2013年03月

<< 今週の展望・NY、日本 >> NYは上値模索、日本はドル円次第の持ち合い

■ NY市場 : 上値模索

先週末の米ミシガン大学消費者信頼感指数や個人消費支出の上ブレに加えて、月曜の米3月ISM製造業景気指数、水曜のADP雇用報告、ISM非製造業景気指数、週末の雇用統計などが概ね良好な結果が期待される米経済指標がサポート要因となる15,000ドルトライを視野に入れた上昇トレンドの加速が本線。

big
 
リスクシナリオは、米経済指標が市場期待を裏切るケースと木曜のECB理事会を経てなお欧州不安が継続するケース。

この場合、依然として底打ち感がないユーロドルや軟化基調を増しつつあるイタリア国債をが先導する形で「世界的なリスクポジションの巻き戻し」進行 ⇒ 3月上旬からのレンジ下限である14,380ドルや2月のレンジ上限だった14,100ドル台まで調整する展開も視野に。

今週の想定レンジは14,300〜14,850ドル

■ 日本市場 : 持ち合い継続

今週の日本市場は、為替相場なりの推移を本線としながら、木曜の日銀会合に絡めた先物での陽動戦によるブレの大きい展開が想定されます。

メインシナリオは、ドル円がテクニカルの節目である94.40円前後で持ち合う動きに追随した「12,200円台から12,600円台でのレンジ相場継続」。ドル円が上ブレるなら13,000円トライを視野に入れた上値追い、下ブレなら25日線(12,085円)での抵抗力を試す展開が想定されます。

big
日銀会合については、プロでさえ内容についての即時&適切な判断は困難です(かつ経済視点と市場視点は異なります)ので、直後の株価上下しだいで見方がぶれやすい報道に解を求めるよりは、ドル円(&ユーロ円)の方向感にだけ注意すればOK。戦略上も『株価に流されず、円相場のトレンドに逆らわず』のスタンスで臨みたいところ。

では、今週もよろしくお願いします。

週末も応援よろしくです!☆
                   
                無題

<< 相場展望・4−6月期 >> : 大局上昇トレンドは継続!

■ 木<森<山!
昨年11月からの上昇相場は、現在4ヶ月を経過。現在の相場見通しは「‘森’である米金融緩和策とアベノミクスの行方と、‘木’に相当する個別銘柄の行方」に終始しています。しかし、“山”に相当するのは、欧米金融資本のリスク志向の向きであり、投資戦略のキモはトップダウン!!

補足すると、欧米金融資本の喫緊の課題は、リーマンショックや欧州金融危機で膨らんだ2000兆円を超えると目される損失のリカバー。その目的のために、政治や民意をコントロールしながら大きな流れを演出しており、その構図は少なくとも今後半世紀は続くと考えています。この辺は年初の「2013年相場の展望」でお話した通り。

曲解すれば、彼らがブル相場で儲けたいと思えば日本株は上、ベア相場で儲けたいと思えば日本株は下落トレンド化が宿命付けられています。そして、現状では前者をベースとしながら、建て前としてアベノミクスや日銀期待が利用されている状況です。(もっとも、トレンド形成力はなくとも底上げ要因としては機能

■ 大局上昇トレンドは継続!
その欧米資本が、究極の長期戦略である世界的な不動産投資に進出している現状を踏まえれば、13年度前半も大局上昇トレンドの継続がメインシナリオ。

中期リスクシナリオとしては、例年通りの「ヘッジファンドの決算に絡めた4,5月の好需給のピークアウト」や、期待先行相場の現実へのサヤ寄せ、レアケースでは‘次の大波動のためのスケープゴート’として欧州小国のデフォルトや欧州大手行の破綻をきっかけとした深押しなどが、下落トレンドを演出する可能性は念頭に。

