2012年11月

日経平均(大引け) 9,446円 +45、月末の特殊需給もプラス寄与

本日の日経平均は、狭いレンジながら起伏にとんだ流れ。朝方はNY高を好感して買い先行でスタートしたものの、先物での恣意的な売りに利益確定売りが重なって9,380円(−20)まで下落。しかし、10時半過ぎにユーロ買い円売りが進行すると再び騰勢を強め、9492円(+92)まで反発。引けにかけては9,400円台後半での持ち合いに終始し、結局続伸にて取引を終了。

日経平均 9,446円 +45、Topix  781 +2、 
225先物  9,460円 、NYダウ先物 13,003ドル 
為替 82.35円/ドル、107.06円/ユーロ、1.3001ユーロ/ドル
 
主力セクターは、6501 日立の他、7731 ニコン、4062 イビデン、6146 ディスコなど値がさハイテク株が買われて指数を下支えした一方、通信セクターが軟調に推移。 

□ 後記 : 昼にお伝えしたように本日のユーロ買い、円売り基調は月末の特殊需給の一貫であり、ちょっとしたきっかけで巻き戻されるタイプのものでしょう。よって、週明けはその反動による株式市場の調整にケアしたいところ。

もっとも、為替・NY株式市場が示すのは「調整をこなしながらの上値追い基調」ですので、来週も退路を確認したら 戦略の中で堂々と攻めていきましょう!

来週の展望はこちらで日曜で日曜午前中までに、無料メルマガ(ご登録はこちらは同15時配信の予定です。

今月もお疲れ様でした。

よい週末をお過ごしください。

お帰り前に1ポチよろしくです!☆
      
             無題

□ 午後の戦略 : 優先順位を整理しながら堂々と!

前場の日経平均は、NY高を好感して小幅続伸で寄り付くと、先物にまとまった売りが入ったことで一時9,380円(−20)まで軟化。その後、9,400円台前半で持ち合うと 10:40ごろからユーロ高・円安が進行したのに伴い先物主導で上げ幅を広げる展開に。

主力株は外需系を中心に概ね堅調。三菱重工(7011)と火力発電事業の統合を発表した日立(6501)や、ニコン(7731)、イビデン(4062)など値がさハイテク株が日経高に寄与。

中小型株は、6323 ローツェ、7105 ニチユ、4100 戸田工業が急騰。昨日の新日本理化、明和産業に続いて3606 レナウン、5912 日本橋梁、1972 三晃金属など仕手株の一角も活況。

□ 午後の展望 : 先物しだいでは波乱も
月末・週末・直近の過熱感を意識したポジション調整売りと、売り方の買い戻し需要を背景にやや売り優位の膠着感の強い展開が本線。

昨日14時からの買い上げや、本日寄り付き直後の下ブレのように‘先物での外資勢しだいでは乱高下’する場面も念頭に。

□ 午後の戦略 : 優先順位を整理しながら堂々と!
前場のユーロ高に関しては、“ビッグマネーのプラスのリスク志向=上昇トレンドの発展”を背景としたというよりは、月末の特殊需給を背景とした一過性のものと見ています。

よって、来週初めの反動安も念頭に、寄り前にお伝えした戦略は変えずに臨んでいってください。→ 「余力3割確保による平時の週末シフト」をメインに、9,500円前後では+アルファの現金化、攻撃可能枠については 極端に絞った買い条件に抵触した場合には堂々と攻めるスタンスを継続。

【気になるニュース・銘柄】
4819 デジタルガレージ
14万円台半ばからの再戦。節目周りは利食いをこなしながら志は高く・・・!

★ 4321 ケネディクス
メガトレンド銘柄。25日線の切り上がりを待ちながら・・・!

★ 6770 アルプス電気
寄り前に発表された鉱工業生産は、スマホ向け電子部品デバイスの伸びを示す格好。全体の賞味期限を踏まえれば乗り換え重視策はリスクーなだけに、安く買えている銘柄は丁寧に追いかけたいですね。

会員サークルでお伝えしている550円どころの一部回転 → 500円前後の買い直しの後も戦略の中で・・・!旧Sラボからは6440 第一精工、4062 イビデンも好形。

☆ 新Sラボスポット銘柄
短期・中期のテーマを掛け合わせたハイブリッド銘柄!昨日の○○来高値更新後の押しも丁寧に!!

