2009年04月

◆ 大引け  8,828円 +334

本日の日本市場は、米1−3月期GDPにて消費や在庫に底打ちの兆し
が見られたことや、FOMC声明文での景気見通しを好感し、NYダウが
160ドル強の急反発を示した事に加え、為替のドル高を受けて買いが
先行。

寄り付き早々に8,800円台を回復すると、その後も 連休を意識した整理
売りや投売りから値を崩したおとといの大幅安の反動や、5/8のSQ4日前
を意識した先物でのショートカバーが指数を支え、8,800円台前半で底堅
く推移。結局4/9以来の上げ幅300円超の急騰にて取引を終了。ほぼ全面
高ながら、自動車・金融株の強さが目立つ相場つきとなりました。

日経平均  8,828円   +334 、Topx       837   +25 
東証2部    1,896    +13 、ジャスダック平均   1,040 +4
マザーズ指数  344  +2   、ヘラクレス指数 490    -0


テクニカル面では5日・25日線とともに 前日の高値をも一気
に上抜けてきただけに 土俵際で踏みとどまった形。

◇ 前場概況  急反発! ★ 6902 デンソー etc

前場の日経平均は、NY高・円安を受けて現在上げ幅300円超の急
反発。GW入りを意識したおとといの整理売りによる急落の反動や、
SQ(5/8)を3営業日後に控え、先物でのショートカバーも追い風に。

現在の急騰が 上記のように短期的な需給中心での反発である事や、
寄り前にもお伝えした懸念材料から、戦略としては戻り売りが主体
なりますが、オバマ大統領のクライスラー存続期待発言により NY
ダウ先物が堅調に推移していることから 必要以上の売りすぎには
ご注意ください。

株価ではなく、背景を中心にGW前に売る銘柄、残す銘柄を分類した
後は、淡々と行動していきたいところです。

☆ ランダム・コメント ☆
6473 ジェイテクト 
 934円 +61
ザラ場937円はもちろん年初高更新!背景を踏まえれば「なぜこのタイ
ミングでやってしまうのか?」というのが本音ですので、買いは控えつつ
相方のNTN(6472)とともに中期での押し目を狙う姿勢を継続。
高岳ルートも踏まえると トピー工業(7231)、ティラド(7236)
先々の動向に注目。

6923 スタンレー電気  1,390円 +200
代表的な‘おとといの急落は何だったのか’銘柄。野村のレーティング
上げと、今期増益を好感し 現在ストップ高。LEDは将来的なテーマ化
の可能性が高い事や、例のグリーンチップ35銘柄の一つだけに 鉄火
場は避けながら GW以降の押し目狙いが有効。

★ 6902 デンソー 2,380円 +100
予定通り上値は追わずチャートも崩さずGWを迎えられそうです。
株数調整をこなしながら静かに熱く・・!

☆ 6728 アルバック、☆ 5310 東洋炭素、☆ 5566 中央電工
それぞれ昨晩の会員様ページ(一部先ほどのザラ場メール)の
イメージで丁寧に淡々と。

「今週月曜・木曜は戻り売りの日」   
午後もよろしくお願いします。
↓          ↓
株・投資 ランキング    
※売買は自己判断でお願いします。

☆ Sラボ・会員様へ ☆

おはようございます。
先ほど(9:45ごろ)ある銘柄に関してザラ場メールをお送りさせて
いただいています。ご確認のうえご参考にしてください。
※ 会員様ページにはアップ済みです。

★ 本日の戦略   余力確保!

NY市場は、寄り前に発表された1−3月期GDP(速報値)が市場予想
(前期比年率−4.9%)を大きく下回る−6.1%となったものの、消費や
在庫が底打ちの兆候を示した事で 寄りから買い先行の展開。

昼過ぎのFOMC声明にて景気悪化ペースの鈍化に言及した事から、
一時8,257ドル(+240)まで上昇し、3/6の年初来安値からの戻り
高値を更新。

NYダウ  8,185ドル    +168  、ナスダック   1,711   +38   
為替       97.53
円/ドル、129.44円/ユーロ   
NY原油         50.97 +1.05   CME225(円建て) 8,770円   

