2017年10月

□ 日経平均(大引け) 22,011円 −0、波乱含みの11月相場へ!

本日の日経平均は4日ぶりに反落。NY市場にてトランプ税制の先行きに不透明感が増したために寄り付き早々に21,840円(−171)まで売られたものの、良好な企業決算や日銀のETF買い思惑が下支えとなり、14時以降は22,000円近辺での持ち合いに移行。東証1部は3.5兆円台の大商いに。

東証主力株は 6473 ジェイテクト、6103 オークマ、6762 TDK、6770 アルプス電気、6366 千代建、6506 安川電機などが買われた一方、7752 リコー、9984 ソフトバンク、3436 SUMCOが軟調。

中小型株は 3625 テックファーム、6400 不二精機、3995 SKIYAKI、6882 三社電機、5950 パワファス、6395 タダノ、7283 愛三工業、5911 横河ブリッジ、4921 ファンケルなどに短期資金が流入。

日経平均 22,011円 −0、Topix 1,765 −4
225先物(12月限)21,950円 為替 113.09円/ドル
NYダウ先物 23,299ドル +8

■ テクニカル : 5日線に抵抗感を示した小陽線が上値模索トレンド継続を示唆。10日線が21,700円台まで切り上がっているため、陰線一本で複数の売りサインが点灯しうることは念頭に。

big (12)

【ウォッチ銘柄】
A 好業績主力株
△ 8035 東京エレク
18年3月期経常益予想を2160億円からコンセンサスを17%上回る2710億円に上方修正。

B 中小型系好決算銘柄
7521 ムサシ、8182 いなげや、1514 住石HD、4242 タカギセイコー、6998 タングステン、7419 ノジマ etc

□ 10月相場回顧 : 今月の☆★Sラボ銘柄は、SUMCO(3436)、イマジカロボ(6879)☆ ノーリツ鋼機(7744)が資産底上げに大きく寄与しつつ、JDI(2740)、豊和工業(6203)、ぷらっとホーム(6836)などの短期急騰が色合いを添える結果に。

絶えずオーバーシュートの反動を警戒した全体戦略については、結果的に「なりふり構わぬ強気スタンス」が正解であり、勇み足となった月中3銘柄のロスカットも踏まえれば反省点も多い1か月となりました。


来月は「FOMC1か月前に起因する需給陰転リスク」を抱えながらとなるために、売買難易度の高まりが警戒されますが、SUMCO以来不在となっている★主力銘柄の育成と☆スポット銘柄での短期回転狙いの両立を計っていきたいと思います。

では 明日からもよろしくお願いします。
           

『 銘柄と即転(刀と槍)重視から、

ポジション全体(戦略)重視へスタイルチェンジ! 』


※  11/1〜10スタートコースの新メンバーさん募集開始

         
4343aquab02-001 
                                 

■ 午後の戦略 : 続・強気度の1段階引き下げ!

前場の日経平均は反落。「トランプ政権の法人減税の先行き不透明感」を嫌気したNY市場の流れを引き継いで寄り付き早々に21,840円(−171)まで下落すると、売り一巡後はドル円の底堅さや日銀のETF買い期待が下支えに。中国10月製造業PMIは予定調和により無風通過。

東証主力株は高安マチマチ。9104 商船三井、6366 千代建、6857 アドバンテスト、6770 アルプス電気、6103 オークマ、7974 任天堂が買われた一方、9984 ソフトバンクや金融株が軟調に推移。中小型株は 6395 タダノ、7283 愛三工業、5358 イソライト、2930 北の達人、5950 パワファス、4999 セメダイン、6495 宮入バルブ、3625 テックファーム、9927 ワットマンなどに短期資金が流入。

□ 午後の展望 : 利確優位も底堅く

NYダウ先物・ドル円ともに下げ渋っていますので、前場同様の21,800円台半ばから21,900円台の持ち合う流れが本線。

■ 午後の戦略 : 続・強気度の1段階引き下げ!
本日の下げは「上昇トレンド過程の良識的な調整」に留まるとみていますが、朝方お伝えした不安要素を念頭に、ストレス玉の縮小、新規買いの見送り、手仕舞い条件の厳しめ修正などにより強気度を一段階引き下げるイメージを継続していってください。

☆スポット3銘柄も従来戦略を踏襲。

では 午後もよろしくお願いします。

★ 本日の戦略 : 強気度の一段階引き下げ!