Sラボ12月スタートコース募集開始!
 ※ 地合い柄 積極的な投資家さんが増えている関係で ID発行作業が遅れており申し訳ありません。今日中にお手続きいただいた方には、期間を前倒しして本日夕方までにIDをお送りさせていただきます。
  
                 
>> Sラボ参加概要  

午後もよろしくお願いします。

よかったら1ポチよろしくです!☆

   ↓   
air_rank                      無題

☆ 本日の戦略 : 軽めのポジション調整で12月相場へ!

NY市場は、朝方発表された米7−9月期GDPの上方修正(前年比年率+2.0%→+2.7%)や週間新規失業保険申請者件数の2週連続減少を好感し、買い優勢のスタートから一時13,062ドル(+77)まで上昇。その後、ベイナー下院議長が「財政の崖問題で実質的な進展はない」と発言し13,000ドルわれまで売られる場面もあったものの、引けにかけては徐々に値を戻し小幅続伸で取引を終了。

NYダウ 13,021ドル +36、 ナスダック 3,012 +20
82.08円/ドル、106.49円/ユーロ、1.2975ユーロ/ドル
米10年債 1.616% −0.017、CME225 9,460円
NY原油 88.07 +1.58、金 1729.5 +10.7 

□ 本日の展望 : 強持ち合い継続
CME225にサヤ寄せした買い優勢のスタート後は、月末・週末・直近の過熱感を意識したポジション調整が重石となるものの、累積した空売りの買い戻し需要が下支えとなる9,300円台半ばから9,500円トライを視野に入れた底堅い展開が本線。

☆ 本日の戦略 : 軽めのポジション調整で12月相場へ!
現在の上昇相場の“賞味期限”については、国内衆議院選挙やSQを挟んだ12月12〜18日のエリアを本命視する考えに変わりはありません。

具体的な強気度ダウンについては「日経平均・ユーロ円の大陰線」を確認してからが現実的ですので、今は押し目買いを継続するとともに、売りすぎ=資金枠の空けすぎにより上記日柄で買わされない事も意識して行きたいところ。

別確度から見た場合、直近先物でこそ9,210円まで押しを入れたことで綺麗な‘調整完了型のチャート’となっていますが、日中相場では押し目らしい押しがなかったことで個別売りを主体としている投資層にとっては「息が抜けない苦しい展開」が続いているため、踏み上げ素地が継続している事も、強気スタンスを継続していただきたい一因です。

よって、本日も目先の米政治環境の悪化や月初の特殊需給による9,200円前後までの調整を念頭に置いた“3割前後の余力確保”を優先しつつ、大局買い目線を念頭に 条件を絞った押し目買いスタンスで臨んでいってください。

ターゲットは、内需系準主力、中小型株を中心に。主力、外需関連については「小反発→利確優位ムードの継続」警戒し、極端に銘柄数を絞り込んで買い下がるか、ヘッジ売りを検討するのが賢明でしょう。

【気になるニュース・銘柄】
8058 三菱商事
チリで火力発電事業に参画するとの報道。総事業費は1100億円
 
9132 第一中央汽船
商船三井(9104)が150億円の優先株を取得する事で支援を強化するとの報道。

4666 パーク24
12年10月期の営業益は、従来予想の165億円を上回る180億円弱程度になった見通しとの報道。

本日もよろしくお願いします。

1ポチも宜しくです!☆
      
                   無題

日経平均(大引け) 9,400円 +92、売り方締め上げの側面も

本日の日経平均は反発。米財政の崖を巡る議会運営に楽観的な見通しが広まったNY市場の流れを汲みんで寄りから買い先行で始まると、午後に入ってもアジア株高や円安基調を背景に先物にまとまった買いが入り指数を底上げ、9,400円台で取引を終了。

日経平均 9,400円 +92、Topix  779 +8、 
225先物  9,400円 、NYダウ先物 12,998ドル 
為替 82.15円/ドル、106.30円/ユーロ、1.2945ユーロ/ドル
 
東証主力セクターは外需系を中心に概ね堅調。中小型株では5408 中山製鋼所、4100 戸田工業、3318 メガネスーパーなどが大幅高となった他、1813 不動テトラ、1926 ライト工など復興関連の一部、4406 新日本理化、8103 明和産業、8029 ルックなど古典的仕手株の一角に買いが集中し、市場マインドの良化を示唆。

■ テクニカル : 日柄調整期待
過熱感をまとった‘上げ一服後の要調整型’に変わりはないものの、5日線回復により「値幅調整を否定しながら日柄調整へ向かう」流れを期待させる格好。