VIX指数    36.08      -1.87 

為替はNY株高を受けてドルが反発。FOMCで予想されていた追加
金融緩和策が示されなかったことから、米10年債が3.11%まで上昇
したこともドル買い要因に。
-----------------------------------------------------
本日の日経平均は、NY急反発・ドル高に加え 前日の一部投売り
の反動から買い先行のスタートへ。

引けにかけては、週末からの5連休に向けた整理売りや、WHOが
豚インフルエンザの警戒水準をフェーズ4から5(最大6)まで引き
上げるとの報道を受けた貿易活動の収縮懸念、本日のクライスラー
の再建計画策定期限に絡めた混乱への警戒を前に、戻り売り優勢
の展開が予想されます。連休明けの5/8のSQを前に先物しだいでは
波乱の余地も。

★ 本日の戦略   余力確保!
大局的には 来週末の米雇用統計に向け 株価は弱気優勢となりやす
い事、連休前のリスク回避傾向の強まりによる需給悪化、テクニカル
面で懸念していた‘25日線を下抜く大陰線’が一本入ったことでトレンド
陰転から 8,000円前半までの下値模索も警戒する必要がある事など
から、ディフェンス主体での戦略を継続。

週初からの「売るなら月曜か木曜」から、今日の前場の反発を生かし
余力向上が最優先。明日の引け時点での余力は 予定より若干多め
5〜6割を確保したいところ。

連休の狭間を狙った仕手株の活況も予想されますが、一昨日の横並び
の急落により、短期筋の脳裏には「戻りを売りたい」思考が蔓延していま
すので、強引な勝負は避けたいところ。仮に その手の銘柄を攻めるので
あれば、銘柄リスクに時間リスクも加えた「GW持ち越し」を前提に、
明日までの投売りを拾うのが妙手となりそうです。


マーケットは期待と懸念の波を交互に繰り返していきます。
現在の‘懸念の波’に逆らわずして屈せず、先の‘期待’を
視野に 今週ラスト2日を走り抜けて行きましょう!!

本日も宜しくお願いします。
 ↓          
 

          ☆ 株式戦略サイト・S研究所 ☆

☆ 今週の主な決算発表 4/30、5/1  8001 伊藤忠etc

先週前半までの「下方修正を起点とした反発」も散見された地合い
から、直近は 下方修正は素直に弱材料視され、上方修正や市場
予想を上回る決算の場合も、瞬間的に上昇することはあっても、最終
的には今の弱い相場環境に軟調に推移する銘柄が増えてきています。

しかし、目先の経済環境を重視した横並びの軟調さも、決算が大方
出揃う5月中旬からは 個別単位で見直されやすいだけに、「決算発
表後に下がった銘柄=見込みがない」との判断は早計。好決算銘柄
はピックアップしておくことで、先の‘業績相場’に生かす構えで!

4/30 (木)

1942 関電工、2175 SMS、2458 フルキャストテクノロジー
2768 双日、2914 JT、3620 デジタルハーツ、
4554 富士製薬、4566 LTT、4751 サイバーA
4901 富士フィルム、4951 エステー 、5001 新日石
5016 新日鉱 、5444 大和工業、5471 大同特殊鋼、
5479 日金工、5486 日立金属、5713 住友鉱山
5809 タツタ電線、 5938 住生活G、5984 カネボウ
6103 オークマ、 6104 東芝機械、6702 富士通
6724 セイコーエプソン、6988 日東電工、7741 HOYA、
8001 伊藤忠、8053 住友商事、8628 松井証券、
8801 三井不動産、8802 三菱地所、9110 新和海運、
9132 第一中央汽船、9202 全日空、9204 スカイマーク、
9501 東京電力、9984 ソフトバンク etc

5/1(金)
2053 中部飼料、2142 USJ、2432 DeNA
3231 野村不動産、4282 EPS、6770 アルプス電気
9983 住金物産 etc 

※ 詳細は取引所発行のものでご確認ください。
チャートのリンクは無作為です。

NYマーケット 小幅続落・ ☆ Sラボからのお知らせ

NY市場は、豚インフルエンザの拡大懸念や 24日に各行に通知された
ストレステストの結果を受けて バンカメ・シティなどに資本状況の不安
が広まった事から 軟調なスタート。
一方で、2月のS&P・ケースシラー住宅価格指数で 主要20都市の前年
比での落ち込みが市場予想を上回った事や、4月のCB消費者信頼感指
数(39.2)が市場予想(29.8)を大きく上回ったことが下支えとなり、引けに
かけては8,000ドルを小幅に上回る水準での推移に終始し、結局小幅
続落にて取引を終了。

