2008年07月

◇ 本日の主な決算 ◇  5566 中央電工、配合飼料 etc

本日は4-6月期決算の第一次ピーク。
引け後に発表されたものを中心にまとめます。
補足がないものは4半期=4-6月期、通期09年3月期です。

通期純利益修正なし
7261 マツダ 、6702 富士通、6302 住友重機、5332 TOTO、
5019 出光興産、3858 ユビキタス、6104 東芝機械、7012 川崎重工
5855 アサヒプリテック、6479 ミネベア、5807 東京特殊電線、
8173 上新電機、9927 ワットマン、5911 横河HD、7007 佐世保重工
4224 ロンシール、4788 CCI、6103 オークマ、6701 NEC,
6753 シャープ、6773 パイオニア、3828 ニフティ、8411 みずほFG
6460 セガサミー、8316 三井住友FG、8579 東京リース、
3838 AQインタ
 

通期純利益上方修正
5566 中央電工  78億円→83億円、9810 日鉄商事 75億円→95億円
6356 日本ギア工業 2.2億円→4.1億円
3764 アッカ 08年12月通期 14.75億円→17億円

通期純利益下方修正
9505 北陸電力 110億円→30億円、6762 TDK 650億円→555億円
2056 日本配合飼料 7億円→1.5億円、
2052 協同飼料 10億円→6億円
9404 日テレ 137億円→85億円、
6222 島精機 100億円→85億円 + 150万株上限に自社株買い
6988 日東電工 510億円→420億円

詳細は 取引所発行のものでご確認ください。

「ちょっとは役に立った。」
  ↓  ぽち
     

そして、また一つの時代が終わろうとしています・・・
6830 YOZAN 
有価証券報告書の未提出で 9/1に上場廃止。
現株価2,070円に対して、今年3月は40,500円、
2000年10月は8,030万円!約4万分倍。(正確には4万分の1)
個人的には苦い思い出の方が多いですが、
確実に一時代を作った銘柄。
YOZANで利食ったお金でオメガを買った日が懐かしいです。。。

YOZAN買ったことがある方は・・・
→ ラスぽちお願いします!!

◆ 大引け 13,376円 +9

本日の日経平均は、寄り付き直後こそ NY高を受けて100円近い
上昇を見せたものの、企業決算や 米主要統計を見極めたいとの
ムードが広がり 徐々に下値を切り下げる展開から一時111円安
まで反落。終日不安定な相場つきの中、結局 小幅続伸での引け
となりました。

日経平均  13,376円  +9  、Topx      1,303      +0
東証2部   2,764       -7  、ジャスダック平均  1,451  -1  
マザーズ指数  510     −11 、ヘラクレス指数    801   −11
為替       107.80円/ドル
東証1部売買代金 2.47兆円 、値上がり961、値下がり 649

朝方「昨日の日経反発の背後には、お化粧買いを含めた 月末
の特殊需給が絡んでいる事から、本日は 明日からの8月相場に
向けて ポジション調整
も優先・・・」とお伝えさせていただきました
が、できましたでしょうか?

指数・個別ともにほぼ寄り天では難しかったかもしれませんが、
明日も 朝方 NY市場の動向に順じた後は、米雇用統計や週末
要因から‘様子見ムード’の強い展開となりそうですので、意志
を持って 基本をこなしていきたいところ。

ここでの準備は‘下落’に対してだけのものではありません。
日経平均は、5日線を維持し 出来高も久しぶりの20億株超。
1株EPS820円は、すでに昨年比12%減益を織り込む水準

‘上昇’に対する備え・・・現在の需給中心の相場から 業績や
テーマに焦点が移る瞬間は、それほど遠くないタイミングで表
れるでしょう。
その際に 俊敏に動いていただくための準備です。

市場では、やたらとマーケットの急騰節・急落説が飛び交いますが、
こちらで週初(7/27)の‘今週の展望’でお伝えした‘揉み合いから
の下値固め’
に対してはケアされていないように感じます。
 
