2011年7月30日、古賀茂明氏の部屋が停電になったと、古賀茂明氏がツイッターにて発表しました。

古賀氏のツイート
『19:30前に外出先から帰宅したら停電。周囲のお宅は全て異常なし。東電に電話したらオペレーターが一時間で担当が来てくれると言ってくれた。後から別の男性が、停電が多発しているのでいつになるかわからないと言って来た。さっき電話したらあと二軒あるとのこと。すでに1時間40分経過。』
http://twitter.com/#!/kogashigeaki/status/97278682200158208
『ブレーカーは確認済み。既に二時間半経過。20分前に催促したら近くでの作業が終わったみたいだからこれから向かうとのこと。何分かかるかは道の混み具合次第とのこと。郊外の住宅地。道が混むことはないはずだけど。まだ来ません。東電さーん早くお願いします。』
http://twitter.com/#!/kogashigeaki/status/97290724025958402
(追記)
その後復旧したことをツイートしています。
『お騒がせしました。やっと東電が来てくれて復旧しました。漏電の可能性ありだが後は工事業者で、大変お待たせしましたとのこと。まだ他にも待ってる家はあるんですかと聞いたら、ええまあ、という返事でした。みなさんご心配いただきありがとうございました。』
http://twitter.com/#!/kogashigeaki/status/97313523566260227

(追記)
その後、古賀茂明氏が原因をツイートしています。
『皆様にご心配いただき恐縮です。電気は一配線をのぞき復旧。三時間かかりました。この先は、こちらの責任で工事業者に点検をお願いすることになります。連絡不能等の情報は、電話、Fax、インターネットが遮断されたためだと思います。携帯は通じてました。お騒がせして大変申し訳ありませんでした。』
http://twitter.com/#!/kogashigeaki/status/97476180629913602