2014年07月

日経平均(大引け) 15,620円 −25、 上げ一服

本日の日経平均は。円安基調を追い風に前場に15,759円(+113)まで上昇したものの、引けにかけては利益確定売りに押され、5日ぶりの小反落で取引を終了。

東証主力株は、9101 日本郵船、9104 商船三井、9107 川崎汽船など船株が買われた他、6701 NEC、8591 オリックスが前日比3%超まで上昇。中小型株は3668 コロプラ、7779 CYBERDYNE、2121 ミクシィが商いを伴って急騰。

日経平均 15,620円 −25、Topix 1,289 −2
225先物(6月物) 15,630円、NYダウ先物 16,868ドル
為替 102.77円/ドル、137.70円/ユーロ、1.3394ユーロ/ドル

■ テクニカル : 上げ一服
依然として10日線(15441円)や25日線(15,356円)に距離を残している事から買い方優位の形状に変わりはありませんが、寄りから上値を試した後の反落により残った中陰線が「買い一服」を示唆。
 
big (10)

【気になるニュース・銘柄】
5333 日本碍子、1881 NIPPO、5741 UACJ、6624 田淵電機、4971 メック、3241 ウィル、2309 シミックHD、2429 ワールド,2131 アコーディア、6722 A&T、5285 ヤマックス、6138 ダイジェット
引け後上方修正を発表。

2362 夢真、2489 アドウェイズ、4293 セプテーニ
増配 or 復配発表銘柄

6758 ソニー 
4−6月期営業益は前年比96%増の698億円で着地。ネガティブリーダーのイメージが強かっただけに見直し買いの素地もありますが、スマホ・液晶TVの販売見通しをともに下方修正し、将来的な不安は根強い結果に。

※ 決算情報は取引所発行のものでご確認ください。

9783 ベネッセ

個人情報漏洩に絡み260億円の特損を計上。灰汁抜けの有無に注目。

※ 本日もメルマガは22時配信予定です。
       button3

では、本日もお疲れ様でした。


お帰り前にこちらもよろしくです!☆
          
        

■ 午後の戦略 : 肩の力を抜いた小口売買

前場の日経平均は、米長期債利回り高に伴って103円台まで上昇したドル円に背中を押されて買いが先行。寄りから15,700円台まで上値を切り上げると、現在も強含みで推移中。

東証主力株は6701 NEC、7211 三菱自動車、8316 三井住友FGなどが堅調に推移。中小型株は3668 コロプラ、7779 CYBERDYNE、2438 アスカネット、3656 Klabなどに短期資金が集結。

□ 午後の展望 : 持ち合い
小康状態のNYダウ先物や円安一服が利確売りを誘発する「15,600円台前半から15,700円台後半のレンジでの推移」が本線。

■ 午後の戦略 : 肩の力を抜いて小口売買
好決算銘柄に資金が流入しやすい事は明確ながら、決算前の全力買いや好決算後の飛び乗りはリスク過多ですので、「見た目ほどは簡単な相場つきではない」といえそうです。

オプション価格の15,750円をクリアした事で先物に利確ラッシュが入っても不思議ではない局面だけに、一定の余力は維持したまま「本気買いは押し目狙い、上昇時は売りすぎ注意」の従来スタンスを継続していって下さい。

【気になるニュース・銘柄】

4902 コニカミノルタ
 100億円の自社株買いを好感して年初高を更新した後は利確に押される展開。

8316 三井住友FG、7211 三菱自動車
コンセンサスを上回った4−6月期業績を好感して買いが先行。

3668 コロプラ
上方修正を材料視して急騰。 

では、午後もよろしくお願いします。

                          

☆ 本日の戦略 : 売りすぎ、飛び乗りに注意!

