□ 日経平均(大引け) 18,426円 −87、前日からの調整継続も底堅く!

本日の日経平均は反落。前日18,746円まで上昇した後の利確ムード継続に加えて、113.50台まで軟化したドル円も重しに18,315円(−197)まで下落すると、引けにかけては押し目買いや売り方の買戻しが下支えに。

主力セクターは、非鉄・海運・金融が堅調。中小型株は 7271 安永、3004 神栄、8518 日本アジア投資、8617 光世証券、5017 富士石油、3664 モブキャスト、3689 イグニス、4588 オリンコスバイオが商いを伴った大幅高に。

日経平均 18,426円 −87、Topix 1,477 −5
225先物 18,330円、NYダウ先物 19,176ドル −21
為替 114.04円/ドル、121.76円/ユーロ、1.0674ユーロ/ドル

■ テクニカル : 目先は10日線の抵抗感に注目!

週足ベースでは、3週連続の均衡表の雲超えや一陰介在五陽線が上昇トレンド継続を示唆。日足に関しては12日連続の騰落レシオ120%超えが過熱感を示しているだけに、18,286円まで切り上がっている10日線に注目 → 大陰線で10日線を割り込むなら一段安、下ブレ後に10日線に回帰してくるなら短期調整完了の芽。

big (37)

【気になるニュース・銘柄】
★ 今週月曜からの東証主力第5弾!
トランプショック後の“逆襲+アルファ狙い”として、東証主力系は三菱UFJ(8306)、ルネサス(6723)、帝石(1605)で土台を固め、先週木曜からの★JSR(4185)、今週月曜からのこちらへと展開中。

本日は東証主力系が概ね軟調な中、材料を伴って年初来高値を更新!5日間の上昇率は9%強に!!完全利確提案後の帝石(1605)の大暴騰、☆中小型系の伸び悩みなど自省点も多いものの、軸はしっかりと・・・!

目標株価までの一を踏まえれば、来週も押しは丁寧に拾っていきたいところです。

銘柄名は今だけこちらに!
          

では 本日もお疲れ様でした。善い週末をお過ごしください!

※ 来週の展望は日曜昼前まで、
メルマガは同15時の配信予定です。

  button3 
                    
 

■ 午後の戦略 : 続・イベントリスクへの備えを優先

前場の日経平均は反落。113円台まで軟化したドル円を重しに売り優勢でスタートすると、前引けにかけては18,400円を挟んで利確売りと押し目買いが交錯。主力セクターはNY市場同様に金融株が買われた一方、半導体セクターが軟調に推移。

中小型株は 2743 ピクセル、1418 インターライフ、4288 アズジェント、3625 テックファーム、4588 オリンコスバイオ、5950 パワーファス、7271 安永、8518 日本アジア投資、6428 オーイズミ、3004 神栄などに短期資金が流入。

□ 午後の展望 : ポジション整理優勢
ドル円が前場同様の113.60〜114.20レンジで推移するなら、18,300〜18,500円でのややポジション整理売りの勢いが勝る展開が本線。

■ 午後の戦略 : 続・イベントリスクへの備えを優先

米雇用統計、イタリア選挙に絡めた下ブレに備えるべく3〜5割の余力維持を優先したら、先週木曜から再開している好トレンド東証主力主体の押し目買い狙いを継続。

【気になるニュース・銘柄】
1360 日経ベア2倍
12/4のイタリア国民選挙に絡めた不透明感の高まりに対する買い玉のヘッジで継続注視。イタリア国民選挙が上ブレのきっかけと化す場合には一旦ロスカット。欧州売上高比率が高い ホソカワミクロン(6277)、キャノン(7731)、サンデン(6444)も売り要員でケア。

2432 DeNA
運営する9つのメディアの非公開化を嫌気して大幅安。多彩な切り口から安値には自然体で買いが入りそうですが、上昇トレンド回帰までに日柄が見えにくいだけに一旦は買い対象外として対処したいところ。

★ 4185 JSR
Sラボ“トランプショックからの逆襲+アルファ狙い”主力系第4弾。前場高値1,718円にてご提案後1週間でまずは約5%の上昇。

では 午後もよろしくお願いします。

★ 本日の戦略 : イベントリスクへの備えを優先!