        (一部本日のメルマガより。ご登録はこちら

本日で7月も終わり、明日からは8月です。
26900c9e.jpg8月といえば 気温は日々高値更新しながらも、
相場は閑散としがちですが、今年はそうはいか
ないでしょう。
(猛暑は間違いないでしょうが・・。)   

本日もお疲れ様でした。
8月もよろしくお願いします!     
 ↓       ↓     
  株・投資 ランキング

↑暑い日の散歩を嫌がる小助(♂1歳)

☆ 習慣を変え 未来にアプローチする! ☆
        ↓   ↓
☆ ★ 株式戦略サイト・S研究所 ★ ☆  (会員制情報サイト)

 >> 過去の実績 

◆前場概況 反落 

前場の日経平均は売り優勢。
朝方は前日のNY大幅高を受け100円超上昇する場面もあり
ましたが、そのNYが2日高騰していることでの警戒感や、主要
企業決算を多く控え様子見ムードが強くなっております。
業種別では、電気・ガス、鉱業、情報通信が値上がり上位。
一方で、その他製品、証券・商品、機械などが軟調です。

6436 アマノ 906円 +9
600万株、50億を上限に自社株買い。
9501 東電 2905円 +60
3月期の最終損益が赤字見通し。
4041 日本曹達 438円 +67
第一四半期業績上方修正。

◆ 寄り付き  買い一巡後弱含みに。 4848 フルキャスト、★9113 乾汽船 etc

日経平均は NY続伸を受けて 寄りから買いが先行。一時13,467円まで
上昇する場面もありましたが、買い一巡後は 内外の主要データ発表を
前に戻り売りから上値を削り、現在昨日終値近辺での推移となっています。
原油反発を受けた資源関連以外は 軟調。

寄りからポジション調整ができている方は、よく引き付けてからの
押し目買い狙いで!

☆ ランダム・コメント ☆
4848 フルキャスト、8303 新生銀行 (カラ売り)
まずは順調に下落中。
7606 Uアローズ  732円 -2
会員様ページやメルマガでも一部お伝えしているように、ここからのスピー
ド感を計る意味では、週末にかけての動きが重要になります。
★ 9113 乾汽船 1,652円 -68
5日線近辺は丁寧に・・!☆

本日の決算予定企業はこちらも参照ください。
  ↓         ↓
    ブログランキング
※売買は自己判断でお願いします。

★ 本日の戦略  8月相場に向けて。売りは大胆に買いは・・!

NY市場は 米ADP雇用者数が予想外の増加となったことで、明日の
雇用統計に対する警戒が和らぎ大幅続伸。チャートは 7/15の年初安
(10,827ドル)での‘底打ち’を示唆する形へ。ナスダックも7/15安値後
の戻り高値に急接近。

日経平均も 昨日の反発にて前日のマドを埋め、25日線割れも1日で
解消し、7/16安値(12,671円)を二番底とするチャートを補強。

“ベースは押し目買い!”戦略は継続も、原油がテクニカル的に
反発局面入りした可能性や、買い材料となっている米金融機関の
支援策も 裏を返せば 厳しい現状を物語っていることに加え、
昨日の日経反発の背後には、お化粧買いを含めた 月末の特殊
需給が絡んでいる事から、本日は 明日からの8月相場に向けて 
ポジション調整
も念頭に取り組みたいところです。

本日第一次ピークを迎える決算に関する対処としては、概ね昨日
の‘本日の戦略’や 引け後コメントをご参照ください。
銀行など ‘業績悪化予想企業へのイベントドリブン的な決算前の
買い’
に関しては、発表前に株価が上昇する場合もありますので、
ザラ場中の株価動向にもご注意ください。

売る時は大胆に、買う際は丁寧に!