NYダウ    8,016ドル     −8  、ナスダック   1,673   −5   
為替         96.42
円/ドル、126.74円/ユーロ   
NY原油        49.81   −0.33  CME225 8,650円   

VIX指数    37.95       -0.37 
  
売り材料視されている‘米銀の公的資本注入’懸念に関しては、抜本
的な景気回復に必要な「住宅価格の下げ止まり、雇用情勢の改善、
金融機関の資本増強」
の一つに相当するために、大局的には、買
い材料の側面も。

政府サイドの経営関与を嫌う銀行サイドに資本注入を如何に納得
させるかが、ストレステストの目的の一つだけに マーケットの
反応(枝葉)よりも本質(幹)を見ながら。

また、ケースシラー指数に関しては 下支え要因としてお話して
いますが、あくまで「16ヶ月ぶりに過去最大の落ち込みを示さな
かった」という緩い判断基準においてサポート要因になったまで。
前月比では−2.2%。その道のプロの「住宅市場底入れの可能性」
への言及は素直に信じたいところですが、投資行動の強気度を
増すには至らず。

仮に上記2項が改善のレールに乗っていると仮定した場合も、最後
の雇用情勢については、今後も悪化が不可避でしょう。

---------------------------------------
為替はNY株式市場の重苦しさや、(今のところ)豚インフルエ
ンザの感染地域ではないことから 円が引き続き強含みの展開。

今晩のNY市場は、米1−3月期GDPやFOMC声明文が最大
のポイント。週末のISM製造業景気指数や 週明けのISM
非製造業景気指数、来週末の雇用統計と重要景気指数が続くだ
けに、ここでネガティブな内容が出た場合 調整色が強まる事
には要注意。

本日の会員様ページ(12時)、メルマガ(15時)で イメージを
固め、明日の寄り前の‘本日の戦略’で微調整しながら、今週
ラスト2日を走り抜けていきましょう!

お休みの日もよろしくです!☆
 ↓          
 

☆ 株式戦略サイト・S研究所 ☆


◆ お知らせ ◆
GW明けから「掲示板」方式への移行


以下の2点からGW明けをメドに、会員様ページでのサービス
現在の当方からの一方向的なコメントを中心とする「閲覧」方式
から、全員参加型の「掲示板」形式への変更移行を予定しています。

 ヽГ気鵑ら頂くご意見・ご指摘の中に 斬新な切り口のもの
も増えてきており、当方の独断で取捨するよりも 会員様内で
共有しながら各自でご判断頂いた方が良いと考える事。

◆仝什澆諒式では 投資顧問法に触れる面もあることから、時々
皆様からご心配のお声を頂いているだけに、法律に即した形式で
運営していく事でその心配を払拭していただく事。

大まかには、メンバー様に参加費(従来の会費体系を継続)を
お手続き頂き、当方もメンバーの一人として参加させていただく
流れです。

投稿に関しては、規律を守るべく極めて一般常識的なルールは
設けさせていただくことや、管理上 常にリアルタイムでの更新
とは行かないことはご了承ください。

当方のコメントのペースや方針は変えません。むしろ 今までの
会員様ページには乗せられないレベルのお話も、一意見として
コメントしやすくなるだけに期待する部分も多いのが本音です。

詳細は追々お伝えさせていただきます。

今後ともよろしくお願いします。

◆ 大引け 8,493円 −232

本日の日経平均は、豚インフルエンザが経済に及ぼす影響の拡大
懸念や 明日の祝日を前にしたリスク回避の売りが先行し 急反落。

米バンカメ、シティがストレステストの結果、増資の必要性を政府から
通知されるとの報道を受け NYダウ先物が軟調に推移したことや、
それにより 96円前後までドル安円高が進んだことなどから、引けに
かけて下値を模索する展開。節目の8,500円を割り込み、「25日線を
跨ぐ大陰線」が示現。

