□ 日経平均(大引け) 22,149円 +428、売り方の買戻し加速!

本日の日経平均は大幅続伸。先週木曜からのリバウンド基調を引き継いで9時台に22,000円台を回復すると、引けにかけては先物での売り方の買戻し主導でジリジリと上げ幅を拡大。NY・中国休場の影響で商いは低調となり、東証1部の出来高は今年初の13億株割れ。

東証主力株は概ね堅調。8058 三菱商事、6326 クボタ、6954 ファナック、6141 森精機、5101 横浜ゴム、8591 オリックスなどが前日比+3%超の上昇に。中小型株は 4579 ラクオリア創薬、6698 ヴィスコT、3267 フィルC、4824 メディアシーク、3793 ドリコム、3996 サインポスト、3825 リミックスポイント、6882 三社電機、6731 ピクセラ、3902 MDVなどに短期資金が流入。

日経平均 22,149円 +428、Topix 1,775 +37
225先物(3月限)22,100円 為替 106.49円/ドル
NYダウ先物 25,333ドル +97

■ テクニカル
: 終値での10日線・転換線超え、パラボリック買い転換、陽転間近のMACD、ゴールデンクロス間近の5日・10日線などが反騰トレンド入りを示唆。上値は節目の22,500〜22,600円台が、下値は21,600円台から21,500円水準が強めの抵抗帯として意識されます。

big (12)

【ウォッチ銘柄】
△ 6864 NF回路
Sラボ銘柄としては2月前半の地合い悪に際してロスカットを余儀なくされましたが、従来からのポテンシャルの高さに加えて、先週後半は地合い陽転気配やYKT(2693)の好決算も追い風としてテクニカル良化が顕著に。3,●50円割れを手仕舞い条件としたスイング狙いで再注目。旧Sラボ銘柄では先週末年初来高値更新のDAC(6534)も押し目買い要員でケア。(昨日のメルマガより)

△ 4317 レイ、6879 イマジカロボ
プロジェクションマッピングに関する政府の規制緩和方針が追い風となりうる環境です。〜(略)〜はスルーしながら動意後の打診買いに一考。(昨日のメルマガより)

■ 後記 : 今晩は日経先物とともにドル円の5日線(106.70台)の抵抗感に注目!
また、明日も買い優勢の地合いが本命視されますが、上記の低調な商いに加えて、日経上昇寄与度ランキングにおけるファナック、ファストリ、ソフトバンクの1−3位独占も「実需買いではなく先物主導の上昇」を示しているだけに、買戻し一巡後の短期調整も念頭に。

では 本日もお疲れ様でした。

お帰り前にこちらもよろしくです!
             
  

■ 午後の戦略 : 順張り押し目買い!

前場の日経平均は大幅続伸。先週末のNY株は小動き、ドル円は依然として106円台前半で弱含んでいるものの、先週水曜安値(20,950円)を底値とするリバウンド基調を継続して一時22,040円(+320)まで上昇すると、買い一巡後もしっかりと推移中。

東証主力株は金融・不動産を中心に概ね堅調。中小型株は 3825 リミックスポイント、1853 森組、6731 ピクセラ、3267 フィルC、6698 ヴィスコT、7776 セルシードなどに短期資金が流入。

□ 午後の展望 : 買い優勢も上値重く
前場のリバウンド基調継続が本線。もっとも、今晩のNY休場の影響で外資勢の積極的な売買は手控えられることや節目の22,000円超えをきっかけに戻り売りが上値を抑える展開が予想されます。

■ 午後の戦略 : 順張り押し目買い!

全体需給の陽転気配に順じた押し目買いと戻り一服に備えたストレス玉の縮小を並行していきたいところ。★☆3銘柄も同様に買い増し条件を広めに見積もりながら“逆襲+アルファ”への布石を打っていってください。
         (会員サークルより)

では 午後もよろしくお願いします。

★ 今週の戦略 : トレンド陽転気配を生かす!