おはようございます。

昨日のNY市場は反落。9月個人消費支出の伸びを好感して買い優勢でスタートしたものの、トランプ政権の法人減税が5年間での段階的なものになるとの見通しを嫌気して午後は利確優位で推移。カタルーニャ州を巡るスペイン政情不安やロシアゲート疑惑も株価の重しに。日経先物は米長期債利回りの低下 → ドル円の軟化が利確売りを誘発して21,900円付近まで軟化。

NYダウ 23,348ドル −85、ナスダック 6,698 −2
米10年債  2.370% −0.058、NY原油 54.15 +0.25
為替 113.17円/ドル、日経先物 21,700円 −60

■ テクニカル : 日本株全体に影響度の大きいナスダックは、主要ハイテク株の堅調さを背景に上値模索トレンドを維持。一方、ドル円は10日線割れが上昇一服を示唆。112円台後半に控える20日線の攻防 → 上下のブレに警戒。

big (9)

□ 本日の展望 : 利確賛成ムード
NY市場なりの利確優位の展開が本線。ただし、21,800円台では日銀のETF買い期待や押し目買いが下支えとなる底堅い推移が予想されます。リスクシナリオとして、10時発表の中国10月製造業PMIがコンセンサスを下回った場合の、ドル円・先物主導での軟勢アップ → 21,800円割れをケア。

★ 本日の戦略 : 強気度の一段階引き下げ!

9月からの株高を支えてきたトランプ税制への期待と米長期債売り(金利上昇)ともに一服感が生じています。現状で過度の悲観は不要ですが、週末からの3連休(中のトランプ氏来日)も踏まえれば、ストレス玉の縮小、新規買いの見送り、手仕舞い条件の厳しめ修正などにより強気度を一段階引き下げて臨みたいところ。

☆ スポット3銘柄は昨夕の戦略を踏襲。積極派の方は(即転系ではなく)スイング系ウォッチ銘柄も参照ください。
   (会員サークルより)

【ウォッチ銘柄】
△ 6723 ルネサス
明日付で中国に電気自動車(EV)向け半導体システムの開発拠点を新設。中長期スパンの押し目買い狙いを継続。

『 自らの庭を丹念に!!』

では 本日もよろしくお願いします!
           
 

※  11/1〜10スタートコースの新メンバーさん募集開始
         
4343aquab02-001 
※ 本日中にお手続きいただいた方にはスタート期間を前倒ししてID・パスワードをお送りさせていただきます。(午前中のお手続き → 12時前後、午後のお手続き → 夕方)

今月の一本調子の上昇波動とは異なり、
来月はトラップの多い1か月が想定されます。是非このタイミングで!

                                 

□ 日経平均(大引け) 22,011円 +3、「大商い」後の質の変化に注目!

本日の日経平均は小幅続伸。先週末のNY市場の騰勢を引き継いで寄り付き早々に22,086円(+78)まで上昇すると、引けにかけては利確売りが重しとなって22,000円付近で持ち合う流れに。TOPIXは小反落。スペイン情勢や米ロシアゲート疑惑への懸念は限定的に。

東証主力株は高安マチマチ。今回の上昇相場の柱である 3436 SUMCOが前日比+6%の大幅高となった他、6501 日立、6702 富士通、6301 コマツ、4043 トクヤマ、5803 フジクラ、4063 信越化学などが買われて指数を下支え。

中小型株は 5721 エス・サイエンス、6911 新日本無線、8005 スクロール、7554 幸楽苑、1692 ゲオ、6882 三社電機、8023 大興電子、3547 串カツ田中、2191 テラ、7519 五洋インテックスなどに短期資金が流入。

日経平均 22,011円 +3、Topix 1,770 −0
225先物(12月限)22,020円 為替 113.61円/ドル
NYダウ先物 23,344ドル −28

■ テクニカル : 5日線をサポートラインとしながら上値下値を切り上げているため、「上値模索トレンド継続」が本線。23億株台の大商いや再度130%台に乗せた騰落レシオが示唆する「天井形成」も軽めにケア。

big (4)

【ウォッチ銘柄】
A:主力系好決算銘柄
△ 6816 アルパイン
18年3月期経常益予想を56億円からコンセンサスを2割弱上回る83億円に上方修正。

△ 6770 アルプス電気
9月期経常益は従来予想の230億円からコンセンサスを23%上回る300億円で着地。

△ 4902 コニカミノルタ
9月中間期経常益はコンセンサスを10%強上回って着地。

〜(略)〜

B:中小型系好決算銘柄 ※ 極端な薄商いは除外
△ 7721 東京計器、5302 日本カーボン、6277 ホソカワミクロン、
7283 愛三工業、6516 山洋電気 etc

