2008年12月

◇ 年末年始気になるニュース

・FRBが住宅ローン証券の買取を1月から開始と発表
金融安定化策の一つの柱である住宅ローン担保証券(MBS)の
買取による金利低下と住宅市場のテコ入れを1月早々から行う
と発表がありました。半年間で最大5,000億ドルでの効果には
いまだ疑問が残りますが、迅速な行動の効果に期待。

---------------------------------------------
こんばんはSです。
皆さんお正月はどちらでお過ごしになりますか?
我が家は私が明日数件ご挨拶に伺うところがある関係で
自宅で過ごします。

というわけで、茨城の実家にトンボ帰りしてきました。
山←娘の曽祖父の家の前の山に
小助と三人で登山中(片道20分
程度)。小助は本来狩猟犬である
ことを忘れさせるくらいモタモタ
歩いていました。。。


  ↓ 山頂にて
山山

 

 



親戚を回っていて多かった質問が、「株は大丈夫か?」と
「あのガソリン高は何だったんだ?」でした。

ともに まともに説明しだすと長くなるので、「大丈夫」、「なんだっ
たんだろうね」と答えましたが、道すがら90円台を示すガソリン
価格の表示を見ると、いずれ上がることが分かっているなら
そこまで下げなくとも良いのにとは思います。物価の安定は
国力の安定。

こちらもよろしくです!☆
 ↓          ↓
   

NYマーケット   急反発、 プレイバック2008 

NY市場は、10月S&Pケース・シラー指数や12月消費者信頼感
指数がともに景気悪化を示唆したものの、折り込み済みとして
マーケットへの影響は限定的となる一方、前日に発表された
GMと金融関連会社のGMACへの支援拡大を好感する向きや 
お化粧買いから 急反発となりました。

NYダウ     8,668ドル      +184    、ナスダック   1,550    +40  

為替        90.31円/ドル 、127.16
円/ユーロ   
NY原油    39.03
  -0.99、CME225  9,070円


-------------------------------------
☆ プレイバック2008 ☆
今朝の朝刊各紙は 今年の日本市場を総括している記事が多い中、
改めて強烈なインパクトのある年だったことが分かります。下落の
起点は昨年夏場でしたので 年初からの騰落率はさほど意味はあ
りませんが、ロシアの年間71.9%の下落を筆頭に、世界の時価総額
が約60兆ドルから31兆ドルに半減した結果はただ事ではありません。

金融不安が実体経済に与える悪影響が表面化するのは むしろこれ
からですので、世界的に個人消費が回復するまでは相当の時間が
かかることは覚悟する必要がありますし、その間 9月のリーマン破綻
クラスの セカンドインパクトも起こりうるでしょう。

90年のバブル崩壊、2000年のITバブル崩壊、今回は‘住宅バブル
崩壊’、‘世界金融危機’、ソロス氏の言う‘超バブル崩壊’etc どの
ように表現されるかは分かりませんが、「100年もしくは50年に1度の
信用危機」(グリーンスパン氏)の見立てが正しければ、個人的には
(ほぼ)一生に一度の経験をさせてもらったという意味で、有意義な
年にも思えます。

年末も応援よろしくです!☆
↓          ↓   
  株・投資 ランキング

◆ プレイバック 2008 

ご挨拶
今年は激動の1年となる中、流れが良いスパンの方が短かった
とさえ感じていますが、その中にあって 常に暖かいご声援を頂
き本当にありがとうございました。

微力ながら 来年も皆様のお役に立てるように 日々精進させて
頂く所存ですので、より一層のご支援を賜りますよう 心よりお願
い申し上げます

-------------------------------------------
☆ プレイバック2008 ☆
日経平均は 年間としては15,307円→8,859円は6,448円42%の
下落率(1,990年を超えるワースト記録)となり、まさに激動の1年
となりました。