おはようございます。
昨日のNYダウは続伸。OPEC総会後の原油市況の騰勢を受けたエネルギーセクターが指数を底上げした他、コンセンサスを上回った11月ISM製造業景気指数も「債券売り(金利上昇)・株式買い」のトランプトレードを誘発。一方、ハイテク株の軟調からSP500・ナスダックはともに続落。

NYダウ 19,191ドル +68、ナスダック 5,251 −72 
米10年債 2.442% +0.076、NY原油 51.06 +1.62
為替 114.02円/ドル、121.51円/ユーロ、1.0649ユーロ/ドル 
CME225 18,440円

□ 本日の展望 : イベント前の模様眺め
CME225にサヤ寄せした売り優勢のスタート後、引けにかけてはドル円を睨みつつ、今晩の米雇用統計や日曜のイタリア国民選挙を前にした様子見色の強い展開へ。想定レンジは18,250〜18,550円。

★ 本日の戦略 :  イベントリスクへの備えを優先!
今晩の米11月雇用統計に関してはテクニカルで説明のつく範囲内の株価上下が想定されますが、日曜のイタリア選挙に関しては「否決→現政権退陣」に留まらずにユーロ離脱ムードが盛り上がるリスクを抱えているため、油断は禁物。

よって、ドル円の上昇基調に順じた強気スタンスの継続をベースとしつつ、3〜5割の余力維持にて週明けの乱高下に対する柔軟な構えを確保していってください。

【気になるニュース・銘柄】

3774 IIJ 
日本テレビ放送網と折半出資で動画配信サービスの共同出資会社「JOCDN」を設立したと発表。

6502 東芝
1年2か月ぶりに新型ノートパソコンを発表。

・ イタリア国民選挙 : 直近の安定した各市場の推移からは、無風通過 or 織り込み済み演出のための即時仕掛け買い → メジャーSQ値19,000円超えトライも視野に入りますので過度の悲観はリスキー。

ただし、国内金融機関が自立できていないイタリアがECBからの恩を忘れ、感情任せにEU&ユーロ離脱ムードを高めるようなら、欧州金融システム懸念の再燃に警戒。

・ 欧州債利回りの上昇 : 米国と異なり欧州政府は財政支出に無関心。資金需要の低迷長期化が不可避な中での金利上昇は一時的になるとみています。投機マネーにとって消去法的な債券買いは続くでしょう。
(ツイッター、Facebookより。ぜひフォローください!)

『 王道と好奇心の使い分け! 』

では 本日もよろしくお願いします!☆
    
    

□ 日経平均(大引け) 18,513円 +204、踏み上げ相場に一服感

本日の日経平均は大幅続伸。OPEC総会での減産合意をサプライズとした原油高、米長期債利回り&ドル円の上昇を追い風に18,746円(+437)まで上昇すると、引けにかけては利確売りが膨らみ急速に上げ幅を縮小。日経先物は18,400円まで軟化。

東証主力株は、1605 帝石を筆頭に 5020 JX、1963 日揮、6366 千代建など資源エネルギー関連や機械、金融セクターが堅調。

中小型株は、7271 安永、1662 石油資源開発、2354 安川情報システム、6172 メタップス、4308 Jストリーム、7834 マルマンなどに短期資金が流入。

日経平均 18,513円 +204、Topix 1,483 +13
225先物 18,400円、NYダウ先物 19,136ドル +4
為替 114.00円/ドル、121.01円/ユーロ、1.0615ユーロ/ドル

