2014年12月

NYダウ(12/30) 17,983ドル −55、ギリシャ懸念の影響は軽微

NY市場は続落。朝方発表された10月ケース・シラー住宅価格指数や12月CB消費者信頼感指数は強弱マチマチの結果となったものの、利益確定売りが優勢のまま終日18,000ドルを挟んだ狭いレンジで推移。

NYダウ 17,983ドル −55、ナスダック 4,777 −29
為替 119.44円/ドル、145.19円/ユーロ、1.2154ユーロ/ドル 
米10年債  2.189% −0.002、CME225 17,340円 
NY原油 54.12 +0.51、金 1200.4 +18.5

日経平均先物は一時17,200円まで下落した後、昨日終値水準で取引を終了。ドル円が119円台半ばまで下落している事も不安要因となりますが、マーケット全体の流れからは「ギリシャ懸念」の影響は軽微にとどまる結果に。

年末も1ポチもよろしくです!
         
     

■ 日経平均(大引け) 17,450円 −279、9度目の大納会!

大納会となった本日の日経平均は大幅続落。18,000円トライを視野に入れた強気優位ムードで週初を迎えながらも、昨日のエボラ騒動や本日のギリシャ懸念を建て前とした利確売り圧力に屈し、本日の安値で取引を終了。

東証主力株は概ね軟調。中小型株は、7748 ホロン、9478 SEH&I、3692 FFRI、4777ガーラなどが大幅高に。

日経平均 17,450円 −279、Topix 1,407 −17
225先物 17,360円、NYダウ先物 17,991ドル
為替 120.39円/ドル、146.63円/ユーロ、1.2133ユーロ/ドル

big (12)

■ 後記 : 2014年の結末は不安残しとなりましたが、今年同様に年初から地合いが軟化するのであれば『1月下旬のECB理事会に向けた仕込み好機』となるでしょう。是非とも堂々と2015年を迎えて下さい。

明日以降も海外市場の動向や私見についてこちらやツイッターで触れていく予定ですので、お時間がありましたらご参考にしてください。次回のメルマガは1/4 15時配信予定です。

              button3

<< ご挨拶 >>
2014年のマーケットは1月,10月,12月に波乱局面を迎えたものの、無事にブログ開催後9度目の大納会を迎える事が出来ました。皆様のご支援の賜物とスタッフ一同心よりお礼申し上げます。

来年も過剰流動性の行方が相場の大きなカギとなりますが、今年の経験を生かして抜かりなく対処していく所存ですので、2015年も何卒よろしくお願いします。

では、本年もお疲れ様でした。


お帰り前にこちらもよろしくです!☆
          
        

■ 午後の戦略 : 本質を見極めながら年を越す!

前場の日経平均は大幅続落。NYダウ先物やドル円など外部環境はしっかりと推移したものの、ギリシヤ政局不安が「昨日のエボラ騒動に端を発した利確賛成ムード」に拍車をかける格好で売りが先行。

東証主力株はハイテクに利確が目立った他は、日経安に比較して総じて底堅く推移。中小型株も昨日からの利確ムードに押される中、3692 FFRI、6031 サイジニア、3693 オプティム、7523 アールビバン、4777 ガーラなどに局所的に資金が集中。

□ 午後の展望 : 弱持ち合い
明日からの5連休を前に積極的に上値を買う動きは限定的となるため、引き続き利確優位の弱持ち合いが本線。レアケースとしては17,800円超え&17,500円割れの双方をケア。 

■ 午後の戦略 : 本質を見極めながら年を越す!
底堅いNYダウ先物やドル円の推移からは、前場の下げ要因とされている「ギリシャ政局不安」については現状ではあくまでも建て前。原油安が示唆する世界的な需給波乱に警戒すべく3割前後の余力をキープしたら、的と条件を絞った押し目買い狙いを継続していってください。

 では、午後もよろしくお願いします。

              

★ 本日の戦略 : 大納会も正攻法で!

