2014年05月

日経平均(大引け) 14,632円 −49、来週は起伏の激しい展開へ!

本日の日本株はNY高を受けて買い寄り付き早々に14,741円(+59)まで上昇。しかし、買い一巡後は高値警戒感や週末の持高整理の売りに押され、引けにかけては14,600円台前半での持ち合いに終始。

日経平均 14,632円 −49、Topix 1,201 +0
225先物(6月物) 14,650円、NYダウ先物 16,662ドル 
為替 101.58円/ドル、138.22円/ユーロ、1.3608ユーロ/ドル

■ 後記 : 来週は米中経済指標に加えて、木曜のECB理事会での利下げの有無次第が注目ポイント。これらに再来週の日銀会合やSQに絡めた売り買いが交錯するようなら起伏の激しい展開も。

週末中に強弱スタンス、柱とする銘柄などのイメージをしっかり固め、「株価に流されずして、トレンドに逆らわない対処」を目指していってください。

来週の展望は日曜午前中の更新、無料メルマガは同15時配信予定です。
       button3
では、本日もお疲れ様でした。


お帰り前にこちらもよろしくです!☆
          
        

■ 本日の展望 : 売りすぎに注意しながらポジション整理!

NY市場は、朝方発表の1−3月期GDP改定値(前期比年率−1%)が市場予想(−0.5%)を下回ったものの、特段の材料視はされないまま16,550ドルを挟んで底堅く推移すると、引けにかけては上げ幅を拡大して終値での直近高値を更新。

NYダウ 16,698ドル +65、ナスダック 4,247 +22
為替 101.75円/ドル、138.37円/ユーロ、1.3602ユーロ/ドル
米10年債 2.452% +0.007、CME225 14,745円
NY原油 103.58 +0.86、金 1257.1 −2.6

□ 本日の展望 : 買い先行後、引けにかけては利確有利
14,700円台まで上昇しているCME225にサヤ寄せした買い優勢のスタート後、引けにかけては高値警戒感や週末要因が上げ幅を削る流れが本線。想定レンジは14,600〜14,800円。

■ 本日の展望 : 売りすぎに注意しながらポジション整理!
今週末の市場環境は、突発的な地政学的リスクの高まりを除けば、現在のプラスのリスク志向を継続する可能性が高いと見ています。

よって、平時の週末ポジション&14,500円以下を買い向かうための備えとして『3割前後の余力確保』を優先しながら、攻撃可能枠については寄り付き前までに条件を整えて毅然と対処していってください。

また、急落後のリバ基調の中で取捨を悩んでいる銘柄もあるかと思いますが、含み益銘柄・好トレンド銘柄・「押したら買い増したい銘柄」などは極力キープする一方、そうでないものは大胆なカット → 乗り換えによるリスタートがおススメ。

同様に「現在の上昇トレンドの6月2週前後でのピークアウト」リスクから逆算した場合、新規買いは来週前半までの押し目狙いが正攻法となる事も是非念頭に。

※ その他大局的なイメージ・戦略も従来までのものを踏襲していってください。

【気になるニュース・銘柄】
3807 フィスコ
自己保有分を除く株式数の3.55%、3億円を上限とする自社株買いを発表。

6333 帝国電機
サウジアラビアでの石化プラント用ポンプ修理分野で日立(6501)と提携するとの報道。

『 株価水準の概念と時間の概念を組み合わせる! 』

本日もよろしくお願いします。

朝一の1ポチもよろしくです!☆ 
       
                     
※ 本日の昼の更新はお休みさせていただきます。ご了承ください。

日経平均(大引け) 14,681円 +10、利確<テクニカル要因

本日の日経平均は売り優勢のスタート後、一時14,574円まで下落したものの、節目の75日線(14,538円)などを意識した先物買いに底堅くすると、14時過ぎには14,700円台まで上昇。結局小幅続伸で取引を終了。

