本日の戦略 : 目先の一段高は‘おまけ’感覚で!

おはようございます。

昨日のNY株式市場は続伸にて過去最高値を更新。前日のコロナワクチンの普及、イエレン財務長官による金融緩和方針の継続などへの期待に加えて、バイデン政権へのスムーズな移行作業によるトランプリスクの軽減を追い風に買いが先行。昼頃に30,116ドル(+525)まで上値を切り上げると、引けにかけても30,000ドルを挟んで堅調に推移。

個別ではJPモルガン、ゴールドマンサックスなど金融株、シェブロン、ボーイング、Wディズニーなどが指数高を牽引。ナスダックもテスラ、フェイスブック、アップルなど主要銘柄が概ね買われて続伸。

NYダウ 30,046ドル +454、ナスダック 12,036p +156
米10年債利回り 0.883% +0.024、為替  104.44円/ドル
NY原油 44.91 +1.85、CME225 26,470円

big (21)

□ 本日の展望 : 買い優勢 ± 先物需給
NY株高を好感した堅調スタート後、引けにかけては高値警戒感や木曜のNY休場に絡めた利確売りが重石となる一方、押し目買い需要や売り方の買い戻しが下支えに。想定レンジは26,300〜26,600円。

★ 本日の戦略 :  目先の一段高は‘おまけ’感覚で!
「コロナワクチンの実用化」をきっかけとする中長期上昇トレンドは厚みを増しており、ブラックフライデー(11/27)やサイバーマンデー(11/30)前後は例年株価が上昇しやすいために短期的にも強気策継続が正攻法。

ただし、「景気回復期待」以上に「買い仕掛け」が株高の主要因と化している印象だけに、以下の点を念頭に置いた控えめの強気で対応していきたいところ。

(1)好テクニカル持ち株の売りすぎない勇気! : 日経27,000円トライ、乗り換え先の高値掴みリスクなどを念頭に、売買の優先順位は持ち株の増減 → 新規銘柄への派生...イメージで。

(2)新規買いはスピード感重視!  : (ポジションの中核が固まっている前提で)ここから割安感や出遅れ感の強い銘柄を買うのであれば、既に動意づいている銘柄への派生が無難。

(3)手仕舞い条件の設定と徹底!  : 次の大掛かりな調整局面において買い向かう銘柄、早めに仕切る銘柄を分類 → 目的に応じて売却条件を設定。

☆ 本日からの新スポット銘柄
ウエストHD、ラクス、神戸物産でポートフォリオの軸を固めたら、☆ 3000番に続く短期回転狙いの低単価銘柄を補充。今月上旬発表の決算は折からの中小型株需給の不安定化がネックとなって材料視されなかったものの、先々の上方修正に含みを残す好内容。古河電池(6937)の代役も目的に目先の押しを丁寧に拾っていく予定です。

「何かを変えたい!」方は一緒に初動から!
  ↓ ↓
11/21〜30スタートコースのメンバーさん募集開始!
       

4343aquab02-001
  
※ 今なら11月分の参加費は無料です。

『 我が家の芝生を丹念に育て上げる!』

では 本日もよろしくお願いします。
  
   

東京市場(11/24) ワクチン期待を利用した買い攻勢!

本日の日経平均は急騰。連休前に膨らんだポジション整理の反動、連休中にコロナワクチンの普及期待で上昇したNY株を背景に買いが先行。寄り付き早々に節目の26,000円を突破すると、昼には出遅れ筋の飛び乗り買い、先物での売り方の買い戻しなども追い風に26,261円(+743)まで上昇。

東証主力株はほぼ全面高。8035 東京エレク、3436 SUMCO、9449 GMO、8804 東京建物、8473 SBI、4612 日本ペイントなどが前日比5%超の上昇に。

中小型株は 6937 古河電池、6653 正興電機、5986 モリテックスチール、6070 キャリアリンク、8698 マネックス、3696 セレス、9702 アイ・エス・ビー、6445 蛇の目、6955 FDK、3633 GMOペパボ、4385 メルカリ、4478 フリー、4592 サンバイオ、6195 ホープ、3645 メディカルネット、6400 不二精機、4242 タカギセイコー、6149 小田原エンジなどが商いを伴って急騰。

日経平均 26,165円 +638、Topix 1,762 +35
225先物(12月限)26,230円、為替 104.35円/ドル
NYダウ先物 29,785ドル +239

big (14)

【ウォッチ&Sラボ銘柄】
△ 9450 ファイバーゲート
勘助氏注力中。本日は4日続伸にて年初来高値が射程圏に。押し目買いスイング狙いに一考。低位株ファンは、GS氏注目中の2銘柄もケア。