日経平均  8,493円   −232 、Topx       811     −21
東証2部    1,882     −15、ジャスダック平均   1,036  -2
マザーズ指数  342    -10
、ヘラクレス指数 487    -11
為替     95.94円/ドル 、124.81円/ユーロ
NYダウ先物  7.901ドル

企業決算は、市場予想を上回った銘柄も少なくなく、業界再編や
M&Aなどプラス効果も期待される材料も複数ありましたが、
機関投資家の「内容云々よりも決算をきっかけに とにかく売却
したい」姿勢や、新興を中心に個人の逃げ足の速さが目立つ一日
に。要は「売りたいから売る」展開。

本日の8,500円割れは想定内とは言いにくいことや、即時反発が
期待できる先物での短期筋の仕掛けとは種類が異なる下落です
ので、油断は禁物ですが、お伝えしている「下値を模索する展開
へのケアに重点」
を置いて臨めている方には、ここまでは むしろ
望ましい下落とも。

週末までのラスト2日も丁寧に処しながら、視線はGW中・GW後
に向けて・・!

本日もお疲れ様でした。

□ グリーンチップ35指数構成銘柄  7267 ホンダ etc

FTSE日本グリーンチップ35指数構成銘柄

1970  日立プラント 、  3402  東レ 、  3407  旭化成  
4004  昭和電工 、  4091  太陽日酸 、  4188  三菱ケミカル  
5012  東燃ゼネラル  、 5019  出光興産 、   5233  太平洋セメント   
5333  日本ガイシ  、  5631  日本製鋼所 、  5714  DOWA 
5801  古河電工  、 5802  住友電工 、  6361  荏原製作所  
6370  栗田工業 、  6501  日立  、 6502  東芝  
6503  三菱電機
  、 6645  オムロン  、 6741  日本信号  
6752  パナソニック  、  6753  シャープ  6758  ソニー  
6923  スタンレー電気 、  6971  京セラ 、  6988  日東電工  
6991  パナソニック電工  、 7011  三菱重工 、  7012  川崎重工 
7203  トヨタ  、 7211  三菱自動車   、7267  ホンダ  
7912  大日本印刷 、  9513  J-POWER 

構成比率上位5銘柄6~10位

◇ 決算速報  ★ 6902 デンソー

★ 6902 デンソー  2,345円  +35
昼に発表された09年3月期10年3月期は、営業利益が市場予想(1020
億円の赤字)を上回る400億円の赤字見通しとなった他、当期損失も
840億円から190億円まで縮小するなど、概ね好意的な内容に。これを
受けて後場寄りは やや買いが先行する流れ。

対峙すべきもののスケールは大きいだけに、今後も大局観を持って
まっすぐに・・!

☆ 5566 中央電工  619円 −3
こちらも本日決算発表予定。類似業種の決算も厳しいことや、全体戦略
からも強引な勝負は避けるべきですが、4/22高値から100円の下落
により調整幅としては良いところまで来ています。

4/28(火)の決算発表予定銘柄
1983 東芝プラント、2051 農産工、3116 トヨタ紡織、
3332 JFE商事、3893 日本製紙G、4063 信越化学
4118 カネカ、4689 ヤフー、5019 出光5401 新日鉄
5405 住金、5407 日新製鋼、5476 高周波、☆5566 中央電工
5812 日立電線、6201 豊田自動織機、6252 TAIYO、
6255 住友精密、6621 高岳製作、6755 富士通ゼネラル、
★ 6902 デンソー、 6923 スタンレー電気、6954 ファナック、
6955 FDK、7011 三菱重工、7012 川崎重工、
7259 アイシン精機7267 ホンダ、8601 大和証券、
9064 ヤマトHD、9437 NTTドコモ、9531 東京瓦斯 etc

※ 詳細は取引所発行のものでご確認ください。
チャートのリンクは無作為です。

◇ 前場概況  続伸  3843 フリービット etc

前場の日経平均は NY安・円高を受けた軟調なスタート後は、25日線
を意識した先物での買戻しや、豚インフルエンザ関連として薬品株など
が買われしっかりとした展開。

その他の主力株は決算への思惑からマチマチの反応。自動車株には
内外年金資金と見られる買いが入り底堅く推移。銀行株も買いが優勢。
一方 決算悪を嫌気された海運株や、鉄鋼・商社株も軟調。