■ 後記 : このように日経平均のテクニカルは未だ下値不安を残したままですが、外資勢の主戦場である日経先物は昨日9201円 ≒ 10日線までの下落・切り返しにより“調整一巡感”を醸し出しています。

本日午後の先物での仕掛け買いも踏まえれば、「個別株の買戻しや押し目買いの機会を与えずに・・・・・・・・」シナリオが進行している可能性も感じます。

       (今晩のメルマガより ご登録はこちら

【気になるニュース・銘柄
6501 日立、7011 三菱重工
火力発電事業を統合へ。

4615 神東塗料、1919 エスバイエル、8115ムーンバット(81●●)
低位株での即転狙いに。一昨日のメルマガより。それぞれ好ムード継続。

★ 4321 ケネディクス
値固め継続中。

本日もお疲れ様でした。


お帰り前に1ポチよろしくです!☆
      
             無題

□ 午後の戦略 : 上を向いたまま脇は締めて!

前場の日経平均は、NY高を好感して反発スタートとなると、米要人の「財政の崖問題を巡る混乱回避」に楽観的な発言や、自民党安倍総裁のインフレ誘導への強い意思を受けた円相場の軟化も好感され、一時9,392円(+83)まで上昇。買い一巡後も9,300円台後半で底堅く推移。

東証主力株は、 昨日の利確賛成ムードの反動もあって概ね堅調。中小型株は3318 メガネスーパーが暴騰している他、6937 古河電池、2323 fonfun、5234 デイシイに買いが先行。

□ 午後の展望 : 強持ち合い
ユーロ円、日経先物がともに10日線ワンタッチから反騰色を強めているため底堅い展開が本線。もっとも、期待先行の日米政治事情を踏まえれば9,400円どころでは利確売りにより上値を抑えられそうです。

□ 午後の戦略 : 上を向いたまま脇は締めて!
大局強気スタンスはそのままとしながらも、足元の出来高減少傾向を踏まえれば 明日も利確が上値を抑える持ち合いが想定されますので、昨日の横並びの利益確定ムードの中で「売りそびれた!」とお感じになった銘柄を中心に軽めにポジションを整理しながら大引けを迎えたいところ。

【気になるニュース・銘柄】
6758 ソニー(売)
前場に11/15以来となる800円割れまで下落。現状の持ち合いも「下り階段中の踊り場」がメイン

4406 新日本理化、8103 明和産業
年末にかけての再生に注目。期待日柄から2日ほど遅れましたが、関連銘柄は幅広く注目しておきたいですね。

4689 ヤフー、4751 サイバー、2432 DeNA
外需系主力株への見直し買い一巡により、年末のIT主力高を期する声が高まっています。押し目買い。(直近の会員サークルより) もちろん 4819 デジタルガレージも・・・!

午後もよろしくお願いします。

よかったら1ポチよろしくです!☆

   ↓   
air_rank                      無題



☆ 本日の戦略 : 利確優位ムード継続を念頭に!

NY市場は、財政の崖問題への警戒感やコンセンサスを下回った新築住宅販売を嫌気して、一時12,765ドル(−112)まで下落。 売り一巡後は、議会内の交渉に関するベイナー下院議長の楽観的なコメントを好感して徐々に下げ幅を縮小すると、結局13,000ドル手前の水準まで急速に切り返して取引を終了。

NYダウ 12,985ドル +106、 ナスダック 2,991 +23
81.98円/ドル、106.06円/ユーロ、1.2938ユーロ/ドル
米10年債 1.625% −0.014、CME225 9,350円
NY原油 86.49 −0.69 −0.56、金 1716.5 −25.8

□ 本日の展望 : 様子見ムード
NY反発や円安歩調を好感し、CME225にサヤ寄せした9,300円台半ばでの買い優勢のスタートへ。

買い一巡後は、「世界的な需給好転の波に政権交代期待も追い風となった買いの一巡感」に加えて、米財政の崖問題を巡る市場反応の不安定さを警戒した様子見ムードの強い展開が想定されます。

☆ 本日の戦略 : 利確優位ムード継続を念頭に!
大局的には、ユーロ円・日経平均ともに上昇トレンドを継続しているため“強気スタンスの継続”が正攻法。
z

ただし、短期的には、上記のように日米欧政治に対する楽観ムード&需給面のプラスのリスク志向一巡に加えて、月末月初のポジション整理売りが「マイナス要因にほど敏感に反応する」流れに警戒したいところ。