おはようございます。

昨日のメルマガ送信後の市場環境に目立った変化はありませんので、本日は先週末のCME225(21,875円)にサヤ寄せした続伸スタート後、NY休場の影響で外資勢の積極的な売買が見送られる中、戻り売りと押し目買いの交錯する方向感の乏しい流れが予想されます。想定レンジは21,600〜22,100円。

big (9)

売買戦略としては、「トレンド陽転気配を生かす!」を念頭に、飛び乗りは極力控えながら押し目買い狙いで臨みたいところ。ターゲットは、個人好みの低調な商い・リバウンド余地の大きい銘柄よりも、ディーラー資金が出入りできる流動性のある(相対的)テクニカル維持銘柄からの絞り込みが得策。
※ 異なるセクターであっても近似テクニカルを複数お持ちの場合は極力絞り込み、買値引き下げにより回転の効きやすい体勢作りを意識してください。

『 慌てず急いで!』

では 本日もよろしくお願いします。
           
     

□ NY展望(2/19〜23) : トレンド陽転、20日線の攻防!

おはようございます。

週末のNY市場は小幅続伸。連日の騰勢を引き継いで昼頃に25,432ドル(+232)まで上昇すると、引けにかけては3連休前のポジション整理やロシアゲート問題が重石となって上げ幅を縮小。個別では小売り、医薬品などディフェンシブ関連が指数を下支え。日経先物(CME225)は106円台を回復したドル円が後押しとなり、21,900円水準まで上昇。

NYダウ 25,219ドル +19、ナスダック 7,239 −16

米10年債  2.877% −0.016、NY原油 61.45 +0.34
為替 106.13円/ドル、CME225 21,875円

【主な政治経済イベント】
2/19(月) NY休場
2/20(火) 独2月ZEW景況感指数、米決算:ホームデポ
2/21(水) 1月FOMC議事録
2/22(木) 米1月景気先行指数、決算:HP

■ NY市場展望 : トレンド陽転、20日線の攻防!

トランプ減税期待を囃した9月〜1月の上昇 → その反動による2月前半の需給整理 → 世界的に良好な景気を見直した堅調地合いへのシフトが本線。想定レンジは以下のテクニカル要因から24,800〜25,500ドル近辺。

テクニカル :3日連続の10日線超えにて2/9安値23,360ドルを底値とする下値模索トレンドが終焉。深押し後のリバウンド初期は「1,2度は20日線に跳ね返される」がセオリーですので、短期的には25,400〜25,500ドル水準が上値抵抗帯となるものの、陽転間近のMACDがトレンド陽転を示唆。

big (7)

リスクシナリオとしては、10年債利回り3%台乗せなどをきっかけとする調整ムード再燃、〜(略)〜 → 24,000ドル台半ばまでの下ブレに警戒。

※ 来週の日本市場の展望・戦略は明日15時配信の無料メルマガでご確認ください。
             
button3

週末も応援もよろしくです!☆

           
    

□ 日経平均(大引け) 21,720円 +255、円高軽視の続伸!

本日の日経平均は大幅続伸。NY株の5日続伸を好感して寄りから21,500円台を回復すると、戻り売りバイアスが小さいとみた先物での買戻し加速により一時21,866円(+401)まで上昇し、引けにかけてもしっかりと推移。ドル円は13時台に105.60台まで下値を切り下げたものの株価への影響は限定的に。

東証主力株は建設株を中心に概ね堅調。中小型株は 3758 アエリア、8927 明豊エンター、7776 セルシード、6172 メタップス、3697 SHIFT、1853 森組、4548 生化学、4344 ソースネクスト、2930 北の達人、3686 DLE、2427 アウトソーシング、3655 ブレインパッドなどが商いを伴って大幅高。

日経平均 21,720円 +255、Topix 1,737 +18
225先物(3月限)21,760円 為替 105.75円/ドル
NYダウ先物 25,311ドル +77

big (6)

■ 後記
未だ10日線以下の推移だけに反騰トレンド入りは未確定ながら、2/14安値20,950円での底打ち気配を高めているだけに、来週は反騰トレンド入り or 21,000円台での持ち合いが本命視されます。

ご提案銘柄に関しては「買いそびれリスクを選択」とはいえ〜(略)〜来週も世界的な需給環境を注視しながら チャンスとあれば積極的に動いていく予定です。
          (会員サークルより)

※ 来週の展望はこちらで日曜午前中までに、無料メルマガは同15時配信予定です。
             
button3

では 今週もお疲れ様でした。

お帰り前にこちらもよろしくです!
             
