2018年03月

■ NY株展望(4/2〜6):トランプリスク+景況感

【主な政治経済イベント】
4/2(月) 米3月ISM製造業景気指数
4/4(水) 米3月ADP雇用報告、3月ISM非製造業景気指数
4/5(木) 米2月貿易収支
4/6(金) 米3月雇用統計

■ NY市場展望 :トランプリスク + 景況感 
複数かつ多方面のトランプリスクに対する警戒感が重石となる一方、NYダウのPER13倍割れによる長期的な割安感長や良好なマクロ指標が下支えとなる方向感の乏しい流れがメイン。想定レンジは23,700〜24,500ドル

1月以降の高値を結んだレジスタンスラインに上値を押さえられているテクニカル、5月の米朝会談や米中貿易交渉の先行き不透明感、トランプ大統領のアマゾン叩きやフェイスブック問題など豊富なファンダ面の弱材料も踏まえれば、リスクシナリオとしては23,500ドル割れにも要警戒。

big (6)

楽観シナリオとしては、第2四半期入りの特殊需給による(2月以降とは反対の)好材料に過剰反応した場合や〜(略)〜に際しての25,000ドルトライを軽めにケア。


債券市場は3月FOMCにおける「FRBの長期的マイルドな利上げ方針の確認」により安定味を増していますので、株式市場との短期的な相関性低下が予想されます。 = 為替・長期債利回りともに平時に比べれば注目度低めでOK。
      (今朝の会員サークルより)

※ 来週の戦略は展望は明日15時配信の無料メルマガを参照ください。
             
button3

週末も応援よろしくです!
          
    

□ 日経平均(大引け) 21,454円 +295、お化粧買い+アルファ

本日の日経平均は大幅続伸。ハイテク株を中心とする前日のNY株高を好感して買い先行でスタートすると、昼過ぎには期末の株価を意識したお化粧買いやメジャーSQ値(21,575円)を意識した先物での買戻しも追い風に21,512円(+353)まで上昇。テクニカルは9日ぶりの10日線超えやパラボリック買い転換により反騰トレンド入り気配を強める格好。

東証主力株は概ね堅調。中小型株は 4461 一工薬、3230 スターマイカ、6235 オプトラン、9307 杉村倉庫、9270 SOU、6568 神戸天然物化学、9450 ファイバーゲート、4570 免疫生物研究所などに短期資金が流入。

日経平均 21,454円 +295、Topix 1,716 +12
225先物(3月限)21,460円 為替 106.23円/ドル
NYダウ先物 −

big (4)

【ウォッチ銘柄】
△ 3851 日本一、2354 安川情報システム
通期経常益予想を2割以上上方修正。即転狙いでケア。営業益下方修正ながら純利益予想を従来のものから4割上方修正した生化学(4548)も割り切り対象で注目。

■ 後記 : 米長期金利の上昇を嫌気した2月上旬の暴落、鉄鋼とアルミへの関税措置を中心とする3月上旬のトランプショック第一波、米中貿易摩擦による世界経済の停滞が懸念された先週末から今週月曜までのトランプショック第二波により、先行き不安は相当部分が織り込まれたと判断しています。

「底打ち ≠ 反騰トレンド入り」だけに来週も予断を許しませんが、テクニカルや市場マインドの良化が確認できるようであれば「徐々に回転スパンを長めに見積もる」戦略へのシフトを計っていってください。

  (会員サークルより >>Sラボ参加案内 

※ 来週の展望はこちらで日曜午前中までに、無料メルマガは同15時配信予定です。
             
button3

では 今週もお疲れ様でした。

良い週末をお過ごしください。
             
      

■ 午後の戦略 : 上下に柔軟な構えで週跨ぎ!

前場の日経平均は続伸。良好なマクロ指標や連休前の買戻しにより大幅高となったNY市場の流れを引き継いで寄り付き早々に21,403円(+244)まで上昇すると、戻り売りにより21,311円まで押された後、現在は21,300円台後半でしっかりと推移。

東証主力株は素材エネルギーや外需系景気敏感セクターを中心に概ね堅調。中小型株も買い優勢ながら、主役クラスは総じて覇気のない動きに。

□ 午後の展望 : 強含み
テクニカル、ファンダメンタルズ、需給などに決め手のない中、21,200円台半ばから21,400円台後半レンジで持ち合う流れがメイン。

■ 午後の戦略 :  上下に柔軟な構えで週跨ぎ!
日経平均のテクニカルは終値で20日線(21,374円)を超えてくるようなら反騰色を増すものの、現状での強気度アップは時期尚早。よって、一定の余力維持を優先しながら、ターゲットと条件を絞って丹念に取り組みたいところ。