△ 4406 新日本理化、2427 アウトソーシング
、7725 インターアクション
旧Sラボ銘柄からトレンド良化が顕著なものをスイング狙いで注目。CMK(6958)、63●●も同様。
       (会員サークルより)

☆ 7744 ノーリツ鋼機
10/24 1,510円 → 10/30 1,736円 +200 13%上昇!
本日は続伸にて3日ぶりに年初来高値を更新。先週の公開後からの参戦でも徐々に利益がまとまりつつあるのでは。出来高面では過熱感はありませんので、決算と相談しながらここからもシナリオの中で!

big (5)

☆ 本日からの新スポット銘柄
寄りから一時6%超の上昇でワン回転が効いています。ポジション内の目的は他とは大きく異なりますので、明日も押し目買い直しを本線に!

では 本日もお疲れ様でした。

お帰り前にこちらもよろしくです!
☆ノーリツお持ちの方はぜひ!(あまりいないかな。。。)
           
   

■ 午後の戦略 : ポジションの目的を意識しながら!

前場の日経平均は、米主要企業の決算を好感した先週末の騰勢を引き継いで続伸。3436 SUMCO、6770 アルプス電気、6301 コマツ、5727 東邦チタニウムなどに資金が流入。主力全般では高安マチマチ。

中小型株は 2693 YKT、2191 テラ、6863 ニレコ、3547 串カツ田中、4594 フライトパス、6882 三社電機、7554 幸楽苑、8005 スクロール、3053 ペッパーフード、5721 エス・サイエンスなどが商いを伴って大幅高。

□ 午後の展望 : 高値持ち合い
日銀会合や直近の急騰を意識した利確売りが上値の重しとなる一方、押し目買いや売り方の買戻しが下支えとなる21,900〜22,100円台前半の持ち合いが本線。

■ 午後の戦略 : ポジションの目的を意識しながら!

☆ 7744 ノーリツ鋼機、☆ 先週木曜からの新銘柄は決算までの日柄を逆算した押し目買い狙いを継続。

☆ 本日からの新銘柄前場だけで5%超の上昇を果たしていますが、主目的を踏まえれば売りすぎ注意 → 押し目買い増し狙いを本線に臨んでください。

積極派の方は好決算銘柄が寄りから値を飛ばしているだけに、7725 インターアクション、2427 アウトソーシングなど直近触れたスイング狙いウォッチ銘柄にご注目ください。

では 午後もよろしくお願いします。

★ 今週の戦略 : 回転メドの短縮化、連休前から逆算!

おはようございます。

昨日の更新後の市場環境の変化としては、カタルーニャ州での100万人規模の独立反対デモによるスペインの情勢不安、11月の日米首脳会談での米国サイドの対日赤字是正要求見通しなどが挙げられますが、上値の重しとはなっても直接的な株価への影響は限定的となりそうです。

よって、本日は先週末の日経先物なりの22,000円近辺で寄り付いた後、21,900〜22,100円レンジで売り買いが交錯する展開が本線。

<< 主な決算発表 >>
2127 M&A、2326 デジタルアーツ、2440 ぐるなび、3053 ペッパーフード、3092 スタートT、3793 ドリコム、4062 イビデン、4185 JSR、4452 花王、4507 塩野義、4563 アンジェス、4902 コニカミノルタ、5214 日本電気硝子、5332 TOTO、5352 黒崎播磨、6407 CKD、6754 アンリツ、6762 TDK、6770 アルプス電気、6864 NF回路、6952 カシオ計算機、7752 リコー、7974 任天堂、8604 野村HD、8739 スパークス、8840 大京、9719 SCSK
 
今週の売買戦略に関しては、「前半は押し目買い主体、後半は連休を意識したポジション整理主体」で臨みたいところ。

※ 週間展望、8月安の再来(11月相場)リスクなども昨日のメルマガの内容を踏襲していってください。

本日からは☆新スポット銘柄の仕込みを開始!

※  10/21〜31スタートコースの新メンバーさん募集は今日まで
         ※ 今なら10月分の参加費は無料です!
4343aquab02-001 

では 本日もよろしくお願いします!

           
    

□ 東京市場展望 : 波乱含みの上値追い!

