東京市場(大引け) 嵐の前の静けさ

本日の日経平均は続落。前日のNY株は反落ながら最高値水準を維持したものの、トランプ大統領による米中貿易交渉の長期化示唆、これに伴う中国景気後退懸念を重石に売り優勢で寄り付くと 10時過ぎには21,380円(−154)まで下落。売り一巡後、引けにかけては21,400円台で底堅く推移。セクター別では冷夏による消費手控え思惑から小売り関連が売られた他、半導体セクターが戻り売りに押された一方、機械株の一角が買い戻しにて堅調に推移。

中小型株はマザーズ指数同様に「前場安、午後持ち直し」銘柄が散発。4317 レイ、7612 Nuts、7065 UPR、3548 バロックジャパン、2678 アスクル、2930 北の達人、6047 Gunosyなどに短期資金が流入。

日経平均 21,469円 −66、Topix 1,567 −1 
225先物(9月限)21,420円、ドル円 108.21円/ドル
NYダウ先物 27,349ドル +21

big (4)

【ウォッチ銘柄】
△ 4812 ISID
6月中間期経常益予想を39.3億円から51.52億円に上方修正。

△ 2169 CDS
6月中間期経常益予想を6.13億円から7.0億円に上方修正。

■ 後記 : 本日はマザーズ主力株にテクニカル良化銘柄が散発した反面、中小型株全般的には連鎖的投げ売りリスクを内包する打たれ弱さを継続中。よって、明日も弱テクニカル銘柄やストレス玉は「悩んだら一時売却、テクニカル改善を待って再戦」を徹底していってください。

〜(略)〜

「日経平均が底堅く上値の重い展開は後者向きの地合い!」のセオリーが効きにくい状況が続いています。この流れ(潮目)に変化が生じるまでは ☆ スポット銘柄に関してもマイルドな上昇波動狙いに比べて、ボラティリティ高め銘柄での短期回転狙いに重点を置いて取り組んでいく予定です。

本日もお疲れさまでした。

「ルネサス持ってるよ!」・・・こちらも是非!

            
 

■ 午後の戦略 : 続・好トレンド銘柄のみを丹念に!

前場の日経平均は続落。前日のNY株は高値圏で持ち合ったものの、中国経済の悪化リスクを嫌気して売り優勢で寄り付くと、株価なりのチョウチン売りも追随して21,380円(−154)まで下落。前引けにかけては21,400円台半ばで底堅く推移。東証主力株は高安マチマチ。機械株に買い戻しが入った一方、半導体関連は総じて軟調。

中小型株は 2678 アスクル、3548 バロックJが買われた他、4317 レイ、7612 Nuts、4657 環境管理センターなど仕手性の高いジャスダック銘柄の一角に短期資金が流入。

□ 午後の展望 : 弱気優位も底堅く
しっかりと推移している米中株価指数やドル円を下支えとする21,300円台後半から21,500円付近の底堅い展開が本線。

■ 午後の戦略 : 続・好トレンド銘柄のみを丹念に!
好トレンド東証主力株をポジションの中核とした押し目買い狙いを継続。中小型株に関しては、マザーズ指数のテクニカル悪化が全般的な“連鎖的投げ売りリスク”を高めていますので、弱テクニカルとともにストレス化している持ち株も「悩んだらポジション縮小」で対応。

では 午後もよろしくお願いします。

本日の戦略 : 好テクニカル & 好背景銘柄のみを丹念に!

おはようございます。

昨日のNY株式市場は小幅反落。パウエルFRB議長のパリ公演における早期利下げ示唆が株価の下支えとなった一方、3日連続での最高値更新による利確売りバイアス、トランプ大統領の「米中合意には時間がかかる」発言などが重石となって 概ね27,300ドル台での小動きに終始。個別では原油安を嫌ったエクソンモービル、シェブロン株の下落、業績下振れ懸念によるJ&J株安が足枷に。

NYダウ 27,335ドル −23、ナスダック 8,222 −35
米10年債  2.106% +0.014、NY原油 57.62 −1.96
為替 108.24円/ドル、日経先物(9月限)21,480円 −20

big (2)

□ 本日の展望 : 弱気優位
動意乏しく推移したNYなりの方向感の乏しい流れがメイン。上記トランプ発言による潜在的な中国経済懸念の増幅、米企業決算本格化前の実需筋の様子見、直近の軟勢による市場マインドの低下などを踏まえれば、昨日同様の「決定打がないままのじり安」に警戒したいところ。想定レンジは21,350〜21,600円。