△ 6937 古河電池 
本日は電池関連の一斉蜂起にて、買い条件に触れないまま急騰。経験則上、そもそも電池関連の賞味期限は短めなところに、本日の急騰にて博打感が高まってしまっているため、☆Sラボ銘柄としてのご提案は一旦取り下げます。引き続き、GSユアサ(6674)、FDK(6955)などとともに割り切り対象としてご注目ください。

★ 3038 神戸物産 
11/6 2,932円 → 11/24 3,305円 + 12.7%上昇
今年の新型コロナの感染拡大により、少なくとも国内消費活動は長期的な節約志向、巣ごもり指向を継続する可能性が高まっています。新規買いでおススメできる範囲は逸脱しましたが、安値圏から参加いただいている方、こちらのマイルドな上昇波動が肌に合う方は明日も〜(略)〜による強気スタンス継続で!

big (16)

☆ スポット3900番台銘柄
クラウド・デジタル化関連の中核銘柄としての強気スタンスを継続。マザース指数同様にテクニカル良化気配を強めていますが、2週連続で週明け2日目(11/10、11/17)に中小型株需給が悪化していますので、買い下がりメドは2,200円付近まで広めに設定。

銘柄名は今だけこちらで公開中!
  
 
  
■ 後記 : 米大統領選(でのトランプ氏敗退)を待って相次ぎ発表されている製薬会社のコロナワクチンに絡めた好材料、目先の景気梃入れのための主要国の積極的な財政・金融政策などを背景に、過剰流動性相場は厚みを増しつつあります。短期的にもブラックフライデー(11/27)やサイバーマンデー(11/30)前後は例年株価が上昇しやすいために強気策継続が正攻法となりそうです。

ただし、テクニカル面の過熱感は否めず、歯止めがかかっていない日欧米での新型コロナの感染増加傾向 ≒ 行政サイドの経済活動制限リスクをきっかけとする下押しには要注意。

10月下旬から11月上旬、23,000円台にて下振れリスクが意識される中を「仕込み場」と位置づけ、ラクス(3923)、神戸物産(3038)、エアーテック(6291)、ウエストHD(1407)を腰を据えて臨んでいただきましたが、「目先の一段高は11月からの上昇相場のおまけの部分」感覚にて以下の3点を意識した肩の力を抜いて取り組みたいところ。

(1)好テクニカル持ち株の売りすぎない勇気! : 不用意に余力を高めてしまうと乗り換え先の高値掴み → 地合い悪化時の塩漬け化リスクを高めてしまうため、流れの良い銘柄は部分回転による丹念な対応が正攻法。

(2)新規買いはスピード感重視! : 既にウエストHD(1407)や神戸物産(3038)のようなマイルドな上昇波動銘柄での地盤固めが進んでいる前提になりますが、ここからの新規買いに関してはスピード感 ≒ 1週間前後で回転が効きそうな銘柄へのシフトがおススメ。

※ 市場では低PBRや直近急落銘柄を買い煽る向きがあるものの、これら地合い次第の“他力本願銘柄”は、「上がる≠儲かる」リスク、全体需給が悪化した際にストレスが膨張するリスクなどが警戒されるため、距離を空けて接するのが賢明。

〜(略)〜

今晩のNYタイムでの日経先物次第では明朝にも☆★新銘柄をご提案させていただきます。お含みおきください。

では 明日もよろしくお願いします。

        (本日の会員サークルより)

『 一騎打ちより軍略で勝負! 』

11/21〜30スタートコースのメンバーさん募集中!
       

4343aquab02-001
  
※ 今なら11月分の参加費は無料です。

           
 

午後の戦略 : 「売りすぎない勇気」で強気表明!

前場の日経平均は暴騰。連休前のポジション整理売りの反動に加えて、連休中の海外市場にて新型コロナワクチンの普及期待が高まった流れを引き継いで買いが先行。寄りから25,900円を超えると、前引けにかけては26,200円台、上げ幅600円台まで上昇。東証主力株は全面高。

中小型株は 6070 キャリアリンク、6937 古河電池、8698 マネックス、3696 セレス、6955 FDK、477 BASE、4385 メルカリ、4478 フリー、4055 T&S、4592 サンバイオ、6400 不二精機、4242 タカギセイコーなどに短期資金が流入。

□ 午後の展望 : 強含み ± 先物需給
前場同様の買い(戻し)優位の展開が本線。日米先物なりの利確ラッシュ → 26,000円割れにも軽めに警戒。

■ 午後の戦略 : 「売りすぎない勇気」で強気表明!
買い方優位の趨勢に順じた強気スタンスをベースとしながらも、「日経急騰局面での新規買い」による博打的な強気ではなく、「好トレンド持ち株の売りすぎない勇気」にて強気度を表現したいところ。

★ 1407 ウエストHD 
11/12 3,685円 → 11/24 4,220円 + 14.5%上昇
先週木曜3,780円付近までの買い下がりの後、前場4,200円台までの上昇過程では予定通り5割程度を利確 → 売値の60−80円程度下値、4,000円付近に控える5日線などを意識しながらターゲットプライスまでの買い直しへ!