今週の東京市場は、主要国経済の改善、日米政治や企業業績への期待を背景とする外資勢の先物買い主導の堅調地合いがメイン。週初の日銀金融政策決定会合における物価や景気見通しの上方修正と主要企業決算の上ブレがセットになる場合には22,500円トライも視野に。

一方、
年初から2.2兆円売り越していた外資勢が/11以降は4.4兆円も買い越していますので、利確ラッシュによる10日線水準(21,600円台)〜節目の21,500円近辺までの深押しにも要注意。そのきっかけとしては カタルーニャ州を巡るスペイン政情不安、ロシアゲート疑惑を巡るトランプ政権の混乱、米中マクロ指標の軟化、北朝鮮リスクの高まりなどをケア。

big (20)

□ 8月の下落相場の再来には要注意! 
利上げが確実視されていた
9月FOMCの1か月前となる8月相場は世界的なポジション調整が顕著となりました。同様のからくりにて12月FOMCの1か月前となる11月相場、特に11月前半の〜(略)〜には注意して臨みたいところ。※ 米長期債需給を注視しながら、気づいた点はこちらで触れていきます。現状ではリスクシナリオとして頭の片隅に留め置いてください。
  (会員サークルより >>Sラボ参加案内

明日の展望、上記を踏まえた今週の戦略は15時配信のメルマガを参照ください。

週末も応援よろしくです!
           
     

□ NY市場展望 : トランプラリー継続!

おはようございます。

週末のNY市場は続伸。軒並み市場予想を上回ったアルファベット、アマゾン、インテル、マイクロソフトなどの決算、7−9月期GDPが示した高成長(前期比年率+3.0%)、次期FRB議長に有力視されているパウエル氏の「マイルドな利上げ論」などを追い風にハイテク関連主導で堅調に推移。ナスダックは最高値を更新。日経先物は、米長期金利≒ドル円の低下が利確売りを誘発して小幅安で取引を終了。

NYダウ 23,434ドル +33、ナスダック 6,701 +144
米10年債  2.419% −0.035、NY原油 54.19 +1.26
為替 113.65円/ドル、日経先物 22,030円 −20

【主な政治経済イベント】
10/30(月) 日銀会合(〜31)、米9月個人支出
10/31(火) 中国10月製造業PMI、米FOMC(〜11/1)、9月シカゴPMI、決算:ファイザー 
11/1 (水) 中国財信10月製造業PMI、米10月ADP雇用報告、10月ISM製造業景気指数、決算:フェイスブック、クアルコム
11/2 (木) 米決算:AIG、アップル
11/3 (金) 米10月雇用統計

■ NY市場展望 : トランプラリー継続!
富裕層や大企業優遇色の強いトランプ税制実現期待、ハト派のパウエル氏の
次期FRB議長指名思惑、マクロ経済や企業業績の良好さなどを追い風とする24,000ドルトライを視野に入れた上値模索トレンド継続が本線。カタルーニャ州の独立宣言を巡るスペイン情勢の混乱、FOMC、アップルの決算や雇用関連指標などを意識したテクニカル調整に移行する場合には23,200ドル水準までの下押しも念頭に。

リスクシナリオとしては、米10年債利回りの節目2.5%ワンタッチやトランプ政権の混乱をきっかけとする「債券売り・株式買い」ポジションの大掛かりな巻き戻し → 23,000ドルの攻防に警戒。

big (13)
    (会員サークルより)

週末も応援よろしくです!☆
             
        

■ 日経平均(大引け) 22,008円 +268、終値22,000円台乗せは23年ぶり!

本日の日経平均は大幅続伸。ECB理事会での量的緩和縮小決定後も騰勢を維持したNY株やドル円、NY引け後のアルファベット、アマゾン、マイクロソフトなどの好決算を追い風に寄りから21,900円台まで上昇すると、引けにかけては先物での仕掛け買い&売り方の踏み上げにより上げ幅を拡大。終値22,000円台は21年ぶり。

東証主力株は概ね堅調。3436 SUMCO、6857 アドバンテスト、6954 ファナック、6141 森精機が前日比+3%超の上昇に。中小型株は 2317 システナ、7554 幸楽苑、4552 JCRファーマ、4726 ソフトバンクテクノロジー、3053 ペッパーフード、1890 東洋建設、4586 メドレックス、3652 DMP、2693 YKT、9888 UEX、4875 メディシノバ、7612 Nutsなどに短期資金が流入。

日経平均 22,008円 +268、Topix 1,771 +17
225先物(12月限)22,050円 為替 114.19円/ドル
NYダウ先物 23,356ドル +7

big (12)

【ウォッチ銘柄】 
A 主力系 好決算銘柄

△ 6753 シャープ
18年3月期経常益予想を790億円からコンセンサスを約10%上回る870憶円に上方修正。

△ 6301 コマツ
18年3月通期経常益予想を1410億円からコンセンサスを約10%上回る2370億円に上方修正。

△ タカラトミー
9月期経常益予想を80億円から115億円に上方修正。

〜(略)〜

B 好決算中小型株
△ 6349 小森、6882 三社電機、5358 イソライト、2714 プラズマテルズ、
6246 テクノスマート、1960 サンテック etc