東証主力株は6753 シャープ、6326 クボタ、7248 カルソニック、1812 鹿島などが前日比3%超まで上昇。中小型株は2321 ソフトフロント、4814 ネクストウェア、3686 DLEなどがストップ高まで買われた他、主役クラスは概ね堅調に推移。

日経平均 14,681円 +10、Topix 1,200 +2
225先物(6月物) 14,690円、NYダウ先物 16,644ドル 
為替 101.55円/ドル、137.99円/ユーロ、1.3587ユーロ/ドル

■ テクニカル : 上昇トレンド継続
7本並んだ陽線や5日線・75日線への抵抗感、10日・25日線のゴールデンクロスなどが短期・中期上昇トレンドの継続を示唆。

【気になるニュース・銘柄】
9678 カナモト
14年10月期営業益予想を125億円から160億円に上方修正。

5713 住友鉱山、5707 東邦亜鉛
ニッケル市況の上昇一服を嫌気。市況のみが頼りだった非鉄株は要注意。

3664 モブキャスト
「Klabの次はモブキャスト!」

※ 無料メルマガは本日も22時配信予定です。
      
button3

では、本日もお疲れ様でした。


お帰り前にこちらもよろしくです!☆
          
        

 

 

■ 午後の戦略 : 14,500円割れを期待できる気持ちと余力をキープ!

前場の日経平均は、昨日までの5日続伸の反動やNY安を受けて売りが先行。一時14,574円(−96)間で下落した後は押し目買いに下支えられて底堅く推移。東証主力株は高安マチマチ。中小型株は3444 菊池製作所、2321 ソフトフロント、6092 エンバイオ、2370 メディネット、3686 DLE、4651 サニックス、6955 FDKなどに短期資金が流入。

□ 午後の展望 : 持ち合い継続
利益確定売りと押し目買いが交錯する14,500円台後半から14,600円台後半での持ち合い継続が本線。ドル円が節目の101.50を割り込むようなら14,500円割れまで売られるシーンに警戒。 

■ 午後の戦略 : 14,500円割れを期待できる気持ちと余力をキープ! 
今晩の米1−3月期GDPや〜(略)〜に現在の株高ムードを頓挫させる力はないと見ていますが、コンセンサスとなっている「来週のECBの利下げ」を建て前に短期的な揺さぶりをかけてくる可能性は残ります。

よって、基本スタンスである「買いは14,500円狙い」も加味し、14,500〜14,300円どころまでを買い迎える体勢・余力を維持したまま条件を絞り込んで売り買いしていきたいところ。
  (会員サークル午後の戦略より)
 
では、午後もよろしくお願いします。

こちらもよろしくです!☆
  ↓ ↓
air_rank                   

☆ 本日の戦略 : 東証主力株は極端に絞って深く!

NY市場は、直近の騰勢の反動による利確優位でスタートすると、材料難の中で16,500円台半ばでの持ち合いに終始した後、5日ぶりの反落で取引を終了。債券市場は来週のECB理事会でのEU利下げ思惑の高まりにより買いが先行。結果として「債券買い、株式売り」のリスク回避の構図に。

NYダウ 16,633ドル −42、ナスダック 4,225 −11
為替 101.82円/ドル、138.37円/ユーロ、1.3590ユーロ/ドル
米10年債 2.445% −0.073、CME225 14,650円
NY原油 102.72 −1.39、金 1259.3 −6.2
 
□ 本日の展望 : 続・底堅く、上値も重く
CME225なりに小安く寄り付いた後は、テクニカル要因が14,500円台後半での底堅さを演出する一方、今晩の米GDPや雇用関連指標、昨日までの5日続伸による利確圧力が14,700円台前半での上値を重くする「同意の乏しい展開」が本線。

☆ 本日の戦略 : 東証主力株は極端に絞って深く!