  

■ 午後の戦略 : 余力残しの打診買い

前場の日経平均は大幅続伸。ドル円は106円割れ目前まで軟化していたものの、一連の大幅安により自律反発機運が高まっていたところにNY株がリバウンド色を強めた事で買いが先行。一時21,788円(+323)まで上昇した後もしっかりと推移。

東証主力株は建設株を中心に概ね堅調。中小型株は 4344 ソースネクスト、5357 ヨータイ、2427 アウトソーシング、1853 森組、3697 SHIFT、3758 アエリア、7776 セルシードなどに短期資金が流入。

□ 午後の展望 : 戻り売り優勢
NYダウ先物の買い一服感、ドル円の軟勢、週末のポジション整理売りなどを重石とする上値の重い展開が本線。想定レンジは21,500〜21,800円付近。

■ 午後の戦略 : 余力残しの打診買い
余力多め残しによる慎重策を優先。鬼門の「安値から3日目」をクリア → テクニカルの底打ち機運が高まりそうな環境ですので、的を絞った打診買いも並行していってください。

では 午後もよろしくお願いします。

★ 本日の戦略 : 「安値から3日目」までは俯瞰優先!

おはようございます。

昨日のNY市場は大幅続伸にて25,000ドル台を回復。直近のリバウンド基調を引き継いだ堅調スタート後、戻り売りをこなしながら引けにかけても堅調に推移。ダウのテクニカルは連日の10日線超えにより反騰トレンドに厚みを増す格好。経済指標は1月鉱工業生産、NY連銀製造業景気指数が市場コンセンサスを下回った一方、FF連銀製造業景気指数や卸売物価が予想を上回るマチマチの結果に。

日経先物やCME225は106円ちょうど水準まで下落したドル円がネックとなり、前日比終値水準で取引を終了。

NYダウ 25,200ドル +306、ナスダック 7237 +94
米10年債 2.909% −0.004、NY原油 61.34 +0.74
為替 106.10円/ドル、CME225 21,475円 

big (3)

□ 本日の展望 : 売り買い交錯
NY株高を好感した買戻しや押し目買いに対して、2016年11月以来の105円台が視野に入るドル円や週末のポジション整理売りが重石となる方向感の乏しい流れがメイン。想定レンジは21,300〜21,600円前後。

<< 主な決算 >>
5108 ブリヂストン、8113 ユニ・チャーム

★ 本日の戦略 : 「安値から3日目」までは俯瞰優先!
トレンド陽転判断の鬼門「安値から3日目」の本日の動向に不確実性が残るだけに 余力多め残しによる慎重策を優先。その上で、NYダウの反騰トレンド入りや日経先物の底堅さなどを念頭に「的を絞った打診買い」を進めたいところ。

【ウォッチ銘柄】

△ 1893 五洋建設
モザンビークで総額256億円の港湾工事を受注。

△ 9424 日本通信

HIS(9603)主導で格安スマホ事業を開始すると発表。

△ 8473 SBI、2338 ファステップス etc
ビットコインが100万円台回復。テクニカル持ち直し気配の関連銘柄を本日もスイング狙いで注目。勘助氏の方ではリミックスポイント(3825)に続いて〜(略)〜に参戦中。

  (会員サークルより >>Sラボ参加案内 

では 本日もよろしくお願いします。
           
     

□ 日経平均(大引け) 21,464円 +310、まずは5日線上を回復!