今年は 昨年来のサブプライムローン問題による短期金融市場
の瓦解が取りざたされる中、売り先行のスタートから11,691円ま
で下落。

3月にウォール街の問題児ベア・スターンズが 政府支援を受けた
JPモルガンに買収されたことや、断続的なFRBの利下げにより
一旦は沈静化の兆しから 株式市場は6月に14,601円まで戻りを
試したものの、リスク資金が商品市況になだれ込んだことで原油
が140ドルを突破するなど世界的なインフレリスクの高まりが上値
を抑える形に。(この原油市況の加熱の反動が 後のヘッジファン
ドの資金繰りの急激な悪化に拍車をかける結果にもなりました。)

その後も欧米大手金融機関を中心にサブプライム関連での巨額
の追加損失が表面化する中、9月のリーマン・ブラザーズ破綻が
市場マインドにトドメを刺し、10月にはリスク資産圧縮による機械
的な売り物が パニック売りを誘発し6,994円まで下落。

秋口には 各国の経済・金融政策の協調傾向を好感する向きや、
11月の米大統領選での民主党オバマ氏勝利による新たなる景気
対策などへの期待に加え、空売り規制などマーケットにおける規制
強化から 年末にかけては多少落ち着きを取り戻した感があるもの、
足元の景気指標が悪化の一途をたどっていることや 米ビッグ3など
米基幹企業の経営難が相場の重石となり上値の重い展開が続きま
した。
-----------------------------------------
(私見)
当欄での1年を振り返ると、まずは 年初の展望(1/1/08)で「サブプ
ライムの余波は3月まで」とお伝えしていた自分に説教したい気持ち
が強いです。次に 年後半に(私の中で)情報ルートとしての重要度
が常にトップに位置していたゴールドマンが銀行となり シティグルー
プが凋落し、リーマンが破綻するという 1年前にはとても考えられな
いことが複数発生する中で、「はじめに余力確保ありき」のようなディ
フェンス主体のお話が増えてしまったことも 来年の反省点として改
善していきたいと思います。
----------------------------------------
年末年始は、『2009年の展望』を中心に 時間の許す限り
更新していく予定です。お時間のある方は 是非遊びに来て
下さい。

会員様ページは 1/4 12時、メルマガは同15時の予定です。
今年も1年ありがとうございました。
ラストにこちらもよろしくです!☆
↓          ↓   
  株・投資 ランキング
   
        
☆ 株式戦略サイト・S研究所 ☆

◆ 大納会 8,859円 +112 

本日の大納会は、薄商いの中 お化粧買いや堅調なNYダウ先物
が下支えとなり4日続伸から終値で11/11以来の8800円台での引け
となりました。

日経平均    8,859円  +112  、Topx       859      +9
証2部    1,939     +9、ジャスダック平均  1,092  +5
マザーズ指数  323     -1、ヘラクレス指数    495    +0
為替    90.31円/ドル 

★ 本日の戦略  2009年に向けての整理整頓!

昨日のNY市場は、クウェートが化学大手ダウケミカルとの合弁
事業への出資を撤回したことや 中東の地政学的リスクの高ま
りから一時150ドルまで下落幅を広げたものの、原油価格が
40ドル台を回復したことでエネルギー関連株が買われ、小幅
反落で取引を終了しました。

NYダウ     8,483ドル      -31   、ナスダック   1,510    -19
為替        90.61円/ドル 、1279.16
円/ユーロ   
NY原油    40.02
  +2.31、CME225  8,870円


★ 本日の戦略   『 玉整理 』
本日は大納会ですので、立会いは午前中で終了。NY市場では
特に変化も無かったことから、本日の日本市場も一部材料株を
除き小動きとなりそうです。

新春相場や2009年の展望は、連休中にまとめさせて頂くとして、今月は
12月ということもあり全体的に‘更なる景気悪化を織り込んだ売り物’
はある程度消化されたことで、新年からの需給改善による上値追いに
期待がかかります。ただし 日経平均のPERは17倍台まで上昇している
事から年初も上値が重い展開が予想される中、日本の5連休中に発表
される米住宅関連指標やISM製造業景気指数しだいでは、NY市場に
波乱の芽が残るだけに、1/5の大発会に柔軟な体勢で臨むためにも、
本日はポートフォリオの整理整頓を優先することで、少しでも余力を
高めることに専念
したいところです。

◆ 整理整頓 ◆
・分散投資は必要最小限に
特に為替に左右されるセクター(自動車・ハイテク・商社など)は、
期待しうる銘柄以外は持ち玉を減らすことを念頭に。※惰性で
持ち続けない。

・材料株の見極め
「流れの良いものは一部年越しも有効」ですが、消去法から値動き
重視で参加していたディーラー集団の多くは、年始から再度主力系
に転戦する可能性も高いために、‘年末を生かした銘柄は年内中に
処理する’のが基本です。ただし、“電池関連”は一過性のテーマ
ではないために、安く買えている玉は引き続き生かし切ることも念
頭に!