NY市場は、コンセンサスを上回った米4−6月期を好感して買い先行でスタートしたものの、市場予想を下回ったADP雇用報告やFRBによる早期利上げへの警戒感が重石となり、一時16,817ドルまで下落。現状維持を決定したFOMC後は16800ドル台後半で膠着感の強い流れとなり、結局小幅続落で取引を終了。ナスダックは5日ぶりの反発。

NYダウ 16,880ドル −31、ナスダック 4,462 +20
為替 102.78円/ドル、137.68円/ユーロ、1.3396ユーロ/ドル
米10年債 2.560% +0.098、CME225 15,765円
NY原油 100.27 −0.70、金 1294.9 −3.4

□ 本日の展望 : 先物主導の上値模索
米長期債金利の上昇に伴うドル円高を追い風としてCME225にサヤ寄せした買い優勢のスタートへ。15,700円台では高値警戒感が上値を押さえる一方、15,600円どころでは好テクニカル・好需給が下支えとなるしっかりとした推移が想定されます。個別全般に関しては好決算銘柄は素直に買われる一方で、それ以外の銘柄群の上値は重くなりそうです。

☆ 本日の戦略 : 売りすぎ、飛び乗りに注意!
米長期債利回りの急上昇とNY株の高値持ち合いが「欧米金融資本のプラスのリスク志向度アップ」を示唆していますので、週末の米雇用統計や地政学的リスクが多少の悪化する程度であれば上値追いの勢いは継続しそうです。

短期的には過熱感も生じているだけに、先物主導の日経平均高に煽られた「一段高局面での飛び乗り買い」は控え、「売り過ぎない強気」を意識しつつ、寄り付き前までに準備した条件に合致したケースでは堂々と動いていきたいところ。

【気になるニュース・銘柄】
9107 川崎汽船
コンテナ船の港湾ターミナル施設事業で米最大手と提携するとの報道。

6366 千代建
米国最大級LNG基地の基本設計業務を受注との報道。

4902 コニカミノルタ
発行株の2%、3億円を上限とする自社株買いを発表。

5108 ブリジヂストン
1−6月期営業益は従来予想を上回る2200億円前後だったとの報道。

7832 バンダイナムコHD
4−6月期営業益は「妖怪ウォッチ」関連商品の貢献により150億円前後となったとの報道。

では、 本日もよろしくおねがいします。

朝一の1ポチもよろしくです!☆ 
       
                      

日経平均(大引け) 15,646円 +28、上昇トレンド継続

本日の日経平均は小幅に4日続伸。買い先行でスタートすると15,600円台半ばでは利確売りに上値を押さえられたものの、102円台に乗せたドル円が下支えとなり概ね15,600円台前半での堅調な流れに。

東証主力株は高安マチマチ。6503 三菱電機、4902 コニカミノルタ、6724 セイコーエプソン、7267 ホンダ、7202 いすゞ、6471 日本精工などが前日比3%超の上昇に。総じて好決算が素直に評価される格好。中小型株は2438 アスカネット、3782 DDS、3350 RED、3807 フィスコが目先マネーを集めて急騰。

日経平均 15,646円 +28、Topix 1,292 +1
225先物(6月物) 15,630円、NYダウ先物 16,868ドル
為替 102.11円/ドル、136.90円/ユーロ、1.3407ユーロ/ドル

■ テクニカル : ジリ高上値模索トレンド継続
4本並んだ陽線が「ジリ高上値模索トレンドの継続」を示唆。息の長い上げ相場と化すためには一旦15,500円前後までの押しがほしいところ。

big (8)

【気になるニュース・銘柄】
5815 沖電線、8793 NECキャピタル、6801 東光、5476 高周波
引け後に上方修正を発表。

1381 アクシーズ
中国期限切れ食肉問題を受けて、国内で鶏肉の加工・販売を手掛ける同社に思惑買いが継続。

3664 モブキャスト
今冬の新作スマホゲーム配信を買い材料視して大幅高。

※ 本日もメルマガは22時配信予定です。
       button3

では、本日もお疲れ様でした。


お帰り前にこちらもよろしくです!☆
          
        