■ リアルな楽観シナリオも!!
ここで改めて国内事情( = 森)を考察すれば・・・、上記不安シナリオをはるかに凌駕する期待を内包。

特に市場軽視を貫いてきた民主党・白川日銀体制から、安倍政権・黒田日銀に移った効果が徐々に可視化することで、底場の底上げが期待されます。

予断の粋ですが、現況で期待先行と考えられている黒田日銀が、単なるインフレ率2%目標へのコミットに留まらずにFRBなみの失業率上昇を目標とするケースや、更にその上を行き名目GDPの底上げ目標にまで言及するようであれば、更なる円安を伴って年度前半での14,000円トライも場面十分にありえるでしょう。

その際には、昨年11月から上記欧米金融資本の「国内不動産買い→日本株高」のメガトレンドの大黒柱としてご提案している不動産セクター、メガトレンド+グレートローテーション(※)としておススメしているメガバンクにとっては、更なる飛躍の機会が広がるはずです。

よって、13年前半の日経平均は11,000〜13,500円エリアでの推移を本命視。(短期展望や戦略については、日々のコメントをご確認下さい。)

※ 現状では債券から株への資金シフトをグレートローテーションと呼ぶのが一般的ですが、(おそらくは)それ以前から「数年に渡り一貫売り提案してきた銀行株を買いに回る」という点で、こちらで同表現を使っていたため、今後も銀行株の途転買いの意味で利用します。

(以上)

乱分かつ過不足も多いと思いますが、ご参考にしてください。

では、2013年年度もよろしくお願いいたします!

良かったら1ポチよろしくです!
          
CIMG4832             無題 

株式情報サークル・S研究所
当方も一参加者として 上記のようなマクロ視点から個別戦略へ落とし込むトップダウン戦略を中心にコメントさせていただいています。「2013年度を飛躍の年にしたい!」とお考えの方はご参加を検討下さい。


                  >> Sラボ参加概要      

日経平均(大引け) 12,397円 +61、先物主導の小波乱

本日の日経平均は、上下幅こそ100円強いの持ち合い商状となりましたが、中身は先物主導の乱高下の様相にて、結局12,400円どころで取引を終了。

日経平均 12,397円 +61、Topix  1034 −2
225先物(6月物)  12,420円 、NYダウ先物 −ドル
為替 94.04円/ドル、120.38円/ユーロ、1.2799ユーロ/ドル
 
□ 後記 : 来週は国内では週初の短観、水木の日銀会合が、欧米では木曜のECB理事会、週末の米雇用統計など重要イベントラッシュ。調整色の強めているユーロ市況を踏まえれば油断は禁物ですが、日銀会合へのハードルの上下しだいでは少なからぬチャンスを内包する相場になりそうです。

来週の展望は日曜午前中まで、無料メルマガご登録はこちらは当15時に配信させていただく予定です。

では、本日もお疲れ様でした。

ラストにこちらもよろしくです!☆
         
           無題 

□ 午後の展望 : NY休場の影響で持ち合い継続

前場の日経平均は、NY高を好感した12,400円台でのリバウンドスタート後、先物での仕掛け売りに押し出されるように利益確定売りが広がり、一時12,319円(−16)まで下落。前引けにかけては円相場の落ち着きが下支えとなり昨日終値水準で底堅く推移。

主力株では6752 パナソニック、9107 川崎汽船、セクター別では不動産の下げが顕著に。中小型株は8508 Jトラスト、4563 アンジェスMGが商いを伴って堅調に推移。4321 ケネディクス、8518 日本アジア投資は利確に押される格好。

□ 午後の展望 : 持ち合い
今晩のNY株式市場の休場の影響で積極的な売買は手控えられるため、12,300円台での持ち合いが本線。為替次第では先物主導の乱高下に注意。

□ 午後の戦略 : 的を絞った押し目買い!
リスクシナリオに応じた余力確保と、来週の日銀会合を意識した押し目買いを並行させていきたいところ。

【気になるニュース・銘柄】
8508 Jトラスト
前場だけで140万株超えの出来高は明らかにやりすぎ。一部を残して利確を進めつつ、週明けの押し目買いへ。

4571 ナノキャリア
火曜のメルマガでお伝えした経緯からも注目。

では、午後もよろしくお願いします。 

こちらもよろしくです!☆  
   ↓ 
air_rank                 無題 

☆ 本日の戦略 : 日銀会合を視界において押し目買い!