★ 1570 日経レバ : 上昇局面は予定通り18,●00円までをメドに予定数の5割まで売却 → 週明け以降の押し目買いへ。※ ザラ場対応が可能な方は売値から2%(約350円)の下落をメドに買い直すのもおススメ。

☆ 3665 エニグモ : 1,4●0円前後までを複数回の指値で買い直しを計りつつ、〜(略)〜も「悩んだら小口買い増し」の強気スタンスで臨んでください。 
    (会員サークルより
 >>Sラボ参加案内 


では 午後もよろしくお願いします。

★ 本日の戦略 : フラットな立ち位置でポジション調整!

おはようございます。

昨日のNY市場は急反発。3月ミシガン大学消費者信頼感指数や2月個人消費支出が示した良好な消費マインド、3連休を前にしたフェイスブック、アマゾンなど主要ハイテク株への買戻しなどが株価の押し上げ要因に。債券市場も2月上旬以降の下落基調の反動で買いが先行(金利は低下)。

NYダウ 24,103ドル +254、ナスダック 7,063 +114

米10年債  2.740% −0.034、NY原油 64.94 +0.56
為替 106.40円/ドル、日経先物 21,450円 +240

□ 本日の展望 : 買い一巡後は持ち合いへ
NY急反発を好感した買い先行のスタート後、引けにかけては月末のポジション調整・戻り売りと期末のお化粧買い・押し目買いが交錯する方向感の乏しい流れが本線。想定レンジは21,300〜21,600円。

big (1)

★ 本日の戦略 : フラットな立ち位置でポジション調整!
NYダウの急反発に関しては、アマゾンへの規制強化のような思惑先行の下落に対する「必然的な修正」の面もあれば、西側とロシアの対決ムードのように進行中のマイナス要因を抱えたままの「アヤ戻し」の側面も。

よって、相場の方向性に対して過度にバイアスをかけず、流れの良い持ち株は小口買い増し・売りすぎ注意スタンスで臨みたい一方、ストレス玉の大胆な縮小や一定の余力維持により新年度入り&米中重要マクロ指標に絡めた乱高下に備えていってください。

☆★Sラボ銘柄に関しては昨夕の戦略に比べて若干強気に修正。リニカル(2183)や昨日公開の☆ 月曜からの新銘柄が順調に離陸しましたので、本日からは☆ 新たなるスポット銘柄の仕込みに着手!

※ 現在☆★新規買い対象は3つまで厳選中!

『 希望と確率のバランス! 』

4/1〜10スタートコースの新メンバーさん募集中!

         
4343aquab02-001
 
   
※ 本日中にお手続きいただいた方にはスタート期間を前倒ししてID・パスワードをお送りさせていただきます。お急ぎの方はお手続き後にご連絡いただけると助かります。

【ウォッチ銘柄】
△ 3288 オープンハウス
米中古戸建反発個数を18年末までに2月比2.6倍の800戸に増やす方針との報道。

では 本日もよろしくお願いします。
           
  

□ 日経平均(大引け) 21,159円 +127、☆ リニカル、☆ 3600番台・・・!

本日の日経平均は反発。前日のNY株式市場はフェイスブックやアップルの懸念材料を嫌気して続落したものの、朝鮮有事リスクの低下から一時107円台まで上昇していたドル円を追い風に買いが先行。21,200円台後半ではテクニカル要因(10日線)を意識した戻り売りに上値を押さえられたものの、21,000円水準では押し目買いが下支えに。

東証主力株は高安マチマチ。中小型株は 4572 カルナバイオ、9270 SOU、6184 鎌倉新書などが商いを伴って急騰。

日経平均 21,159円 +127、Topix 1,704 +4
225先物(3月限)21,210円 為替 106.52円/ドル
NYダウ先物 23,863ドル +3

■ テクニカル : 4日ぶりの陰線ながら、5日線に下値抵抗を示した下ヒゲにより悲壮感は限定的。上値は10日線(21,282円)が軽め、3/22高値(21,592円)と21,000円がそれぞれ強めの抵抗帯として意識されます。

big (13)

【ウォッチ&Sラボ銘柄】
△ 4763 クリーク&リバー
昨日上方修正を素直に好感して992円寄り付きから一時1,062円まで+70、約7%上昇!平時の商いが極端に薄いために買い見送りとした守谷商会(1798)は寄り付き2055円から2,374円まで急騰した後に失速。