★ 本日の戦略 : 好テクニカル & 好背景銘柄のみを丹念に!
日経平均こそ節目の21,500円付近で下げ渋る展開が期待されるものの、(1)東証主力に関しては柱となるテーマがないままの循環物色、(2)中小型株に関しては連鎖的投げ売りリスクを抱えた不安定な推移が想定されます。

よって、一定の余力維持と手仕舞い条件の徹底、★ ルネサスの押し目買いを継続しつつ、★ 主力系内需株の買い増し狙いで(1)に、弱テクニカル銘柄の大胆な見切りにより(2)に対応していきたいところ。

※ 重複しますが、個別株全般において好決算や好材料など(一種の)イレギュラーの事案がなければ急騰は期待しにくい需給環境です。好テクニカルに加えて断続的に資金が流入しうる背景を有する銘柄を除いては“今は勝負どころではない”イメージにて悩んだらポジションを縮小していってください。

★ 6723 ルネサス : SOX(フィラデルフィア半導体株)指数は反落ながらも上昇トレンドを維持。目先の調整局面は押し目買い好機として対応。

〜(略)〜

 (会員サークルより >>Sラボ参加案内

【ウォッチ銘柄】
△ 1407 ウエストHD
横浜銀行やりそな銀行などと協力してSDGs(国連が定めた持続可能な開発目標)の達成に中小企業が貢献するのを支援する取り組みを始めるとの報道。

『 気合を入れて柔軟に対応! 』

では 本日もよろしくお願いします。

            
   

東京市場(大引け) 先物主導の反落、★ ルネサスは逆行高!

本日の日経平均は反落。連休中のNYダウは連日で最高値を更新していたものの、その原動力である長期金利の低下に呼応したドル円の軟勢、中国景況感の悪化などを嫌気して軟調にスタート。昼ごろに21,514円(−171)まで下値を切り下げると、引けにかけては日銀のETF買い期待が下支えに。

東証主力株は概ね軟調。9984 ソフトバンク、9983 ファストリ、6954 ファナックが日経マイナス寄与度1,2,4に並んだ経緯からは「先物での短期筋の仕掛け売りによる下落」の側面も。中小型株は 3990 UUUM、6182 ロゼッタ、6172 メタップス、7065 UPR、3606 レナウン、7599 IDOM、7725 インターアクション、3387 クリエイトレストランツなどが決算をきっかけに急騰した他、4565 そーせい、3258 ユニゾにも好材料&株高に煽られてチョウチン資金が集結。

日経平均 21,535円 −150、Topix 1,568 −7 
225先物(9月限)21,500円、ドル円 107.97円/ドル
NYダウ先物 27,358ドル +16

big (13)

【ウォッチ&Sラボ銘柄】
△ 3991 ウォンテッドリー
18年8月期9ヵ月累積経常益は通期予想の96%を達成。

△ 3810 サイバーステップ
19年5月期経常損益は従来の赤字予想に反して黒字で着地、かつ今期大幅増益を予想。

▼ 7806 MTG
なぜか最近お問い合わせをいただく銘柄。仕手筋のために存在している企業と認識していますので、先々材料に絡めて吹き上がるシーンもありそうですが・・・、ノータッチが正攻法。

★ 6723 ルネサス
6/12 + 6/17 ≒ 508円 → 7/16 634円 +126 24.8%上昇
「今回の日経高局面が終了するまでは外需系主力株はこれ一本で勝負!」とお伝えしてから数週間。本日も逆行高にて一時630円台まで上昇!

参戦後1か月の経過により新鮮味はないと思いますが・・・、ルネサスをポジションの中核に据えることで安定的に含み益を積み増しながら、☆ 好背景中小型株に派生するスタンスの方が優位な環境が続くはずです。※ 「利食い千人力」は過去の格言。

big (15)

本日もお疲れさまでした。

「ルネサス持ってるよ!」・・・こちらも是非!

            
  

7/11〜20スタートコースの新会員さん募集中!
☆ 本日からの新スポット銘柄
はてな(3930)、メドピア(6095)同様の短期値幅狙いで着手。閉塞感の強い相場環境(歪な物色の二極化)が予想される月内一杯が勝負どころ!

★ 新Sラボ内需系主力銘柄
6月前半に当時堅調に推移していた楽天(4755)を丹念に育てつつ、ルネサスの仕込みを開始したように、ルネサスの飛躍のアドバンテージを生かして 目先の押しを丁寧に拾っていきたいところ。

□ 新規買い銘柄の情報が毎日欲しい。上がりさえすれば薄商いでも急騰中でもOK!

