2017年08月

□ 日経平均(大引け) 19,646円 +139、 反騰トレンド入り優位!

本日の日経平均は続伸。NY株式市場やドル円が、火曜の北朝鮮によるミサイル発射事件を反転のきっかけとし、昨日の4−6月期GDP改定値の上方修正によりリバウンド色を強めた経緯を追い風に終日買い優勢で推移。前場に発表された中国8月製造業PMIは、習国家主席による水増し禁止方針の影響が懸念されたものの、実態よりも政府のメンツを優先する従来通りの手法により良好な内容で着地。

東証主力株は、7013 IHI、5233 太平洋セメント、5411 JFE、メガバンクを中心におおむね堅調。中小型株は 8029 ルック、5363 東京窒業、6955 FDK、6719 富士通コンポーネントなどに短期資金が流入。東証への資金流入により、新興市場は控えめの上下に。

日経平均 19,646円 +139、Topix 1,617 +9
225先物(9月限)19,670円 為替 110.49円/ドル
NYダウ先物 21,899ドル +28

■ テクニカル : 反騰トレンド入り優位!
昨日のMACD陽転に続く、5日・10日線のゴールデンクロス、パラボリック買い転換、8/7以来の20日線超えなどが反騰トレンド入りを示唆。
8/29安値108.26での底打ち感を強めているドル円も踏まえれば、8月上旬の下落第一波後の戻り高値(19,824円)をブレイクするなら20,000円トライもワンチャンスに。

big (2)

【ウォッチ銘柄】

△ 4901 富士フィルム(売)
自社株買い後の本日前場の大幅高を空売りで入っていただいた方は、明日は一旦利確優先がおススメ。

△ 8127 ヤマトインターナショナル

17年8月期営業益予想を3.4億円から7億円に2倍強上方修正。

☆ 先週水曜からのスポット6000番台銘柄

会員サークルでは先週水曜155円から参戦後、本日175円までの上昇により+20円、12%高を達成!!

直近は持ち合い中期化による日柄ロスも警戒されましたが・・・、同じくハーモニック・オハラルートからの派生銘柄として注力した ☆ デジタルアドベンチャー(4772)の「月曜参戦後から昨日までのわずか3日で34%の急騰!」を見せられたら、簡単には手放せませんよね。

BlogPaint

Sラボ戦略は、世界的な需給動向を踏まえた売買ポイントの考察 → 時流に適したテーマやセクターの考察 → 銘柄選別と推移する“トップダウン戦略”が本流となりますが、太い情報ルートからの銘柄は別腹。ハーモニックドライブ(6324)、☆オハラ(5218)ルートからの次回銘柄も期待!

では本日もお疲れ様でした。

※ 上記の
☆ 先週水曜からのスポット銘柄は今だけこちらで公開中!本日大口クロスを交えて騰勢を強めている★Sラボ主力6000番台銘柄も近々公開予定ですので、お時間がありましたら小まめにチェックしてくださいね。
         
     

よかったら 世界的な需給動向から逆算した全体戦略にて、“流れ”を感じながら☆★Sラボ銘柄に取り組んでいってください。
    
※  9/1〜10スタートコースの新メンバーさん募集開始!


   4343aquab02-001   
                        

■ 午後の戦略 : 押し目買い、上昇時の売りすぎ注意!

前場の日経平均は続伸。4−6月期GDPの上方修正を好感したNY市場の流れを引き継ぎ、寄り付き早々に19,600円台まで上昇。10時発表の中国8月製造業PMIも(習主席の水増し禁止令に反して)コンセンサスを上回る超硬な内容となった事で、買い一巡後も19,600円台で堅調に推移。

東証主力株は外需系を中心に概ね堅調。中小型株は 6719 富士通コンポーネント、2150 ケアネット、3441 山王、5381 MIPOXなどに短期資金が流入。

□ 午後の展望 : リバウンド継続

中国マクロ指標の無風通過により、直近のリバウンド基調の継続が本線。想定レンジは19,550〜19,700円。楽観シナリオとしては、「想定以下の戻り売り圧力」とみた先物での売り方の買戻し加速も念頭に。

■ 午後の戦略 : 押し目買い、上昇時の売りすぎ注意!