本日の日経平均は4日ぶりに反発。前日のNYダウが終値10日線超えでトレンド陽転色を強めた事を好感して買い優勢でスタートすると、売り方の買戻しを巻き込んで昼過ぎには21,578円(+424)まで上昇。引けにかけては21,400円台で売り買いが交錯。

東証主力株は概ね堅調。5713 住友鉱山、5801 古河電工、8035東京エレク、6857 アドバンテスト、3436 SUMCO、6301 コマツ、6305 日立建機、8750 第一生命などが前日比+3%の上昇に。中小型株は 4571 ナノキャリア、4594 ブライトパス、3791 IGポート、6890 フェローテック、3356 テリロジー、9307 杉村倉庫、6881 キョウデン、3673 ブロードリーフ、1822 大豊建設、3660 アイスタイル、4047 関東電化、7915 NISSHA、6728 アルバックなどが商いを伴って急騰。

日経平均 21,464円 +310、Topix 1,719 +16
225先物(3月限)21,450円 為替 106.55円/ドル
NYダウ先物 24,955ドル +92

■ テクニカル : 9日ぶりの5日線上回復により下げ一服感が浮上。上値は21,600円台後半、10日線〜22,000円付近を抜ける毎に騰勢が増す一方、下値は21,100円〜21,000円が強めの抵抗帯として意識されます。ここを割り込む場合には20,800円水準までの深押しに要注意。

big (1)

【ウォッチ銘柄】
△ 2693 YKT
17年度の減益は1月下旬に公表済み、今期営業益2.1倍、経常益69%増予想は優秀。動意を示すなら割り切り対象で注目。昨日取り上げた 6881 キョウデン、2170 L&M 、〜(略)〜も継続注視。

■ 後記 : 今晩のNY市場は、連日の反騰ムードや東京タイムでのNYダウ先物の騰勢を引き継いだ堅調地合いがメイン。長期債先物は軟調に推移(金利は上昇)したため、10年債利回りが3.0%水準まで上昇した場合の「株式の見直し売り」には警戒。

安値から3日目となる明日の日本株も慎重策がメインとなりますが、NYダウの終値25,000ドル乗せ & 〜(略)〜がセットになる場合には前倒しでの積極策へ!

  (会員サークルより >>Sラボ参加案内 

では 本日もお疲れ様でした。

お帰り前にこちらもよろしくです!
             
  

■ 事務局より ご連絡
昨日ご入金いただいた方でHPからのお申し込みがお済みでない方がいらっしゃいます。ご連絡先(メールアドレス)不明のためID・パスワードをお送りできていない状況です。

お気づきの方は
HPご入会案内下部「規約に同意して申し込む」よりお手続きください。
         
           

■ 午後の戦略 : 飛び乗り回避、押し目買い!

前場の日経平均は大幅反発。前日のNY株高を好感して先物での買戻し主導で21,500円台、上げ幅300円超まで上昇。東証主力株はハイテク、機械、金融を中心にほぼ全面高。

中小型株は 6629 テクノホライゾン、6890 フェローテック、4571 ナノキャリア、4594 ブライトパス、7915 NISSHA、1822 大鵬建設などに短期資金が流入。

□ 午後の展望 : リバウンド優位も不安残し
月初からの大幅安に対する自律反発優位の展開がメイン。ただし、106円台で弱含むドル円、テクニカル要因(5日線 : 21,430円の戻り売りバイアス、連日の陰線気質)などを踏まえれば、急速な上げ幅縮小にも要注意。

■ 午後の戦略 : 出遅れリスクを選択!
終値で21,600円付近まで切り返せるようなら「反騰トレンド入り」が期待されますが、上記経緯から現状では期待過多。よって、本日中は急落リスクを負った強気度アップよりも、「買わずの出遅れリスク」を選択した慎重策を継続したいところ。

☆スポット2銘柄に関しても当観点から押し目待ちが本線。既にストレス玉の整理を終えている方や先週以降のダメージが軽微な方は、積極策なら〜(略)〜の小口買い増しへ!
   (会員サークルより >>Sラボ参加案内 

では 午後もよろしくお願いします。

★ 本日の戦略 : ストレス玉の縮小を優先。飛び乗りは最小限に!

