2009年05月11日

ゲームが好きな人たちへ―「性暴力ゲーム」について

 ちょいと目にした限りでは脊髄反射と思われる反応が多く見られた。グローバリゼーションにおいてこういった対立は日常化して避けられない。アニメとかゲームが絡んでいるので少し書いておきたくなった。面白くないです。

いいたいこと

・人権団体の抗議にいちいち騒がない。
・問題は「現実と混同すること」ではなく「性暴力を描くことそのもの」。
・程度問題を政府は考慮しない。動き出してから行動しても手遅れ。
・「見たくないものを見ないですむ権利」を浸透させて責任を全うし、表現の自由を謳歌しよう。

○フェミニストにとって抗議は正当である○

 タイミングよく読んでいた『女子マネージャーの誕生とメディア』に引用されていた朝日新聞掲載文を孫引きする。()はblog主が追加。

 「(男子部の女子)マネージャーになることは自由ですが、『マネージャーは女子が多い』という現象が、やがては『雑用は女性の仕事』という考えにつながりそうだと思いませんか。そういう社会で息苦しくなるのは私たち女性自身です。残念なことに今の日本はそういう社会なのです」

 性差別の基本認識のひとつはこれである。

 「思わねえよw戦前の全体主義者乙w」とか考えた人は半分間違っていない。もう半分は・・・・・・口汚くて申し訳ないが、容姿に優れていて歌が下手・踊りが下手・演技が下手なアイドルや、いわゆるおバカタレントをみてみよう。言っておくが、彼らが努力をしていないとは言っていない(強調)。ただ一般生活からみて、特異な生き方を理想の生き方として皆が思い始めたらと考えてみて欲しい。

 「それもひとつの生き方ですが、『アイドルは格好いいし、お金持ち』という現象が、やがては『努力は才能に劣る』『地味な仕事をするのが馬鹿らしい』という考えにつながりそうだと思いませんか」

 なんてことが頭をよぎったアナタには言わんとすることが伝わったはず。要は社会的モデルにとって好ましくないと判断(判断する主体は得てして巨大な力を持っているものである)されればソレの性格や程度はさほど問題にならずに排除しようとする力が働くということ。


○維持、再生産されるイデオロギー○

 日常的なパフォーマンスの繰り返しによってイデオロギー(ここでは簡単に、主張とか考え方と思ってもらっていい)――本件の場合は男性が女性の性を一方的に蹂躙すること――が維持されたり、また再生産されることを問題視している。

 イデオロギーというのは厄介なもので、特定の誰かが提唱しなくてもソレ自体が一人歩きすることがある。例えばツンデレとか草食系男子とか。両方とも言葉が存在していなかっただけで、モノそのものは言葉より前からあった。そして言葉が与えられたことによって記号化し、認識されるようになったにすぎない。形を与えられたモノは商品化したり、政治的に使われたりしてイデオロギーと化す。


○基本スタンス   結束しなくていいのか・・・?○

 「不倫は文化だ」みたいに「レイプは文化だ」などと言うつもりは毛頭ない。私のスタンスは「ゲームが人を邪悪にする」みたいな主張には懐疑的――影響があったとしても自殺報道が新たな自殺を誘発する危険より低く、対象者が全年齢でないことから映画やドラマの人権侵害シーンよりも低いだろう――だし、また日本のゲームプレーヤーが「女性の性を一方的に蹂躙するのはいいことだ」「女性は二級市民である」といったイデオロギーに屈しないと信じているので、こういった抗議にはキチンとした対処を考えたいと思う。マッチポンプで児童ポルノがどうだ、ゲームの表現がどうだ、規制だ規制だと、縛られていないと満足できない性癖の人たちに合わせるのは、ゲーム好きとして面白くない。ただし国民的コンセンサス(合意)が議論の後やっぱり対象を「邪悪だ」「規制するべきである」と判断した場合はそれに従うつもりである。


○どうやってイデオロギー化を防ぎ、影響を最小限にするか○

 彼らフェミニストには「二次元ゲームには被害対象がいない」とか「自国の性犯罪率と日本の犯罪率調べてからいえ」等の反論は、意味がないとはいわないが的を射ない。「表現の自由が云々」も優先順位で水掛け論になるのでうまくない。「イデオロギーにはならない」と真っ向から反論するか(例えば若い時分に人権教育を行えば足りる。年齢指定がある上に趣向品であるから等)、生物的ジェンダーであるから受容せよと主張する(男は本能的に性暴力願望がある等)か、いかにしてイデオロギー化させないかを論ずるのが批判に対する答えのひとつになると考える。というより政治的決着ではなく論理的な選択肢としては他に思いつかなかった。ここは「いかにしてイデオロギー化させないか」を有効と考えたい。


○見たくないものを見ないですむ権利○

 本件は国内販売限定なことから、国外へ流出さえしなければ問題はなかった。何故なら本体男女差別は国内問題に収まらないが、国内における流通や規制のあり方を規定するのは国民的コンセンサスであるべきであり、また本件は重大な人権侵害が行われて被害者がいるわけでもない。そもそも一定の審査を受けているし、建前上は年齢制限付きである。