日経平均の20日線(19,633円)水準は相応の戻り売りも想定されますので、小口のポジション縮小を計ったら、引き続き「押し目買い・上昇時の売りすぎ注意」による強気度アップスタンスで。

【ウォッチ&Sラボ銘柄】

▼ 4901 富士フィルム(売)
会員サークルでは、「自社株買いを受けて大幅高なら空売り」としてご紹介中。

▼ 8306 三菱UFJ、8316 三井住友FG
割安性を買い要因とする見方が後を絶ちませんが、あくまでも地合い次第の自発性なき上昇。引き続き、資産運用対象外とするのがスマート。

△ 6501 日立、6758 ソニー
日経やドル円の陽転を前提に東証主力に打診買いを入れるならこの辺。ボラティリティは期待できませんので、株数との相談。「小口買い」なら見送りがおススメ。

☆ 先週水曜からのスポット6000番台銘柄

今週月曜からエントリーした後、昨日までに+34%の急騰を演じた ☆ 4772 デジタルアドベンチャーを「ハーモニックドライブ(6324)、オハラ(5218)ルートからの第二弾」とお伝えしましたが、こちらが「第一弾」!!

big (14)

第一弾と第二段のスタートの順番は逆になりましたが、本日は一時前日比約10%の上昇にて明確に見せ場を作っています。持ち合いが長かっただけに買い一巡後の利確ラッシュは想定内。ここからの情報&動向次第では積極的に株数の強弱を計っていく予定です。

※ 銘柄名は今だけこちらに!★Sラボ主力銘柄も公開間近!?
         



では 午後もよろしくお願いします。
            

★ 本日の戦略 : 続・強気度アップの打診買い!

おはようございます。

昨日のNY市場は小幅に続伸。4−6月期GDP改定値の上方修正(前期比年率+2.7%→+3.0%)や8月ADP雇用報告の好内容(雇用増+23.7万人、コンセンサス+18.3万人)を好感して一時21,900ドル台まで上昇。買い一巡後はテクニカル要因(20日線付近の戻り売り)や原油安によるエネルギーセクター株の軟化が重しに。

ナスダックは4日続伸のアップルなどハイテク関連が買われて大幅続伸。同様にトレンド陽転色を強めたドル円も追い風に、日経先物は19,500円台後半まで上昇。

big (13)

NYダウ 21,892ドル +27、ナスダック 6,368 +66

米10年債 2.134% −0.002、NY原油 45.97 −0.47
為替 110.32円/ドル、日経先物(夜間)19,580円 +60

□ 本日の展望 : リバウンド継続

NY市場でのリバウンド基調継続が先物での買戻しを誘発する堅調地合いが本線。想定レンジは19,450〜19,650円。リスクシナリオとしては、習主席により「統計の水増し厳禁令」が布かれている中国において 10時発表の8月製造業PMIが市場予想を大きく下回った場合の売り直し → 19,400円割れに警戒。

★ 本日の戦略 : 続・強気度アップの打診買い!
昨日寄り前にお伝えしたNYダウ、ドル円、日経先物の底打ち ≒ 
「FOMC1か月前の需給調整の終焉」気配に順じた強気度アップ戦略を継続。

“物色の二極化リスク”を念頭に出来高のある好トレンド銘柄をポジションの中核としつつ、“米朝政治リスク”に対しては3割前後の余力維持、上値飛び乗りは極力控えた押し目買い狙いでケア。

★☆Sラボ戦略 : 日経反騰トレンド入りへの備えは★ Sラボ主力銘柄を継続。東証主力株の物色動向次第では乗り換えや銘柄の追加も検討していますが、以下の2点を背景とする効率面での疑問を踏まえれば週内は一点勝負で!