※ 11月序盤は、このような局面にて「売らされない、ホールドしやすい背景」を重視した銘柄選択となっていますので、多少の上下も泰然と対処、初志貫徹で!

big (12)

☆ 先週月曜からのスポット銘柄
ウエストHD(1407)、神戸物産(3038)で地盤を固めた後、11月3週目からは「巻き返し戦略の第三段階」として、短期回転狙いへ派生。参戦当初の紆余曲折を経た後、テクニカルは着々と良化中。まだまだ、目先の押しは強気で!

   (会員サークルより >>Sラボ参加案内

では 午後もよろしくお願いします。

銘柄名は間もなくこちらで公開!
  
    

本日の戦略 : 優先順位を明確に!

おはようございます。

週明けのNY株式市場は急反発。ファイザー、モデルナに続いて英アストラゼネカのコロナワクチンが有効な治験結果を示した他、ファイザー製コロナワクチン接種が12/11にも開始されるとの見通しを好感して「株式買い・債券売り」のポジティブトレードが進展。個別ではシェブロン、ボーイング、レイセオンが指数高を牽引した他、金利上昇を好感した金融株が堅調に推移。

ナスダックはテスラ、AMAT、マイクロンテクノロジーが買われた一方、金利高をきっかけとするアップル、ネットフリックスなどへの現金化が重石となって小幅高止まりに。

NYダウ 29,591ドル +327、ナスダック 11,880p +25
米10年債利回り 0.857% +0.028、為替  104.56円/ドル
NY原油 43.06 +0.64、CME225 25,935円

11月前半の急騰に対する値幅調整が警戒っされているNYダウのテクニカルは、10日線回復により「29,000ドル台の持ち合いによる日柄調整」優位の形状に。 

big (10)

□ 本日の展望 : 買い一巡後もしっかりと
先週末の日経終値(25,540円)から約400円上昇しているCME225にサヤ寄せした買い先行のスタートへ。節目の26,000円付近では戻り売りが上値を抑えそうですが、買い一巡後も押し目買いや売り方の買い戻しが下支えとなるしっかりとした推移が予想されます。

★ 本日の戦略 : 優先順位を明確に!
コロナワクチンのコロナワクチンの普及による経済再生、主要国の積極的な財政・金融緩和スタンスを踏まえれば、中長期上昇トレンドは盤石。ただし、短期的には今週木曜のNY休場に絡めた機械的なポジション整理、下振れや持ち合いによるテクニカル調整などを背景とした上値の重い展開が警戒されます。

よって、本日の寄りからの日経高局面は(1)弱テクニカル銘柄の戻り売り、(2)好トレンド持ち株の買い増し、(3)新規銘柄への派生...の優先順位での対応が正攻法。

※ 先月後半以降の地合いなりの上下により近似テクニカル銘柄が急増しています。テーマが異なってもチャート付きが似ている銘柄の増やし過ぎはNG。

★☆Sラボ銘柄戦略 : ★ ウエストHD(1407)を中心に昨夕の戦略を踏襲。上記背景から保有銘柄の買い増し → 新規買いの是非の順に検討、対応していく予定です。

※ 10月下旬からの銘柄戦略の経緯は昨日のコメントを参照ください。

【ウォッチ銘柄】
△ 4421 DIシステム、9702 アイエスビー
1/1付の株式2分割を発表。発行株の14.33%もの自社株買いを発表したアサンテ(6073)、12/11付の東証1部への指定替えを発表したGMOペパボ(3633)などとともに即転狙いで注目。

△ 4563 アンジェス
開発中の新型コロナウイルスワクチンの臨床試験について、規模を拡大した2回目の治験を月内にも実施すると発表。割り切り対象でケア。

『 軸を保ってコンパクトに強打!』

では 本日もよろしくお願いします。

  
   

 10月後半以降の逆襲狙いは第3段階へ!