□ 売買タイミングの判断、海外情勢の変化と日本株リスクの見極めには自信がある!

□ 数週間先よりもとにかく今が大事!

とお感じの方“以外”は、全体的な流れと戦略の強弱を把握しながら、布石からヨセまでをみんなで一緒に!!
         
4343aquab02-001 
※ ご入金確認後、速やかにID・パスワードをお送りさせていただいておりますが、お急ぎの場合はお手続き後にお声をおかけいただけると助かります。

           

■ 午後の戦略 : 続・主力回帰の押し目買い

前場の日経平均は反落。連休中のNY株は続伸にて最高値を更新していたものの、NY株高要因の低金利長期化思惑によるドル円の軟勢、中国景況感の悪化などを重石に売り優勢で寄り付くと、前引けにかけては21,500円台前半まで軟化。

東証主力株は、★ 6723 ルネサス、6506 安川電機など半導体や機械株の一角を除いて概ね軟調。中小型株は 4565 そーせい、3990 UUUM、6182 ロゼッタ、6172 メタップス、7065 UPR、3606 レナウン、7599 IDOM、7725 インターアクション、6532 米カレントなどに短期資金が流入。

□ 午後の展望 : 弱持ち合い
動意の乏しい米中株式相場なりの持ち合い継続が本線。想定レンジは21,400円台後半から21,600円台半ば。

■ 午後の戦略 : 続・主力回帰の押し目買い
今晩のNY市場は、6月小売売上高の他、JPモルガンやゴールドマンの決算が冴えない内容で着地 → 利確優勢の展開が本命視されます。

よって、弱テクニカル中小型株の縮小を中心に一定の余力維持を優先しながら、「東証主力回帰」を念頭に置いた流動性の高い好トレンド銘柄の押し目買いに注力していきたいところ。

★ 6723 ルネサス : 630円台前半で3割程度の利確を計ったら、引き続き、押しは5●5円までを複数回の指値で買い直すスタンスで臨んでください。※ 優先すべきは好トレンド銘柄の利確ではなく、弱テクニカル銘柄のロスカット!

☆ 4293 セプテーニ、★ 新Sラボ主力銘柄、☆ 本日からの新スポット銘柄は従来戦略を踏襲。

 (会員サークルより 
>>Sラボ参加案内

【ウォッチ銘柄】
△ 4565 そーせい
米ジェネンテック社との提携を材料視してディーリング対象化。

△ 3990 UUUM
今期業績予想は成長力鈍化を印象づける内容となったものの、先週末の「マザーズ指数の急反落」の反動を追い風に人気化。持続性は疑問。


では 午後もよろしくお願いします。

本日の戦略 : 続・東証主力への軸足回帰策!

おはようございます。

週明けのNY株式市場は、パウエルFRB議長の議会証言後の騰勢を継続して小幅に続伸。27,300ドル台後半では、低金利長期化思惑が売り材料視されたJPモルガンやゴールドマンサックス、「小型機737MAXの運航再開が来年1月になる見込み」との報道を嫌気したボーイング、先週末の大幅高(+243)の反動などが上値の重石に。

NYダウ 27,359ドル +27、ナスダック 8,258 +14
米10年債  2.090% −0.016、NY原油 59.33 −0.88
為替 107.88円/ドル、CME225 21,595円

big (12)

□ 本日の展望 : 米企業決算前の模様眺め
連休中のNY株高をドル円の軟勢が相殺し、CME225は先週末の東京タイムの終値水準から小幅に下落。NYタイムには材料視されなかったものの、中国4−6月期実質GDPの低下(年率前期比+6.2%)も足枷となりやすいため、本日は21,500円台前半から21,700円台前半での様子見色の強い展開が本命視されます。

★ 本日の戦略 : 「東証主力への軸足回帰策」の継続!
今週の日経平均(先物)ならびに東証主力株に関しては、21,300円〜21,500円レンジを底値圏とする底堅い推移が本線。一方、中小型株においては先週末のマザーズ指数の急落が“連鎖的投げ売りリスク”、好材料銘柄に刹那的に短期資金が集結する“物色の歪な二極化”を警戒させる状況です。

よって、ポートフォリオ戦略としては★ ルネサス(4293)、★ 新Sラボ主力銘柄を中心視する「先週木曜からの東証主力への軸足回帰策」を継続。中小型株に関しては弱テクニカル銘柄の早めの見切り、☆ セプテーニ(4293)のような流動性高めの好トレンド銘柄への丹念な取り組みにより、「打たれ強さ」を意識しながら値幅を狙う感覚で臨んでください。