1、目先の日経高は「業績相場ではなく需給相場」となるため、中核となるセクターが不在のままの循環物色に留まる。

〜(略)〜

※ 非鉄・鉄鋼など市況関連から意外高を演じる銘柄も増える可能性がありますが、意外性を伴うボラティリティなら☆スポット狙いが正攻法。よって、あえての東証主力株の増加の場合は、昨夕触れたソニー、〜(略)〜などからご検討ください。

★☆Sラボ銘柄戦略も昨夕のものを踏襲。
   (会員サークルより >>Sラボ参加案内

【ウォッチ銘柄】

△ 7211 三菱自動車
純現金収支(フリーキャッシュフロー)は
17年3月期の1189億円の赤字から、18年3月期には数十億円の黒字化の見込みとの報道。引き続き、現状で買える稀有な国内自動車株として継続注視。

△ 3250 ADワークス

9月期経常益は四季報予想を5割近く上回る6億円前後になる見通しとの報道。

△ 6627 テラプローブ
好調な事業環境を背景に、18年12月期に初めての配当実施を検討するとの報道。

△ 2150 ケアネット

10/1付の株式2分割を発表。

『 リスクを正視して分解する! 』

では 本日もよろしくお願いします。
           
  

□ 日経平均(大引け) 19,506円 +143、重要なのは☆ 4772 デジアドの前後の戦略!

本日の日経平均は3日ぶりの反発。「北朝鮮による日本上空へのミサイル発射事件を持ってしても米朝が即時軍事衝突には至る可能性は低い」との見方から堅調に推移したNY株&ドル円が追い風に。東証主力株は 6501 日立、6758 ソニー、7013 IHI、1963 日揮が前日比+2%超の上昇となった他は高安マチマチ。

中小型株は ☆ 4772 デジタルアドベンチャー、3441 山王、3565 アセンテック、6553 ソウルドアウト、7519 五洋インテックス、6666 リバーエレテック、3077 ホリイフード、4651 サニックス、5541 大平洋金属などに短期資金が流入。

日経平均 19,506円 +143、Topix 1,607 +9
225先物(9月限)19,520円 為替 109.80円/ドル
NYダウ先物 21,933ドル +59

■ テクニカル : 8日ぶりの出来高2兆円&16億株超え、16日ぶりの10日線超え、MACD陽転などが昨日安値(19,280円)を底値とする反騰トレンド入りを示唆。10日線を上抜けたドル円もリバウンド基調入りが本命視されます。

big (6)

【ウォッチ&Sラボ銘柄】
△ 4901 富士フィルム
発行株の3.7%もの自社株買いを発表。

△ 3320 クロスプラス
7月中間期業績予想は黒字に転換。

△ 6432 竹内製作所、6324 ハーモニック
ドル円のトレンド陽転を念頭に押し目買い狙いで継続注視。東証主力なら 6501 日立 etc。
      (会員サークルより)

☆ 4772 デジタルアドベンチャー
8/28 695円 → 8/30 936円 +241 34%上昇 
会員サークルのご提案通りに売り買いしていただいた場合でも、「一昨日695円付近での予定数の半分のみの仕込み → 昨日のストップ高(786円)での半数売り → 本日寄り値付近( ≒ 860円)での完全売却」により額面通りの成果にはなっていません。

それでも、近似ルートとお伝えしてきた6月下旬の☆スポット提案:ハーモニックドライブ(6324)での
21%高、7月後半からの☆スポット提案:オハラ(5218)での25%高を見ていただいていた方にとっては、唐突にデジアドをご紹介された場合に比べれば多めに株数を買っていただけたかなと思います。

big (11)

業績やテクニカルに固執した「個別銘柄の一本釣り」ではなく、世界的な需給動向を念頭に置きながら信頼できるルートからの銘柄を「円の感覚で追う」のがSラボ流となりますので、現在近似ルート銘柄としてご紹介中の☆6000番台銘柄や当ルートからの次回銘柄にもご期待ください!

こちらもぜひ!
           
       

■ 午後の戦略 : 続・軽めの強気度アップ!

前場の日経平均は反発。北朝鮮の日本上空へのミサイル発射後も買い優位に推移したNY株・ドル円を追い風として19,502円(+139)まで上昇すると、買い一巡後も19,400円台で底堅く推移。東証主力株は 5541 大平洋金属が大幅高となった他、建設株を除いて概ね堅調。中小型株は 3565 アセンテック、3441 山王、2703 日本ライトン、3077 ホリイフードなどに短期資金が流入。

□ 午後の展望 : 強含み
過度の悲観の緩和やドル円の騰勢を背景とした堅調地合いの継続が本線。引き続き、19,500円台では戻り売りが重しに。

■ 午後の戦略 : 続・軽めの強気度アップ!

