□ 日経平均(大引け) 16,498円 −155、煮詰まり感

本日の日経平均は反落。ドル円の上昇一服気配を受けて売り優勢でスタートすると、週末のG7伊勢志摩サミットや米金融政策の行方を見極めたいとの向きから、引けにかけては16,500円を挟んで方向感乏しく推移。

東証主力株は概ね軟調。中小型株は 8518 日本アジア投資、6388 タカトリ、4568 メドレックス、4589 アキュセラインク、6191 エボラブルA、3652 DMP、2484 夢の街、3814 アルファクスなどに短期資金が流入。

日経平均 16,498円 −155、Topix 1,326 −12
225先物 16,480円、NYダウ先物 17,462ドル 
為替 109.25円/ドル、122.48円/ユーロ、1.1212ユーロ/ドル

■ テクニカル : 煮詰まり感
上下幅約100円の低ボラや低調な商いが16,400円〜16,800円水準のボックス相場継続を示唆。3日連続の上値切り下げやレジスタンスライン抵触後に調整色を強めたドル円を踏まえれば、16,000円前後までの下押しもリスクシナリオとして念頭に。

big (59)

【気になるニュース・銘柄】
7248 カルソニック
日産ショックで急落スタートした後、引け味も冴えず、テクニカルは戻り売り優位に。

6502 東芝
巨額減資報道もネガティブ反応は限定的となりましたが、具体的な再建策が明示されるまでは外資マネー流入は期待できない = ジリ貧の展開が警戒されます。

4565 そーせい
10日線に急接近したところからの売り直しにより、テクニカルは「再度の下値模索への警戒」を示唆。お持ちでなくとも、新興銘柄に資金を傾斜しすぎている方は「連鎖安」にご注意ください。

3776 BBT
メルマガ等で久しく触れていますが、本日終値での220円台乗せにより勢いが付きそうなテクニカル形状となっています。テーマ性も踏まえれば、引き続きスイングイメージでの押し目買い狙いで注目。

☆ 5/20からの新スポット銘柄
会員サークルではUBIC(2158)、ハーツUG(3676)からの流れに触れながら、先週末310円台からのご提案。本日360円超えにより、まずは3日で16%高を達成!

会員サークルで「持ち株の5割を利益確定」とご提案している株価水準まで上昇したために、目先は押し目待ちの買い直しが本線となりますが、となりますが、アジア事業の成長により営業益は驚異的な伸びを続けているだけに単なる目先狙いのみならず、中長期大化け候補としても注目していってください。

銘柄名は今だけこちらに掲載中!
   



次の銘柄は是非初動からご参加ください!
※ 5/21〜10スタートコースのメンバーさん募集開始!
 
         
 
4343aquab02-001

では本日もお疲れ様でした。明日もよろしくお願いします。
  
                

■ 午後の戦略 : 16,400円水準までの買い下がり

前場の日経平均は続落。109円台前半まで軟化したドル円を嫌気した売り優勢でスタートすると、週末の伊勢志摩サミットや米金融政策の行方を見極めたいとの向きから16,500円台で持ち合う流れに。

東証主力株は建設株や半導体関連の一角を除いて概ね軟調。中小型株は 8518 日本アジア投資、3652 DMP、4568 メドレックス、2484 夢の街などが買われたものの、総じて様子見色の強い構図に。

□ 午後の展望 : 弱含み
強弱材料に欠ける中、ドル円を睨みながら16,400円〜16,650円レンジでの弱含む展開が本線。 

■ 午後の戦略 : 16,400円水準までの買い下がり
「16,400円水準までの買い下がり、手仕舞い条件は徹底」を継続。日経急落裏で★☆4銘柄中、2銘柄が直近高値圏で推移、2銘柄が小幅安中のSラボ銘柄に関しても、従来スタンスを踏襲。

【気になるニュース・銘柄】
6191 エボラブルA、1435 インベスターズC

業務提携を好感。

1376 カネコ種苗
東証1部への鞍替えを好感して大幅高。材料不足による消去法的な資金流入が気になります。

★ 6770 アルプス電気
直近高値圏でしっかりと推移。米アップルが部品供給業者に対し、次世代iPhone向けの部品を従来の予想よりも多く生産するよう要請したとの報道も下支えに。

☆ 5/18からのスポット銘柄
新興バイオ関連からの資金流入を意識しながら先週水曜・木曜970円台から参戦。本日1060円台までの上昇により5日で+9%を達成。予定通り一部利確をこなした後、目標株価はそのままに押し目を丹念に買い直していきたいところ。

銘柄名は今だけこちらに掲載中!
   