▼△ 6875 メガチップス、3891 ニッポン高度紙
18年3月期経常益予想を上方修正したものの、コンセンサスには達せず。

※ 詳細は取引所発行のものでご確認ください。

■ 後記 : 「前半高、後半安」を前提とした今週の日経平均は「前半高 → 小休止 → 一段高」に。

☆ 7744 ノーリツ鋼機こそ気を吐いたものの、先週のSUMCO(3436)、イマジカ(6879)、CKD(6407)の勢いに比べると物足りず、手仕舞い銘柄の反発も含めれば 全体需給の読みの甘さが結果につながる1週間となりました。

来週は米中経済指標、日米中銀会合などを建て前とした持ち合いを本命視していますが、余力を空けたままにしていただいている経緯を踏まえて、要所での踏み込んだご提案を提示していく予定です。

※ 来週の展望はこちらで日曜午前中までに、無料メルマガは同15時配信予定です。
     button3

では 今週もお疲れ様でした。

お帰り前にこちらもよろしくです!☆

             
  

■ 午後の戦略 : 続・ポジションの過不足調整

前場の日経平均は大幅続伸。NY株高やアルファベット、アマゾン、マイクロソフトなど米主要企業の好決算を追い風に寄りから21,900円台まで上昇すると、現在も上値模索基調を継続中。東証主力株は 3436 SUMCO、6857 アドバンテストなど半導体セクターや金融、機械などが堅調に推移。

中小型株は 2693 YKT、4875 メディシノバ、6864 NF回路設計、4586 メドレックス、3652 DMP、2317 システナ、6826 本多通信の他、昨日取り上げた1890 東洋建設、4552 JCRファーマ、7591 エクセル、8692 だいこう証券ビジネス、7841 遠藤製作所などが急騰。※ セブン工業(7896)は上方修正を売り材料視。

□ 午後の展望 : 22,000円トライ
引けにかけては週末要因や利確売りが重しとなるものの、日米業績期待を背景とする買い優勢の展開がメイン。先物での22,000円の売り板の乏しさからは、22,000円超えも視野に。

■ 午後の戦略 : 続・ポジションの過不足調整
来週のマーケットは米中イベント前の持ち合いが本線となりますので、ストレス玉の早め手仕舞いを中心に一定の余力維持を優先。

☆★Sラボ銘柄に関しては、☆ 7744 ノーリツ鋼機のターゲットプライスまでの買い直し、☆ 昨日からの新銘柄の買い増し狙いを継続。

【ウォッチ銘柄】
△ 3393 スターティア
中国子会社による日中間のクラウド環境を高速かつ安全に利用できる新サービス開始を材料視。引けにかけて持ち直すなら割り切り買い、それ以外は見送り or 手仕舞いが得策。

△ 7612 Nuts
昨夕触れた勘助氏注力銘柄からはこちらのテクニカル改善が顕著。継続疑義銘柄なりの割り切りスタンスで注目。

△ 8306 三菱UFJ、8411 みずほ
ともに直近高値を更新!お持ちの方は利確を交えながらも「日経一段高への備え」を継続。

     (会員サークルより)

では 午後もよろしくお願いします。

★ 本日の戦略 : ポジションの過不足調整!

おはようございます。

昨日のNY市場は反発。ECB理事会での量的緩和の縮小プランがコンセンサス内で着地した安心感、デュポンやフォードの好決算などを追い風に23,459ドル(+130)まで上昇すると、引け後の
アルファベット、マイクロソフト、アマゾンの決算を見極めたいとの向きから上げ幅を縮小。

big (10)

NYダウ 23,400ドル +71、ナスダック 6,556 −7
米10年債  2.462% +0.019、NY原油 52.64 +0.46
為替 113.97円/ドル、日経先物 21,900円 +90

□ 本日の展望 : 米決算を好感
NY引け後に発表されたアルファベット、アマゾン、インテル、マイクロソフトの決算は軒並み市場予想を上回る結果に。よって、日経先物+アルファの買い優勢のスタート後、引けにかけては利確売りや週末要因が上値を押さえる展開が本線。想定レンジは21,700〜21,900円前後。

★ 本日の戦略 : ポジションの過不足調整!
米企業の決算は実質的にピークアウト。来週の日米中銀会合や中国経済指標が株価に与える影響は限定的とみていますので、週末の米雇用統計待ちを‘建て前’とした日柄 or 値幅調整が想定されます。