NY市場は、朝方発表された10−12月期GDPや週間新規失業保険申請件数がコンセンサスを下回る結果となったものの、キプロスでの約2週間ぶりの銀行営業が混乱なく経過したことを材料視して買い優勢の展開に。狭いレンジでの攻防から小幅に史上最高値を更新。

NYダウ 14,578ドル +52、ナスダック 3,267 +11
94.14円/ドル、120.66円/ユーロ、1.2816ユーロ/ドル 
米10年債 1.849% −0.004 、CME225 12,415円
NY原油  97.23 +0.65 、金 1595.7 −11.5

□ 本日の展望 : 買い一巡後は先物次第の波乱含み
NY高や昨日の先物での仕掛け売りの反動を背景にCME225にサヤ寄せしたリバウンド優位のスタート後、為替・先物次第の不安定な推移へ。個別については昨日の下げでテクニカルを崩しているものも複数散見され、それらは指数以上に弱含む可能性に警戒。

☆ 本日の戦略 : 日銀会合を視界において押し目買い!

□ リスクシナリオの進展に警戒
‘欧州情勢’については、キプロス警戒には一服感が広がりそうですが、イタリア政治不安問題は継続中。‘期初特有の需給混乱’については目先数日がヤマ場。よって、20日線が控える12,200円から12,000円の攻防も視野に入れた「3割 ± アルファの余力キープ」にて週末を迎えたいところ。

一方で、来週水曜〜木曜の日銀金融政策決定会合において黒田新体制による大胆な緩和策が円安・株買いトレンドへと再帰させる可能性を踏まえれば、攻撃予定枠については軟調局面での押し目買いを継続していって下さい。

【気になるニュース・銘柄】
 
8113 ユニチャーム
13年3月期営業益は従来予想を15億円上回る580億円程度になる見通しとの報道。

5020 JX
14年3月期からの3カ年計画の中で、16年3月期に今期比の3倍の経常益を目指すと発表。

OECD経済見通し
1−3月期見通しにおいて「日本は経済政策の転換により成長スピードが増した」と分析。
 
『 軸足に力を溜める!』

 本日もよろしくお願いします!
 
朝一の1ポチもよろしくです!☆
       
                 無題

日経平均(大引け) 12,335円 −157、先物主導の大幅安

本日の日経平均は、イタリア政局不安を背景としたユーロ安・円高を嫌って軟調に推移。先物での仕掛け売りも散発して12,286円(−207)まで下値を切り下げると、引けにかけては下げ幅を縮小。

セクター別では、ハイテク、資源関連、海運株に売りが先行。主力株では6758 ソニー、6857 アドテスト、6674 GSユアサ、8031 三井物産などが指数安に寄与。中小型株では、8925 アルデプロ、8263 ダイエー、4344 ソースネクスト、2931 ユーグレナなどが目先資金を集め大幅高に。

日経平均 12,335円 −157、Topix  1036 −9
225先物(6月物)  12,360円 、NYダウ先物 14,404ドル
為替 94.11円/ドル、120.35円/ユーロ、1.2788ユーロ/ドル
 
■ テクニカル : 続・日柄調整
4日連続での上値切り下げ、5日・10日線のデッドクロス、10日線・転換線・ボリンジャー+シグマ割れなどが、調整優位を示唆。もっとも、直近2,3週間のレンジ内の推移に留まっているために明確な方向感には至らず。

【気になるニュース・銘柄】
8508 Jトラスト
3日続伸にて3,000円超えにリーチ!

4819 デジタルガレージ、4321 ケネディクス
楽しみをつなぐ格好。昨晩メルマガでお伝えしたように戦略上の格差には注意。

★ 8306 三菱UFJ
前場549円までの下落で25日線を確かめに行った後は、引けにかけて急速に切り返し。「メガトレンド銘柄は押しを使ってコツコツと」・・・!