     

☆ 5/20からの新銘柄3日で10%超の上昇に!
新興銘柄は二極化が加速すると想定されますので、好トレンド銘柄は売りすぎにご注意ください。

では 午後もよろしくお願いします。
             
 

☆ 本日の戦略 : ドル円を横目に押し目買い!

週明けのNY市場は小幅反落。化学セクターのM&A案件が下支えとなる一方、FRBの利上げ懸念が上値を押さえ、終日17,500ドルを挟んで持ち合う流れに。

ドル円は懸念シナリオとして触れてきた「レジスタンスライン抵触ときっかけとした調整局面入り」に要注意。ザラ場中は10日線(109.30)水準の抵抗感に注目。

big (57)

NYダウ 17,492ドル −8、ナスダック 4,765 −3
為替 109.25円/ドル、122.52円/ユーロ、1.1215ユーロ/ドル 
米10年債 1.835% −0.014、CME225 16,510円
NY原油 48.08 −0.33、金 1251.5 −1.4

□ 本日の展望 : 売り優勢 

CME225にサヤ寄せした売り優勢のスタート後、引けにかけてはドル円を睨みながらの推移となりますが、昨日今年最低の売買代金を記録した東証1部の商状からは方向感の乏しい展開が本命視されます。想定レンジは16,350〜16,700円
 
☆ 本日の戦略 : ドル円を横目に押し目買い!
ドル円のテクニカル調整により「5月以降のボックス圏の上方ブレイク」が阻止された格好ですので、レンジ下限の16,400円水準までの押しを念頭においた仕込みを継続していきたいところ。持ち株ごとの手仕舞い条件は徹底。

■ ターゲットは主力、中小型をバランス良く!
東証主力株、中小型株いずれにしても極端にポジションを傾けるのはリスキーな環境です。リスク許容度や相場観と照らし合わせながら、東証主力系:中小型 = 1:2〜1:3に整えるのがおススメ。

東証主力・準主力に関しては ★ アルプス電気(6770)を中核に据えて全体需給の改善をケアしつつ、中小型株に関してはディーラーマネーが出入りしやすい一定以上の商い&テーマ性有する好トレンド銘柄を中心視していってください。

【気になるニュース・銘柄】
7248 カルソニックカンセイ
筆頭株主の日産(7201)が持ち株すべてを売却する方針との報道。三菱自動車(7211)の方が価値があると判断?ナゾ。

7241 フタバ産業
トヨタ(7203)が第三者割り当てにより99億円の追加出資を決定。日産との企業体質の違いが鮮明ですね。

2371 カカクコム
年内にも中小の電子商取引(EC)事業者の資金繰りを支援するサービスを始めるとの報道。〜(略)〜もありそうです。

9107 川崎汽船
旧村上ファンド出身者が設立した投資ファンドが川崎汽船株を買い増し。保有率は29.98%から31.12%へ。

1376 カネコ種苗
5/30付けで東証1部に昇格。

大和証券のJPX日経400
採用候補
日本水産(1332)、いちごHD(2337)、ルネサス(6723)、JAL(9201)、東北電(9506)、コロプラ(3668)、全国保証(7164)、邦ガス(9533)、島津製(7701)、スクリン(7735)、オリコ(8585) etc

    (今朝の会員サークルより)

 『 準備力、行動力でチャンスの回数は変わる!』

※ 5/21〜10スタートコースのメンバーさん募集開始!
 
         
 
4343aquab02-001

では 本日もよろしくお願いします!☆
    
      

□ 日経平均(大引け) 16,654円 −81、テクニカルは底堅さアップ!