■ テクニカル : 過熱指標が累積
5日線をサポートラインとする上昇トレンドを継続。ストキャス(13日)の高水準でのデッドクロスに加えて、一時5.6%まで拡大した20日線との乖離率、11日連続の騰落レシオ120%超え、陰転間近のMACDなどが「要調整」を示唆しているため、短期的には18,000円台前半での上値の重い展開が本命視されます。

big (32)

【気になるニュース・銘柄】
1662 石油資源開発、6269 三井海洋開発、1606 日本海洋掘削
NISA用銘柄として長期でご紹介中。OPEC総会に絡めて明らかに吹いていますので小口利確も得策ですが、最終的に狙う値幅を考えれば「本日の上昇は誤差の範疇」とみています。全体の急落を待って買い増すスタンスを継続。

3940 ノムラシステムコーポ
勘助氏注力中。徐々に雰囲気のあるチャート付きに変化してきました。割り切り対象で注目。

4980 デクセリアルズ、6432 竹内製作所
買えない銘柄は良く上がるを地で行く推移。引き続き、円安恩恵銘柄として注目。

8518 日本アジア投資

当面はハイボラ相場を継続するものの、本日の下ヒゲが上値追い終了の合図となる可能性に警戒。
 
3107 ダイワボウ、3109 シキボウ(売)
火曜からの空売り注目後、順調に下値を切り下げています。来週月曜までの2営業日中の乱高下も売り増しが妙手。

★ 4185 JSR
三菱UFJ(8306)、ルネサス(6723)、帝石(1605)に続く“トランプショックからの逆襲+アルファ狙い 東証主力系第4弾”。会員サークルでは「1,410円までをメドに〇割の利確」とご提案させていただきましたが、本日1,409円まで上昇した後、イメージ通りの押し目形成へ。目先も地合いの急変のみに注意しながら丁寧に買い直していきたいところ。

※ 12/1〜10スタートコースの新メンバーさん募集開始!
          
4343aquab02-001        

■ 後記
: 日経平均は高値から200円超の反落により踏み上げ相場に一服感が漂っています。イタリア国民選挙に関してはネガティブ要因とみていますが、直近のマーケット全般の推移からは楽観シナリオとして「無風通過」以上のケースも想定しておく必要がありそうです。

・ カジノ法案で国会が紛糾中
カジノがもたらす膨大な経済効果を考えずにギャンブル依存症云々の次元で反対している野党のロジックは論外として・・・、現在の日本の総合的なセキュリティレベルからは時期尚早のような気がします。 (本日のツイッター、Facebookより。)

お帰り前にこちらもよろしくです!再び怪しげなポジションに・・・。
             
    

■ 午後の戦略 : 気持ちは熱く、頭は冷静に!

前場の日経平均は急騰。OPEC総会における減産合意をきっかけとする「原油高、米長期金利高、ドル円高」を追い風に寄りから18,500円超えを達成すると、その後も114.50付近で堅調に推移するドル円が先物での売り方の買戻しを誘発し18,700円台、上げ幅400円超まで上昇。コンセンサスを上回った中国11月製造業PMIも潜在的な相場の押し上げ要因に。

東証主力株は資源エネルギー関連を中心にほぼ全面高。 1605 帝石の+10%超えをはじめ、5020 JX、1963 日揮、6366 千代健、3436 SUMCO、6472 NTNなどが前日比+5%超の上昇に。

中小型株は 7271 安永、2354 安川情報システム、3967 エルテス、3689 イグニス、3550 スタジオアタオ、4308 Jストリーム、7834 マルマンなどに短期資金が流入。

□ 午後の展望 : 買戻しが下支え
ドル円に異変がなければ、 18,550〜18,800円レンジでの押し目買い、打ち方の買戻し優位の展開へ。

■ 午後の戦略 : 気持ちは熱く、頭は冷静に!
「持ち株の小口買い増し、ストレス玉の縮小」を中心視しながら、マーケットを客観視する前場のイメージを継続。

【気になるニュース・銘柄】
1605 帝石 
会員サークルでご提案させていただいた11/14〜24までに14%高!しかし、今週月曜から参加しても既に12%高。。。両者では買える株数が異なり、今回の環境下でOPEC総会を跨ぐリスクも看過しにくいものの、来月の日ロ会談に向けて楽しみな状況は続きそうです。帝石の代替銘柄として取組中の★第5の銘柄に期待!