ECB理事会後のドル円動向に異変はないため強気スタンスはそのままに、ストレス玉の縮小による余力確保を中心としたポジションの過不足調整を計っていってください。

★☆Sラボ銘柄戦略 : 日経一段高に対応しうる東証主力銘柄が欠けている状況ですが、その多くが間近に控えた決算を意識した細かい作業を要されます。本日中の中小型株に関しても、決算や仕掛け変調のトリッキーな銘柄の人気化が想定されるだけに、昨夕お伝えした多めの余力残し ≒ 「買いそびれリスク」を選択し、☆2銘柄集中にて週明けからの巻き返しに備えてください。

【ウォッチ銘柄】
▼ 7270 SUBARU
日産同様の無資格検査が露呈

▼ 6727 ワコム
「ギャラクシーノート8のペンに採用」を好感してPTSで大幅高。材料に真新しさは皆無ですので理論上は〜(略)〜が有効ですが、マネーゲーム化には要注意。

△ 7995 日本バルカー
昨日は通期業績の据え置きを嫌気されましたが、中間決算は良好な内容。日本金属(5491)、 〜(略)〜などとともにマグネシウム電池関連の穴狙いとしても妙手。
  (今朝の会員サークルより >>Sラボ参加案内

『 繋ぎ期間はコントロール重視!』

では 本日もよろしくお願いします!

           
  

□ 日経平均(大引け) 21,739円 +32、強弱感が交錯

本日の日経平均は小幅反発。高値警戒感やNY大幅安を警戒して寄り付き直後こそ前日比マイナス圏で推移したものの、6594 ファナック、6305 日立建機など好決算銘柄が下支えとなり、引けにかけては21,700円台での持ち合いに。

中小型株は 3938 LINE、5721 エス・サイエンス、6203 豊和工業、6707 サンケン電気、1934 ユアテック、7818 トランザクション、5218 オハラ、5697 サンユウ、3993 PKSHA、9262 シルバーライフ、3547 串カツ田中、6094 フリークアウト、7980 重丸製作所などが商いを伴って急騰。

日経平均 21,739円 +32、Topix 1,753 +2
225先物(12月限)21,780円 為替 113.58円/ドル
NYダウ先物 23,298ドル −3

■ テクニカル : 高水準の商い(出来高15.9億株、売買代金2.6兆円台)をこなしながらの高値持ち合いにより買い方優位が継続。下値は10日線が控える21,500円どころが強めの抵抗帯、ここを割り込む場合は、節目の21,000円から9月安値から直近高値までのフィボナッチ押し(0.382)に相当する20,900円水準までの下落に警戒。

big (6)

【ウォッチ銘柄】
A、引け後好決算の主力系4銘柄。短期回転狙いで注目。※ 好決算が売り材料視されるケースには要注意。

△ 6967 新光電工
9月中間期経常益は従来予想の22億円からコンセンサスを33%上回る28億円で着地。

△ 4208 宇部興産
9月中間期営業益予想を160億円からコンセンサスを22%上回る237億円に上方修正。

△ 4114 日本触媒

9月中間期営業益予想を120億円からコンセンサスを2割弱上回る167億円に上方修正。

〜(略)〜

B、引け後好決算の中小型株。PTSも絡めた割り切り即転狙いで注目
△ 4552 JCRファーマ、1890 東洋建設、7591 エクセル、8692 だいこう証券ビジネス etc
     (会員サークルより >>Sラボ参加案内

☆ 7744 ノーリツ鋼機
10/24 1,510円 → 10/25 1,687円 +177 11%上昇
市光工業(7244)ルートからの派生銘柄。15年度以降の業態大変貌による将来性の高さ、中間決算(11/10)における通期上方修正見通しなどから、〜(略)〜流入中。

本日は3日続伸の勢いを引き継いで1600円水準では底堅く推移。明日もターゲットプライスまでの買い直しを本線に、上昇時はシナリオの中で・・・!

big (9)

では 本日もお疲れ様でした。

お帰り前にこちらもよろしくです!☆
           
   

■ 午後の戦略 : 天井形成への警戒 !