おはようございます。

昨日のNYは大幅続伸。1月消費者物価(前月比+0.5%、予想+0.3%)がインフレ懸念を高めたものの、先週中の需給調整完了(気配)や予想外の前月比低下となった小売売上高による「FRBの利上げピッチ加速リスクの低下」を好感する向きが優勢に。セクター別では ハイテク、非鉄、機械、金融が堅調。NYダウのテクニカルは12日ぶりの終値10日線上回復により、底打ち反騰トレンド入り期待を高める格好。

日経先物は107円水準で弱含むドル円が重石となりつつ、NY株高を好感して21,400円台を回復。

NYダウ 24,893ドル +253、ナスダック 7143 +130
米10年債 2.914% +0.075、NY原油 60.60 +1.41
為替 107.00円/ドル、CME225 21,495円 

big (6)


□ 本日の展望 : 続・NY−アルファ
NY株高を好感した堅調スタート後、引けにかけてはNYダウ先物やドル円、テクニカル要因(5日線:21,400円水準)などを睨みながら売り買いが交錯する展開が本線。想定レンジは21,250〜21,600円。

★ 本日の戦略 : ストレス玉の縮小優先。飛び乗りは最小限に!
NY株は先週末安値23,360ドルでの底打ち気配を高めたものの、米10年債が3%台に乗せてもリバウンド基調を継続するか否かは不透明。日本市場の戻り売り優位の陰線体質も踏まえれば、寄りからの反発局面での飛び乗りは最小限に留めてストレス玉の売却を優先。その上で、ターゲットと条件を絞った打診買いスタンスを継続していきたいところ。

☆ 本日からの新スポット銘柄
イベント絡みでの国内ディーラー筋のテコ入れが期待されるとの事。一昨日の業績上方修正に加えて、為替の不安定さがネックとなる外需系や戻り売りがネックとなる弱テクニカル銘柄と一線を画した立ち位置も魅力。
    (会員サークルより >>Sラボ参加案内 

『 難局も目を逸らさずに距離感を調整!』

では 本日もよろしくお願いします。

           
   

■ 事務局より ご連絡

直近ご入金いただいた方でメールアドレス等のご登録、お申し込みがお済みでない方がいらっしゃいます。ご連絡先不明のためID・パスワードをお送りできていない状況です。お気づきの方はHPご入会案内下部「規約に同意して申し込む」よりお手続きください。
      
         
会員制サークル・S研究所
  banner2


一定期間ブログや無料メルマガをご覧いただいて、「これなら一緒にやっていけそうかも!」、「もっと深くSラボ戦略を体感したい!」とお感じになった方は、メンバー様全員参加型の有料掲示板(=会員サークル)へのご参加をご検討ください!

会員サークルでは積極的な自論展開もOK、閲覧のみのご利用もOK!

ご参加お待ちしてます!
◆ 当ブログについて
会員制情報サークルでの当方の注目銘柄を Sラボ銘柄と総称しています。 そして、その目的や売買戦略別に★ Sラボ・主力銘柄と☆Sラボ・スポット銘柄とに分類。ブログ上では銘柄色を紺色で統一してます。

それ以外は、ウォッチ銘柄、もしくは「気になる銘柄」として、上方向で考えている銘柄を グリーン、下向きのものを紫で表示。

当ブログでのコメントは 銘柄名のみでなく‘全体戦略’から落とし込むトップダウンのイメージで臨んで頂くのが効果的!

※ ブログやメルマガはあくまでサンプルとお考えください。また 内容については保証できるものではありませんので 、 売買はご自身の判断でお願いします。
記事検索
Sラボ関連ブログ

■ 勘助ブログ withGS■



Archives
携帯でブログを♪
QRコード
☆応援よろしくです!
今日も1クリック宜しくお願いします☆ 
 ↓ ↓ 


当ブログは2017年10月をもって12年目に突入!微力ながら皆様のお役に立てるように日々精進させて頂きます!!

S教授の本棚
Profile
  • ライブドアブログ