★ 4185 JSR
こちらやメルマガでもお伝えしたように「トランプラリー中の中小型株物色の裾野の広がりの鈍さや売買難易度の高さ」を警戒し、会員サークルでは先週木曜から再度東証主力株に注力中。
前場の3%強の上昇は特筆すべきものではありませんが、7月安値以降の戻り高値更新により楽しみが増すチャート形状となっています。ここからも地合いを横目に押しは丁寧に!!

では 午後もよろしくお願いします。

★ 本日の戦略 : 余力残しでドル円高に順張り!

おはようございます。
昨日のNY市場は小幅続伸。OPEC総会での正式な減産合意を好感した原油市況の急反発、トランプ政権下での財務長官に就任する見込みのムニューチン氏による法人税減税示唆を好感して買いが先行。良好な内容となった11月シカゴPMI、ベージュブックなども追い風に19,200ドル台まで史上最高値を切り上げると、引けにかけては週末の雇用統計やイタリア国民選挙を意識した利益確定売りがネックとなり上げ幅を縮小。ナスダックは反落。

米10年債利回りは「株式買い、債券売り」のトランプトレード加速により一時2.4%まで上昇。これに伴いドル円も114円台まで上昇時直近高値を更新。

big (31)

NYダウ 19,123ドル +1、ナスダック 5,323 −56 
米10年債 2.370% +0.068、NY原油 49.44 +4.21
為替 114.32円/ドル、121.28円/ユーロ、1.0600ユーロ/ドル 
CME225 18,615円

□ 本日の展望 : ドル円高を好感
CME225にサヤ寄せした堅調スタート後、ドル円に異変がなければ引けにかけても押し目買いや売り方の買戻しが下支えとなる強含みの推移へ。想定レンジは16,400〜18,650円。

10:00、10:45に発表される中国11月製造業PMIに関しては、習主席の意向による「程よい景気良化」の演出 → 無風通過が本線となりますが、ボラティリティが高まっているだけに騰落要因として利用されるシーンに警戒。

★ 本日の戦略 : 余力残しでドル円高に順張り!
「具体的な減産策の合意には至らない玉虫色の決着」を想定していたOPEC総会は、原油需給にとって現状で想定しうる最善のシナリオで着地。

これに伴うドル円114円、日経先物18,600円台までの上ブレはレアケースとしていただけに、帝石(1605)の早売りや余力拡充などの対応が後手に回りすみません。

ただし、NY株がほぼ無反応だったようにOPEC総会の重要度は米雇用統計&イタリア選挙よりも下との見方に変わりはありませんので、本日は資源関連を慌てて買い直すよりも「持ち株の小口買い増し、ストレス玉の縮小」を中心視しながらマーケットを客観視するイメージで臨んでください。

【気になるニュース・銘柄】
4980 デクセリアルズ
円安感応度の高い銘柄として11/7から散発的に触れていますが、お持ちの方は1,000円付近では利確をこなしつつ、押し目買い直しへと駒を進めたいところ。竹内製作所(6432)も同様。

2354 安川情報システム
派遣事業子会社をテクノプロ(6028)に2.1億円で売却すると発表。昨日動意を示していただけに割り切り即転狙いでケア。M&A関連では236●も注目。

9633 東京テアトル
昨日は信用売り残が減少する一方で買い残が増加する典型的な〜(略)〜。トータルの出来高が低調だったために過信は禁物ですが、本日軸足を置くべきは・・・・・・・・。
         (一部今朝の会員サークルより)

※ 12/1〜10スタートコースの新メンバーさん募集開始!
          