本日も好トレンド中小型株を中心とする押し目買い、上昇局面は利確を焦らない‘ポジティブな辛抱’スタンスの継続がメイン。

米10年債利回りの急低下が日本株の需給悪化懸念を示唆しているだけに、「14,300円台まで買い下がれる余力の維持、先物での目一杯の勝負回避、東証主力株の複数保有はNG」などにより突発的な下げにも備えていってください。

【気になるニュース・銘柄】
8058 三菱商事
豪州資源事業の今期純利益が前期比6倍強の250億円程度になる見通しとの報道。

9766 コナミ
カジノ事業参入のための投資会社を設立すると発表。一種の時代の流れとはいえ、企業の印象が徐々に堅気ではなくなっていますね。

『 手は止めても思考は止めず! 』
 
本日もよろしくお願いします。

朝一の1ポチもよろしくです!☆ 
       
                     

日経平均(大引け) 14,670円 +34、上げ潮継続!

本日の日経平均は、直近の上げ潮ムードと利益確定売りが交錯する14,600円台での持ち合いに終始しながら、小幅に5日続伸。主力セクターは建設の上昇が顕著となった以外はマチマチ。中小型株は6871 マイクロニクス、9424 日本通信、2138 クルーズ、2497 ユナイテッド、3782 DDSなど主役食らうが堅調に推移。

日経平均 14,670円 +34、Topix 1,198 +3
225先物(6月物) 14,660円、NYダウ先物 16,679ドル 
為替 101.91円/ドル、138.89円/ユーロ、1.3629ユーロ/ドル
 
■ テクニカル : 上昇ムード継続
5日連続となる5日線ノータッチが「短期上昇基調の継続」を示唆。中長期的にも、3日連続での均衡表の雲上限(14,598円)超えが先高感を期待させる格好。

big
【気になるニュース・銘柄】
6723 ルネサス
甲府工場の売却報道も追い風に7日続伸。企業大再生に向けて今できる事を着々と進行中。

8801 三井不動産
大型増資を嫌気され大幅安。増資で勝負している企業よりも、増配や自社株買いで逃げている企業が評価されるのは理不尽ですが、中長期対象なら要注目。

6758 ソニー
日経高以外に買う理由はありませんので、ここが上がってくるようなら「好需給の最終コーナー」と判断するのも有効。

☆ 3774 IIJ
並行注目としている日本通信(9424)とは値動きに開きが出ていますが、IIJにしかないものを念頭に明日の押しも・・・!

※ 無料メルマガは本日も22時配信予定です。
      
button3

では、本日もお疲れ様でした。


お帰り前にこちらもよろしくです!☆
          
         

□ 午後の戦略 : ポジションを整える程度の売買

前場の日経平均は、ドル円の上昇を好感して買い優勢でスタートした後、押し目買いと利益確定売りが交錯した14,600円台での持ち合いに移行。東証主力株は建設セクターや、自社株買いを好感された9831 ヤマダ電機が堅調な他は高安マチマチ。

□ 午後の展望 : 底堅く、上値重く
上値の重いクロス円に誘導された14,500円台後半から14,700円台前半での動意の乏しい展開が本線。 

□ 午後の戦略 : ポジションを整える程度の売買
今晩のNY市場では目立ったイベントはありませんので、最高値更新を視野に入れたじり高基調の継続が本命視されます。

よって、明日も押し目らしい押し目は期待しにくいため、一定の余力を維持しながらポジションを整える程度に売り買いしていってください。
      (会員サークル午後の戦略より)

 では、午後もよろしくお願いします。

こちらもよろしくです!☆
  ↓ ↓
air_rank                   

☆ 本日の戦略 : 賞味期限と株価水準を天秤にかける!