□ 後記 : リスクシナリオとしてきた2ケースのうちの“期初の特殊需給による混乱”に加えて、“欧州情勢”も調整ムードを強めかねない環境なだけに、目先は〜(略)〜の攻防も視野に入れた脇を締めたイメージで。もっとも、前者(期初要因)については・・・・・・・・。
 
        今晩の無料メルマガより(ご登録はこちら

本日もお疲れ様でした。


ラストにこちらもよろしくです!☆
         
           無題 

□ 午後の展望 : 先物主導の乱高下に警戒

前場の日経平均は、円高を警戒して売り優勢でスタートすると、9:30ごろからは先物にまとまった売り物が散発し、12,350円割れまでまで下落。

□ 午後の展望 : 先物主導の乱高下に警戒
ユーロ安円高による先物主導の一段安に要注意。 また、このまま引けるようなら日経平均の5日・10日線のデッドクロスをはじめ短期的にテクニカル調整色を強める銘柄も多いことも警戒。

□ 午後の戦略 : 的を絞った押し目買い
上記の目先警戒シナリオを念頭に余力は維持しつつも、外部環境に乖離した先物主導の乱高下は「期初特有の特殊需給」の側面も持つだけに、ストレス玉の縮小とともに的を絞った押し目買いスタンスを継続していきたいところ。

【気になるニュース・銘柄】
6758 ソニー、6752 パナソニック
単体では買い材料に乏しい‘日経高便乗株’は見切りも重要。

★ 3003 ヒューリック、8306 三菱UFJ
メガトレンド銘柄は押しを使ってコツコツと!

☆ 新スポット銘柄 
会員サークルでは週初からのご提案。前場高値でまずは12%高へ!!♪
 
では、午後もよろしくお願いします。 

こちらもよろしくです!☆  
   ↓ 
air_rank                 無題 

☆ 本日の展望 : 押し目買い継続!

NY市場は、イタリアでの連立政権樹立に向けた協議の難航を嫌気して売り先行のスタートから、一時14,439ドル(−120)まで下落。売り一巡後は、根強い景気回復期待を背景に下げ幅を縮小。ナスダックは小幅高。

NYダウ 14,526 ドル −33、ナスダック 3,256 +4
94.43円/ドル、120.66円/ユーロ、1.2776ユーロ/ドル 
米10年債 1.851% −0.063 、CME225 12,490円
NY原油  96.58 +0.24、金 1607.2 +9.9

big

□ 本日の展望 : 底堅く
NY安や円高を受けて、CME225にサヤ寄せした売り優勢のスタート後、引けにかけては為替を睨みつつ、昨日の「配当落ち分の即日埋め」が示唆する地合いの強さが下支えする底堅い展開が想定されます。

☆ 本日の展望 : 押し目買い継続!

□ リスクシナリオの確認 
欧州情勢については、テクニカル上の正念場を迎えているユーロ円、イタリア債の急落(利回りは上昇)などが リスクポジションの巻き戻し警戒の必要性を示唆。「新年度入りによる需給不安」については、センチメントの明るさから過度の警戒は不要と判断。

よって、ストレス過多銘柄の縮小、セクター・テーマ・チャート近似銘柄の整理を計りながら、攻撃予定枠での押し目買いを継続。

ターゲットについては、外資勢が日本で進行している不動産高→株高シナリオに即した不動産セクター、それに付随した脱デフレの恩恵を最大に受ける金融セクターの二大“メガトレンド”をポジションの中核としながら、投資スタイルに応じて短期狙いを2,3銘柄織り交ぜていくのがおススメ。

【気になるニュース・銘柄】
7203 トヨタ
部品の共通化などを軸とした新たな設計手法「トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(TNGA)」を採用した新型車を2015年から順次、発売すると発表。

2875 東洋水産
13年3月期営業益が従来予想を30億円程度上回る300億円弱になった見通しとの報道。

3093 トレジャーファクトリー
13年2月期営業益が、従来予想の6.11億円から6.5億円に上ブレたとの報道。

『 地に足をつけながら前進!』

本日もよろしくお願いします!
 