よって、本日も、来週(=来月)前半まで、もしくは9,200円前後までの調整局面入りを念頭に、買いは余力を残しながら的を絞って取り組みつつ、前場の反発局面では「悩んだら買いは様子見、売りは小口で」を継続していってください。

ターゲットは、内需系準主力、中小型株を中心に。主力、外需関連については「小反発→利確優位ムードの継続」警戒し、極端に銘柄数を絞り込んで買い下がるか、ヘッジ売りを検討したいところ。

【気になるニュース・銘柄】
5411 JFE
13年3月期FCFは前期の954億円の赤字から、約1000億円の黒字に転換する見通しとの報道。

6632 ケンウッド
16年3月期純利益を、前期比2倍の130億円程度に引き上げる方針との報道。
 
米個人の自己破産が減少
米国で7−9月期の自己破産申請数が約4年ぶりに30万件割れまで減少。世界経済に一役になっている米個人消費の底入れ気配は日本経済にとっても歓迎。

☆ 新たなるSラボスポット銘柄
復興関連とIT関連の双方の物色指向回復や、昨晩の先物9,210円までの下落による短期底打ちをねんとうにおいた積極策から、本日寄りからの参戦。やや長めのスパンで手厚いリターンを狙っていきたいと思います。

                     >> Sラボ参加概要 

『 次の買い場を引き寄せる!』

本日もよろしくお願いします。

1ポチも宜しくです!☆
      
                   無題

日経平均(大引け) 9,308円 −114、利確賛成ムード

本日の日経平均は、NY続落や円売り基調の一服感を受けて売り優勢でスタート後、引けにかけても輸出関連を中心に利益確定売りが広まり、結局下げ幅を3桁まで広げて本日の安値で取引を終了。

日経平均 9,308円 −114、Topix  771 −9、 
225先物  9,300円 、NYダウ先物 12,852ドル 
為替 81.81円/ドル、105.72円/ユーロ、1.2922ユーロ/ドル

主力株は、7751 キャノン、6502 東芝、6762 TDK、5411 JFE、9101 日本郵船、9104 商船三井、6305 日立建機、4005 住友化学、5196 鬼怒川ゴム、8604 野村HDなどが前日比3%超の下落となり指数を押し下げる格好。

中小型株は、2395 新日本科学、4686 ジャストシステム、7448 ジーンズメイト、6513 オリジン電気などが局所的に資金を集めたものの、総じて様子見ムードの濃い展開。

■ テクニカル : 上げ一服
9日ぶりの5日線割れが、11/13からの上昇相場の一服を示唆。目先はボリンジャー+σや10日線が控える9200円台前半から、11/13安値から11/26高値までの上げ幅のフィボナッチ押しに相当する9,150円前後での抵抗力が焦点に。

big

【気になるニュース・銘柄】
8316 三井住友FG、8306 三菱UFJ、8411 みすほFG
先日触れたように、「バーゼル憩各先送り」見通しが先進国間のコンセンサスとなるようであれば、地合いを乖離した堅調相場も期待できるでしょう。これがなければ従来通りの“中長期空売り専用銘柄”に変わりはありませんので、バクチ買いに一考。

6069 トレンダーズ
天馬氏注目中。IPOラッシュを前に陽転なるか。

6758 ソニー(売)
まずは楽しみの範疇でヘッジ売り。(一昨日のメルマガより)

・ ドルインデックス
VIXよりもリアルな恐怖指数であるドルインデックスは、節目の80.20から反発気配。要警戒。

★ 6770 アルプス電気
久しぶりに押し目らしい押しが入っていますね。ターゲットプライス中は丁寧に・・・!

■ 後記 : 調整局面は頭で分かっていても いざとなると萎縮してしまいがち。月末月初にかけては内外ともに揺さぶりの大きい相場つきが想定されますので、お伝えしているユーロ円・日経平均を基準にした明確な撤退要因や個別の手仕舞い条件を再確認して下ブレをケアしたら、場中のブレは堂々と対処していってください!