午後も明日の祝日を前に実需筋の手が萎縮する中、上値は重い展開
となりそうです。

☆ ランダム・コメント ☆
1347 グリーンチップ35 
 3,130円
新規上場。寄り付き3,140円からの動きはほとんどありませんが、
指数採用銘柄には幅広く買いが入っているようです。(35銘柄は
後ほど)

3843 フリービット  542,000円 −24000
今朝方もお伝えしましたが、豚インフルエンザ関連に短期資金の
矛先が向かう中、新興主力の連休前の一段高シナリオには
陰りが見えています。ミクシィ(2121)、サイバーA(4751)など
直近仕掛けが先行した銘柄は無理は禁物。

6924 岩崎電気  187円 −9
昨日の仕掛け後の‘放置’はカレンダーを踏まえれば解せない
局面。続きはあるはずですが 節目の180円割れには慎重に。

★ 6902 デンソー  2,350円 +40
上記年金資金の動向からも 自動車セクターは堅調な推移。為替が
不安定なだけに、本日の決算前に戻りを一旦売るのも妙手ですが、
GW後も踏まえれば、‘本丸’は極力動かさずに 一定数まで絞った
後は押し目待ちが基本スタンス。

午後もよろしくお願いします!
    ↓          ↓
株・投資 ランキング    
※売買は自己判断でお願いします。

★ 本日の戦略  肩の力を抜いて。。!グリーンチップ35(1347)etc

NY市場は、GMが440億ドルの負債圧縮要求を核とした追加再建策
を発表した事を好感し 一時8,122ドルまで上昇したものの、豚インフ
ルエンザの感染拡大を警戒し、引けにかけては反落。

NYダウ    8,025ドル     −51  、ナスダック   1,679   −14   
為替         96.71
円/ドル、125.91円/ユーロ   
NY原油        50.14   −1.41  CME225 8,790円   

VIX指数    38.32      +1.50 
  
豚インフルエンザに関しては、メキシコで約150人の方が亡くなっており、
WHOが公表した‘フェーズ4’は、現実的な世界的流行の警戒レベルと
してはかなり高いものだけに、マーケットの警戒視も当然。

ただし、マーケットでの考え方としては、上値の重い相場環境において
調整の必要を関している投資家が多い中で、マーケット独自の不安材
料ではない材料から「一旦売却もやむをえない」ムードに至る事は、
決して悪いことではありません。「やっぱり経済の建て直しは難しい」
との思惑で売られるよりは 先の反発時の勢いが変わってくるでしょう。

昨晩の会員様ページでお伝えした、「関連銘柄が週末まで高い場面は
空売りも」に関しては、フェーズ4を重視して一旦は様子見までにして
おいてください。逆に関連銘柄を買いから攻めることの期待値は低く
ありませんが、「感染の拡大を利益としその終息を損失」とするような
スタンスは好きではありませんので、当方では投資対象としては考えて
いません。(先々の空売れるタイミングを除き)

話を元に戻すと、週初からの「一段安への警戒」を軸とした戦略は
継続
も、今回想定外のマイナス要因が加わる事で 先の反発時に
は大きく狙える環境となると考えます。

←今週の展望・戦略はこちらでご確認ください。

★ 本日の戦略  肩の力を抜いて。。!
本日の日経平均は、主力株は様子見からやや売り優勢の展開へ。
上記インフルエンザ
関連など局所的に資金を集める銘柄が増え
そうですが、突発的なテーマの発生により 昨日まで活況だった
新興主力の中には‘目先高シナリオ’を修正せざるをえないと考
えているグループもあるようですので それらの深入りは要注意。


他方、本日から上場される環境関連事業を手掛ける銘柄を対象と
したETF グリーンチップ35(1347)が注目されています。中長期
視点で買うのはまだ先
ですが、ワンチャンス狙いなら一考。

いずれにしても、「一日で回転したい」、「週末までに10%以上の利益
を出したい」など、希望を強引に相場に当てはめようとしても上手く
いくとは限りません。大切なのは相場の波長に合わせること。

不透明な世界経済、新たなるウィルスの脅威など 難しい市場環境
の中で、更に難しい売買を自らに課すくらいなら、GWを利用して
‘今回の下落後’に焦点を当てて行動したいところです。