☆★Sラボ銘柄戦略 : 10月半ば以降の中小型株需給の悪化を受けて、先月下旬からは今月前半にかけては極端に的を絞った逆襲+アルファの土台固めに注力しながら、その萌芽とともにスピード感のある銘柄に派生中。

◎ 第1段階 10月下旬 〜 11月1週目 : 10月後半のマザーズ指数の急落に伴う中小型株需給悪化からの巻き返しを計るべく、新規買い対象をラクス(3923)1銘柄のみで対応 → 10/26から11/9までの10日で16%高を達成!!(→ 高値日に完全利確提案)

big (7)

   ↓  ↓


◎ 第2段階 11月2週目 : 短期回転狙いでの軽い利益の追求を軽視し、「マイルドな上昇波動形成」でのポートフォリオの底上げ狙いを追求。

エアーテック(6291)、★ 神戸物産(3038)、★ ウエストHD(1407)へ派生 → エアーテックは思惑通りの株高&上方修正を発表しながらも、マザーズ指数暴落を受けてロスカット。ワンチャンス狙いのBBT(3776)も同様。

しかし、神戸物産&ウエストHDがしっかり買えてじっくり上がる思惑通りの展開となり、ともに『10%高を達成!』 ≒ ポートフォリオの底上げに寄与。

big (9)
  ↓  ↓

◎ 第3段階
 11月3週目 : 安定感重視の★主力2銘柄の飛躍を受けて、スピード感重視策へ展開。

先週からの☆ 3000番台2銘柄はともに上昇トレンド回帰が視野に。明日からは『☆ 新スポット銘柄』にて加速度的反撃に取り組む予定です。

□ 10月後半以降の敗戦処理が終わっていない・・・。
□ 銘柄に惚れやすいため、全体のバランスが悪い・・・。
□ 株数が張れないから利益が小さい・・・。

「未来から逆算した今やるべき事」の自覚と実践!

良かったらみんなと一緒に『緑黄色投資ライフ』を目指しましょう!
  ↓ ↓
11/21〜30スタートコースのメンバーさん募集開始!
       

4343aquab02-001
  
※ 今なら11月分の参加費は無料です。

           
 

日本株展望 11/24〜27: 調整優位も底堅く! 

■ 日本株展望 : 調整優位も底堅く! 
先週末のNYタイムにてCME225は25,740円まで上昇。NYダウは前日比219ドルの反落となったものの、東京タイムで織り込んでいた範囲の下落かつ連休前のポジション整理も逆風となっていたため、日経先物終値(25,540円)から200円高水準で取引を終えています。

big (24)

週末のG20サミットが需給環境に与える変化は限定的と想定されますので、新型コロナ第三波による行政サイドの更なる活動制限や週初のNY市場に異変がなければ、連休明けは25,000円台後半でのしっかりとしたスタートへ。

週末にかけては、木曜の米休場の影響で外資勢の積極的な売り買いが手控えられやすいため、11/17高値(26,057円)を目先天井とする調整トレンドをベースとしながらも、25,000円台前半ではワクチンの実用化期待の押し目買いが下支えとなる底堅い推移が本線。想定レンジは25,200〜25,900円

big (25)

中小型株需給に関しては、11/10,17の急落にてテクニカルの正念場を迎えているマザーズ指数なりの波乱に要注意。三角持ち合い上放れによる騰勢復活をメインシナリオとみていますが、この場合も買われる銘柄と放置される銘柄の“二極化”が進展しやすい一方、持ち合い下放れに際しては連鎖的投げ売り再発に警戒したいところ。
 
(会員サークルより
 >>Sラボ参加案内

今週の戦略に関しては明日15時配信のメルマガをご確認ください。
       
mglogo_c3

週末も応援よろしくです!☆
       
  
会員制サークル・S研究所
  banner2

一定期間ブログや無料メルマガをご覧いただいて、「これなら一緒にやっていけそうかも!」、「もっと深くSラボ戦略を体感したい!」とお感じになった方は、メンバー様全員参加型の有料掲示板(=会員サークル)へのご参加をご検討ください!

会員サークルでは積極的な自論展開もOK、閲覧のみのご利用もOK!

ご参加お待ちしてます!
記事検索
Sラボ関連ブログ

■ GS・勘助ブログ ■



Archives
直近のツイッターより

携帯でブログを♪
QRコード
Profile

S教授

47歳。趣味:テニスと娘、行動心理経済学
投資へのこだわり:マーケットの最大の敵は恐怖心と焦り!・チャートは読むものではなく、作るもの!・最短ルートは勝ち組のマネ。

  • ライブドアブログ