4343aquab02-001        

『 決断は慎重に、行動はポジティブに!』

では 本日もよろしくお願いします!☆
    
    

□ 日経平均(大引け) 18,308円 +1、OPEC会合を建て前とした日柄調整

本日の日経平均は小幅に反発。昼過ぎにドル円が113円目前まで切り返す場面もあったものの、今晩のOPEC総会や週末の米雇用統計、イタリア選挙などへの警戒感が上値を重くし、終日18,300円前後で持ち合う流れに。

東証主力株は、OPEC総会への警戒感から資源関連が軟調だった他は高安マチマチ。中小型株は 8462 FVC、3264 アスコット、2388 ウェッジHD、6172 メタップス、6537 WASHハウス、6191 エボラブルA、2354 安川情報システム、7271 安永、6803 ティアック、8892 日本エスコンなどに短期資金が流入。
 
日経平均 18,308円 +1、Topix 1,469 +0
225先物 18,380円、NYダウ先物 19,110ドル −5
為替 112.71円/ドル、119.85円/ユーロ、1.0629ユーロ/ドル

■ テクニカル : 日柄調整
直近レンジ内の小幅な上下により「上昇トレンド内の日柄調整」が本線。ただし、前日の点灯した強めの売りサイン「90%台でのストキャス(13日)デッドクロス」に加えて、2,3日内にも高水準でのMACD陰転が視野に入っているため、値幅調整 or 下落トレンド入りへの警戒も怠れない格好。ドル円も10日線上は維持しているものの、(外資やアルゴが重視する)MACD陰転がカウントダウン。

big (25)

【気になるニュース・銘柄】

3107 ダイワボウ、3109 シキボウ(売)
インフル関連はもう一山を警戒しながら空売りで継続注視。

5801 古河電工
勘助氏注力中。昨日の上ブレ後の値持ちの良さから上値期待を継続中。日本駐車場開発(2353)も過熱感なく下値切り上げ中。

8462 FVC
節目の2,400円突破により上値追いに拍車がかかる格好。理屈よりもトレンド重視の順張りが妙手。テクニカル軟化が顕著なアートスパークは(3663)はノンポジにて動意確認後の買い直しが得策。

■ 後記 : 会員サークルでは11/9のトランプショック以降の“逆襲+アルファ狙い”として以下の流れで展開中。

(1) トランプ・ショックは三菱UFJ(8306)一点勝負! → 買い単価530円台、11/14 625円までの約100円幅過程で完全利確。

(2) トランプラリー開始初日は寄りからルネサス(6723)勝負! → 11/10 732円から846円まで『15%高』を達成。

(3) 第3の銘柄、★帝石(1605)!→11/14 991円から1,133円までの上昇にて『14%高』を達成!
 
(4) 先週木曜からの第4の銘柄 : インフラ・金融セクターからの資金流入情報を念頭に先週木曜から参戦。上記3銘柄に輪をかけた低ボラですが、きれいなチャート形成により息の長い上昇相場が期待されます。

未だ買いレンジ内ですが、その前後に仕込みを開始している★☆3銘柄の公開が控えていますのでフライング気味にご紹介。今だけこちらに!
      
    

では 明日もよろしくお願いします!

※ 明日の展望・戦略はOPEC会合の行方次第で想定されるシナリオが多岐に渡りますので、今晩のメルマガはお休みさせていただきます。ご了承ください。
         

■ 午後の戦略 : 余力残しの押し目買い!