朝一の1ポチもよろしくです!☆
       
                 無題

日経平均(大引け) 12,493円 +22 新年度も好スタート!

本日の日経平均は、NYダウやドル円の反発を好感して、寄付きから配当落ち分(約85円)を埋めると、引けにかけては利確売りに上値を抑えられたものの、12,500円前後で堅調に推移。

セクター別では不動産、ノンバンクなど‘その他金融’、鉱業、ゴム製品の上昇が顕著に。個別では、9984 ソフトバンク、6752 パナソニック、5101 横浜ゴム、8801 三井不動産、5411 JFEなどが前日比3%超まで買われて、指数高に寄与。

中小型株は、4321 ケネディクス、8515 アイフルが商いを伴って買われた他、3266 ファンドクリエーション、8925 アルデプロ、3236 プロパストなどがストップ高まで上昇。

日経平均 12,493円 +22、Topix  1046 +2
225先物(6月物)  12,520円 、NYダウ先物 14,485ドル
為替 94.68円/ドル、121.74円/ユーロ、1.2853ユーロ/ドル

■ テクニカル : 日柄調整
直近レンジ内の推移、かつ上下幅59円では明確な方向感は出ず、日柄調整の継続が本線。もっとも、配当落ち分を踏まえれば100円強の上昇と見れることから、上値追いにも含みを残す格好。

【気になるニュース・銘柄】
4321 ケネディクス
本日はストップ高買い気配で取引を終了!買えてた方は良かったですね!♪ 

また、たくさんのお声かけありがとうございます。数字だけが一人歩きしてしまうことを懸念して、こちらでの目標株価の提示は避けますが、11月からお伝えしている“メガトレンド”そのものはまだ折り返し地点にも到達していないと判断していますので、安値で買えている分は年末までの鬼ホールドも視野に強気で臨んでいって下さい。

本日の出来高140万株超は明確に‘やりすぎ’ですので短期分については利確を進めつつ、押しは丁寧に買い直しを計っていって下さい。

4819 デジタルガレージ
本日は昨日のメルマガでも軽く触れた・・・期待通りのレンジブレイク!18万円台から買ってもでも75%強の上昇に!買えている方は良かったですね!♪

こちらも目先の一段高も小口で売り上がりながら、押しは強気で。

8771 イーギャランティ
先週から8508 Jトラスト、8584 ジャックスとセットで触れていますが、本日は17%高、週初から買っても27%の上昇に!!昨日のメルマガで857●とした8570 イオンクレジットも急進!!となれば・・・あの☆Sラボスポット銘柄も・・・・!♪

※ 新年度のスタートダッシュに!!

                    >> Sラボ参加概要

本日もお疲れ様でした。


ラストにこちらもよろしくです!☆
         
           無題 

□ 午後の戦略 : 押し目買い

実質新年度初日前場の日経平均は、85円相当と想定される配当落ち分を即座に埋める堅調ぶり。前日のNYダウの急反発や円安基調が追い風に。セクター別では不動産株を中心に自動車関連の一部に買いが先行。テーマ別では含み資産や農業関連に短期資金が流入。

□ 午後の展望 : 強含み
配当落ち分を即日に埋める強気配が買い安心感を高めているため、12,400円台半ばから12,500円台半ばでの強含みの推移が本線。商いの低調さは変わっていないだけに、為替・先物しだいのブレには警戒。

□ 午後の戦略 : 押し目買い
寄り前までのイメージ・スタンスを踏襲すべく、余力残しの押し目買いを継続。

【気になるニュース・銘柄】
4321 ケネディクス
昨年11月のご提案当初11,000円台から、本日前場47,000円台までの上昇で株価4倍増に!
 “メガトレンド”においては株価水準よりも投資スパンこそ意識すべきですので、本日のようにあからさまに吹いている場面では利確を交えつつ、一定数はロングホールドの構えを継続していって下さい。
 
★ 3003 ヒューリック
2/25 645円 → 3/27 799円 +154  23%上昇! 
ケネディクスに比べれば派手さはありませんが、むしろ中長期資産運用としては適しているといえるでしょう。直近は750円前後を強めに買い直してきましたので、軽めに利確を計りながら、今後もシナリオの中で・・・!