 (会員サークルより >>Sラボ参加案内

□ 直近1ヵ月の地合いと戦略経緯 □
6月3週目 : NY市場での「低金利+景気の安定」を建て前とした上値追いに追随して、日経平均は6/21に21,497円まで上昇 → “逆襲+アルファ”狙いにて 外需系主力株狙いの★ 6723 ルネサス、中小型値幅狙いの☆ 4565 そーせいへと展開。そーせいは短期16%高を達成。※ 識学(7049)はロスカット。

6月4週目 : 米中首脳会談待ちの様子見による21,000〜21,300円台前半の狭いレンジでの持ち合い →  6月中盤のアドバンテージの棄損を避けるべく、★Sラボ主力銘柄(楽天、ルネサス)の回転売買をはじめ、強引な勝負を避けた余力確保に重心。

7月1週目 : 日経平均は米中会談を好感した週初の大幅高後に21,000円台後半の持ち合いに移行 → 膠着感を強めた楽天(4755)を外して、東証主力は★ ルネサスに集中。中小型株は☆ 6095 メドピアに派生 → 7/2からの3日で14%高を達成。

7月2週目 : 日経平均は21,500〜21,700円のレンジ相場。中小型株需給は全般的に軟調 → ★ ルネサスの上昇率は20%を突破。外需系の今後の上値の重さに備えるべく『★ 内需系主力株』の仕込みを開始。☆ スポット銘柄は ☆ 4293 セプテーニがしっかりと推移、☆ 3930 はてなが12%高を達成した一方、Vコマース(2491)、ASJ(2351)がロスカットのマチマチの展開に。

今週のポジション戦略 : (上記のように)日経平均の持ち合い継続を念頭に★ ルネサスと『★新Sラボ主力銘柄』を並行して育成。中小型株に関してはマネーゲーム銘柄と低空飛行銘柄の歪な二極化に警戒すべく、☆ セプテーニを中心に極端に的を絞った取り組みへ。

では 本日もよろしくお願いします。

            
 

☆ 本日からの新スポット銘柄

国内ディーラー筋による〜(略)〜関連の需給拡大トレンド、閉塞感の強い相場環境(歪な物色の二極化)を利用した上値追い再開を意識しながら、現在の☆★Sラボ銘柄に欠けている短期値幅狙い(はてなの代替銘柄)を補完。

『 一点突破力 < 戦略的底上げ! 』

7/11〜20スタートコースの新会員さん募集中!
         
4343aquab02-001 
※ ご入金確認後、速やかにID・パスワードをお送りさせていただいておりますが、お急ぎの場合はお手続き後にお声をおかけいただけると助かります。

           
会員制サークル・S研究所
  banner2


一定期間ブログや無料メルマガをご覧いただいて、「これなら一緒にやっていけそうかも!」、「もっと深くSラボ戦略を体感したい!」とお感じになった方は、メンバー様全員参加型の有料掲示板(=会員サークル)へのご参加をご検討ください!

会員サークルでは積極的な自論展開もOK、閲覧のみのご利用もOK!

ご参加お待ちしてます!
◆ 当ブログについて
会員制情報サークルでの当方の注目銘柄を Sラボ銘柄と総称しています。 そして、その目的や売買戦略別に★ Sラボ・主力銘柄と☆Sラボ・スポット銘柄とに分類。ブログ上では銘柄色を紺色で統一してます。

それ以外は、ウォッチ銘柄、もしくは「気になる銘柄」として、上方向で考えている銘柄を グリーン、下向きのものを紫で表示。

当ブログでのコメントは 銘柄名のみでなく‘全体戦略’から落とし込むトップダウンのイメージで臨んで頂くのが効果的!

※ ブログやメルマガはあくまでサンプルとお考えください。また 内容については保証できるものではありませんので 、 売買はご自身の判断でお願いします。
記事検索
Sラボ関連ブログ

■ 勘助ブログ withGS■



Archives
直近のツイッターより



携帯でブログを♪
QRコード
S教授の本棚
Profile

S教授

46歳。☆ 趣味:テニスと娘、行動心理経済学
☆ 投資へのこだわり:マーケットの最大の敵は恐怖心と焦り!・チャートは読むものではなく、作るもの!・最短ルートは勝ち組のマネ。

  • ライブドアブログ