前場の日経平均は、112円台前半で持ち合うドル円に追随して概ね18,300円台前半で持ち合う流れに。東証主力株は自動車やハイテクの一角を中心に買い優勢で推移。国内10月鉱工業生産はコンセンサスを上回ったものの株価への影響は限定的に。

中小型株は 8892 日本エスコン、2131 アコーディアゴルフ、6240 ヤマシンフィルタ、7271 安永、2354 安川情報システム、6172 メタップス、3264 アスコット、4237 フジプレミアムなどに短期資金が流入。

□ 午後の展望 : 様子見ムード継続
今晩のOPEC総会から日曜のイタリア選挙を意識した18,200〜18,400円レンジでの動意の乏しい展開が本線。

■ 午後の戦略 : 余力残しの押し目買い!
寄り前までにお伝えしている経緯から強引な勝負を臨むべきタイミングではありませんので、リスク許容度に応じて3〜5割の余力を確保したら、18,200円水準までの押し目買いスタンスを継続していってください。

【気になるニュース・銘柄】
8892 日本エスコン
今期の増配+2019年まで減配はしない方針を好感。

4237 フジプレミアム
局面ディスプレー関連として3連騰の後、ようやく一息。引けに味の良し悪しに注目した順張りが妙手。

7022 サノヤスHD
ポケモン関連では昨日のイマジカロボ(6879)に続いてコツンときています。調整十分かつ取り組み妙味も大きいだけにワンチャンス狙いでケア。

では 午後もよろしくお願いします。

★ 本日の戦略 : OPEC総会前のポジション調整

おはようございます。
昨日のNY市場は強弱材料が交錯し小幅に推移。7−9月期GDP改定値や11月消費者信頼感指数が市場予想を上回ったものの、9月ケースシラー住宅価格指数はコンセンサスを下回り、OPEC総会への懐疑的な見方から急落した原油市況も株価の重しに。

big (23)

NYダウ 19,122ドル +24、ナスダック 5,379 +11 
米10年債 2.296% −0.024、NY原油 45.23 −1.85
為替 112.36円/ドル、119.60円/ユーロ、1.0606ユーロ/ドル 
日経先物 18,380円 +90

□ 本日の展望 : ドル円主導の波乱含み
昨日同様にドル円動向に一喜一憂する不安定な推移が本線。ドル円がザラ場中に113円付近まで切り返す場合には18,400円超えが期待される一方、直近安値111.36を割り込むようなら18,100円割れまでの下ブレに警戒。

★ 本日の戦略 : OPEC総会前のポジション調整
本日のOPEC総会に関しては「具体策はまとまらないものの減産方針は維持」による玉虫色の決着 → 株式市場への正味の影響は限定的となる流れを本命視しています。ただし、諸テクニカルの過熱感や週末の米雇用統計やイタリア国民選挙への警戒感から、OPEC総会を買い材料とする場合は短命、売り材料視する場合には深押しにつながりうる環境と判断。

よって、リスク許容度に応じて3〜5割の余力維持を優先した後、攻撃可能枠に関しては日経平均18,200円前後をメドに買い下がっていきたいところ。※ ドル円の111.36割れに際しては、「悩んだら買いは様子見、手仕舞いは実践」がおススメ。

★☆Sラボ4銘柄も昨夕の戦略を踏襲。

【気になるニュース・銘柄】
2131 アコーディアゴルフ
投資ファンドによる1210円でのTOB、非公開化を発表。

9504 中国電力
発行株の5.03%の自社株買いを発表。

9633 東京テアトル
昨日は売り残、買い残ともに減少。注目すべきは「売り残の増減」となりますので、本日の軸足は〜(略)〜!
    (会員サークルより >>ご入会案内
      
『 時に立ち止まって深呼吸!  』

では 本日もよろしくお願いします!
    