8584 ジャックス、8771 イーギャランティ、8508 Jトラスト
揃って年初高水準で堅調に推移。

1419 タマホーム
本日のIPO。前場は値つかずの買い気配。

では、午後もよろしくお願いします。 

こちらもよろしくです!☆  
   ↓ 
air_rank                 無題

☆ 本日の戦略 : 新年度はまずは小口逆張り!

NY市場は、朝方発表された2月米耐久財受注や1月ケースシラー住宅指数がコンセンサスを上回ったことを好感して買いが先行。キプロス問題に絡んだ新たな不安材料もなかったことで、引けにかけても堅調に推移し、終値ベースでの史上最高値を更新。

NYダウ 14,559 ドル +111、ナスダック 3,252 +17
94.45円/ドル、121.44円/ユーロ、1.2857ユーロ/ドル 
米10年債 1.910% −0.004 、CME225 12,460円
NY原油  96.34 +1.53、金 1597.3 −9.2

□ 本日の展望 : 堅調スタート
CME225が昨日終値付近で推移しているため、配当落ち分(約85円)を埋めにかかる堅調スタートへ。その後も、為替が94円台後半で推移するようなら、先物主導で12,500円トライも視野に。

☆ 本日の戦略 : 新年度はまずは小口逆張り!
早々に配当落ち分を埋める(=12,471円超え)なら、市場ムードに楽観色も強まりそうですが、キプロス問題や期初の特殊需給へのケアは怠れないだけに、下ブレに備えた一定の余力をキープしながら、押し目買いスタンスを継続していきたいところ。

ターゲットについては、不動産・金融の二大メガトレンドセクターを中核としながら、投資スタイルに応じて短期銘柄も織り交ぜていくのがおススメ。

【気になるニュース・銘柄】
4005 住友化学
スマホ用タッチパネルの生産量を3倍に増やすとの報道。

6890 フェローテック
13年3月期に本社跡地売却益15億円を特別利益として計上すると発表。

『 小口逆張りで次のトレンドに乗る体勢固め!』
 
本日もよろしくお願いします!
 
朝一の1ポチもよろしくです!☆
       
                 無題

日経平均(大引け) 12,471円 −74、年度末も先物主導

本日の日経平均は、キプロス問題を巡る欧州情勢の不安定さを嫌気して売り先行のスタート。円高基調の一服感や配当権利取り狙いの買いを背景に12,540円まで切り返す場面もあったものの、午後に入り 先物主導で12,456円(−90)まで売り直されると、12,400円台後半で取引を終了。

日経平均 12,471円 −74、Topix  1044 −2、 
225先物(6月物)  12,370円 、NYダウ先物 14,406ドル
為替 94.18円/ドル、121.15円/ユーロ、1.2870ユーロ/ドル
 
■ テクニカル : 持ち合い継続
直近レンジ内での推移に留まり、方向感には乏しい格好。出来高の低下傾向や依然として過熱感を示す複数の指数からはやや売り優勢の形。

【気になるニュース・銘柄】
3765 ガンホー
直近の騰勢の惰性により底堅く推移しているものの、実勢を大きく下回るTOB価格にサヤ寄せする流れ。

9684 スクエニ
13年3月期損益を35億円の黒字から、130億円の赤字に下方修正。

7731 ニコン
戻り一杯か。踏ん張りどころ。

4819 デジタルガレージ
ステップアップへの足場固め・・・!

8584 ジャックス
連騰で前日比10日%高となる627円まで上昇後、利確に上げ幅を削る展開。短期分は回転重視、中長期分はホールド・継続!

本日もお疲れ様でした。

ラストにこちらもよろしくです!☆
         
           無題

※ 今晩も無料メルマガは22時配信予定。現在6400名様以上がご利用頂いています。ご登録はこちらからお気軽に!