NY市場は連休中の欧州市場の上昇や、ECBの利下げ観測、ケースシラー住宅指数やCB消費者信頼感指数などの良好さを背景に買いが先行。16,700ドル手前では上値を重くしたものの4日続伸で取引を終了。

NYダウ 16,675ドル +69、ナスダック 4,237 +51
為替 101.98円/ドル、139.01円/ユーロ、1.3631ユーロ/ドル
米10年債 2.520% −0.015、CME225 14,685円
NY原油 104.11 −0.24、金 1265.7 −26.2

□ 本日の展望 : 強持ち合い
NY高の相応部分を昨日中に織り込んでいますので、CME225にサヤ寄せした買い優勢のスタート後、引けにかけては14,600前後から14,700円台半ばの昨日レンジ内での持合いが本命視されます。ドル円が再度102円台に乗ってくる場合には14,700円台後半までの一段高に期待。

☆ 本日の戦略 : 賞味期限と株価水準を天秤にかける!
14,500〜14,800円のレンジでは、「売りすぎに注意しながら、余力残しの小口売買」を継続。

お伝えしている6月第2週前後での足元の上昇トレンド一服警戒を踏まえれば、現状での石橋の叩きすぎもリスクですので、「余力を空け過ぎている」とお感じの方は来週前半までは「悩んだら現値水準で打診買い」スタンスで臨むのがおススメ。

【気になるニュース・銘柄】
9831 ヤマダ電機
自己保有分を除く発行数の16.79%にあたる1.5億株を上限とする自社株買いを発表。

『 複数回の手打ちよりも腰の入った一撃! 』

本日もよろしくお願いします。

朝一の1ポチもよろしくです!☆ 
       
                     

日経平均(大引け) 14,636円 +34、買い一巡後は‘三空’がネックに

本日の日経平均は4日続伸。反EU派が躍進した欧州議会選挙が「現状打破への期待」を高めて欧州市場が上昇すると、その流れを引き継ぎ買いが先行。一時14,744円(+141)まで上値を伸ばした後は、円高や利益確定売りに押され上げ幅を縮小し、結局小幅続伸で取引を終了。

東証主力株は概して日経平均ほどは買われず、6724 セイコーエプソン、5714 DOWA、7242 カヤバ工、8316 三井住友FGなど一部の銘柄のみが堅調に推移。中小型株も4853 カイオム、3687 フィックスターズ、2370 メディネット、3623 ビリングシステム、6871 マイクロニクス、4978 リプロセルが商いを伴って大幅高となったものの、主役クラスの一部には買い疲れの兆候も散見される格好。

日経平均 14,636円 +34、Topix 1,195 +1
225先物(6月物) 14,610円、NYダウ先物 16,633ドル 
為替 101.93円/ドル、139.15円/ユーロ、1.3653ユーロ/ドル
 
■ テクニカル : 14,600円の攻防
一目均衡表の雲上限(14,598円)をズバッと上抜けた場合には15,000円トライが視野に入る一方、3,4月同様にこの水準で上値抵抗力を増すようなら再度14,200円どころまでの下ブレに警戒。

【気になるニュース・銘柄】
8057 内田洋行
8−4月期営業益・純利益は、ともに14年7月通期予想を大幅に上回って着地。

6336 石井表記
勘助市注目中。先週末発表の大型配向膜塗布インクジェット装置3台受注をきっかけに、600円台から2日で900円超えを達成。

3656 Klab
上昇一服。次はモブキャスト(3664)の出番!?

※ 無料メルマガは本日も22時配信予定です。
      
button3

では、本日もお疲れ様でした。


お帰り前にこちらもよろしくです!☆
          
         

□ 午後の展望 : 利確優勢

前場の日経平均は、昨日までのリバウンド基調を引き継いで買いが先行。欧州議会選挙の結果を受けてユーロ円が上昇した事も追い風に14,700円台を回復すると、買い一巡後もしっかりとした推移に。

東証主力株は概ね買い優勢。ただし、6724 セイコーエプソンや9984 ソフトバンクなど寄与度の高い銘柄が日経平均の見栄えを良くしている印象。中小型株は、6840 アドテック、8462 フューチャーベンチャー、2799 パイオン、4576 DWTIなどジャスダック低位株の一角が急騰。

□ 午後の展望 : 利確優位の強持ち合い
直近の大幅高に対する利益確定売りが上値を抑え、上げ幅を削る展開がメイン。ただし、前場の14,700円台乗せが予想外だったように、先物次第では14,800円トライや14,500円割れなど両極端な推移も念頭においておきたいところ。
 