前場の日経平均は小幅反発。夜間の先物が21,590円まで調整した後に切り返していたため、21,793円まで上昇する場面もあったものの、買い一巡後は21,700円台前半の持ち合いに。東証主力株は買いが優勢。中小型株は 6203 豊和工業、3938 LINE、5218 オハラ、3547 串カツ田中、7980 重松製作所などに短期資金が流入。昨日同様の現金化売りも散発。

□ 午後の展望 : 利確優位
21,600円前後から21,700円台後半の上値の重い展開がメイン。日経平均は売り方の買戻しや一部の好決算銘柄に下支えられているものの、個別需給全般は弱含む展開に警戒したいところ。

■ 午後の戦略 : 天井形成への警戒 !
昨日21,900円所での天井形成→日柄ないし値幅調整入りをケアしたストレス玉の大胆な縮小、3割+アルファの余力維持を優先。

攻撃面に関しては「値幅目標の控えめ設定、手仕舞い条件の厳しめ設定」を継続。

☆ ノーリツ鋼機:1,5●0円水準までの買い直しを継続。

では 午後もよろしくお願いします。

★ 本日の戦略 : ストレス玉の大胆な縮小!

おはようございます。

昨日のNY市場は反落。9月新築住宅販売や耐久財受注などの経済指標がコンセンサスを上回ったものの、決算を嫌気されたボーイングがダウを52ドル押し下げた他、AMDの軟化がハイテク株売りに波及。日経先物は前日の軟勢を継続し、一時21,590円まで下落。ドル円は米長期債利回りの騰勢により113円台後半で堅調に推移。

NYダウ 23,329ドル −112、ナスダック 6,563 −34
米10年債  2.431% +0.026、NY原油 52.18 −0.29
為替 113.72円/ドル、日経先物 21,700円 −60

big (5)

□ 本日の展望 : 利確賛成ムード
高値警戒感による前日からの利確優位の展開が本線。ECB理事会における緩和縮小策の行方を確認したいとの思惑も重し。想定レンジは21,500〜21,800円前後。

★ 本日の戦略 : ストレス玉の大胆な縮小!
現状での日経先物の軟化は良識的な調整と見た強気スタンスが本線。ただし、米長期債利回りやドル円の騰勢要因が直近までの‘米景況感の良化’ではなく、ECB絡みのテクニカル要因となっているだけに過信は禁物。よって、まずはストレス玉の縮小による「昨日の調整トレンド入り気配」に順じた3割+アルファの余力維持を優先。

その上で、好トレンド銘柄に関しては決算までの日柄を確認しながら、押し目買い、上昇時の売りすぎ注意で臨みたいところ。

【ウォッチ銘柄】
△ 4507 塩野義製薬
画期的な新薬を優先的に審査する「先駆け審査指定制度」の対象のインフルエンザ治療薬について、承認申請を行ったと発表。

△ 3688 VOYAGE
発行株の4.1%の自社株買いを発表。

△ 6740 JDI
車載向けパネル事業の売上高を今後3年間で6割増の1500億円規模に拡大する方針を表明。

☆ 本日からの新スポット銘柄
全体需給の調整トレンド入りリスクにより、“個別物色の二極化”が再開しそうです。まずは、決算前のワン回転10〜15%狙いを優先しつつも、セクター全体の業績良化傾向や個別での好テクニカル、好取り組みなどを踏まえれば、年末にかけての飛躍も視野に。第三の☆★Sラボ銘柄として目先の押しを丁寧に拾っていってください。
      >>Sラボ参加案内

『 集中して全体を俯瞰する!』

では 本日もよろしくお願いします!

           
  

□ 日経平均(大引け) 21,707円 −97、「テクニカル悪化銘柄の増加」には要注意!

本日の日経平均は反落。良好な企業決算やトランプ税制期待によるNY急反発を好感して寄り付き早々に21,921円(+116)まで上昇したものの、買い一巡後は昨日までの16連騰の反動により21,800円台前半の持ち合いに移行。14時過ぎからは先物での利確売りが膨らみ21,648円(−156)まで軟化。

東証主力株は高安マチマチ。中小型株は 2930 北の達人、6938 双信電機、5950 パワファス、7602 カーチス、6555 MSコンサル、3556 リネットJ、6416 桂川電機、8783 GFA、7771 日本精密などに短期資金が流入。全般的に、日経同様に「前場高、午後安」による長めの陰線 or 上ヒゲにてテクニカルを悪化させている銘柄が散発。
地合い悪化時の連鎖安に要注意!