★ 1570 日経レバ
会員サークルでは、火曜17,800円付近までの上昇過程での5割強の売却 → 昨日の17,300円台での買い直し → 本日18,100円台での売却 → 17,700円付近での一部買い直し...と展開中。

細かい回転が主旨ではありませんが、「バイ&ホールド」が有効ではない相場つきですので、ザラ場中お忙しい方も丹念に取り組んでいってください。

big (10)

☆ 2183 リニカル
3/27 1,718円 → 3/29 2,136円 +418 24%上昇
材料を伴った昨日の急騰の余韻にて、本日は2,136円まで上昇。長めの下ヒゲにより上値模索ムードを継続中!!仕込みは☆ 本日からのスポット銘柄〜リニカルの後継〜へ!
         
 >>Sラボ参加案内 

big (2)

☆ 月曜からの3600番台銘柄
週初からは主力系は★ 日経レバ(1570)一本に絞った体勢の建て直しと、こちらでの短期回転狙いにシフト。上記☆リニカルに先を越された感もありますが、こちらも4日で12%高を達成中!好業績トレンドや好取り組みを踏まえれば、目先の押しも丹念に!!

big (1)


では 本日もお疲れ様でした。

お帰り前にこちらもよろしくです!☆ 月曜からの3600番台銘柄は今だけこちらに!
             
  

■ 午後の戦略 : 戻り売り → 押し目買い直し!

前場の日経平均は反発。NY市場はハイテク株の軟化を重石に続落したものの、北朝鮮リスクの緩和から106円台後半まで切り返したドル円を追い風に買いが先行し、一時21,298円(+267)まで上昇。

東証主力株は高安マチマチ。売り方の買戻しで上昇している日経先物に対して、実需筋の様子見ムードが顕著。中小型株は 9270 SOU、4572 カルナバイオ、2666 オートウェーブなどに短期資金が流入。

□ 午後の展望 : 強含み
10日線(21,282円)を上値抵抗帯とする21,000〜21,200円台半ばの持ち合いがメイン。

■ 午後の戦略 : 戻り売り → 押し目買い直し!
今晩のNY市場は3連休前のポジション調整による方向感の乏しい流れが本命視され、明日の日本市場は戻り売り優位の展開が予想されます。

よって、ストレス玉は株価を選びすぎずに大胆に外しながら、極端にターゲットを絞った押し目買い、上昇時の売りすぎ注意スタンスを継続していきたいところ。

★ 1570 日経レバ : 昨日のご提案内容通りに18,200円付近までの上昇過程で一部売却を計っていただいたら、買い直しの段取りへ!

3日で24%高の☆ リニカル(2183)、4日で12%高☆月曜からの新銘柄寄りから約3%高☆本日からのスポット銘柄も従来戦略を踏襲。

 (会員サークルより >>Sラボ参加案内 

では 午後もよろしくお願いします。

★ 本日の戦略 : ポジション調整 → 打診買い!

おはようございます。

昨日のNY株式市場は方向感の乏しい荒い値動きの末に小幅に続落。10−12月期GDP改定値の上方修正(前期比年率+2.5% → +2.9%)が下支えた一方、iPhone需要の伸び悩み懸念からアップルやトランプ大統領が課税強化を検討していると伝わったアマゾンの大幅安がネックに。NYダウのテクニカルは下値模索不安を継続。ドル円にはトレンド陽転期待が浮上。

big (5)

big (7)

NYダウ 23,848ドル −9、ナスダック 6,949 −58

米10年債  2.778% −0.009、NY原油 64.38 −0.87
為替 106.81円/ドル、日経先物 21,260円 +230

□ 本日の展望 : 買い優勢も上値重く
21,200円台を回復した夜間の日経平均先物に追随する堅調スタート後、NY株のテクニカル軟化、国内外の政治リスクが実需買いの買い手控えや戻り売りを誘発する上値の重い展開が予想されます。想定レンジは20,900円〜21,300円台半ば。

★ 本日の戦略 : ポジション調整 → 打診買い!
トランプリスクに起因する全体需給の更なる悪化には余力維持やターゲットの絞り込みで備えつつ、ドル円の陽転気配には押し目買い・上昇時の売りすぎ注意で対応していきたいところ。

□ 近似テクニカルは集約して回転の効きやすさを確保!
日立(6501)、トヨタ(7203)、三菱商事(8058)、三菱UFJ(8306)、住友化学(4005)など、★ 日経レバと同様の「1月からの下落トレンド継続中、今週月曜の安値更新後に3連陽線」テクニカル銘柄が急増しています。

これらはセクターに無関係に短期的には近似の推移となる可能性が高いだけに分散効果は限定的。バイ&ホールドが有効な地合いではありませんので、当タイプの銘柄は日経レバ( or 信念を持って臨める個別株)に資金を集約し「突っ込み買い・戻り売り」による体勢の建て直しをご検討ください。

★ 1570 日経レバ : NYダウのテクニカル不安を踏まえて「反発局面は戻り売り優先」を継続。〜(略)〜にかけて一部売却を計るスタンスで。
        (会員サークルより)

☆ 週初からの3000番台銘柄
昨日までの3日で約10%高の後も押しは丹念に・・・!