□ 午後の戦略 : 余力残しの小口売買
寄り前までにお伝えしてきた経緯からも14,500〜14,800円は本気で売買するには中途半端な水準。 

今晩のNY市場は昨日の欧州の流れを汲んだ最高値トライも視野に入りますが、日本市場では既に織り込んているために 明日は「テクニカル調整による弱めの相場つきが想定される」事も踏まえれば、午後は余力を整えながらの小口売買までとしてください。

では、午後もよろしくお願いします。

こちらもよろしくです!☆
  ↓ ↓
air_rank                   

☆ 本日の戦略 : 買いは14,500円以下を少数精鋭で!

□ 本日の展望 : 上げ一服
底堅いドル円を下支えとしたリバウンド基調の継続が本線。もっとも、昨日のNY休場による手掛かり材料難や節目を迎えている日経平均のテクニカルを踏まえれば、14,450〜14,600円台後半レンジでの利益確定売り優位の展開が本線。

☆ 本日の戦略 : 買いは14,500円以下を少数精鋭で!
地政学的リスクが突発的に高まった場合を除き、現在の強気トレンドに変化(加速 or 急減速)があるとすれば、メジャーSQかつ日銀会合が控える6月第2週が本命、米主要経済指標が発表される6月第1週が次点。(レアケースとして6/17,18のFOMCまで騰勢が続くケースを念頭に。)

SQ週(6月第2週)の乱高下へのケアや従来からお伝えしているように当面は15,000円〜15,200円が天井圏となるイメージも踏まえれば、今回の上昇波動における買いタイミングは『今週〜来週まで&14,500円以下』を本命として取り組みたいところ。

よって、本日の14,500円超えの水準では、利益確定は極力引っ張って足元の強トレンドにしっかり乗る(ポジティブな辛抱!)と同時に、買いは軽めかつ持ち銘柄数を増やす過ぎない事で先の調整局面に備えていきたいところ。

【気になるニュース・銘柄】
7270 富士重工
今後3年の累計営業益は当初計画よりも1000億〜2000億円程度上積みされる公算が高いとの報道。

1776 三井住建道路
14年3月期年間配当の1円増配、30万株の自社株買いを発表。

『 気候に合った装い! 』
 
本日もよろしくお願いします。

朝一の1ポチもよろしくです!☆ 
       
                      

日経平均(大引け) 14,602円 +140、 均衡表の雲上限突破!

本日の日経平均は3日続伸。先週の騰勢を引き継いで買い先行でスタートすると、14,500円台後半での持ち合い経過後、引けにかけての先物での仕掛け買いにより本日の高値で取引を終了。終値での14,600円台乗せは4/8以来。

テーマ別では不動産・IT関連など内需系の堅調さが目立つ格好。個別では6871 マイクロニクス、9424 日本通信、2121 ミクシィ、8515 アイフルなどが商いを伴った大幅高に。

日経平均 14,602円 +140、Topix 1,194 +14
225先物(6月物) 14,570円、NYダウ先物 −ドル 
為替 101.92円/ドル、138.80円/ユーロ、1.3618ユーロ/ドル
 
■ テクニカル : 均衡表の雲の上限突破! vs 三空踏み上げ
5日・10日線のゴールデンクロスに加えて、強めの買いサインである“均衡表の雲の上限(14,598円)突破”がリバウンド基調の継続を示唆する一方、3日連続の窓上げ上昇となる「三空」示現によって目先は買い一服感が生じやすい状況です。

よって、「良識範疇の調整をこなしながら戻りを試す展開」を本線、4月同様に均衡表の雲上限トライをきっかけとした大掛かりな調整局面入りをリスクシナリオとして念頭においておきたいところ。

big

【気になるニュース・銘柄】
4506 大日本住友製薬
がん治療薬の臨床試験の新規患者募集中止を嫌気してストップ安売り気配。ディフェンシブ関連のチャートの大崩しは後遺症が残りそうです。

7269 スズキ
4日続伸で6年半ぶりの高値まで上昇。15年をメドにリッター40kmの燃費を実現するとの報道も追い風に。それにしても、リッター40kmって驚異的ですね。売れるべくして売れている!