本日の日経平均は反落。建設的案合意のないまま閉幕した先週末のG7財務相・中銀総裁会合や、寄り前発表の4月貿易統計における輸出入スケールの大幅ダウンを嫌気して、ドル円とともに売りが先行。16,417円(−318)まで下落した後はテクニカル要因( ≒ 直近レンジ下限)が下支えとなり、後場は概ね16,600円台で底堅く推移。

東証主力株は高安マチマチ。中小型株は 4589 アキュセラインク、3932 アカツキ、2489 アドウェイズ、3622 ネットイヤー、3823 アクロディア、6033 エクストリーム、8704 トレイダーズHD、4293 セプテーニ、6835 アライドテレシス、7744 ノーリツ鋼機などに短期資金が流入。
 
日経平均 16,654円 −81、Topix 1,338 −4
225先物 16,650円、NYダウ先物 17,474ドル 
為替 109.76円/ドル、123.23円/ユーロ、1.1224ユーロ/ドル

■ テクニカル : 16,400円の抵抗感
5月半ば以降の安値圏である16,400円に抵抗感を示した下ヒゲ&10日線上キープが「押し目買い優位トレンドの継続」を示唆。引き続き、上値は20日線(16,753円)〜5月高値(16,841円)レンジが強めの抵抗帯として意識されます。

ドル円に関しては3月以降の高値を結んだレジスタンスラインがネックとなっているため、108円台半ばまでの調整に要警戒。

big (51)

■ 後記 : 本日16,400円水準までの下押しにより、G7首脳会合(5/26,27 伊勢志摩)への市場のハードルは更に低下していますので、FRBによる6月利上げ思惑の更なる高まりさえ回避できれば「押し目買いの有効性継続」が本線。もっとも、海外勢の関心は、今回の伊勢志摩サミットよりも・・・・・・・。(今晩のメルマガより)

※ メルマガは本日も19時配信予定です。

          button3  

では本日もお疲れ様でした。

お帰り前にこちらも是非!☆
         
 

□ 午後の展望 : ドル円睨みも底堅く

前場の日経平均は急反落。実りなき結果に終わったG7財相・中銀総裁会合を悲観視する向きや、寄り前発表の4月貿易統計における輸出入スケールの減少を嫌気した売りに押されて16,417円(−318)まで下落すると、前引けにかけては16,500円台で底堅く推移。

東証主力株は売り優勢。中小型株は4598 アキュセラインク、2497 ユナイテッド、6182 ロゼッタ、6033 エクストリーム、8704 トレイダーズHDなどに短期資金が流入。

□ 午後の展望 : ドル円睨みも底堅く
今月半ば以降のレンジ下限である16,400円が下値抵抗帯として機能したため、ドル円の108.60割れのような異変がなければ16,500前後〜16,700円レンジでの底堅い推移が本線。

■ 午後の戦略 : 従来スタンスの踏襲
「貿易統計をきっかけとした下ブレ」シナリオについては完全に手落ちとなっていたためご心配をおかけしてすみません。引き続き、為替や先物主導の乱高下には警戒していく予定ですが、日経16,400円台までの急落中も☆★4銘柄は概ね堅調に推移していた経緯も踏まえ、個別・全体ともに寄り前までのスタンスを継続していってください。
        (会員サークルより)

【気になるニュース・銘柄】
4565 そーせい、6176 ブランジスタ、3914 ジグソー
直近急落していた新興主役クラスは、日経反落に足を引っ張られて伸びを欠く格好。

3823 アクロディア

「インターホン向けIoTシステム」の戸建て住宅向け販売開始を好感。アクロディアらしからぬきれいな上昇トレンドを形成中。

4680 ラウンドワン

三菱UFG証券の目標株価大幅引き上げ(960円→1160円)を好感。ラウンドワンが仕掛った時特有のしつこい上昇波動をイメージしながら10日線までを買い下がるのも妙手。

★ 6770 アルプス電気

相変わらず拡大しなければ判別の付かないチャート形状ですが・・・、本日2,105円までの上昇により4日連続で5月高値を更新中!

では 午後もよろしくお願いします。

★ 今週の戦略 :銘柄選別は‘5月安のアノマリー’も念頭に!