『 次の買い場を引き寄せる!』

本日もお疲れ様でした。

お帰り前に1ポチよろしくです!☆
      
             無題

※ 本日のメルマガはお休みさせていただきます。ご了承ください。

□ 午後の戦略 : 強引な買い向かいは避ける

前場の日経平均は反落。直近の買い一服感から軟調に始まると、外資勢の先物買いで9,400円台を回復する場面もあったものの、前引けにかけては円高も重石となりジリジリと下げ幅を広げる展開に。

東証主力セクターは、通信・小売を除き概ね軟調。中小型株は、3649 PSC、7448 ジーンズメイト、6513 オリジン電気、4369 トリケミカルなどが買われたものの、総じて様子見ムードの強い流れに。

□ 午後の展望 : 利確優位
為替・先物ともにオプションに絡めた特殊需給による上下に触れやすい展開。 週初の「先物9,500円ワンタッチによる達成感」を踏まえれば、弱基調継続が本命視されます。

□ 午後の戦略 : 強引な買い向かいは避ける
日経平均の目先の下値メドとしている9,200円まで距離を残している事から強引な買い向かいは控え、「悩んだら小口売却」を継続。

午後もよろしくお願いします。

応援もよろしくです!☆

   ↓   
air_rank                      無題

☆ 本日の戦略 : 広めのレンジで押し目狙い!

NY市場は、ギリシア支援合意や消費・住宅関連指標の良好さを背景に 昼過ぎまでは底堅く推移。しかし、財政の崖に関する議会内の交渉が停滞しているとの思惑から 引けにかけては売りが優勢となり、結局一日の安値水準で取引を終了。

NYダウ 12,878ドル −89、 ナスダック 2,967 −8
82.14円/ドル、106.19円/ユーロ、1.2929ユーロ/ドル
米10年債 1.639% −0.027、CME225 9,370円
NY原油 87.18 −0.56、金 1742.3 −7.3

□ 本日の展望 : 利確優位ムード
CME225にサヤ寄せした小安いスタート後、NYダウの反発基調や円売り基調の一服感を背景とした利益確定売り優位の展開が予想されます。。

☆ 本日の戦略 : 広めのレンジで押し目狙い!
ユーロ市況の高止まりを受けた強気スタンスの継続が本線。短期的には、目先買いの一服感に警戒して9,200円どころまでの調整も念頭におきながら余力を調整しつつ、的とターゲットプライスを絞り込んだ押し目買いへ。

【気になるニュース・銘柄】
2174 GCAサヴィアン
12月期純利益予想を従来から3.4億円上方修正した10億円になると発表。

2444 セレブリックス
経営陣が1310円でのTOBにより買収(MBO)すると発表。 

OECDの経済成長率予想
2013年の成長率予想は、日本が1.5%→0.7%、米国が2.6%→2.0%、欧州が0.9%→▲0.1%へとそれぞれ下方修正。恣意的な数字ながら、来年も緊縮財政が成長率を鈍化させる流れが続くとの見方。
 
『 下落時のイメージを固め、上昇時は肩の力を抜く!』

本日もよろしくお願いします。

1ポチも宜しくです!☆
      
                   無題

日経平均(大引け) 9,423円 +34、レンジ内で強弱感が交錯

本日の日経平均は、狭いレンジでの往来に終始。円安一服感が利益確定売りを誘発して小安く始まると、ユーロ圏財相会合でのギリシア支援合意を好感する向きから9,449円まで反発。午後に入り 中国株安を嫌気して再び9,400円割れまで軟化したものの、次期首相と目される自民党安倍総裁が「インフレ目標は1%めどではなく2%目標」と改めてデフレ脱却に強い意志を示した事から、ユーロ円の切り返しに追随して買いが優勢に。結局続伸により終値ベースでの直近高値を更新して取引を終了。

日経平均 9,423円 +34、Topix  781 +2、 
225先物  9,430円 、NYダウ先物 12,960ドル 
為替 82.25円/ドル、106.83円/ユーロ、1.2989ユーロ/ドル

東証主力株は、9984 ソフトバンク、9983 ファストリなど指数寄与度の高い銘柄が買われた他、9020 JR東日本、9503 関西電力など内需系に資金が流入。中小型株は、1813 不動テトラ、1826 佐田建設、1822 大豊建設など低位建設株の一角が堅調。

■ テクニカル : 過熱感は継続
7日連続5日線にノータッチの絵面から過熱感は継続中。11/13安値から11/26高値までの上げ幅のフィボナッチ押しに相当する9,150円前後までの押しを入れてからの上値追いが理想的。

【気になるニュース・銘柄】
6758 ソニー(売)
10日線に上値を抑えられる‘正念場’継続中。

3107 ダイワボウ
150円どころから散発的に触れており、先週末のメルマガでも「低位仕手株での穴狙いに!」とご紹介中でしたが、本日はインフル関連としての思惑も誘ったようですね。継続注視。

           無料メルマガのご登録はこちら  

★ 4321 ケネディクス
ボラの高さを生かした回転重視+メガトレンドを念頭に置いた・・・!