3656 Klab
スマホゲームの香港・台湾での配信開始を材料視してストップ高。同様に事前登録にて短期で1万人の登録者を記録したモバノブの3664 モブキャストも急騰必至!?
 
※ 無料メルマガは本日も22時配信予定です。
      
button3

では、本日もお疲れ様でした。


お帰り前にこちらもよろしくです!☆
          
        

□ 午後の戦略 : 目的別戦略を丁寧に遂行!

前場の日経平均は週末のNY高を好感して一段高スタート。14,600円どころでは戻り売りに押されて上値を重くしたものの、本日のNY休場の影響で動意が乏しい中を14,500円台後半での持ち合いに終始。

個別銘柄はほぼ全面高。東証主力株では 6502 東芝、7731 ニコン、6758 ソニーなどが前日比3%超まで買われ、中小型株では2321 ソフトフロント、3656 Klab、3680 ホットリンクなどに短期資金が流入。

□ 午後の展望 : 強持ち合い
外部環境に極端な異変も想定しにくいため、14,500円台での持ち合い継続が本線。

□ 午後の戦略 : 目的別戦略を丁寧に遂行!
外資勢が再始動する明日と本日の相場月がガラリと変わる可能性もあるだけに、好トレンド銘柄は押し目買い重視の強気スタンス、ポジション整理予定銘柄は「買値に拘りすぎずに、悩んだら小口売却」 スタンスで臨んで下さい。

では、午後もよろしくお願いします。

こちらもよろしくです!☆
  ↓ ↓
air_rank                   

 

☆ 今週の戦略 : ポジティブな‘辛抱’!

今週の展望はこちらを参照ください。

□ 本日の展望 : 買い優勢
先週末のCME225(14,650円)にサヤ寄せした堅調スタート後、NY休場の影響で低調な商いの中を直近高値圏で持ち合う流れがメイン。

※ レアケースですが、先物市場にて「外資勢がNY休場を悪用したトレンド性のない強引な乱高下を演出してくる」可能性も念頭に。

☆ 今週の戦略 : ポジティブな‘辛抱’!
「リバウンド基調の継続」を前提とする強気スタンスがベース。

ただし、4月の戻り局面でもお伝えしたように、早くても6月後半に予定されている新アベノミクスが発表されるまでは「15,000〜15,200円水準が天井圏となる」可能性が高く、本日の寄りから勢い余って闇雲に買うのはNG。

日本株が上値を追うための最重要指標としている米10年債利回りは低位で持ち合っている事も踏まえ、以下のイメージで強気を表現していってください。

■ 買いは14,500円以下で! : 15,000円が視野に入る14,800円どころでは売れる準備をするためにも、買いは14,500円以下とするのが正攻法。よって、「余力を空け過ぎた」とお感じの方や短期売買主体の方は 明日の寄り付きからの一段高局面で打診買いを入れるのもOKですが、基本戦略としては「新規買いは避け、軽めのポジション縮小」を優先したいところ。


■ 利益確定は極力引っ張る! : 月初からの厳しい展開を踏まえれば「上がったらとにかく売りたい」もNGではないものの、優先すべきは「乗り換え先での高値掴みの回避」。よって、好トレンド銘柄や含み益銘柄、数週間スパンで腰を据えて臨んでいる銘柄などは極力売却を控えるのがおススメ。

■ 何を買うか < 何を売却するか : 個別企業のファンダメンタルよりも日本株全体の需給動向次第で株価が上下する状況が続いています。このような局面で保有銘柄数を増やすのはリスク分散にはならず、利確チャンスを逃しやすくするだけ。

よって、同一セクターやテクニカルが近似している銘柄の重複保有を避ける、もしくは 含み損の大きい銘柄はズバッと売るなどの工夫をして持ち銘柄数を5以下に押さえるのが賢明です。