NY市場は直近のジリ高上値模索トレンドを継続し、小幅に反落。第3回(最終)ギリシャ大統領選挙は、与党候補の否認により1月下旬の総選挙が決定。今後のギリシャ政局不安の高まりが、米債券買い(金利低下)やユーロ安・ドル高を誘発。

NYダウ 18,038ドル −15、ナスダック 4,806 +0
為替 120.69円/ドル、146.71円/ユーロ、1.2153ユーロ/ドル 
米10年債  2.216% −0.040、CME225 17,740円 
NY原油 53.61 −1.12、金 1181.9 −13.4

□ 本日の展望 : 持ち合い
ドル円は120円台後半まで上昇しているものの、上記のように「ギリシャ懸念に起因するユーロ安」の結果としてのマイナスイメージの強いドル高。昨日のエボラ感染疑惑についても陰性(感染なし)との発表されたものの、一旦広まった利確ムードをひっくり返すには時間が足りない状況。

よって、本日は17,600円台半ば〜17,800円レンジで売り買いが交錯する動意の乏しい展開が本命視されます。※ レアケースとしては先物主導の乱高下(18000円トライ、17,600円割れ)も念頭に。

★ 本日の戦略 : 大納会も正攻法で!
ギリシャ発需給混乱の回避やエボラ感染疑惑の解消を踏まえ、本日の大納会も『12/17 FOMCを起点とした強気度アップ戦略の継続』が正攻法。

・ 3割前後の余力確保は徹底。

・ ターゲットは商いが多めの好トレンド中小型を中心視。

・ 年内の買い残しはOK、売り残しはNG。直近の日経高に無反応だった銘柄や、本日の全体安の煽りでチャートを崩した銘柄は手仕舞い優先。

・ 主力買いなら円安メリット銘柄から考察。

【気になるニュース・銘柄】
6269 三井海洋開発
15年12月期営業益は、新規受注したブラジル国営石油会社向けの海底油田開発プロジェクトの寄与により20億円弱上積みされるとの報道。

3402 東レ
300億円を投じてメキシコ工場の生産能力を倍増させ、BMWに軽量素材の炭素繊維を供給するとの報道。

『 情動のコントロールが世界を変える!』

では、 本日もよろしくおねがいします。

朝一の1ポチもよろしくです!
         
  

1/1〜10スタートコースの新メンバーさん募集開始!
          
4343aquab02-001        

■ 日経平均(大引け) 17,729円 −89、エボラ熱を利用した短期調整

本日の日経平均は、12月中旬からの大幅高により高まっていたドル円や先物での「利確売り圧力」が、昼に厚労省から発表された「国内でのエボラ熱感染疑惑」を触媒として噴出し、13時過ぎに一時17,525円(−293)まで下落。売り一巡後は急速に落ち着きを取り戻し、結局17,700円台で取引を終了。

東証主力株は建設セクターを除いて概ね軟調。中小型株も1919 エス・バイ・エル、1821 三井住友建設、1861 熊谷組など建設株が人気化。

日経平均 17,729円 −89、Topix 1,424 −2
225先物 17,720円、NYダウ先物 18,021ドル
為替 120.27円/ドル、146.63円/ユーロ、1.2191ユーロ/ドル

■ テクニカル : 20日線際からの下ヒゲ = 強地合い!
4日ぶりの陰線ながら、20日線ワンタッチから長めの下ヒゲを残したことで、押し目買いバイアスの強さを示唆する格好に。

big (11)
【気になるニュース・銘柄】
4901 富士フィルム
エボラ関連として一時3867円(+97)まで買われたものの、引けにかけては失速。本日の全体安が「エボラ警戒が主要因でない」事を示唆。
 
☆ 1893 五洋建設
8日続伸にて 会員サークルご提案の12/15 371円からの上昇率は15%強に!!焦点は「何を買うか」ではなく、「どのようなイメージ・情報・戦略を持って売買するか」・・・!☆

明日の大納会も正攻法で!!

※ メルマガは今晩も21時配信予定です。
 
 
          button3

 では、本日もお疲れ様でした。

お帰り前にこちらもよろしくです!☆
          
        

■ 午後の戦略 : 続・ギリシャを横目に押し目買い!

前場の日経平均は続伸。先週末のNY市場の堅調さを引き継いで寄りから17,900円台まで上昇すると、9:50ごろからの円安加速が下支えとなり、前引けにかけても17,900円どころで堅調に推移。

主要セクターは、安倍政権の緊急経済対策を好感して建設株が堅調。中小型株は4564 OTS、4347 ブロードメディア、3692 FFRI、1821 三井住友建設などに資金が流入。

□ 午後の展望 : 強持ち合い
為替や先物での“年末の特殊需給”しだいではブレる余地も残りますが、総じて良好な外部環境からは17,800円台から18,000円どころにかけての強持ち合いの継続が本命視されます。