             
 >> Sラボ参加概要はこちら!

本日もお疲れ様でした。


お帰り前に1ポチよろしくです!☆
      
             無題

□ 午後の展望 : 調整優位ムード

前場の日経平均は、NY市場のマチマチの結果を受けて小安くスタートした後、ユーロ圏財相会合でのギリシア支援合意見通しや「欧州で来年1月のバーゼル規制の導入を先送りする」との思惑が好感され9,400円台半ばまで上昇。前引けにかけても9,400円台前半で堅調に推移。

主力セクターは、 輸出関連が利益確定売りに押される一方、通信・金融など内需系が指数を下支え。中小型株は3080 ジェーソン、1813 不動テトラ、2370 メディネットなどに局所的に資金が入っているものの、総じて様子見色の強い流れに。

□ 午後の展望 : 調整優位ムード
“ギリシア支援合意&バーゼル規制導入先送り”が額面通りに評価されれば、再度の9,500円トライが視野に入るものの、気迷い色の強い為替市場の動向からは「上値は重く、再び9,400円を割れた際には利確売りが膨らみやすい脆弱な相場つき」が予想されます。

□ 午後の戦略 : 調整待ち
昨日の「先物9,500円ワンタッチ」に敬意を表した余力維持( ≒ 軽めのポジション調整)をベースとしながら、9,200円どころまでの買い下がりスタンスを継続していきたいところ。

【気になるニュース・銘柄】
8316 三井住友FG、8411 みずほFG
メガバンクにとってはバーゼル規制の先送りは買い要因。デフレ経済に具体的な脱却の道筋が見えるまでは“長期売り対象銘柄”には変わりはありませんが、短期的には日経しだいでの意外高も期待できそうです。

7270 富士重工、6367 ダイキン工業
買い方優位の踏み上げ相場は継続中。

4819 デジタルガレージ
16万円どころでのワン回転後も押し目狙いを本線に・・・!

★ 6770 アルプス電気
5日線ワンタッチ後の切り返し。もう一段の〜(略)〜がほしいところ。

・「バーゼルIII」導入を先送りする公算
金融機関の暴走を止める名目で強化されているバーゼル規制ですが、欧米主要金融機関は住宅ローン債券の巨額損失を(一応は法的に)隠しながら体裁を整えているだけですので、今導入したらリーマンショック、ギリシアショックに続く3rdインパクトが警戒されます。

未だ憶測の範疇ですが、先送りは妥当であり不可避。

午後もよろしくお願いします。

応援もよろしくです!☆

   ↓   
air_rank                      無題

☆ 本日の戦略 : 目先の9,500円超は‘おまけ’!

週明けのNY市場は、先週末の大幅高の反動に加えて経済指標の軟化を警戒した売りが先行。一時12,900ドル(−109)まで下押した後は、ユーロ財相会合でのギリシア支援合意期待やテクニカル主導で買いが入り、下げ幅を縮小。ナスダックはアップルやデルが指数を押し上げて6日続伸。

NYダウ 12,967ドル −43、 ナスダック 2,976 +9
82.05円/ドル、106.40円/ユーロ、1.2968ユーロ/ドル
米10年債 1.666% −0.027、CME225 9,395円
NY原油 87.74 −0.54、金 1749.6 −1.8

□ 本日の展望 : 波乱含み
CME225が昨日大引け時点と同水準で返ってきたため 朝方はマチマチのスタートが予想されます。その後引けにかけては、ユーロ財相会合の結果を受けた海外市場しだいの波乱含みの展開へ。想定レンジは9,300〜9,●●0円。

※ ユーロ圏財相会合でのギリシア支援合意期待が高まっているようですが、昨晩の時点でギリシア債務削減に対して IMFとドイツ要人から間逆の意見が述べられているくらいですので「2度あることは3度ある」=3度目の先送り=調整要因化に警戒したいところ。

☆ 本日の戦略 : 目先の9,500円超は‘おまけ’!
本日は以下の3点を踏まえ、買いは9,200円どころまで買い下がれる体勢で臨みつつ、上昇時は9,400円台では売りすぎに注意、今週中の9,500円オーバーは‘おまけ’として強めのポジション整理を計りたいところ。

○ 足元の上昇トレンドの日柄メド(賞味期限)としては、12/16前後が本線。=押し目買い!