『 育てる力、見切る力! 』
 
本日もよろしくお願いします。

朝一の1ポチもよろしくです!☆ 
       
                     

<< 今週の展望 >> リバウンド基調 vs テクニカル・米債券高

■ NY市場(5/23)
先週末のNY市場は、前日までの騰勢に加えて朝方発表された4月新築住宅販売もコンセンサスを上回り堅調に推移。ダウは3日続伸。S&P500は終値での最高値を更新。

NYダウ 16,606ドル +63、ナスダック 4,185 +31
為替 101.96円/ドル、139.00円/ユーロ、1.3633ユーロ/ドル
米10年債 2.535% +0、CME225 14,560円
NY原油 104.35 +0.61、金 1291.9 −3.3

■ 今週の主な政治・経済イベント
5/26(月) NY休場
5/27(火) 米3月ケースシラー住宅指数、4月耐久財受注
5/29(木) 米1−3月期GDP
5/30(金) 米4月個人消費支出、5月シカゴPMI、ミシガン大学消費者信頼感指数

■ NY市場展望 : 上値模索
16,400ドル水準を強めの抵抗帯として上値を模索しているテクニカル要因、最高値更新中のダウ輸送株指数が示す「良好な景況感」などから、最高値(16,735ドル)更新を視野に入れた強トレンドの継続が本命視されます。
big
リスクシナリオとしては、依然として不安残しのウクライナや中国経済に加えて、月曜に大統領選挙を控えるエジプト、軍部によるクーデターが発生したタイなど新興国リスクが高まり、再度16,400ドルまで下押すケースに警戒。

想定レンジは16,400〜16,800ドル

■ 日本市場展望 : NY−アルファ
先週末終値から100円近く上昇しているCME225にサヤ寄せした堅調スタート後、週末にかけてもNY株の上昇基調に下支えられたリバウンド基調の継続がメイン。

big

もっとも、年初から上値抵抗帯としている13週線(14,503円)を上ブレるには材料に乏しく、需給面でも米10年債利回りの低位安定が「欧米金融資本のリスク志向の〜(略)〜」を示唆しているため、米株高には緩慢に反応しつつ米株安には過敏に反応する場面にも警戒したいところ。

想定レンジは14,●●0〜14,800円
          (本日の会員サークルより)

では今週も宜しくお願いします。

 
応援もよろしくです!☆ 

       
             
会員制サークル・S研究所
  banner2


一定期間ブログや無料メルマガをご覧いただいて、「これなら一緒にやっていけそうかも!」、「もっと深くSラボ戦略を体感したい!」とお感じになった方は、メンバー様全員参加型の有料掲示板(=会員サークル)へのご参加をご検討ください!

会員サークルでは積極的な自論展開もOK、閲覧のみのご利用もOK!

ご参加お待ちしてます!
◆ 当ブログについて
会員制情報サークルでの当方の注目銘柄を Sラボ銘柄と総称しています。 そして、その目的や売買戦略別に★ Sラボ・主力銘柄と☆Sラボ・スポット銘柄とに分類。ブログ上では銘柄色を紺色で統一してます。

それ以外は、ウォッチ銘柄、もしくは「気になる銘柄」として、上方向で考えている銘柄を グリーン、下向きのものを紫で表示。

当ブログでのコメントは 銘柄名のみでなく‘全体戦略’から落とし込むトップダウンのイメージで臨んで頂くのが効果的!

※ ブログやメルマガはあくまでサンプルとお考えください。また 内容については保証できるものではありませんので 、 売買はご自身の判断でお願いします。
記事検索
Sラボ関連ブログ

■ 勘助ブログ withGS■



Archives
携帯でブログを♪
QRコード
☆応援よろしくです!
今日も1クリック宜しくお願いします☆ 
 ↓ ↓ 


当ブログは2017年10月をもって12年目に突入!微力ながら皆様のお役に立てるように日々精進させて頂きます!!

S教授の本棚
Profile
  • ライブドアブログ