■ 午後の戦略 : 買いたい弱気

前場の日経平均は、前日までの騰勢を引き継ぎ、概ね15,600円台でしっかりと推移。東証主力株は7267 ホンダ、6471 日本精工、8035 東京エレク、6796 クラリオンなどが決算を好感されて堅調。中小型株は6871 マイクロニクス、3656 Klab、3782 DDS、7844 マーベラスなどに短期資金が流入。

□ 午後の展望 : 強持ち合い
今晩のFOMCの結果と反応を見極めたいとする向きから、15,500円台半ばから15,700円手前のレンジでの様子見色の強い展開がメイン。 

■ 午後の戦略 : 買いたい弱気
3割前後の余力を維持しながら、条件を絞った売買へ。 ストレス化している銘柄は、明日以降の新たな物色テーマに柔軟に乗るべくポジション縮小を計っていってください。

では、午後もよろしくお願いします。

                         

☆ 本日の戦略 : FOMC前のポジション整理!

NY市場は、7月CB消費者信頼感指数、5月ケースシラー住宅指数、UPSの決算などがコンセンサスを下回ったことや、FOMCの内容を見極めたいとの向きから引けにかけてジリジリと下値を切り下げ、70ドル安で取引を終了。

NYダウ 16,912ドル −70、ナスダック 4,442 −2
為替 102.12円/ドル、136.93円/ユーロ、1.3409ユーロ/ドル
米10年債 2.462% −0.029、CME225 15,600円
NY原油 100.97 −0.70、金 1298.3 −5.0

□ 本日の展望 : 指数は堅調、個別はまったり
昨日までの3日続伸の反動により15,600円どころでの弱含みのスタート後、引けにかけては日経平均の好テクニカルやドル円の堅調さが下支えとなる15,500〜15,600円台での持ち合いが本線。

☆ 本日の戦略 : FOMC前のポジション整理!
米FOMCは、終了後にイエレンFRB議長の会見が予定されていませんので、「現状維持 → 無風通過」を中心視していますが、過熱感の生じている日経のテクニカルや週末の雇用統計も踏まえ、本日大引け時点では3割前後の余力確保を優先していって下さい。※ 暴落への警戒 ではなく‘ 買いたい弱気’

余力を除いた攻撃可能枠については、足元の好トレンドに順じた押し目買い狙いを継続。

【気になるニュース・銘柄】
5401 新日鉄、5411 JFE
15年3月期は鉄鋼需要の底堅さやコスト削減の寄与によりそろって1割前後の増益になる見通しとの報道。

6955 FDK
クレジットカードなどの小型カードに組み込めるリチウムイオン2次電池を開発。
 
3396 フェリシモ
LINEと提携し、商品の定額配送をはじめるとの報道。
 
8411 みずほFG
4−6月期純利益は前年同期比4割減の1000億円台半ばで着地したとの報道。

4901 富士フィルム、4902 コニカミノルタ、5411 JFE、6503 三菱電機、7012 川崎重工、9433 KDDI、2914 JT
本日決算発表予定の主な企業 

『 行動を伴うビジョン! 』

では、 本日もよろしくおねがいします。

朝一の1ポチもよろしくです!☆ 
       
                      

日経平均(大引け) 15,618円 +88、買い仕掛け&好テクニカルで続伸!

本日の日経平均は大幅続伸。外部環境に目立った変化がなかったものの、連日同様先物での買い仕掛け主導で15,600円台まで上昇。ドル円も一時102円目前まで買われ、株高に追随。

東証主力株は機械セクターが堅調、金融株が軟調に推移。中小型株は2121 ミクシィ、7779 CYBERDYNE、9424 日本通信などに短期資金が流入。
 
日経平均 15,618円 +88、Topix 1,290 +4
225先物(6月物) 15,640円、NYダウ先物 16,919ドル
為替 101.98円/ドル、136.96円/ユーロ、1.3432ユーロ/ドル