□ 本日の展望 : 買い優勢 ± ドル円
先週末のNY市場はハイテク株を中心に反発し、ドル円も110円台を維持。G7財相・中銀総裁会合は可もなく不可もなく通過していますので、16,700円前後で寄り付いた後、引けにかけては16,550〜16,850円レンジでの底堅い推移が想定されます。
 
※ 今週の展望はこちらを参照ください。

★ 今週の戦略 :銘柄選別は‘5月安のアノマリー’も念頭に!
今週の展望でお伝えしたジリ高上昇トレンド期待を念頭に、好トレンド銘柄の16,000円台半ばまでの買い下がり、上昇時の売りすぎ注意を中核とする大局強気スタンスを継続。※ 16,400円割れ時は慎重度をアップ。個別株単位の手仕舞い条件も徹底。

ポートフォリオに関しては、リスク許容度や相場観と照らし合わせながら、東証主力・準主力株と中小型材料系をバランスよく。おススメは主力系:中小型 = 1:2〜1:3。

東証主力・準主力に関しては引き続き ★ アルプス電気(6770)を中核に据えて全体需給の改善をケアしつつ、中小型株に関してはディーラーマネーが出入りしやすい一定以上の商い&テーマ性有する好トレンド銘柄を中心視していってください。

※ そーせい(4565)、ブランジスタ(6176)、ジグソー(3914)など直近急落した新興主役クラスについては「5月安のアノマリー」も念頭にノータッチとするのが得策。

【気になるニュース・銘柄】
7860 エイベックス
本日から米ユーチューブと共同で無料で視聴できる動画配信サービスを開始。

『 柔軟に装備・戦略をモデルチェンジ!』

では 本日もよろしくお願いします!☆
    
     

□ 日本市場展望(5/23〜27) : ジリ高基調 ± ドル円

□ NY市場(5/20) : 反発
コンセンサスを上回った4月中古住宅販売や前日の長めの下ヒゲで浮上した底打ち感を背景に、買い優勢のスタートから一時17,571ドル(+136)まで上昇。買い一巡後は、「6月利上げ」を織り込む動きや週末のポジション整理に上値を押さえられ、17,500ドル(+65)で取引を終了。ナスダックは、インテルや前日の決算を好感されたAMATの上昇を追い風に大幅反発。

NYダウ 17,500ドル +65、ナスダック 4,769 +57
為替 110.09円/ドル、123.47円/ユーロ、1.1213ユーロ/ドル 
米10年債 1.847% −0.001、CME225 16,725円
NY原油 47.75 −0.41、金 1252.9 −1.9

【主な政治・経済イベント】
5/24(火) ユーロ圏財相会合、米4月新築住宅販売
5/25(水) 米決算:コストコ、ティファニー
5/26(木) G7伊勢志摩サミット(〜27)、米4月耐久財受注
5/27(金) 米1−3月期GDP改定値

■ NY市場展望 :リバウンド ± 6月利上げ思惑
4/20 18,100ドル台から1か月かけて17,300ドル台まで下落した事で、テクニカルは相応の調整を消化。よって、ハイテク株主導で底打ち感を強めたナスダックや反騰トレンドを継続している原油市況を追い風としたリバウンド相場がメインシナリオ。想定レンジは17,300〜17,900ドル

big (44)

イベントでは伊勢志摩で開催されるG7首脳会議や1−3月期GDP改定値が注目されますが、6月利上げ思惑に絡めて「世界経済の好材料 ≠ マーケットのプラス要因」となりうるだけに、引き続き17,●00ドル付近までの日柄調整への警戒も継続。

■ 日本市場展望 : ジリ高基調 ± ドル円
110円水準の高位で安定しているドル円を追い風とした16,500〜17,000円レンジでの買い優勢の展開がメイン。伊勢志摩サミットに関しては、為替や財政政策に関する各国間の事前調整が難航しているため過度の期待はできませんが、その分マーケットの期待値も低下している事から、ポジティブ要因に素直に反応 → 17,●00円トライも期待シナリオとして念頭に。

big (46)