 そこで「見たくないものを見ないですむ権利」と「ゾーニング」を挙げる。前者は「選択の余地なく見たくないものが見えるのは人権侵害である」ということ。後者は簡単にいうと「すみわけ」である。

 身に覚えはないだろうか。スーパーが聞き苦しい音楽を垂れ流していたり、コンビニに置いてある一般雑誌の表紙が扇情的であったり、ビデオショップに飾ってあるポスターが半裸であったり、ブログ内容は普通なのに広告がエロ系だったりしないだろうか。

 コンビニのエロ雑誌はもっと見えないくらい分けて欲しいし、青年漫画雑誌はこぼれそうなおっぱいを見せない方がいいし、日本橋の信○書店や買取り○っくすは店頭に際どいポスター貼らないでほしいし、ヒット数の多いサイトは広告にも気を使って欲しい。性犯罪におけるマスメディアでのニュースの取り扱いや、下ネタの放送時間や媒体によって掲載制限等もここにいれていいかもしれない。なお、解決すべき経済上の問題は決して無視できないが、ここでは扱わない。

 自主規制でかまわない。・・・というより個人的には自主規制してくれないと自治体や政府が動きそうで困る。特に今回みたいな外圧が掛かると・・・日本の誇るべき外務省がとても頼りになる。。。


○終わりに○

 望まないこと――食わされたり匂わされたり聞かされたり見せられたり触られたり――を強制的に与えられるのは、推理小説の犯人を無理やり知らされるのと同じように不快だ。日本ではゾーニングが欧米に比べてまだ十分でなく、付け込まれるいい的になっている。

 もちろん民間企業や個人だから拘束力はない。でも公権力には法律を起草し提案して可決する力がある。盗聴法だの障害者自立支援法だの人権擁護法だの国籍法改正だの・・・。余計な非難を受けないため、快適な生活を送るためにも「見たくないものを見ないですむ権利」はもっと普及すべきものだと考える。少なくともこの点に限れば、ゲームが好きな人たちが同意できる余地は大いにあると思う。

 「自国の犯罪率と比べてから言えよ」とか「キ○ガイフェミ死ね」とか「ぶっ殺すゲームはいいのか」とか「現実と混同する奴なんかいねーよ」とか「被害対象がいないんだからいいだろ」とか。ストレスの発散目的もいいんだけど。

 それはそれでもかまわないんですが、もう少し考えてみませんか? >ゲームが好きな人たち



○おまけ   海外流出についてメーカーに責任はなさそう?○

 今回2ちゃんねる等をみたところ、?メーカーは国外販売していない、?業界で作る自主審査機関は通っている、?18歳未満禁止なのに海外では全年齢の人が買えたようだ。メーカーのゲームには海外にも固定ファンがいるらしく、コアなファンが英語化パッチを作ったりしていることも付け加えておこう。これらが事実ならメーカーにとってはたまらないだろう。そして今回は国内販売であることからメーカーではなく、主に日本政府から海外人権団体に然るべき対応を願うしかないわけである。さらに本論はメーカーへの直接救済には役に立たない。南無〜。


参考

読売『日本製「性暴力ゲーム」欧米で販売中止、人権団体が抗議活動』(09.05.08)
痛いニュース『日本製「性暴力ゲーム」欧米で販売中止、人権団体が抗議活動
ああ、昔にもどりたい『日本製の「性暴力ゲーム」欧米で販売中止 国際人権団体が販売を続ける日本の対応を批判、抗議活動を開始
電撃速報『「性暴力ゲーム」欧米人権団体が日本を痛烈に非難


関連エントリ

児童ポルノ法改正審議の論点整理(09.06.29)


10月20日追記

 こちらに少し書いたが、今は美少女ゲームに性差別が存在していると考えている。だったら性差別をなくしていくべきか?答えはイエスでありノーである。私は社会的性差と生物的性差が独立しあっているとは思わない。そもそも人権という幻想を神聖視したとしても、差別の根絶は自明ではない。差別を減らしていくということが人権を守る有効な手段であるにすぎない。私はあくまで差別を地球上から根絶するスタンスに与しない。

 今後、違った価値観を信じる人たちの衝突はあらゆるところで起きる。捕鯨問題だって美人コンテストだってそうだ。美少女ゲームとてもちろん例外ではない。そこでは政治がものをいう。ハリウッド映画での黒人枠(本当にあるのか知らない)を設けるかのような、ブサイクを無理にでも登場させたりするのも一種の方法(外部に対応)だし、差別は存在しないと主張する(外部に対抗)のもひとつの方法だろう。双方とも賢明な方法とは思えないが。
Posted by s_kuri2002 at 00:40│Comments(0)TrackBack(0) ポルノ規制とかその辺の話 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/s_kuri2002/51506607