■ テクニカル : 上値模索基調キープ
持ち合い上放れによる上昇志向を継続。7/18安値 15,110円から7日で500円超の上昇により過熱感も生じているため、15,500円台で値固めをこなしながらの上値追いが本線、オーバーシュートにより一気にOP価格15,750円付近まで買われた後、鋭角な値幅調整に入るケースを次点と想定。

【気になるニュース・銘柄】
4572 カルナバイオ
10時に発表した「新薬の特許査定通知受領」を材料視してストップ高。

8088 岩谷産業、5659 日本精線
水素関連の一角が大幅高。

6471 日本精工
15年3月期純利益予想を500億円から565億円に上方修正&増配(20円→24円)予想を発表。

3765 ガンホー
増益ペースの鈍化報道を嫌気して一時600円割れまで下落。

6305 日立建機
15年3月期純利益予想を450億円から300億円に下方修正。


※ 本日もメルマガは22時配信予定です。
       button3

では、本日もお疲れ様でした。


お帰り前にこちらもよろしくです!☆
          
        

☆ 本日の戦略 : 先物に惑わされず、トレンドに逆らわず!

NY市場は、依然として不透明感の漂う地政学的リスクやコンセンサスを下回った6月中古住宅販売成約を嫌気して軟調に始まったものの、自律反発狙いの買いに下支えられ4日ぶりに小幅反発で取引を終了。

NYダウ 16,982ドル +22、ナスダック 4,444 −4
為替 101.84円/ドル、136.83円/ユーロ、1.3436ユーロ/ドル
米10年債 2.487% +0.018、CME225 15,565円
NY原油 101.67 −0.42、金 1303.3 +0

□ 本日の展望 : 強持ち合い
CME225にサヤ寄せした強含みのスタート後、引けにかけては今日明日の米FOMCの結果と影響を見極めたいとする様子見志向をベースに15400円台から15,500円台の狭いレンジで持ち合う展開が想定されます。連日同様に先物次第でブレる場面は念頭に。

☆ 本日の戦略 : 先物に惑わされず、トレンドに逆らわず!
出来高を伴わない先物主導の上値追いは、きっかけ一つで下ブレる脆さも内包しています。よって、日経高に煽られた飛び乗りは避けたい一方で、15,400円どころのレンジブレイクによりトレンドは強化されている事から、余力残しの順張り押し目買いスタンスは継続していきたいところ。

ターゲットについては、昨日お伝えしたロジックにより 従来までの中小型株に傾斜したスタンスから「東証主力の割合を増やす」戦略がおススメ。

※ FOMCを控える明日の大引け時点では3割前後の余力を確保したいため、既に資金枠を目一杯使用されている方は、本日の上昇局面を使った早めの余力アップもご検討ください。

【気になるニュース・銘柄】
6752 パナソニック
電気自動車向け電池工場建設でテスラモーターズと提携。

4921 ファンケル
今秋をメドにサプリメントの定期宅配を始めるとの報道。

3003 ヒューリック
昨日発表の6月中間期利益予想119億円は通期(180億円)上方修正に含みを残す格好。
 
『 三手の読み! 』

では、 本日もよろしくおねがいします。

朝一の1ポチもよろしくです!☆ 
       
                     

※ 本日の昼の更新はお休みさせていただきます。ご了承ください。

日経平均(大引け) 15,529円 +71、先物主導で15,500円台まで上昇!

本日の日経平均は、先週末の大幅高の反動やNY安を受けて小安くスタート。しかし、先物での外資主導の上値追いの様相から一時15,556円(+98)まで上昇すると、引けにかけても15,500円台前半で堅調に推移。

東証主力株は、日経先物ほどの安定感はなく高安マチマチ。7269 スズキ、7202 いすゞ、6501 日立、8308 りそなHDが前日比2%超の上昇。中小型株は、2121 ミクシィ、6094 フリークアウト、2438 アスカネットが短期資金を集めて大幅高に。

日経平均 15,529円 +71、Topix 1,286 +4
225先物(6月物) 15,520円、NYダウ先物 16,892ドル
為替 101.80円/ドル、136.72円/ユーロ、1.3430ユーロ/ドル