本日も宜しくお願いします。
 ↓          
 

          ☆ 株式戦略サイト・S研究所 ☆

◆ 大引け 8,726円 +18 小幅反発

本日の日経平均は、先週末のNY高を好感し 金融株を中心に買い
が先行。一時8,840円まで上昇する場面もありましたが、米地銀
が新たに4行破綻したことで NYダウ先物・ドル円がジリ安となると 
午後は8,700円前後での小動きに終始し、結局小幅反発で取引を
終了。

日経平均  8,726円   +18 、Topx       833      +3
東証2部    1,898    +11、ジャスダック平均   1,039   +4
マザーズ指数  352    +9、ヘラクレス指数    501     +3
為替     96.65円/ドル 、127.21円/ユーロ
NYダウ先物  7.935ドル

セクター別では、再編期待から金融株が堅調。豚インフルエンザ
関連として 中外製薬や栄研化学(4549)など薬品株も買いが
先行、ダイワボウ(3107)はストップ高買い気配。一方 日本郵船
(9101)、商船三井(9104)
など大手の決算が市場予想を大きく
下回ったことから海運株が軟調、ハイテクの一角とともに指数を押
し下げました。

小型株は、電池関連は総じてやや軟調に推移したものの、新興主力
は乱高下しながらも底堅さを演出。(ただし、短期筋の視点が新興に
移ろうとしているタイミングでの、‘豚インフルエンザ’により、目先高
シナリオを修・・・・。)
              (本日のメルマガより)

テクニカル面では、上値を切り下げながら 一時1ヵ月半ぶりに25
日線を下回ったことで、短期的な下値不安を残す形。現況はテクニ
カルよりも ファンダメンタルズと需給が主導権を握っているために、
“25日線”に過敏になる必要はありませんが、「大陰線が一本入ると
トレンド陰転から 8,000円前半までの下値模索も視野に入る脆さ
も共有する形」
だけに要注意。
   
-------------------------------------------------
今晩のNY市場は、今週の中で唯一重要イベントがない一日ですので、
8,000ドルを軸とした小波乱までと予想されますが、週末からの5連休
を前に 明日の日本市場もザラ場中のボラが高くなりそうですので、
戦略とイメージを固めながら、堂々と売買していきたいところです。

勘助氏が言及している「5月(5/7、8)第二週を捨てる」は極端ですが、
上値期待を上回る下ブレリスクが残る現況で「GWを持ち越すかどうか
は 週末の株価しだい」になってしまうくらいなら、 今のうちから‘5/1ま
での余力目安’を定めておくのが良いでしょう。

明日も宜しくお願いします。

□ 極力一貫性を保ちながら・・!

後場に入って日経平均は反落中。米地銀4行と1信用組合の破綻に
を受けてNYダウ先物が一段安となっていることをきっかけにリスク回
避の売りが膨らんでいます。特に新興市場ではその流れが顕著に。

今年に入って29行目の米銀の破綻は少なからぬインパクトがありますが、
足元の急落は 短期筋の投げが中心だけに 下げの種類としては軽い
部類でしょう。不安心理の拡大には注意しながらも、前場中にある程度
処理が進んでいる方は 慌てて投げ売らないようにご注意ください。

引けにかけて8,600円前後まで突っ込むようなら 打診買いも妙手ですが、
今週の基本は「買いは火曜か金曜の安値狙い」だけに、いずれにしても
冷静に臨んでいきましょう。

ワンクリックで気持ちを落ち着かせてからの売買を!!
  ↓          
 

◇ 前場概況 8776円 +68 6924 岩崎電気 etc 

前場の日経平均は、先週末の整理売りの反動や NY高を受けて
反発。一時は8,840円(+132)まで上昇する場面もありましたが、
為替が96円台まで円高が進んでいることや、引き続き様子見ムード
が広がっている事で 前引けにかけては上げ幅を縮小。

豚インフルエンザ関連として中外製薬(4519)など薬品株や 現在
買い気配のダイワボウ(3107)などが買われているほか、銀行株も
新生(8303)とあおぞら(8304)の経営統合を材料視し堅調に推移。

新興市場はマザーズを中心に ミクシィ(2121)、ブイテク(7717)、
ngi(2497)、フルスピード(2159)
など IT関連が引き続き短期筋の
資金を集めています。