○ テクニカル上の過熱感やユーロ圏財相会合での「ギリシア支援の更なる先送り」懸念からは、9,200円台までの調整が視野に。=買いは広めのレンジで待ち伏せ!

○ 月末月初(11/29〜12/4をメド)の需給混乱への警戒。=今週の買いは前半に集中!

● 下ブレケアとして「日経・ユーロの大陰線を売りサインとする」構えもそのまま。

                  (会員サークルより)

【気になるニュース・銘柄】
6326 クボタ
中国で2014年夏から産業用ディーゼルエンジンを生産すると発表。
 
7972 任天堂
米国で先行発売した新型ゲーム機「Wii U」の販売台数が1週間で40万台を突破。

9104 商船三井
赤字運航を減らして収益の立て直しを狙うべく、ばら積み船やタンカーを約40隻減らし、940隻にするとの報道。短期的にはプラス材料視されそうですが、収益回復軌道に乗せるには「13年も続く世界的な緊縮ムード」が大いなる重石となりそうです。

『 上昇波動をぶつ切りにしすぎず、トレンドを味方に!』

本日もよろしくお願いします。

1ポチも宜しくです!☆
      
                   無題

日経平均(大引け) 9,388円 +22、先物9,500円ワンタッチで達成感

本日の日経平均は、先週末のNYダウやユーロ円の大幅高を好感して寄りから買いが先行。一時9,487円(+123)まで上昇した後は、NYダウ先物・為替市場の調整気配を受けて利益確定売りが優勢となり、引けにかけてジリジリと上げ幅を縮小。結局小幅続伸で取引を終了。
 
日経平均 9,388円 +22、Topix  779 +3、 
225先物  9,390円 、NYダウ先物 12,925ドル 
為替 82.26円/ドル、106.56円/ユーロ、1.2954ユーロ/ドル

東証1部は、8515 アイフルが商いを伴って大幅高となった他、7201 日産、7259 アイシン精機、5727 東邦チタニウム、4062 イビデン、6762 TDK、8604 野村HDなどが指数高を演出。

中小型株は、8946 陽光都市開発、3823 アクロディア、3734 インテアHD、4583 カイオム・バイオサイエンスなどが(一時を含む)ストップ高まで買われた他、9870 ハナテン、3280 エストラスト、2385 総医研も大幅高に。

■ テクニカル : 調整安優位
連日ボリンジャー+2σを大きく上抜け、25日線との乖離率が一時5.7%台まで広がった事で、短期的には利益確定売りが広がりやすい格好。

【気になるニュース・銘柄】
2121 ミクシィ
DeNA(2432)との提携を材料視して急騰発進となったものの、引け味を悪くした事で174,000円での天井形成に警戒。

3397 トリドール
実力上位は明白ですので、内部需給陽転による見直し買い継続に期待。

4062 イビデン 、4061 電気化学
メルマガでは先週初めから「大型ハイテク関連として継続注視」としてきましたが、本日も揃って直近高値を更新!同観点での柱は★アルプス電気ですが、お持ちの方は‘全体戦略’を念頭に+アルファ狙いを計りたいところ。
              
           無料メルマガのご登録はこちら  

          
 >> Sラボ参加概要はこちら!

本日もお疲れ様でした。


お帰り前に1ポチよろしくです!☆
      
             無題

□ 午後の展望 : 利確賛成ムード

前場の日経平均は、先週末のNY高・円安基調を好感して買い先行のスタートから、5月以来となる9,400円台まで上昇。先物で9,500円まで上昇した後、前引けにかけては利益確定売りに上げ幅を削る展開。

東証主力株は、5727 東邦チタニウム、5801 古河電工など非鉄・鉄鋼セクターが買われた他、6503 三菱電機、7201 日産、7203 トヨタなどが指数高に寄与。中小型株は、9870 ハナテン、4583 カイオムバイオ、7448 ジーンズメイト、8086 ニプロ、6217 津田駒などが買われているものの、主力の騰勢に押され気味な印象。

□ 午後の展望 : 利確賛成ムード
先物での9,500円ワンタッチによる達成感や、今晩のユーロ圏財相会合でのギリシア支援の行方を見極めたいとする向きから、利確賛成ムードの継続が本線。

□ 午後の戦略 : 目先の調整安を念頭に
来週半ばもしくは9,200円どころまでの調整を念頭におきながら、買いは広めのレンジで構え、心理的にネックになっていた銘柄は大胆に外していってください。

【気になるニュース・銘柄】
☆ 6770 アルプス電気、★ 4321 ケネディクス
連日の戻り高値更新!♪今は必要なものだけを・・・!