■ テクニカル : 持ち合い上放れ
1ヶ月以上上値抵抗帯として機能していた15400円を明確にブレイクし、上昇志向を強める格好。MACD陽転も追い風。

big (7)

 【気になるニュース・銘柄】
2151 タケエイ
15年3月期純利益予想を13.1億円から36.1億円に上方修正。

3778 さくら
9月中間期営業益予想を2.5億円から3.3億円に上方修正。
 
2459 アウン
3日で64%の上昇!ここまで加熱してしまっては次の調整が根が深いものになりそうですが、先々の押しは長い目で拾っていきたいところ。

※ 本日もメルマガは22時配信予定です。
       button3

では、本日もお疲れ様でした。


お帰り前にこちらもよろしくです!☆
          
        

□ 午後の展望 : 強含み、先物主導高の反動には警戒

前場の日経平均は、先週末の大幅高の反動やNY安を受けて売り先行でスタート。しかし、先物への散発的な大口買いが下支えとなり前日比プラス圏を回復すると、中国市場の堅調さも追い風に10:30過ぎには15,556円(+98)まで上昇。

東証主力株は高安マチマチ。中小型株は3318 メガネスーパー、2438 アスカネット、2459 アウン、1847 イチケンなどに短期資金が流入。

□ 午後の展望 : 強含み
先物での外資勢の強気スタンスが買い安心感を広めていることから、15,400円〜15,600円レンジでの強含みの展開が予想されます。

■ 午後の戦略 : 的を絞った押し目買い
確たる理由もないまま先物主導で上値を追っているだけに、その反動には「早々の余力維持」で備えつつ、的と条件を絞った押し目買いスタンスを継続していきたいところ。

なお、今晩のNYダウについては16,900〜17,●●0ドルでのやや「反発優位」の展開を本命視しています。
 
         (会員サークル 午後の戦略より) 

 
では、午後もよろしくお願いします。

                        

☆ 今週の戦略 : 東証主力の打診買い!

□ 本日の日本 : 好テクニカルが下支え
先週末の大幅高(+173)の反動やNY続落を背景にCME225(15,425円)にサヤ寄せした軟調スタート後、引けにかけては好テクニカルが下支えする15,300〜15,500円レンジでの推移が本線。

☆ 今週の戦略 : 東証主力の打診買い!
今週も中小型株にに刹那的に資金が出入りする‘歪な需給’に変化はない一方で、先週の日本電産(6594)やファナック(6954)の好決算が口火を切る格好で“東証主力株に物色の裾野が広がる”可能性があります。よって、直近は様子見スタンスで臨んでいた方や中小型株オンリーで攻めてる方も 以下のイメージでの東証主力に注目・着手していきたいところ。

□ 東証主力は決算前の打診買い → 順張り!
今の低ボラ相場にあっては上方修正後の上昇局面を飛び乗っても納得の行く値幅は生じにくいため、「決算前の打診買い → 決算後の好ムード確認後に買い増し。(決算後の弱ムードは早期見切り)」が得策。

※ 「銘柄数の持ちすぎはNG」は不変ですので、この場合も持ち株は5銘柄以内に抑えるのがおススメ。また、今回も「決算シーズン序盤に発表を予定している銘柄が優位」となりそうですので、銘柄選択の際は今週中に決算を迎える銘柄から考察するのが妙手。

□ 水曜、金曜の大引け時点では相応の余力をキープ!
市場のトレンドを変化させうる米FOMC、雇用統計を念頭に、水曜と金曜の大引け時点では3割前後の余力維持を優先。ここから逆算すれば本日寄りからの軟調気配は一歩踏み込んで攻めるのが正攻法!

『 奇を衒わず丁寧に布石を打つ! 』

☆ 新Sラボスポット銘柄
上記全体戦略と個別戦略をリンクさせるべく、本日から仕込み開始!!