NYダウやドル円のテクニカルが示す底打ち気配に順じた軽めの強気度アップ方針を継続。政治リスクや弱テクニカル銘柄の底割れリスクも払しょくされていないだけに、3割前後の余力はキープ。

☆ 4772 デジタルアドベンチャー
8/28 695円 → 8/30 905円 +210 30%上昇 
連騰かつご提案当初からの目標株価900円超えにより利確優先。

本日からの☆新スポット銘柄を含む☆★4銘柄は従来戦略を踏襲。
     
      (会員サークルより)

【ウォッチ銘柄】
△ 4651 サニックス
勘助氏注力中。大幅続伸にて350円を突破。たかが腕力相場、されど腕力相場!

△ 6432 竹内製作所
ドル円のトレンド陽転を前提とするなら再度注目。

▼ 3656 Klab

新作アプリを巡る思惑にて乱高下。ゲーム関連は基本はノータッチが得策。

では 午後もよろしくお願いします。
          
     

★ 本日の戦略 : 底打ち気配に順じた打診買い!

おはようございます。

昨日のNY市場は反発。朝方こそ北朝鮮リスクを嫌気した売り物に押されて21,673ドル(−135)まで下落したものの、良好な8月CB消費者信頼感指数や6月ケースシラー住宅価格指数が下支えとなり 引けにかけては買い優勢で推移。セクター別ではリスク回避による長期金利低下を嫌気した銀行セクターが売られてた一方、最高値を更新したアップルをはじめハイテク関連が堅調に推移。

NYダウのテクニカルは5日・10日線のゴールデンクロス、5日ぶりの10日線上回復、陽転間近のMACDなどにより調整完了期待を強める良型に。ドル円も109.77円に控える20日線を上抜けるようならトレンド陽転が視野に。

big (3)

NYダウ 21,865ドル +56、ナスダック 6,301 +18
米10年債 2.131% −0.028、NY原油 46.44 −0.13
為替 109.66円/ドル、日経先物(夜間)19,480円 +100

□ 本日の展望 : リバウンド優位
NY株やドル円の反騰ムードを好感した買い優勢の展開が本線。ただし、トランプ大統領が抱える国内外の不安要因に変わりはないため、19,500円台では戻り売りが上値の重しとなりそうです。想定レンジは19,350〜19,550円

Mchart-mchart

★ 本日の戦略 : 底打ち気配に順じた打診買い!
上記NYダウ、ドル円とともに日経先物も昨晩安値(19,250円)からの急反発により底打ち期待が浮上しています。現在2.1%台の米10年債利回りの下値余地の乏しさも踏まえれば、NY市場での「債券売り・株式買い」 → ドル円上昇 → 来週末のメジャーSQに絡めた先物主導の意外高も視野に。

直近の多めの余力維持、先週のインフォテリア(3853)や昨日の☆ デジタルアドベンチャー(4772)の急騰よるアドバンテージも念頭に、以下の優先順位にて軽めの強気度アップを計りたいところ。

(1) 
好トレンド持ち株の買い増し ★Sラボ主力銘柄の買い増し→ ☆ 5218 オハラ、☆ スポット6000番台銘柄の買い増しの順に検討。買い増し条件は昨夕の会員サークルを参照ください。

(2) 好トレンド銘柄の新規買い
: 個人嗜好の薄商いハイボラ銘柄ではなく、ディーラー嗜好のまとまった出来高を有するものを選択。ただし、東証主力系は当面は資金効率、スピード感に難が残りますので、主役クラスの中小型株からの選択がおススメ。

・ ストレス玉や弱トレンド銘柄の売却時を思案されていた方は何よりもそちらを優先してください。

・ 余力に関しては、従来の「3割+買い増し分」から「3割前後」に落とすイメージで。

☆ 新スポット銘柄
年初から株価約3倍を達成した
アカツキ(3932)の〜(略)〜を念頭に、現値から20%強の上昇を目標として本日から仕込みを開始!

『 リスクを正視して分解する! 』

※  8/21〜31スタートコースの新メンバーさん募集は今日まで!

    ※ 今なら8月分は無料!