本日もよろしくお願いします。
 ↓       ↓      
  株・投資 ランキング

NYマーケット    続伸

NY市場は、7月の米ADP雇用者数が市場予想(-6万人)を上回った
(+0.9万人)ことや、住宅公社支援法の成立、FRBにより3月に導入
された大手証券会社への資金供給策の延長が好感され、大幅続伸
となりました。

NYダウ  11,583ドル  +186、ナスダック 2,329       +10
為替   108.07円/ドル 、168.31
円/ユーロ   
NY原油 126.77    +4.58
 、CME225 13,500円


原油価格は ガソリン在庫の減少や テクニカル面から急反発。

◆ 大引け 13,367円 +208

本日の日経平均は、NY市場の急反発や、ドルの上昇を受けて 前場
から買い優勢の展開。寄り前に発表された 鉱工業生産が市場予想を
下回ったことや 週末の米雇用統計などを前に 実需筋の参入は限定
的で、買い一巡後は13,300円台半ばでの揉み合いに終始。

日経平均  13,367円  +208  、Topx      1,302      +21
東証2部   2,771       +21  、ジャスダック平均  1,452  +3  
マザーズ指数  521     −5 、ヘラクレス指数    813   −1
為替       108.10円/ドル
東証1部売買代金 2.02兆円 、値上がり1442、値下がり 221

決算に対する反応はマチマチ。対照的な決算内容となった松下(6752)
ソニー(6758)は、額面通りの反応となったものの、野村HD(8604)
は 悪材料出尽くし感から急反発(+3.56%)
米金融機関の決算も、市場から期待されていない分 減益でも反発
する銘柄が目立ちましたが、日本にも通用するか・・・注目です。

なお、明日は8316 三井住友FG8411 みずほFGをはじめ、
8628 松井証券の決算が控えています。

(念のため・・・)正攻法は、松下(6752)や住友商事(8053)のように、
期待にそう決算からの上昇狙いです。

明日は7月最終日。翌日の新月度、米雇用統計を前に、
やるべきことを淡々とこなしたいところ。
               (本日のメルマガより)

今から 神楽坂で打ち合わせですが、タイミングがあれば 
決算動向等について追記コメントをアップします。 

ひとまずは・・・本日もお疲れ様でした。
ラストに応援よろしくです!☆
↓       ↓      
  株・投資 ランキング


☆ 期待と不安の交差する相場環境の中を、

  チャンスへの準備を丹念にこなした方に

  幸運は訪れます。  
                ★
        ↓   ↓
☆ ★ 株式戦略サイト・S研究所 ★ ☆  (会員制情報サイト)

 >> 過去の実績 

◆前場概況 反発   2681 ゲオ、 7606 Uアローズ etc

米株高を受け前場の東京市場は買い優勢。
日経平均は高く寄り後に上げ幅を拡大し、一時200円超上昇する
場面もみられました。
業種別では、水産・農林、その他金融、医薬品などが値上り上位。
その一方で、鉱業、パルプ・紙、機械などが軟調です。

2769 ヴィレッジV 554000円 +14000
今5月期も増収増益予想。
9511 沖縄電力 5210円 −290
今3月期経常利益を下方修正。
6262 ペガサス 328円 −77
今3月期連結営業益予想を大幅下方修正。

【ウォッチ銘柄】
7606 Uアローズ  732円 +12   会員様ページやメルマガで
お伝えしている日柄を意識し、地味ながら着実に。。!♪
2681 ゲオ  119,200円 +2200   ステイケーション系は今日も
しっかり。任天堂(7974)の決算もケアしながら。
8136 サンリオ  1,265円 +43   昨日の長めの上ヒゲも、過熱
感はないとお伝えしましたが、さすがに今日は利確も交えつつ。
同系のファンドグループからの『☆ No.1 新スポット銘柄』は、5日線
以下を丁寧に集めたいところ。

こちらもよろしくです!☆
  ↓         ↓
    ブログランキング
※売買は自己判断でお願いします。

★ Sラボ無料メルマガ ★
       ↓  
↓ ご登録はメルアドのみです。
メルマ                                     
  by CyberAgent      まぐまぐはこちらからどうぞ。

★ 本日の戦略  視野を広げながら押し目買い!★9113 乾汽船etc

NY市場は前日の下げ幅を回復し、一気に11,400ドル目前まで上昇。
為替も ドルがテクニカル的な底堅さも背景に、6月以降のレンジである
(104円〜108円)の上限に最接近。
住宅指標に関しては、いまだ底打ちの兆しが見えず、原油価格の反落も
上昇トレンド自体は崩れていないために、マーケットの長期展望の好転
には 程遠い感はありますが、ある程度の弱材料も 比較的短期間で
織り込める相場つきになりつつあることには注目です。