・ヘッジの空売りも
年明け日経平均が急落スタートとなる場合は、NY安とドル安が重複
しているでしょう。ヘッジをご検討の方は 前述のコメントの裏返し
でハイテク株を売っておくのが得策。

2008年の相場も本日が最終日となりますが、
平常心で頑張っていきましょう!!

本日もよろしくお願いします!☆
↓          ↓   
  株・投資 ランキング
   
        
☆ 株式戦略サイト・S研究所 ☆

◆ 大引け  8,747円 +7 小幅続伸

本日の日経平均は、一部銘柄の売買停止や 海外からのフローが乏しい
ことから 8,700円を挟んでの小動きに終始。再編への思惑からあいおい
損保(8761)
など損保株が買われたほか、資源関連やハイテク株に水準
訂正の買いが入りました。

日経平均    8,747円  +7  、Topx       854      +8
東証2部    1,929     +10 、ジャスダック平均  1,086  +8
マザーズ指数  325    +9 、ヘラクレス指数    495    +7
為替    90.54円/ドル 、NYダウ先物  8,437ドル (15:10) 

年末らしく一部材料株が活況。日産(7201)とNECがリチウム電池を
量産するとの報道から、ジーエス・ユアサ(6674)が商いを伴って上昇。
古河電池(6937)、★ Sラボ主力銘柄、エヌ・ピー・シー(6255)、
三洋電機(6764)、フェローテック(6890)、FDK(6955)
なども堅調。

食糧関連からは クボタ(6326)、井関農機(6310)。その他ディーラー
主体で日本カーボン(5302)、ブラザー工業(6448)も大幅高に。

今晩もメルマガは22時、会員様ページは19時の更新予定です。

2008年の相場も明日が最終日となりますが、
平常心で頑張っていきましょう!!こちらもよろしくです!☆
 ↓          ↓
    ブログランキング

★ 本日の戦略    整理整頓!

先週末のNY市場は、クリスマス休場明けにて薄商いから方向感に
乏しい動きだったものの、GMAC(GM傘下)の政府支援要請を
好感する向きや、年末商戦の苦戦は織り込んだとする買い物から
小幅続伸。

CME225(8,720円 円建て)は先週末の日経平均の終値(8,739
円)と同水準ですので、本日の日本市場はマチマチのスタートが
予想されます。連日の低調な商いからは上値を追うにはパンチ不足
ですが、テクニカル面では鬼門の‘均衡表の雲’に突入したことが
買い方をサポートする側面や、先週も散見された‘お化粧買い’に
て 火曜日の大納会に向けては底堅く推移しそうです。

★ 今日・明日の戦略   『 玉整理 』
現在の堅調地合いが年初も継続される事を期待しながらも、日経平均
のPERが17倍台まで回復しているために割安感はないことや、季節要因
を除けば 需給は改善されていないことに加え、テクニカル的にも引き
続き下ブレ警戒が必要な状況が続いていることから、脇を締めた戦略
(余力資金3〜5割+アルファ)
を優先して頂きたい状況に変化はあり
ません。

セクターとしては、クリスマス休暇明けから再度ドル売りが強まるとの
話も多いため、輸出関連にポジションが傾斜している方は 軽めにして
おいてください。

マーケットの膠着状態が年明けも続くと仮定した場合、勢いに乗ってい
る個別材料株を持ったまま年越しも悪手とは言い切れませんが、明日
は それらに整理売りが膨らむ可能性がある事から、今日中に一旦外
しておくのが賢明です。

その他
・‘年末’を利用してストレス玉を売却する。
・ 中長期派の方も、入りそうもない株価で良いので指値注文を
入れておく事で、マーケットと距離を空けすぎないようにする。
などを意識して頂きたいところ。

年末年始である事以前に、マーケットの波長の不安定さを重視
しながら 残り二日も基本に忠実に攻めていきましょう!