 
4343aquab02-001   

では 本日もよろしくお願いします。
           
  

□ 日経平均(大引け) 19,362円 −87、灰汁抜け感は限定的。☆デジアドはストップ高!

本日の日経平均は続落。朝方の北朝鮮の弾道ミサイル発射による地政学的リスクの高まりを嫌気して終日軟調に推移。19,200円台では売り方の買戻しや底堅いドル円が下支えとなったものの、積極的な安値買いの動きは限定的となりました。

東証主力株は建設セクターが堅調だった以外は、半導体セクターを中心に概ね軟調。中小型株は☆4772 デジアド、5698 エンビプロ、3168 黒谷、6315 TOWA、5358 イソライトなどに短期資金が流入。新興主役クラス前場こそしっかりとした推移が目立ちましたが、引けにかけては上値の重い展開に。

日経平均 19,362円 −87、Topix 1,597 −2
225先物(9月限)19,380円 為替 108.87円/ドル
NYダウ先物 21,720ドル −71

■ テクニカル : 3日ぶりの5日線割れや
13億株台止まりの低調な商いから本日安値19,280円での底打ち感は生じず、10日線を上値抵抗帯とする下落トレンドを継続。下値は200日線(19,321円)の抵抗力に注目。

big (9)

【ウォッチ&Sラボ銘柄】
△ 6208 石川製作所、4274 細谷火工
「地合い軟化時に仕込み、北朝鮮リスクの高まり時で利確」サイクルを継続。

△ 4651 サニックス

勘助氏注力中。好トレンドを継続。明確な材料を内包する銘柄ほど賞味期限が短いだけに、この手の銘柄の方が付き合いやすいとも言えそうです。

△ 3742 ITbook、6172 メタップス、24●●
マザーズ需給の良化気配に伴いテクニカル持ち直しが顕著な旧Sラボ銘柄を割り切り対象で継続注視。

△ 9726 KNT−CT
北朝鮮リスクの高まりも意に介さず年初来高値を更新。特異の好需給継続。
  (会員サークルより)

☆ 4772 デジタルアドベンチャー
8/28 695円 → 8/29 786円 +91 13.0%上昇 
会員サークルでは、先週の
インフォテリア(3853)の急騰(短期16%高)のアドバンテージ、オハラ・ルートの信頼性の高さを踏まえて昨日695円から参戦。本日は(思惑通り)決定的な材料がないまま腕力主体で堅調スタートを切ると、チョウチン資金の飛び乗りも追い風にストップ高買い気配に!!

big (10)

明日は利確優先で進めながら、★☆Sラボ3銘柄の押し目買い、早ければ明日にもご提案予定の☆★新Sラボ銘柄の仕込みにより資産拡張を計っていく予定です。

■ 後記 : 米朝情勢や日経先物・中小型株需給の行方は不明瞭な一方、東証主力株の底上げや弱トレンド銘柄のリバウンド期待が低いことは明瞭。不明瞭な事案に頭を悩ませるよりも、まずは明瞭な事案への対応を明確にしていく事で、精神的なブレの少ない戦略を構築していってください。

では 本日もお疲れ様でした。

がんばれニッポン!!
          
      

■ 午後の戦略 : 投げ売りラッシュへの警戒を継続!

前場の日経平均は大幅続落。日本上空を通過した北朝鮮のミサイル発射を嫌気して寄り付き早々に19,200円台まで下落すると、買戻し主導で19,367円まで切り返した後、前引けにかけては19,300円前後の持ち合いに移行。

東証主力株は 半導体や保険セクターを中心に売り優勢。中小型株は 6208 石川製作所、4274 細谷火工など防衛関連が買われた他、ジャスダック銘柄の堅調さが目立ったものの、全般的には様子見色の強い流れに。

□ 午後の展望 : 二段安に警戒

米朝を中心とする政治情勢を見極めたいとの向きが支配する19,200円台半ばから19,300円台後半での持ち合い継続が本線。

ただし、前場の売り一巡後の底堅さは前向きな安値買い狙いではなく、先物での買戻しや「投げ売りラッシュ」回避が主要因。すなわち、買い支えではなく売られ過ぎなかっただけにすぎず、潜在的な売り圧力の大きさに変わりはありませんので、ドル円が再度108台前半まで軟化する場合には先物での仕掛け売りによる二段安 → 19,200円割れもリスクシナリオとして念頭に。

big (8)