■ 午後の戦略 :  続・ギリシャを横目に押し目買い!
今晩のギリシャ大統領選挙後の混乱を回避 & 新年のスタートダッシュを目的に一定の余力を確保したら、ターゲットと上限を絞った押し目買いスタンスを継続。※ 年初は「一定以上の商いを有する好トレンド銘柄」ほど新規マネーが入りやすくなりますので売り過ぎにはご注意ください。

【気になるニュース・銘柄】
☆ 3291 飯田G 
会員サークルでは12/19 1408円からのご提案。先週土曜に閣議決定された「住宅購入など3.5兆円規模の緊急経済対策」を好感した建設高に追随し、まずは1,497円まで6%超の上昇に!!ここからの市場マインドの半歩先を丁寧に・・・!

 では、午後もよろしくお願いします。

                 

★ 本日の戦略 : ギリシャを横目に押し目買い!

□ 本日の展望 : 18,000円トライも視野に!
先週末のNY株式市場やドル円が堅調さをキープしていますので、本日はCME225(17,920円)にサヤ寄せした堅調スタート後、引けにかけては売り買いが交錯する持ち合いが本命視されます。ドル円が120円台後半まで上昇するようなら、先物主導で18,000円を試す展開にも期待。想定レンジは17,800〜18,050円。

※ 目先1か月のイメージとしては、年内は上値模索基調 → 年初もその惰性で堅調 → 1月中旬は日柄ないし値幅調整 → 〜(略)〜を本命視しています。

★ 本日の戦略 : ギリシャを横目に押し目買い!
今週も"12/17 FOMCを起点とした強気度アップ戦略"の継続が本線。

先週後半で「ストレス玉の手仕舞い = 年末の整理整頓」は概ね完了されているかと思いますので、本日も☆五洋建設、☆JUKIなど商いが多めの好トレンド中小型を中心に 押し目買い、吹き値売り、マイルドな上昇なら利確を見送るスタンスを継続。

その他の仕込みなら、ウォッチ銘柄で触れている円安メリット主力株を優先しつつ、出遅れ銘柄、薄商い銘柄、ハイボラ銘柄は楽しみの範疇に止めたいところ。※ 「新興銘柄は捨てる」覚悟で臨むのも妙手

□ 大引け時点では一定の余力をキープ
年末の特殊需給についてはプラス方向へのブレが期待される反面、今晩のギリシャ大統領選(最終回)後の混乱への懸念は払しょくできない状況です。年初からの攻撃資金を空けておく意味でも、大引け時点では2,3割をメドに余力を維持しておいてください。

※ 持ち株がムード良好な含み益銘柄のみの場合は、余力確保よりも「利確の急ぎすぎ注意!」を優先。
             (会員サークルより)
 
12月スタートコースの新メンバーさん募集は今日まで!
          
4343aquab02-001   

『 利益の最大化に必要なのは 器用さではなく育成力!』

朝一の1ポチもよろしくです!
         
     

□ NY市場(12/26) 小幅続伸

□ NY市場(12/26)
NY市場はクリスマス休場中のアジア株の堅調さを引き継ぎ買いが先行。一時18,100ドル台まで上値を伸ばした後、引けにかけては利確に押されて小幅続伸で取引を終了。

NYダウ 18,053ドル +23、ナスダック 4,806 +33
為替 120.38円/ドル、146.61円/ユーロ、1.2177ユーロ/ドル 
米10年債  2.249% −0.002、CME225 17,920円 
NY原油 54.73 −1.11、金 1195.3 +21.8

big (10)
【気になるニュース・銘柄】
4902 コニカミノルタ
14年4−12月期営業益は、オフィス向けカラー複合機販売の堅調さを背景に6年ぶりの高水準(450億円前後)になる見通しとの報道。

☆ Sラボスポット銘柄
今月の暴落過程では主役級中小型株に重点を置いて☆ 五洋建設(1853)、☆ JUKI(6440)をご提案。市場の落ち着きを確認した後は、本日閣議決定される「住宅購入など3.5兆円規模の緊急経済対策」に絡めた資金の動きに触れながらこちらに派生。昨日までの5日間でまずは5%超の上昇に!!

週明けも押しがあればコツコツと・・・!

銘柄名はこちらでチェック!!
           
     
                       
                         

■ 日経平均(大引け) 17,818円 +10、地肩の強さ!