現状ではレアケースと想定していますが、〜(略)〜によりドル円が108円台まで軟化した場合の16,000円水準までの下ブレもリスクシナリオとして警戒。

(本日の会員サークルより >>Sラボ参加概要
   
週末も応援よろしくです!☆
             

       
                     
 
  

□ 日経平均 16,736円 +89、先物主導の‘強引’なレンジ相場継続

本日の日経平均は続伸。NY株安やドル円の上昇一服気配を受けて寄り付き早々に16,548円(−98)まで下落したものの、節目やG7財相会合での景気対策を意識した買いモノが下支えとなると、13時には先物に大口買いが散発して16,770円(+124)まで上昇。

東証主力株はセクター間の特色に乏しい高安マチマチの結果。中小型株は下値メドの立たないそーせい(4565)、ジグソー(3914)が市場心理の重しとなる中、4582 シンバイオ製薬、2303 ドーン、6918 アバールデータ、3464 プロパティエージェント、4589 アキュセラインク、6093 エスクローAJ、8518 日本アジア投資、9232 パスコ、7744 ノーリツ鋼機などに短期資金が流入。

日経平均 16,736円 +89、Topix 1,343 +6
225先物 16,740円、NYダウ先物 17,474ドル 
為替 110.12円/ドル、123.40円/ユーロ、1.1214ユーロ/ドル

【気になるニュース・銘柄】
4582 シンバイオ製薬
信用規制解除をきっかけとするテコ入れ+チョウチン買いで急騰。

2303 ドーン
「政府は2020年に、乗用車の無人自動運転走行を地域限定で解禁する」との報道を材料視してストップ高買い気配。

☆ Sラボ新スポット主力銘柄
出光興産(5019)が原油やドル円の上昇トレンドへの感応度の低さから「本格化までの日柄ロス」を高めていたため、その代替銘柄として会員サークルでは5/17 1,800円台からご提案。

その後4日で日経平均が約100円、出光興産が5%弱上昇する中、本日2,100円手前までの上昇により上昇率10%を達成!
big (42)

来週もまずは第一目標を念頭に置きつつ、サミット前後で全体需給が陽転するようなら・・・!

銘柄名はこちらをチェック!
         
 

☆ 水曜からのスポット銘柄も前日比で一時10%超の上昇!

来週も軸足をしっかりと意識しながらできる事を丹念にこなしていきましょう!

      
4343aquab02-001

来週の展望は日曜昼前、メルマガは同15時配信予定です。 

では 今週もお疲れ様でした。 良い週末を!!
 
                   

■ 午後の戦略 : 平時の週末シフト

前場の日経平均は小幅続伸。ドル円の上昇一服気配を受けて売り優勢でスタートしたものの、16600円水準では5日線を意識した押し目買いに下支えられ、16,700円まで反発。東証主力株は高安マチマチ。中小型株は6093 エスクローAJ、4589 アキュセラインク、3195 ジェネレーションパス、3264 アスコット、4582 シンバイオ製薬、2303 ドーンなどに短期資金が流入。

□ 午後の展望 : 強含み
高値圏で小康状態を保っているドル円を下支えとした16,500〜16,800円レンジの持合いが本線。 

■ 午後の戦略 : 平時の週末シフト
ストレス玉の縮小や軽めの利確により3割前後の余力を維持しながら、的と条件を絞った押し目買いを継続。 

では 午後もよろしくお願いします。 

★ 本日の戦略 :衝動買いを控えて、買うべきを丹念に!

NY市場は続落。FOMC議事録による6月利上げ示唆を嫌気して17,331ドル(−195)まで下落すると、3日で焼く400ドルもの下落となった反動で、引けにかけては下げ幅を縮小。NYダウのテクニカルは長めの下ヒゲにより短期底入れ期待が浮上。ドル円も上昇トレンドをキープしているものの、3月以降の上値を結んだレジスタンスラインに接近しているため、112円台までの上ブレと108円付近までの下ブレの双方をケアしたい格好。

big (39)

NYダウ 17,435ドル −91、ナスダック 4,712 −26
為替 109.96円/ドル、123.16円/ユーロ、1.1198ユーロ/ドル 
米10年債 1.848% −0.034、CME225 16,595円
NY原油 48.16 −0.03、金 1254.8 −19.6