午後もよろしくお願いします。

応援もよろしくです!☆

   ↓   
air_rank                      無題

☆ 今週の戦略 : 上値はリラックス、下値はケジメ!

今週の展望はこちら。NY市場日本市場

□ 本日の展望 : 買い一巡後もしっかりと
先週末のNYダウ・ユーロ円の一段高を好感して、CME225(9,430円)にサヤ寄せした一段高スタートへ。買い一巡後は、直近の過熱感や明晩のユーロ圏財相会合(=ギリシア支援)を見極めたいとする向きから 利益確定売りに上値を抑えられるものの、引けにかけても押し目買い(戻し)優位の強含む流れが想定されます。

☆ 今週の戦略 : 上値はリラックス、下値はケジメ!

■ 賞味期限の本線は「12月中旬まで」
今年の1−3月型並みの大相場を期待するには、材料・出来高ともに迫力に欠けるために、足元の上昇相場の賞味期限は 年後半以降お馴染みの1ヶ月サイクル = 12月SQ日の14日や衆議院選挙が行われる12/16日前後を天井圏と見た取り組みが本線。

月末月初の需給混乱も視野に入れれば、買いは今週前半もしくは来週後半の押し目に注力しながら、12月第2週はのんびりと利確していくのが理想。

よって、『日経・ユーロの大陰線を売りサイン』とする柔軟な構えは維持しつつ、今週前半の押し目は強気、上昇時は「月末月初に無理に買わされないためにも売りすぎに注意」したいところ。

□ サブシナリオ:賞味期限の中期化も楽しみに!
★ケネディクスの背景として触れている「外資勢の国内不動産のテコ入れによる日本株高狙い」や〜(略)〜を踏まえれば、来春に向けて日経平均が1万円+アルファまで伸びる需給環境も整備されつつあるとみています。

もちろん、キモである“欧州金融不安”は来年も定期的にマーケットの上値を抑えますし、その他ファンダ面の懸念は累積されていますので、上値飛び乗りのススメではありませんが、資金の一定数は年を跨ぐイメージを持って育てていってください。

今週もよろしくお願いします。

1ポチも宜しくです!☆
      
               


3分後より、3週間・3ヶ月後をイメージしながら、

年末まで一緒に・一気に走り抜けましょう!!

             
>> Sラボ参加概要  

※ 今なら11月分は無料です!
 

                            
無題 
会員制サークル・S研究所
  banner2


一定期間ブログや無料メルマガをご覧いただいて、「これなら一緒にやっていけそうかも!」、「もっと深くSラボ戦略を体感したい!」とお感じになった方は、メンバー様全員参加型の有料掲示板(=会員サークル)へのご参加をご検討ください!

会員サークルでは積極的な自論展開もOK、閲覧のみのご利用もOK!

ご参加お待ちしてます!
◆ 当ブログについて
会員制情報サークルでの当方の注目銘柄を Sラボ銘柄と総称しています。 そして、その目的や売買戦略別に★ Sラボ・主力銘柄と☆Sラボ・スポット銘柄とに分類。ブログ上では銘柄色を紺色で統一してます。

それ以外は、ウォッチ銘柄、もしくは「気になる銘柄」として、上方向で考えている銘柄を グリーン、下向きのものを紫で表示。

当ブログでのコメントは 銘柄名のみでなく‘全体戦略’から落とし込むトップダウンのイメージで臨んで頂くのが効果的!

※ ブログやメルマガはあくまでサンプルとお考えください。また 内容については保証できるものではありませんので 、 売買はご自身の判断でお願いします。
記事検索
Sラボ関連ブログ

■ 勘助ブログ withGS■



Archives
携帯でブログを♪
QRコード
☆応援よろしくです!
今日も1クリック宜しくお願いします☆ 
 ↓ ↓ 


当ブログは2017年10月をもって12年目に突入!微力ながら皆様のお役に立てるように日々精進させて頂きます!!

S教授の本棚
Profile

S教授

・CFP認定者。44歳
☆ 趣味:テニス、娘とYOU、行動心理経済学
☆ 投資へのこだわり:マーケットの最大の敵は恐怖心と焦り!・チャートは読むものではなく、作るもの!・最短ルートは勝ち組のマネ。

  • ライブドアブログ