☆ 本日からの新スポット銘柄

火曜から2日で20%高を記録した☆ リニカル(2158)の後継銘柄として、数週間での現値2割高を目標に仕込みを開始!

『 逆襲+アルファ狙いは慌てず急いで!』

3/21〜31スタートコースの新メンバーさん募集中!

         今なら3月分の参加費は無料!
4343aquab02-001
 
   
【ウォッチ銘柄】
△ 3938 LINE
野村証券(8604)と証券事業で提携。

△ 4684 オービック
18年3月期営業益は会社予想の300億円を上回る320億円になる見通しとの報道。

では 本日もよろしくお願いします。
           
  

□ 日経平均(大引け) 21,031円 −286、反落も3日連続高値引け

実質新年度入りとなった本日の日経平均は反落。配当落ちによる約160円の機械的な下落に加えて、前日のNY急落も逆風に9時台には一時20,776円(−520)まで軟化。しかし、NYダウ先物やドル円の底堅さ、日銀のETF買い思惑などが下支えとなって徐々に下げ幅を縮小すると、結局 一日の高値で取引を終了。

東証主力株は概ね軟調。中小型株は7776 セルシード、2176 イナリサーチ、2666 オートウェーブ、3624 アクセルマークなどに短期資金が流入。上場2日目に初値を形成したRPA(6572)は大幅高、本日上場のアジャイル(6573)は値つかず。

日経平均 21,031円 −286、Topix 1,699 −17
225先物(3月限)21,030円 為替 105.64円/ドル
NYダウ先物 23,895ドル +36

■ テクニカル : 1月以降の下落トレンド内の推移ながら、下ヒゲ陽線や3日連続の高値引けが下値抵抗感、自律反発機運を示す格好。

big (1)

【ウォッチ&Sラボ銘柄】
△ 4530 久光製薬
18年3月期純利益予想を185億円から192億円に上方修正。

△ 4763 クリーク&リバー
18年2月期経常益を17.5億円からコンセンサスを6%上回る18.2億円に上方修正。

☆ 昨日からの新スポット銘柄
本日終値は前日比+16%にて東証1部値上がり1位に!!後場寄りから入っていただいても一時4%高まで上昇。

1big (4)

メンバーさんにとっても直近の不安定な地合い下で買える株数には限界があったかと思いますが、★ 日経レバ(1570)の「昨日17,800円付近までの上昇過程での5割強の売却 → 本日17,300円台での一部買い直し」提案 、☆ 月曜からの新銘柄「3日で約10%高」なども踏まえれば 着々と“逆襲+アルファ”の土台が・・・!

『 銘柄の当てっこよりもポジション戦略重視! 』

よかったら☆★次の銘柄は初動からご参加下さい!
 
3/21〜31スタートコースの新メンバーさん募集中!

         今なら3月分の参加費は無料!
4343aquab02-001
 
    

では 本日もお疲れ様でした。

お帰り前にこちらもよろしくです!☆ 昨日からのスポット銘柄は今だけこちらに!
             
  

■ 午後の戦略 : 続・突っ込み買い・戻り売り!

前場の日経平均は大幅反落。配当落ち(約160円)やNY急反落により売り先行でスタートすると、20,700円台では売り方の買戻しやNYダウ先物の底堅さが下支えとなって下げ幅を縮小。東証主力株はほぼ全面安。中小型株も主役クラスは総じて冴えず、7919 野崎印刷、3744 サイオス、3558 ロコンド、7776 セルシード、2666 オートウェーブなどに局所的に資金が流入。

□ 午後の展望 : 弱持ち合い
NYダウ先物やドル円の底堅さを下支えとする20,700円台後半から21,100円付近の持ち合いがメイン。売り方の買戻し一巡感や国内外の政治リスクの根強さを踏まえれば、引き続き先物主導の下ブレには要警戒。