□ 本日の展望 : レンジ相場継続
CME225にサヤ寄せした売り優勢のスタート後、引けにかけては本日からのG7財務相・中銀総裁会合の結果を見極めたいとの向きから16,400〜16,800円レンジ内での不規則な上下が本命視されます。

★ 本日の戦略 :余力 = 柔軟性の維持
G7に関しては通貨安競争の牽制、ドイツによる財政出動への慎重スタンスなどがネックとなり、ポジティブな結果は期待しにくい環境です。今晩のNY市場において重要イベントは予定されていない事も踏まえれば、来週初めに関しても上記レンジ内でのスタートが想定されます。

東証主力株に関しては全般的な業績悪化懸念が、中小型株に関しては新興主力暴落の余韻が上値の重しとなっている事も踏まえれば、本日は買い急がずに「ストレス玉のポジション縮小を中心に3割前後の余力維持を優先」していきたいところ。

攻撃可能枠に関しては的を絞った押し目買い、上昇時の売りすぎ注意を継続。

【気になるニュース・銘柄】
6038 イード
ソニー子会社と資本業務提携を締結。

2428 ウェルネット、3904 カヤック
ともに6月末の株式2分割を発表。

FRBの6月利上げ思惑
市場関係者の見方は「それでもFRBは6月に利上げをしない」が大勢ですが、FRBでイエレン議長と並んで影響力の大きいダドリーNY連銀総裁までもが利上げ容認に傾いている事は要注意。

利上げによるドル円の上昇と、米景況感の悪化、新興国金融市場の不安定化などの強弱材料の狭間で、個別株単位の考察重視ではなく、トップダウン戦略によるポジション形成が重要度を増してきそうです。
 
☆ 新Sラボスポット銘柄
UBIC(2158)、ハーツUG(3676)の背後資金の流れを意識し、本日からは即転狙いで着手。東証主力の閉塞感、新興主力需給の不安定さに加えて、営業益の驚異的な伸びも考慮すれば、中長期大化け候補としても念頭に。
 
※ 5/21〜10スタートコースのメンバーさん募集開始!

本日中にお手続きいただいた方にはスタート期間を前倒ししてID・パスワードをお送りさせていただきます。なお 今なら5月分の参加費は無料です。是非このタイミングで!
 
         
 
4343aquab02-001

では 本日もよろしくお願いします!☆
    
     
会員制サークル・S研究所
  banner2


一定期間ブログや無料メルマガをご覧いただいて、「これなら一緒にやっていけそうかも!」、「もっと深くSラボ戦略を体感したい!」とお感じになった方は、メンバー様全員参加型の有料掲示板(=会員サークル)へのご参加をご検討ください!

会員サークルでは積極的な自論展開もOK、閲覧のみのご利用もOK!

ご参加お待ちしてます!
◆ 当ブログについて
会員制情報サークルでの当方の注目銘柄を Sラボ銘柄と総称しています。 そして、その目的や売買戦略別に★ Sラボ・主力銘柄と☆Sラボ・スポット銘柄とに分類。ブログ上では銘柄色を紺色で統一してます。

それ以外は、ウォッチ銘柄、もしくは「気になる銘柄」として、上方向で考えている銘柄を グリーン、下向きのものを紫で表示。

当ブログでのコメントは 銘柄名のみでなく‘全体戦略’から落とし込むトップダウンのイメージで臨んで頂くのが効果的!

※ ブログやメルマガはあくまでサンプルとお考えください。また 内容については保証できるものではありませんので 、 売買はご自身の判断でお願いします。
記事検索
Sラボ関連ブログ

■ 勘助ブログ withGS■



Archives
携帯でブログを♪
QRコード
☆応援よろしくです!
今日も1クリックずつ宜しくお願いします☆ 
 ↓ ↓ 
CIMG4832

air_rank

おかげさまで当ブログも10年目に突入!微力ながら皆様のお役に立てるように日々精進させて頂きます!!

S教授の本棚
Profile
  • ライブドアブログ