本日もよろしくお願いします。
↓          ↓   
  株・投資 ランキング
   
        
☆ 株式戦略サイト・S研究所 ☆

NYマーケット     反発

クリスマス休場明けのNY市場は、GM傘下の自動車・住宅ローン会社
GMACが銀行持ち株会社化により、金融安定化法(TARP)から最大
60億ドルの支援を受けるとの報道を好感し反発。原油価格の反発に
よるエネルギー関連株の上昇も下支えとなりました。

NYダウ     8,515ドル      +47   、ナスダック   1,530    +5
為替        90.68円/ドル 、127.51
円/ユーロ   
NY原油    37.71
   +2.36、CME225  8,815円


◆ 大引け  8,739円 +140

本日の日経平均は、寄り前に発表された11月鉱工業生産速報が
過去最大の下落幅(−8.1%)となったものの、織り込み済みとして
反応薄だった一方、年末を意識した公的年金と見られる買いから
保険や自動車など 直近の下落が目立つセクターに買い戻しが入
ることで 引けにかけてジリ高の展開。終値8,739円は 月初からの
高値更新となりました。

日経平均    8,739円  +140  、Topx       846     +10
東証2部    1,919     +13 、ジャスダック平均  1,078  +8
マザーズ指数  315    +0 、ヘラクレス指数    485    +9
為替    90.39円/ドル 

テクニカル(一目均衡表)からは、昨日の雲突入から 本日もさらに雲
の内部に駒を進めていていることや、遅行スパンが実線に続き転換線
をも上回ってきたことから強さを一歩増す形に。

商いの低調さや、お化粧買いも加味すれば、戦略としての‘下ブレ警戒’
は維持する必要がありますが、今月上旬からの8,500円前後での揉み
合い継続によって、潜在的な売り物がだいぶ消化されたとの見方も
あるようです。

今年の株式市場も残りあと2日。

膠着を続けるマーケットにやきもきされる方も多いと思いますが、
ボラが激しくなってくると なかなか中長期的な戦略を考察する
時間もなくなるために、このようなタイミングにこそ、年初や来年
を見据えた目標やイメージを固めたいところ。

今週もお疲れ様でした。

今週末の“来週の展望”はお休みさせて頂き、★本日の戦略は12/29
(月)の寄り前にアップさせて頂きます。会員様ページは12/28 12時
前後、メルマガは15時の予定です。

こちらもよろしくです!☆
  ↓          ↓
    ブログランキング

◆前場概況 反発 

前場の東京市場は買い優勢。
日経平均は小高く寄り付くとその後も堅調に推移し、一時は100円超
上昇する場面もみせました。
業種別では、保険、卸売、ガラス土石などが値上がり上位。
その一方で、石油石炭、鉄鋼、電気・ガスなどが軟調です。

3110 日東紡 146円 +19
通期見通しを減額修正。
5714 DOWA 209円 +9
1000万株、30億円を上限に自社株買い。
4912 ライオン 498円 -14
今12月期業績予想を下方修正。

★ 本日の戦略   個別株は規律を持って。。!

欧米市場はクリスマスのため休場です。

★ 年末に向けての戦略イメージ ★
『8,000円前後の下ブレに備えながら』


昨日の日本市場は、外資のクリスマス休暇に加え 225銘柄中7銘柄
が売買停止中とあっては、5年ぶりの低調な出来高も致し方ないものの
上値を追うにはパワー不足である事は明確。テクニカル的には引き続き
下ブレに警戒が必要な状況が続いていることから、8,000円前後まで
の一段安に備えるべく 3〜5割の余力資金確保が優先。

ザラ場お忙しい方は、来週水曜日からの5連休に備えて 持ち株を現値
でクロス(売りと買いを同時に入れる)して買い値を整えたり、ストレス化
してしまっている玉を軽くしたり、希望価格で指値を入れるなど マーケッ
トに付かず離れずの構えが有効。