□ 午後の戦略 : 余力残しの押し目買い

前場の日経平均は、キプロス問題を巡る欧州情勢の混乱を警戒して売りが先行。一時12,459円(−87)まで下落した後は、押し目買いや配当権利狙いの買いに下支えられ昨日終値近辺まで反発。

□ 午後の展望 : 持ち合い
ユーロ情勢を不安視する売りと権利取りの買いが交錯する持ち合い継続が本線。ただし、指数は底堅く推移した場合も、期末期初の特殊需給により売りが先行する個別株が増えそうな気配には要注意。

□ 午後の戦略 : 余力残しの押し目買い
欧州情勢と期初入り後の特殊需給をケアした「余力残しの押し目買い」を継続。

では、午後もよろしくお願いします。 

こちらもよろしくです!☆  
   ↓ 
air_rank                 無題

☆ 本日の戦略 : 余力残しの押し目買い!

NY市場は、EU・IMFによるキプロス支援の継続合意を好感して買いが先行し、最高値更新となる14,563ドル(+151)まで上昇。しかし、ユーロ圏財務相会合のデイセルブルム議長が「高額預金者に負担を求めた今回のキプロス支援の仕組みが他国支援のひな型となる」との認識を示したと伝わると、銀行システム混乱懸念が高まり、一気に14,400ドル割れまで急反落。引けにかけては下げ幅を縮小し、14,400ドル台半ばで取引を終了。

NYダウ 14,447 ドル −64、ナスダック 3,235 −9
94.12円/ドル、121.01円/ユーロ、1.2857ユーロ/ドル 
米10年債 1.920% −0.017 、CME225 12,390円
NY原油  94.81 +1.10、金 1606.5 −1.5

その他のマーケットでは、ユーロ圏財務相会合議長の発言を嫌気してユーロ安・円高が進行。現在では一旦の落ち着きを示していますが、ユーロ円・ドル円ともに急激にチャートが悪化している事に警戒。

ドル円(日足)
big

□ 本日の展望 : 売り一巡後は権利取りが下支え
欧州情勢での突発的な弱材料を警戒し、CME225にサヤ寄せした売り優勢のスタートへ。売り一巡後も、ユーロ市況の立ち直り方しだいとなりますが、配当権利取り最終日だけに機関投資家などの買いが下支えする底堅い展開が想定されます。

☆ 本日の戦略 : 余力残しの押し目買い!

キプロス問題は昨日の安堵感から一転して弱材料として再来。焦点の「富裕層負担モデル」を欧米金融資本が容認するとは考えられず、「欧州全域での採用はない。当議長の失言」と考えていますが、以下2点から本日も “引け時点では一定の余力をキープ”することで下ブレに備えたいところ。

1、欧米金融資本の世界的なリスク志向を一旦巻き戻したい意図が当議長の発言に繋がっている可能性。2、明日からの新年度入りによる機関投資家のリバランスやテクニカルの過熱感を背景とした1,2週間程度の調整への警戒。

有配当銘柄については、明日までホールドすることで素直に権利をとっておきたいところ。

ターゲットについては、不動産・金融株でのメガトレンド狙いを軸に、アベノミクス・黒田日銀“恩恵銘柄”を中心とした内需系中小型での短期回転狙いの両狙いで。

【気になるニュース・銘柄】
1963 日揮、6366 千代建、6330 東洋エンジ
プラント大手3社の14年3月期の受注額が今期予想比4割程度増加する見通しとの報道。

6703 OKI
13年3月期に保有地の譲渡益として25億円を計上すると発表。

『 戦略でメンタルを支え、強トレンドを生かしきる! 』

本日もよろしくお願いします!
 
朝一の1ポチもよろしくです!☆
       
                 無題

日経平均(大引け) 12,546円 +207、キプロス支援を好感!