       

□ 日経平均(大引け) 18,307円 −49、期待と不安が交錯中

本日の日経平均は続落。111.60台まで軟化したドル円を嫌気して寄り付き早々に18,258円(−98)まで下落すると、引けにかけても112円前後で戻りを甘くしたドル円が重石となり18,300円前後で持ち合う流れに。

東証主力株は建設セクターに循環物色マネーが流入した以外は高安マチマチ。中小型株は4237 フジプレミアム、7834 マルマン、2479 ジェイテック、6400 不二精機、6537 WASHハウス、6246 テクノスマート、7271 安永、8518 日本アジア投資、6316 丸山製作所、3134 Hameeなどが商いを伴って大幅高。

日経平均 18,307円 −49、Topix 1,468 −1
225先物 18,290円、NYダウ先物 19,079ドル −1
為替 112.02円/ドル、118.78円/ユーロ、1.0602ユーロ/ドル

■ テクニカル :  値幅調整もケア
上昇トレンド過程の日柄調整が本線。ただし、ストキャス(13日)が90%台の高水準でデッドクロスしているため、10日線(18,100円)を割り込む場合には 17,600円台に控える20日線水準までの値幅調整にも警戒したいところ。

big (14)

【気になるニュース・銘柄】
1840 土屋HD
16年10月期営業益予想を0.85億円から1.48億円に上方修正。

5909 コロナ、5951 ダイニチ
石油ストーブ関連が堅調。

3778 さくらインターネット
本日は材料を伴って急伸したものの、引け味はあまりに悪いだけに強気転換は一旦待ち。

□ 後記 : 各イベント後の株価動向予想 
・ OPEC総会(11/30) : 玉虫色の決着 → 原油市況と資源関連が短期的に軟化 ≒ 全体需給への影響は限定的。
・ 米雇用統計(12/2) : 良好な雇用市況を示唆 → 無風通過が本線。レアケースとして、コンセンサスを上ブレた場合のインフレ懸念&FRBの利上げピッチ上昇懸念の高まり or コンセンサスを下ブレた場合の急落も軽めに警戒。
・ イタリア国民選挙(12/4) : 憲法改正案の否決 → 現政権退陣がメインシナリオ。今のところマーケットでは話題になるケースが少ないものの、売り仕掛けの建て前として利用されるケースに強めに警戒。楽観シナリオとしては、改正案通過 → 現政権持続 → 株価上ブレも頭の片隅にはおいておきたいところ。
    (昨日のメルマガより)

※ 今晩の
メルマガも19時配信予定です

      button3

『‘正当性’は理性ではなく感情の産物!』

では本日もお疲れ様でした。

お帰り前にこちらもよろしくです!今日は定位置へ。頑張ります!

             
    
会員制サークル・S研究所
  banner2


一定期間ブログや無料メルマガをご覧いただいて、「これなら一緒にやっていけそうかも!」、「もっと深くSラボ戦略を体感したい!」とお感じになった方は、メンバー様全員参加型の有料掲示板(=会員サークル)へのご参加をご検討ください!

会員サークルでは積極的な自論展開もOK、閲覧のみのご利用もOK!

ご参加お待ちしてます!
◆ 当ブログについて
会員制情報サークルでの当方の注目銘柄を Sラボ銘柄と総称しています。 そして、その目的や売買戦略別に★ Sラボ・主力銘柄と☆Sラボ・スポット銘柄とに分類。ブログ上では銘柄色を紺色で統一してます。

それ以外は、ウォッチ銘柄、もしくは「気になる銘柄」として、上方向で考えている銘柄を グリーン、下向きのものを紫で表示。

当ブログでのコメントは 銘柄名のみでなく‘全体戦略’から落とし込むトップダウンのイメージで臨んで頂くのが効果的!

※ ブログやメルマガはあくまでサンプルとお考えください。また 内容については保証できるものではありませんので 、 売買はご自身の判断でお願いします。
記事検索
Sラボ関連ブログ

■ 勘助ブログ withGS■



Archives
携帯でブログを♪
QRコード
☆応援よろしくです!
今日も1クリック宜しくお願いします☆ 
 ↓ ↓ 


おかげさまで当ブログも11年目に突入!微力ながら皆様のお役に立てるように日々精進させて頂きます!!

S教授の本棚
Profile
  • ライブドアブログ