ザラ場お時間のある方やリスク許容度の高い方は、個別材料株を
遊び感覚の範疇で売買するのも妙味がありそうです。その際は、
何を売買するかの前に ご自身なりの規律や売買ルールを固めて
から臨んでください。

例、・動きが悪ければ当日中に売却、良ければ来週に持ち越しも。
・損益額にこだわると売りそびれるので、上下率に着目して売買
する。(±7%で決済など。)・不動産、建設は買わない。・新興は
グリー(3632)に資金が集中しているために触らない。etc

テーマからは昨日は電池・農業が物色されています。
6674 GSユアサ、6937 古河電池、6508 明電舎に加え、
6890 Fテック、6255 エヌ・ピー・シーも注目。同義ながら 
4208 宇部興産、4118 カネカなど化学セクターにも物色の
裾野が広がっています。

低位仕手株では メルマガでお伝えしている8千番台銘柄に加え、
繊維セクターの動きに注目。

本日もよろしくお願いします。
↓          ↓   
  株・投資 ランキング
   
        
☆ 株式戦略サイト・S研究所 ☆

◆ 大引け  8,599円 +82

本日の日経平均は 国際優良株を中心に 昨日急落の反動から
底堅いスタート。引けにかけては 本日クリスマスで欧米市場が休
場となる影響から 薄商いの中 方向感に乏しい展開となりました。
売買代金(5833億円)は03年以来の低水準。

日経平均    8,599円  +82  、Topx       836     +9
東証2部    1,906     +3 、ジャスダック平均  1,069  +7
マザーズ指数  314    −4 、ヘラクレス指数    476    −2
為替    90.27円/ドル  、NYダウ先物  8,423ドル(15:30) 

日経平均は高値で引けているものの、ザラ場中の上下幅が68円と
極端にボラティリティが低い中では、大局観に変化はありません。
下ブレを前提とした場合、ここでであまり日柄をかけてしまうと、
8,500円前後が 反発時の戻りの節目となってしまうだけに、下値
を模索するなら早めの方が 反発時の伸びシロを高めてくれるだけ
に望ましいとも言えます。

個別の方では、値上がりランキングに ズラリと低位株が並んでいます。
アルバック(6728)、シチズン(7762)、大日本塗料(4611)、
岩崎電気(6924
)など 初日と思われる銘柄や、宇部興産(4208)、
トーヨーカネツ(6369)
など いかにもチャートを調節している銘柄は
明日も注目に値しそうです。

「年末年始」も噛み砕けば単なる5連休

‘年末’を ホールドすることにストレスを感じながらもなかなか
売れなかった持ち株を「新しい年に向けて思い切って売る!」きっ
かけとして利用するのは賢明ですが、「年末だから仕手株を売買
する!」に傾斜するのは得策ではありません。

連休明け(1/5)をイメージしながら、カレンダーよりもマーケット
の波長にご自身の売買をシンクロさせる事を重視しながら 
明日も頑張っていきましょう!

本日もお疲れ様でした。こちらもよろしくです!☆
  ↓          ↓
    ブログランキング

◆前場概況 反発 

米株高を受け前場の東京市場は買い優勢。
日経平均は小高く寄り付くとその後は8550円挟んでの小幅なもみあい
に終始しています。
業種別では、海運、卸売、保険などが値上がり上位。
その一方で、水産・農林、小売、その他製品などが軟調です。

6756 日立国際 424円 -44
連結最終損益予想を大幅下方修正。
6807 航空電子 368円 +25
300万株、12億円を上限に自社株買い。
5331 ノリタケ 305円 -23
最終損益見通しを下方修正。

★ 本日の戦略   下ブレに備えながら。。!