■ 7/21〜31スタートコースの新メンバーさんの募集中!!
           4343aquab02-001 

では、 本日もよろしくおねがいします。

朝一の1ポチもよろしくです!☆ 
       
                     

<< 週間展望(7/28〜8/1) NY市場 >>イベントを利用した大掛かりな需給調整に警戒!

□ NY市場(7/25) : 3日続落で17,000ドル割れ
週末のNY市場は3ヵ月半ぶりに3日続落。6月耐久財受注はコンセンサスを上回り、ウクライナや中東情勢にも目立った変化はなかったものの、前日発表のアマゾンの弱決算が利確売りの呼び水となり寄り付きから売りが先行。一時16,915ドル(−168)まで売られ、引けにかけての戻りも限定的に。

NYダウ 16,960ドル −123、ナスダック 4,449 −22
為替 101.87円/ドル、136.73円/ユーロ、1.3429ユーロ/ドル
米10年債 2.469% +0.001、CME225 15,425円
NY原油 102.09 +0.02、金 1303.3 +12.5

■ テクニカル : 正念場
6月末以来の「終値での20日線割れ」により2月上旬からの中期上昇トレンドに暗雲が漂う格好。16,800ドル付近に控える13週線が強めの下値抵抗帯として意識される一方、ここを割り込むようなら26週線(約16,500ドル)水準までの深押しが警戒されます。上値は17,200ドルが軽め、17,500ドルが強めの抵抗帯に。

big

【主な海外政治・経済イベント】
7/28(月) 米7月マークィットサービス業PMI
7/29(火) FOMC(〜30日)、米5月ケースシラー住宅指数、決算:UPS
7/30(水) 米7月ADP雇用報告、4−6月期GDP
7/31(木) 米7月シカゴPMI
8/1  (金) 中国7月製造業PMI、米7月雇用統計、ISM製造業景気指数、ミシガン大学消費者信頼感指数

■ NY展望 : 「強基調継続」メインも波乱含み
FOMCや週末の雇用統計による「FRBによる早期利上げ懸念」払拭を背景とした中長期上昇トレンドの継続が本線。想定レンジは16,800〜17,●●00ドル

リスクシナリオとしては、FOMCでの利上げ時期についての示唆、雇用市場の急速な改善、〜(略)〜、地政学的リスクの高まりなどにより「リスクポジションの巻き戻し」に拍車がかかるケースを念頭に。この場合、8月上旬にかけて16,500ドル付近まで下値を試す展開に警戒したいところ。

    (本日の会員サークルより)
 
ちょっと一息!♪
       

日本市場展望はこちら
を参照ください。    
                         
 

<< 週間展望(7/28〜8/1) ・日本市場 >> 値固め後、ジリ高での上値模索へ!

■ 日本市場 : 値固め → 上値模索へ!
7/25のNYダウが123ドルの急落となったものの、CME225は「先週末の大幅高に対する良識的な調整の範疇」といえる15,425円で引けている事から、7/28(月)は15,400円前後での「利確優位ながらも底堅い」スタートが予想されます。

週末にかけては、テクニカル上の節目が集中している15,300円どころで下方硬直性を示しつつ、15,500円超えからジリ高にて上値を模索する展開が本線。想定レンジは15,200円〜15,650円

big (6)

リスクシナリオとしては、FOMC、米中経済指標、地政学的リスクなどを背景に世界的に需給トレンドが軟化した場合の15,●00円までの下押しを警戒。

  (本日の会員サークルより >> Sラボご入会案内

こちらも是非!☆ 
       
                

日経平均(大引け) 15,457円 +173 陽の丸坊主が上値模索を示唆

本日の日経平均は急反発。円安基調を好感して寄りから買いが先行すると、14時過ぎからは先物での仕掛け買いを背景に上値を切り上げ、本日の高値で取引を終了。東証主力株は概ね堅調。ファナック(6954)、ファストリ(9983)の2銘柄で日経平均を54円押し上げる結果に。
 