■ 午後の戦略 : 投げ売りラッシュへの警戒を継続!
前場の急落も投げ売りを伴う“市場マインドの陰の極”には至っていませんので、引き続きストレス玉の縮小を中心に下押しリスクへの対応を優先。その上で、好テクニカルをキープしている銘柄は的を絞った押し目狙いを継続してください。

☆ 昨日からの4700番台銘柄
『  ☆オハラ(5218)ルートからの第二弾 〜 』 先ほどのコメント経由で公開させていただきました。本日前場の急騰は期待シナリオとは異なる経緯ですが、腕力相場への移行はイメージ通り。今後の更なる高みに期待!!

※ 新規買いは ☆ 先週水曜から仕込み中の『 オハラ・ルートからの第一弾 〜 』へ回ってください。また、現在の☆★Sラボ新規買い対象銘柄は3つにまで絞っていますので、市場環境を確かめながら早々に☆★新銘柄の仕込みに取り掛かる予定です。

※  8/21〜31スタートコースの新メンバーさん募集中!

    ※ 今なら8月分は無料!

 
4343aquab02-001   

では 午後もよろしくお願いします。

            

□ 前場概況(10:19) : 徐々に物色の二極化が進展、☆4700番台は急騰!

日経平均 10:19現在 19326円 −123

先ほどの更新から北朝鮮をめぐる政治情勢、日経平均、個別需給ともに大きな変化はありませんが、買戻し以外の積極的な買い手が限定的なために、徐々に潜在的な売り圧力が勝っているように見受けられます。

「株価を睨みながらの柔軟な対応」は難易度が高い割に実入りは少なくなりますので、極力事前の指値で対応していってください。

☆ 昨日からのスポット4700番台銘柄

日曜のメルマガでも「月初からの少なからぬアドバンテージ、日経ならびに東証主力の上値の重さを踏まえて、月曜からは『  ☆オハラ(5218)ルートからの第二弾 〜 』の仕込みを開始」と触れましたが、本日は折からの地合い悪の中で急騰中!!

近似ルートの仕掛けとして触れているハーモニック(6324)、☆ オハラ(5218)のご提案経緯を見ていただいた既存会員さんはもちろん、一定以上の商いと好トレンドも踏まえれば、昨日から新たにお付き合いいただいた方にとっても買いやすかったかと思います。

ここからの新規買いは博打度が高くなりますが、積極派の方はご注目ください。

※ 銘柄名は今だけこちらに!!
          



懸念しているよりは地合いは悪化していませんので、次の更新は通常通り11:30の「午後の戦略」とします。ご了承ください。

           

□ 寄り付き動向 : 指数軟化、個別は総じて底堅く!

日経平均 9:21現在 19304円 −145

寄り付きの日経平均は北朝鮮リスクを警戒して19,300円台前半まで軟化。売り一巡後はドル円とともに買戻し主導で底堅く推移中。

東証主力株も売り優勢ながら、概ね2%以内の下落率に留まっておりパニック商状は見受けられず。中小型株も同様。

□ 現況のまとめ
: 寄りからの「投げ売り一色」化は回避されていますが、下げ渋りと反発期待は似て非なるもの。寄り前にお伝えした経緯からも余力維持と弱トレンド銘柄の手仕舞いは継続していってください。
   
           
会員制サークル・S研究所
  banner2

一定期間ブログや無料メルマガをご覧いただいて、「これなら一緒にやっていけそうかも!」、「もっと深くSラボ戦略を体感したい!」とお感じになった方は、メンバー様全員参加型の有料掲示板(=会員サークル)へのご参加をご検討ください!

会員サークルでは積極的な自論展開もOK、閲覧のみのご利用もOK!

ご参加お待ちしてます!
記事検索
Sラボ関連ブログ

■ GS・勘助ブログ ■



Archives
直近のツイッターより



携帯でブログを♪
QRコード
Profile

S教授

47歳。趣味:テニスと娘、行動心理経済学
投資へのこだわり:マーケットの最大の敵は恐怖心と焦り!・チャートは読むものではなく、作るもの!・最短ルートは勝ち組のマネ。

  • ライブドアブログ