NY市場は小幅反発。朝方発表された経済指標は、週間新規失業保険
申請者件数が58.6万件と市場予想を上回り26年ぶりの高水準となる
一方、11月の耐久財受注は前月比−1.0%と市場予想を上回り強弱
マチマチ。翌日の休場を前に 積極的な売買も手控えられました。

NYダウ     8,468ドル      +48   、ナスダック   1,524  +3
為替        90.58円/ドル 、126.88
円/ユーロ   
NY原油    35.35
  −3.63、CME225  8,630円


★ 年末に向けての戦略イメージ ★

『一段安急落からの8,000円前後に備えながら』

本日の日本市場は、クリスマス休暇から外資勢の売買が極端に減る
中、極端な上下のブレは想定しにくいところですが、テクニカル面では
年末に向けて 8,000円前後への一段安を示唆する形なだけに、
引き続き「余力資金の確保(3〜5割+アルファ)」を優先。

年末に向けては一定の‘お化粧買い’も期待されることや、昨日は
一部低位仕手株の動きが活発だっただけに、東証主力の逆張り
や個別株の短期張りには面白い地合いが続いていますが、強引な
勝負は避けて頂くのが賢明です。

カレンダーよりもマーケットの波長にご自身の売買をシンクロ
させる事を重視しながら 本日も頑張っていきましょう!

本日もよろしくお願いします!☆
↓          ↓   
  株・投資 ランキング
   
        
☆ 株式戦略サイト・S研究所 ☆

◆ 大引け 8,517円   −206

本日の日経平均は、NY続落やトヨタの下方修正を受けて 寄りから
主力株を中心に売りが先行。クリスマス休暇で商いが閑散となる中 
先物に一部仕掛け的な売りが入った事や、受け渡しベースで年内最
終売買だったことから処分売りも見受けられ 一時8,476円まで下落。

ただし、積極的に下値を売り込む動きは限られ 売り一巡後は8,500
円前後での小動きに終始。

日経平均    8,517円  −206  、Topx       826     −21
東証2部    1,903     −11 、ジャスダック平均  1,062  −10
マザーズ指数  319    −9 、ヘラクレス指数    478    −7
為替    90.36円/ドル  、NYダウ先物  8,402ドル(15:19) 

年末に向けては一定の‘お化粧買い’も期待されることや、本日は
チタン工(4098)、東京特殊電線(5807)ラサ工(4022)など低位
仕手株の動きが活発だっただけに、東証主力の逆張りや個別株の
短期張りには面白い地合いが続いていますが、テクニカル面では 
均衡表の雲を意識して下値を切り下げ 弱含みの形を維持してい
るだけに 強引な勝負は避けたい状況です。
              (今晩のメルマガより)

雪の降らないクリスマスのように、本日は華のない相場つきでしたが、
明日からは 実質2009年度のマーケットが始まります!

‘初日’に向けて ご自身の目標や長短所を整理しながら、
一歩ずつでも着実に前に進んでいきましょう!

本日もお疲れ様でした。明日もよろしくです!☆
 ↓          ↓
    ブログランキング
※ 売買は自己判断でお願いします。

会員制サークル・S研究所
  banner2


一定期間ブログや無料メルマガをご覧いただいて、「これなら一緒にやっていけそうかも!」、「もっと深くSラボ戦略を体感したい!」とお感じになった方は、メンバー様全員参加型の有料掲示板(=会員サークル)へのご参加をご検討ください!

会員サークルでは積極的な自論展開もOK、閲覧のみのご利用もOK!

ご参加お待ちしてます!
◆ 当ブログについて
会員制情報サークルでの当方の注目銘柄を Sラボ銘柄と総称しています。 そして、その目的や売買戦略別に★ Sラボ・主力銘柄と☆Sラボ・スポット銘柄とに分類。ブログ上では銘柄色を紺色で統一してます。

それ以外は、ウォッチ銘柄、もしくは「気になる銘柄」として、上方向で考えている銘柄を グリーン、下向きのものを紫で表示。

当ブログでのコメントは 銘柄名のみでなく‘全体戦略’から落とし込むトップダウンのイメージで臨んで頂くのが効果的!

※ ブログやメルマガはあくまでサンプルとお考えください。また 内容については保証できるものではありませんので 、 売買はご自身の判断でお願いします。
記事検索
Sラボ関連ブログ

■ 勘助ブログ withGS■



Archives
携帯でブログを♪
QRコード
☆応援よろしくです!
今日も1クリック宜しくお願いします☆ 
 ↓ ↓ 


当ブログは2017年10月をもって12年目に突入!微力ながら皆様のお役に立てるように日々精進させて頂きます!!

S教授の本棚
Profile
  • ライブドアブログ