日経平均 15,457円 +173、Topix 1,281 +11
225先物(6月物) 15,450円、NYダウ先物 16,995ドル
為替 101.76円/ドル、137.07円/ユーロ、1.3470ユーロ/ドル

□ 後記 : 日経平均のテクニカルは(ほぼ)陽の丸坊主により、上値模索に期待を膨らませる形状。

 来週は、FOMCや米雇用統計など重要イベントが目白押しですが、概ね想定内に着地する事で15,500円トライが視野に入ります。もっとも、地政学的リスク&欧米とロシアの制裁合戦は予断を許さないために、緊張感を維持しながら前進していきたいところ。

来週の展望は日曜午前中までの更新、メルマガは同15時配信予定です。
        button3

では、本日もお疲れ様でした。


お帰り前にこちらもよろしくです!☆
          
        

□ 午後の展望 : 利確優勢、ファナック次第では15200円台半ばまでの押しも念頭に

前場の日経平均は、クロス円の上昇を好感して買い先行でスタートすると、前引けにかけても15,300円台後半で堅調に推移。建設セクターや好決算で買われている6954 ファナックが指数を押し上げる格好。中小型株は9927 ワットマン、6901 澤藤電機、5952 アマテイなど低位の一角が急騰。

□ 午後の展望 : 利確優勢、ファナック次第では15200円台半ばまでの押しも念頭に
週末要因を背景とする利益確定売りが優勢の展開がメイン。指数寄与度の大きいファナック次第では15,200円台半ばまでの反落にも警戒。

■ 午後の戦略 : 平時の週末シフト
3割+アルファの余力をキープしたまま、買いは的と条件を絞り、悩んだら「買いは様子見、売りは小口で実践」の脇を締めたスタンスで臨んで下さい。

【気になるニュース・銘柄】
2459 アウン
昨日寄り前にお伝えした「中長期注目」をあざ笑うかのような2日で+32%の急騰劇・・・。

6505 東洋電機製造
勘助氏注力中。節目の440円を抜けてきました。6628 オンキョーも興味深い動き。 
 
では、午後もよろしくお願いします。

                       
会員制サークル・S研究所
  banner2


一定期間ブログや無料メルマガをご覧いただいて、「これなら一緒にやっていけそうかも!」、「もっと深くSラボ戦略を体感したい!」とお感じになった方は、メンバー様全員参加型の有料掲示板(=会員サークル)へのご参加をご検討ください!

会員サークルでは積極的な自論展開もOK、閲覧のみのご利用もOK!

ご参加お待ちしてます!
◆ 当ブログについて
会員制情報サークルでの当方の注目銘柄を Sラボ銘柄と総称しています。 そして、その目的や売買戦略別に★ Sラボ・主力銘柄と☆Sラボ・スポット銘柄とに分類。ブログ上では銘柄色を紺色で統一してます。

それ以外は、ウォッチ銘柄、もしくは「気になる銘柄」として、上方向で考えている銘柄を グリーン、下向きのものを紫で表示。

当ブログでのコメントは 銘柄名のみでなく‘全体戦略’から落とし込むトップダウンのイメージで臨んで頂くのが効果的!

※ ブログやメルマガはあくまでサンプルとお考えください。また 内容については保証できるものではありませんので 、 売買はご自身の判断でお願いします。
記事検索
Sラボ関連ブログ

■ 勘助ブログ withGS■



Archives
携帯でブログを♪
QRコード
☆応援よろしくです!
今日も1クリック宜しくお願いします☆ 
 ↓ ↓ 


当ブログは2017年10月をもって12年目に突入!微力ながら皆様のお役に立てるように日々精進させて頂きます!!

S教授の本棚
Profile

S教授

・CFP認定者。44歳
☆ 趣味:テニス、娘とYOU、行動心理経済学
☆ 投資へのこだわり:マーケットの最大の敵は恐怖心と焦り!・チャートは読むものではなく、作るもの!・最短ルートは勝ち組のマネ。

  • ライブドアブログ