本日の日経平均は、先週末の急落の反動やキプロス支援の合意を背景に終日買いが先行。不動産・小売など内需系が指数を底上げし、12,594円(+255)まで戻りを試すと、引けにかけても12500円台半ばで堅調に推移。

個別では、9983 ファストリ、9984 ソフトバンク、9831 ヤマダ電機、8591 オリックス、8815 東急不動産、6758 ソニーなどが前日比3%高まで上昇し、指数高に寄与。東証REIT指数は大幅続伸にて、連日で昨年来高値を更新。

日経平均 12,546円 +207、Topix  1047 +8、 
225先物(6月物)  12,510円 、NYダウ先物 14,501ドル
為替 94.72円/ドル、123.41円/ユーロ、1.3029ユーロ/ドル
 
中小型株は、8705 岡藤HD、9578 ジャパンシステム、2763 FTコム、4572 カルナバイオ、6336 石井表記などがストップ高まで上昇。

■ テクニカル : 日柄調整
先週末に割り込んだ5日・10日線、転換線上の即時回復により「値幅調整による過熱感修正」を拒否する格好。ただし、連日30億株未満の出来高では‘上値を追うには力不足’の感が否めないだけに広めのレンジ相場による“日柄調整”が予想されます。

□ 後記 : 世界的な需給変調を起こしえたキプロス問題については一応の解決が見られ、先週木曜の‘公示地価発表を契機とした利確売り’についても峠は越えたと考えられます。よって、突発的な悪材料以外のリスクシナリオとしては、昨日お伝えした3パターンから上記2つを除外して残った・・・・・・・・・。

       今晩の無料メルマガより(ご登録はこちら

【気になるニュース・銘柄】
東証1部新高値銘柄・・・基本は順張り押し目買い!
3086 Jフロントリテイリング、6326 クボタ、9613 NTTデータ、7224 新明和、8136 サンリオ、6463 TPR、1334 マルハニチロ、1973 NECネッツアイ、2193 クックパッド、2371 カカクコム、7972 イトーキ etc

2461 ファンコミ
株式分割を材料視。

2432 DeNA,3632 グリー、4751 サイバーA
出直り機運。

3182 オイシックス、9025 鴻池運輸、6073 アサンテ、7215 ファルテック
直近IPOは総じて軟調。タマホームが流れを変える可能性もありますが、ディーラー筋から見れば「無理してIPOを攻めなくても日銭が稼げる地合い」だけに、過度の期待は不要でしょう。

☆ 本日からの新スポット銘柄
寄付きから既に4%の上昇!明日も押しは丁寧に拾ってください!!
                
                   
  >> Sラボ参加概要

本日もお疲れ様でした。


ラストにこちらもよろしくです!☆
         
           無題
会員制サークル・S研究所
  banner2


一定期間ブログや無料メルマガをご覧いただいて、「これなら一緒にやっていけそうかも!」、「もっと深くSラボ戦略を体感したい!」とお感じになった方は、メンバー様全員参加型の有料掲示板(=会員サークル)へのご参加をご検討ください!

会員サークルでは積極的な自論展開もOK、閲覧のみのご利用もOK!

ご参加お待ちしてます!
◆ 当ブログについて
会員制情報サークルでの当方の注目銘柄を Sラボ銘柄と総称しています。 そして、その目的や売買戦略別に★ Sラボ・主力銘柄と☆Sラボ・スポット銘柄とに分類。ブログ上では銘柄色を紺色で統一してます。

それ以外は、ウォッチ銘柄、もしくは「気になる銘柄」として、上方向で考えている銘柄を グリーン、下向きのものを紫で表示。

当ブログでのコメントは 銘柄名のみでなく‘全体戦略’から落とし込むトップダウンのイメージで臨んで頂くのが効果的!

※ ブログやメルマガはあくまでサンプルとお考えください。また 内容については保証できるものではありませんので 、 売買はご自身の判断でお願いします。
記事検索
Sラボ関連ブログ

■ 勘助ブログ withGS■



Archives
携帯でブログを♪
QRコード
☆応援よろしくです!
今日も1クリック宜しくお願いします☆ 
 ↓ ↓ 


当ブログは2017年10月をもって12年目に突入!微力ながら皆様のお役に立てるように日々精進させて頂きます!!

S教授の本棚
Profile
  • ライブドアブログ