電池関連はマチマチながら、上方修正を好感された古河電池(6937)、
電力買い取り制度の導入期待から 日本風力開発(2766)が上昇。

☆ ランダム・コメント ☆
6924 岩崎電気  193円 +14
高岳(6621)の手も介在しているようです。

4825 ウェザーニュース 1,344円 +55
1週間で10%強の上昇となっています。持ち味の‘しつこさ’を
生かすイメージで売買したいところ。

6473 ジェイテクト  906円 +67
仕掛けが勝っている場面は利食い先行で。同系のNTN(6472)
カヤバ工業(7242)も 弱く見える場面をこそ・・!

☆ 5566 中央電工  640円 −27
しかるべき調整局面は、GW後も見据えて丁寧に・・!

午後も、為替とNYダウ先物をにらみながら 膠着感の強い展開が
予想されます。「持ち株を売るなら今日か4/30」(今週の戦略より)

午後もよろしくお願いします!
    ↓          ↓
株・投資 ランキング    
※売買は自己判断でお願いします。

◇ 主な企業決算 4/27、4/28

4/27(月)
1868 三井ホーム、1924 パナホーム、2801 キッコーマン、
2811 カゴメ、3778 さくらインターネット、4185 JSR、
4204 積水化学、5214 日本電気硝子、6301 コマツ
6305 日立建機、6345 アイチコーポ、6753 シャープ、
6798 SMK、6857 アドバンテスト6971 京セラ、6991 パナ電工、
7102 日本車両、7205 日野自動車、7211 三菱自動車
7262 ダイハツ、8473 SBI、9020 JR東日本、9101 日本郵船、
9104 商船三井、9107 川崎汽船 etc

4/28(火)
1983 東芝プラント、2051 農産工、3116 トヨタ紡織、
3332 JFE商事、3893 日本製紙G、4063 信越化学
4118 カネカ、4689 ヤフー、5019 出光5401 新日鉄
5405 住金、5407 日新製鋼、5476 高周波、☆5566 中央電工
5812 日立電線、6201 豊田自動織機、6252 TAIYO、
6255 住友精密、6621 高岳製作、6755 富士通ゼネラル、
★ 6902 デンソー、 6923 スタンレー電気、6954 ファナック、
6955 FDK、7011 三菱重工、7012 川崎重工、
7259 アイシン精機7267 ホンダ、8601 大和証券、
9064 ヤマトHD、9437 NTTドコモ、9531 東京瓦斯etc

※ 詳細は取引所発行のものでご確認ください。
チャートのリンクは無作為です。
会員制サークル・S研究所
  banner2


一定期間ブログや無料メルマガをご覧いただいて、「これなら一緒にやっていけそうかも!」、「もっと深くSラボ戦略を体感したい!」とお感じになった方は、メンバー様全員参加型の有料掲示板(=会員サークル)へのご参加をご検討ください!

会員サークルでは積極的な自論展開もOK、閲覧のみのご利用もOK!

ご参加お待ちしてます!
◆ 当ブログについて
会員制情報サークルでの当方の注目銘柄を Sラボ銘柄と総称しています。 そして、その目的や売買戦略別に★ Sラボ・主力銘柄と☆Sラボ・スポット銘柄とに分類。ブログ上では銘柄色を紺色で統一してます。

それ以外は、ウォッチ銘柄、もしくは「気になる銘柄」として、上方向で考えている銘柄を グリーン、下向きのものを紫で表示。

当ブログでのコメントは 銘柄名のみでなく‘全体戦略’から落とし込むトップダウンのイメージで臨んで頂くのが効果的!

※ ブログやメルマガはあくまでサンプルとお考えください。また 内容については保証できるものではありませんので 、 売買はご自身の判断でお願いします。
記事検索
Sラボ関連ブログ

■ 勘助ブログ withGS■



Archives
携帯でブログを♪
QRコード
☆応援よろしくです!
今日も1クリック宜しくお願いします☆ 
 ↓ ↓ 


当ブログは2017年10月をもって12年目に突入!微力ながら皆様のお役に立てるように日々精進させて頂きます!!

S教授の本棚
Profile
  • ライブドアブログ