枯れ木。

DSCF1087

まあ少しはこの次来た時の焚火の足しにはなるでしょう。

DSCF1088

薪運びはかなりの労力を必要とするし、急斜面で転落の危険もあるが、山椒の葉を摘むのは超楽チンだ。
柔らかい新芽を摘むのでその部分の棘もあまり硬くなっていないので刺されない。実はまだこれからだ。
ジジイには山椒の葉摘みがよく似合う?

IMG_20210502_132504

そうこうしているうちにドラム缶露天風呂も沸いた。
私めの白魚のような裸体を載せても気持ち悪がられるだけなので、代わりに風呂から撮った五月の青空を。
のんびりソロ露天風呂、最高でした。






4連休の備忘録です。

2日、矮鶏たちの小屋の地面に敷く鉋屑を親戚の工務店に貰いがてら、久しぶりに山の様子を見に行って来た。

IMG_20210501_141106

それに先立つ1日土曜日、仕事の合間にチャボの新餌箱の製作だ。
木工用と鉄用ののこぎりで使い古しの丸樋に半分ほど切り込みを入れる。

IMG_20210501_142124

1.5㎝の部分を残し、3.5㎝の部分を取り去る。ノコは入らないからヘラを熱して溶かして取った。

IMG_20210501_150855

チャボの首に引っかからないように切り口に紙やすりを当て滑らかにし、引っ掛けアルミをつけて完成。
こういうのも餌「箱」というのだろうか。餌筒かな?

DSCF1093

早速取り付けて餌を入れると具合がよさそうに食事中。全面開きではないのでさすがに餌の上には乗れず、糞をすることはないので、いい感じです。
下には貰って来た鉋屑を敷いた。

DSCF1081

さて、世捨て村へ行く途中の茶畑は新緑が真っ盛りでした。間もなく茶摘みも始まり狭山茶の新茶を味わえるでしょう。

DSCF1089

最近はペットボトル入りがお茶だと思っている輩が多く、急須でお茶を淹れたことがない人が多くなってきたという。嘆かわしいことだ。

DSCF1082

5月が始まったばかりだというのに空は夏の趣だ。この日は雷雨予報が出ていた。

IMG_20210502_110704

世捨て村に着くとまず山葵の様子を見る。かろうじて生き残ったわずかな山葵は花を咲かせていた。

IMG_20210502_111031

その中の大きそうな一本を採取。曲がってしまっているが、自家用には差し支えないだろう。

DSCF1084

ドラム缶風呂が沸くまでの間、薪集めをする。急斜面を登り、運べそうな枯倒木を引きずり下ろす。

DSCF1085

さすがにこれは大きく太すぎて、一人じゃとてもじゃないが動かせない。5、6人いなければ動かないかな。

続く。












↑このページのトップヘ