実質新年入りとなった本日の日経平均は、欧米のクリスマス休場の影響で終日方向感に欠く展開の末、小幅反発で取引を終了。東証主力株は 5801 古河電工、3436 SUMCO、8840 大京が買われ、中小型株はノンバンク・建設・不動産への短期資金流入が顕著に。
 
日経平均 17,818円 +10、Topix 1,427 +6
225先物 17,860円、NYダウ先物 18,020ドル
為替 120.20円/ドル、146.85円/ユーロ、1.2213ユーロ/ドル

■ テクニカル : 好トレンドキープ!
5日連続で20日線を上回り、強トレンドを維持。時節柄ボリュームが乏しいだけに、引き続き「日柄調整をこなした後の上値追い」が本命視されます。

big (9)
【気になるニュース・銘柄】
3436 SUMCO、9107 川崎汽船
メルマガでも連日に渡り「(中小型株主体の)現☆Sラボ以外の仕込みはこれらから!」とお伝えしてきましたが、本日はともに年初来高値を更新!!為替に異変がなければ年を跨いだ強気継続へ。

1821 三井住友建設
こちらは昨日のメルマガ銘柄。本日寄り付き138円からでもザラ場高値147円は+9円、6%超の上昇に。☆ 1893 五洋建設7日続伸!

■ 後記 : 直近は東証主力株の膠着感もあって相対的に中小型株の健闘ぶりが目立ちました。来週もこの流れが継続すると期待される一方、年初からはガラリと物色傾向が変わる可能性が高いだけに、来週は「現実対応と将来への布石」を意識しながら取り組んで行ってください。

※ 来週の市場は2日間のみの開催となりますので「週間展望」はお休みさせていただきます。メルマガは日曜15時配信予定です。
          button3

では、本日もお疲れ様でした。

お帰り前にこちらもよろしくです!☆
          
        

■ 午後の戦略 : 利確は必要最小限に!

前場の日経平均は、海外休場の影響で昨日終値水準で寄り付いた後も 17,700円台後半から17,800円台前半の狭いレンジで持ち合う流れに。寄り前発表の国内経済指標は、良好な有効求人倍率と低調な鉱工業生産が相殺い、材料視されず。

主力株は建設を中心に広く薄く買い優勢で推移。中小型株は4564 OTS、1821 三井住友建設、4347 ブロードメディアなどに短期資金が流入。

□ 午後の展望 : 小波乱
17,700円台を中心にとするやや利確優位」の展開がメイン。

■ 午後の戦略 : 利確は必要最小限に!
ストレス玉の大胆なカットによる「年末の大掃除」を主戦略としながら、信念を持って臨んでいる銘柄は押し目買い、上昇時の売りすぎ注意を継続していきたいところ。

【気になるニュース・銘柄】
8848 レオパレス21 
勘助氏注力中。値動きの荒い仕手株は「上がったらすぐに売る」イメージも強いかと思いますが、勘助氏もコメントしているように この手のタイプは「売ったら負け」のつもりで取り組むのもおススメ。

勘助氏のブロードメディア(4347)、GS氏の池上通信機(6771)など腕力重視銘柄はタイミングを合わせるのが難しいですが、年明けくらいまでは日替わりでスター株が登場しそうですね。

☆ 1893 五洋建設
会員サークルでは 12/15 371円からのご提案。本日405円にて まずは34円高、9%の上昇に!!ここからも成否の分かれ目は器用さではなく、情報や戦略に裏付けされた腰の据わり具合となりそうです。

☆ 新スポット銘柄
こちらは昨日からのご提案。Sラボでは亜流となる「底這い銘柄」の大逆種狙い!!

 では、午後もよろしくお願いします。

                 
会員制サークル・S研究所
一定期間ブログや無料メルマガをご覧いただいて、「これなら一緒にやっていけそうかも!」、「もっと深くSラボ戦略を体感したい!」とお感じになった方は、有料掲示板(=会員サークル)へのご参加をご検討ください!
 ↓ ↓


閲覧だけのご参加もOK。独自の銘柄分析の公開もOK。メンバー様の中からの有力分析者の誕生も期待しています。
Sラボ関連

■ GS・勘助ブログ


S教授のメルカリ
読了済の書籍の一部を出品中!

S家の書庫
義父が遺してくれた書籍類
Archives
記事検索
携帯でブログを♪
QRコード
Profile

S教授

48歳 ファイナンシャルプランナー
趣味:テニス、行動心理経済学
信条:令和の時代は、企業情報よりも投資家動向を重視するトップダウン戦略こそ正攻法! 

  • ライブドアブログ