今日の日本市場は、NY急騰・ドル高を受けて 13,345円まで上昇して
いるCME225にサヤ寄せする形で 堅調なスタートに。大口資金の様
子見基調には大きな変化はないようですので、その後は 為替やアジ
ア市況を見ながら 方向感には乏しい展開が予想されます。

主要企業決算は、ここまでの海運株や自動車の動きを見る分には、
ややネガティブに市場が反応するケースが目立っていますが、その
傾向に変化があるか否かにも注目。
大幅増益の松下(6752)、下方修正のソニー(6758)大幅赤字の野村
HD(8604)
の株価動向はいかに。

本日の決算では、京セラ(6971)、任天堂(7974)に、明日は 新日鉄
(5401)、日立(6501)、三菱重工(7011)、三菱商事(8058)、みずほ
FG(8411)
など 主要セクター大手がズラリと並びます。

※ その他の決算予定企業はこちらをご覧ください。

既にお持ちの銘柄は、この機会に「買い増し、売却(その後買うか否か)、
(意志をもった)現状維持」を 再度確認しておきたいところです。

■ 本日の戦略   ‘ベースは押し目買い!’
7/18、22を精神的底打ちとした 強気に軸を置いたスタンスは継続。
昨日は‘切り返し確認後の始動’とお伝えしたために、13,018円後
の13,100円前後では 買った方も多かったようですが、本日も押し目
は丹念に狙いつつ、引けにかけては3割前後の余力を確保。

明日以降も‘米金融不安’からのNY急落の際は、余力を高めながら
切り返しを確認しての始動、それ以外の下落局面は買い向かう姿勢
を戦略の中心に据えたいところです。

指数反発を踏まえれば、狙うは銀行など主力どころになりますが、
決算を間近に控えている銘柄も多いことから、値動きだけで買う
のはご注意くださいね。

新興市場も 昨日会員様ページやメルマガでお伝えした事を念頭に、
足もとの株価から 少し視線を上げて 周囲を見渡す気持のゆとり
を持って臨んでいただければ、結果は大きく変わってくるでしょう、。

“Sラボ銘柄”からは 昨日は★ 9113 乾汽船が逆行高から
直近の高値を更新。昨日からの『☆ 新スポット新興銘柄』など
既存銘柄も丁寧に熱く取り組んでいきたいところ。

本日もよろしくお願いします。
↓       ↓      
  株・投資 ランキング

NYマーケット    急反発

NY市場は 前日の急落の反動や 原油価格の反落、7月CB消費者
信頼感指数が7ヵ月ぶりの改善を示したことで 買いが先行。
メリルリンチの追加損失計上と増資発表も好感され、金融株を中心に
急反発となり、高値圏で取引を終了しました。

NYダウ  11,397ドル  +266、ナスダック 2,319       +55
為替   108.07円/ドル 、168.49
円/ユーロ   
NY原油 122.19    -2.54
 、CME225 13,345円


一方、5月のS&P/ケース・シラー住宅指数は 全米20都市で2か月連続
の前年比マイナス。下落率は 市場予想は上回ったものの 住宅価格の
下げ止まりの兆しはいまだ見えず。
会員制サークル・S研究所
  banner2

一定期間ブログや無料メルマガをご覧いただいて、「これなら一緒にやっていけそうかも!」、「もっと深くSラボ戦略を体感したい!」とお感じになった方は、メンバー様全員参加型の有料掲示板(=会員サークル)へのご参加をご検討ください!

会員サークルでは積極的な自論展開もOK、閲覧のみのご利用もOK!

ご参加お待ちしてます!
記事検索
Sラボ関連ブログ

■ GS・勘助ブログ ■



Archives
直近のツイッターより



携帯でブログを♪
QRコード
Profile

S教授

47歳。趣味:テニスと娘、行動心理経済学
投資へのこだわり:マーケットの最大の敵は恐怖心と焦り!・チャートは読むものではなく、作るもの!・最短ルートは勝ち組のマネ。

  • ライブドアブログ