■ 午後の戦略 : 続・突っ込み買い・戻り売り!
★ 日経レバ(1570)をはじめ主力株の大半については昨日の戻り売り、本日寄りからの買い直しが機能しているかと思いますので、一定の余力はキープしつつ、調整局面を利用した買い直しを進めていってください。

★ 1570 日経レバ
: 昨日17,800円での5割強の売却 → 本日17,350円水準での買い直しの後、反発時は10日線を意識しながら小口利確、一段安時は〜(略)〜スタンスを継続!
 (会員サークルより >>Sラボ参加案内 

☆ 昨日からの新スポット銘柄
先週末の地合いの一段の悪化を受けて弱トレンド銘柄やストレス玉は★ 日経レバ(1570)に集約しながら、スポット系は☆週初からの新銘柄とこちらに参戦 → 本日前場高値にて既に14%高を達成!メンバーさん全員がフルで買える出来高ではありませんが、課せられた役割は概ね果たさんとしています。

ここからもシナリオと目標株価を天秤にかけながら・・・!

銘柄名は今だけこちらに!
           
   

★ 本日の戦略 : 続・突っ込み買い、戻り売り!

おはようございます。

昨日のNY株式市場は大幅反落。前日の急騰の余韻やコンセンサスを上回った1月ケースシラー住宅価格指数を追い風に昼前には24,446ドル(+243)まで上昇。しかし、テクニカル要因(10日線を意識した戻り売り)、フェイスブック問題を警戒したハイテク株売り、長期金利低下を嫌気した金融株売り、根強いトランプ政権の運営方針に対する懸念などがネックにとなり、引けにかけては急速に軟勢を強める格好。NYダウのテクニカルは「アヤ戻し一巡による下値不安再燃」を示唆。

big (16)

NYダウ 23,857ドル −344、ナスダック 7,008 −214

米10年債  2.778% −0.062、NY原油 65.25 −0.30
為替 105.38円/ドル、日経先物 20,710円 −400

□ 本日の展望 : 配当落ち分 + 先物安
3月期配当落ち分(約160円)に日経先物下落幅(400円)を加味した軟調スタート後、引けにかけてはNYダウ先物を睨みながらの神経質な展開へ。想定レンジは20,600〜21,000円。リスクシナリオとしては、先物での仕掛け売りや「新年度入りの特殊需給」が売り傾斜で新興した場合の20,500円の攻防に警戒。

big (17)

★ 本日の戦略 : 続・突っ込み買い、戻り売り!
森友問題に絡めた一部報道サイドと野党による国会運営の妨害はピークを過ぎた感があるものの、トランプ政権を中心とする海外政治情勢の不安定化は継続中。日米株式指数ともに「底打ち感の減退」により反騰トレンド入りまでの日柄が見えにくい環境ですので、まずは リスク許容度に応じた余力維持を優先。

その上で、昨日の急反発局面を戻り売り主体で臨んでいただいた経緯から、本日の下げは予定通り買い直すスタンスで臨みたいところ。

★☆Sラボ銘柄も昨夕の戦略を踏襲。

★ 1570 日経レバ:昨日手持ちの5割強を回転した後、本日は寄り値付近、17,350円(前日比3%安水準)、〜(略)〜をメドに買い直しへ。☆ スポット2銘柄も昨日のワン回転後、目先の押しを丹念に!

【ウォッチ銘柄】
△ 6436 アマノ
金融・官庁向けに電子文書の改ざんを判別するサービスを7月から開始するとの報道。


△ 4572 カルナバイオ
大日本住友製薬(4506)との提携を発表。

△ 4282 EPS
発行株の2.95%の自社株買いを発表。

『 我慢と勇気の対象を見直す! 』

では 本日もよろしくお願いします。
           
  
会員制サークル・S研究所
  banner2

一定期間ブログや無料メルマガをご覧いただいて、「これなら一緒にやっていけそうかも!」、「もっと深くSラボ戦略を体感したい!」とお感じになった方は、メンバー様全員参加型の有料掲示板(=会員サークル)へのご参加をご検討ください!

会員サークルでは積極的な自論展開もOK、閲覧のみのご利用もOK!

ご参加お待ちしてます!
記事検索
Sラボ関連ブログ

■ GS・勘助ブログ ■



Archives
直近のツイッターより



携帯でブログを♪
QRコード
Profile

S教授

47歳。趣味:テニスと娘、行動心理経済学
投資へのこだわり:マーケットの最大の敵は恐怖心と焦り!・チャートは読むものではなく、作るもの!・最短ルートは勝ち組のマネ。

  • ライブドアブログ