日経平均 21,707円 −97、Topix 1,751 −5
225先物(12月限)21,760円 為替 113.76円/ドル
NYダウ先物 23,380ドル −23

■ テクニカル : 連日のボリンジャー+2σ超え、16連騰後の下げが100円未満なら「良識的な調整」の範疇。5日線(21,621円)を割り込んむ場合には21,503円までの窓埋めにケア。仮に21,000円台後半で乱高下が続いて「天井形成」となった際には、節目の21,000円から9月安値から直近高値までのフィボナッチ押し(0.382)に相当する20,900円水準までの下落に警戒。

big (3)

【ウォッチ&Sラボ銘柄】
△ 3938 LINE
9か月経常益はコンセンサスを84%上回る211億円で着地。

△ 6707 サンケン電気

18年3月期経常益予想を60億円からコンセンサスを4%上回る90億円に上方修正。

△ 6954 ファナック

18年3月期経常益予想を1792億円からコンセンサスを6%上回る2254億円に上方修正。※ 日経天井リスクや平時のボラの乏しさ、値がさなどにより売買対象としてではなく、「日経押し上げ要因」として注目。

△▼ 6305 日立建機、5809 タツタ電線、8154 加賀電子、6586 マキタ
18年3月期経常益予想を上方修正したもののコンセンサス未達。中間期での通期上方修正は優秀ですが、〜(略)〜が得策。

△ 8256 プロルート丸光、2209 井村屋G、3131 シンデンハイテク、7214 GMB
9月中間期を上方修正した「平時の商いが薄い銘柄」はギャンブル要員で注目。本日ザラ場中に買われたタカキタ(6325)、急騰中のGFA(8783)も割り引き。

▼ 7602 カーチス
本日のテコ入れ → チョウチン集結による急騰から一転、9月中間期業績を赤字に修正。今時珍しい手法ですね。。。


☆ 昨日からの新スポット銘柄

会員サークルでは市光工業(7244)ルートからの派生銘柄として、昨日からのご提案。寄りからの堅調ムードでの買いは見送り「1,510円以下」で仕込み始めた後、当日中の6%高、本日までの2日で11%高を達成!!MACD陽転などテクニカル良化も念頭に、明日の押しも丁寧に・・・!

では 本日もお疲れ様でした。

☆ 昨日からの新スポット銘柄は今だけこちらに掲載中!
           
  

☆★Sラボ銘柄戦略 : 本日顕著となった現金化売りの流れに巻き込まれて☆先週末を跨いだ2銘柄は6%前後のロスカット。現在は☆スポット2銘柄のみのご提案に。

全体需給の天井形成には警戒しながらも、月初からの
SUMCO(3436)、イマジカロボ(6879)、ぷらっとホーム(6836)、豊和工業(6203)の大幅高による少なからぬアドバンテージも踏まえれば、明日も機を見て敏に動いていきたいと思います。

良かったらみんなで一緒に!!

※  10/21〜31スタートコースの新メンバーさん募集中
         ※ 今なら10月分の参加費は無料です!
4343aquab02-001 
                                         
会員制サークル・S研究所
  banner2


一定期間ブログや無料メルマガをご覧いただいて、「これなら一緒にやっていけそうかも!」、「もっと深くSラボ戦略を体感したい!」とお感じになった方は、メンバー様全員参加型の有料掲示板(=会員サークル)へのご参加をご検討ください!

会員サークルでは積極的な自論展開もOK、閲覧のみのご利用もOK!

ご参加お待ちしてます!
◆ 当ブログについて
会員制情報サークルでの当方の注目銘柄を Sラボ銘柄と総称しています。 そして、その目的や売買戦略別に★ Sラボ・主力銘柄と☆Sラボ・スポット銘柄とに分類。ブログ上では銘柄色を紺色で統一してます。

それ以外は、ウォッチ銘柄、もしくは「気になる銘柄」として、上方向で考えている銘柄を グリーン、下向きのものを紫で表示。

当ブログでのコメントは 銘柄名のみでなく‘全体戦略’から落とし込むトップダウンのイメージで臨んで頂くのが効果的!

※ ブログやメルマガはあくまでサンプルとお考えください。また 内容については保証できるものではありませんので 、 売買はご自身の判断でお願いします。
記事検索
Sラボ関連ブログ

■ 勘助ブログ withGS■



Archives
携帯でブログを♪
QRコード
☆応援よろしくです!
今日も1クリック宜しくお願いします☆ 
 ↓ ↓ 


当ブログは2017年10月をもって12年目に突入!微力ながら皆様のお役に立てるように日々精進させて頂きます!!

S教授の本棚
Profile

S教授

・CFP認定者。44歳
☆ 趣味:テニス、娘とYOU、行動心理経済学
☆ 投資へのこだわり:マーケットの最大の敵は恐怖心と焦り!・チャートは読むものではなく、作るもの!・最短ルートは勝ち組のマネ。

  • ライブドアブログ