2018年08月

□ 日経平均(大引け) 22,865円 −4、22,600円台の抵抗感

本日の日経平均は小幅反落。米中貿易摩擦リスクの再燃を建て前に下落したNY株式市場の流れを引き継いで寄り付き早々に22,678円(−191)まで下落すると、引けにかけては22,800円台で利確確定や月末・週末のポジション整理売りと押し目買いが交錯。主要セクターは素材、金融、機械が軟調。

中小型株も様子見ムードを強め、6794 フォスター電機、3031 ラクーン、2459 アウン、3652 DMP、3911 Aiming、4384 ラスクルなどが局所的に物色される流れに。

日経平均 22,865円 −4、Topix 1,735 −3
225先物(9月限)22,860円、為替 110.97円/ドル
NYダウ先物 26,016ドル +6

big (10)

【ウォッチ銘柄】
△ 4369 トリケミカル
7月中間期経常益予想を9億円からコンセンサスを上回る11.55億円に上方修正。

■ 後記 : 今週の日経平均は週初の展望にて「NY株の上昇トレンド継続と米長期金利(≒ドル円)の上昇余地を追い風とする22,400〜23,000円レンジの堅調地合い」とお伝えした範囲内で推移。本日は小幅安ながら長めの陽線にて22,600円台の底堅さを示唆していますので、来週は「22,000円台後半の持ち合い ± 米経済指標・トランプ政権を巡る情勢」が本命視されます。

個別では 〜(略)〜となった一方、5486 日立金属の底上げの他、3356 テリロジー(+22%)、6383 ダイフク(+12%)、5218 オハラ(+8%)が相応の役割を果たす結果に。今月半ばからの直近までの“物色の正常化”が、来週は“物色の二極化”へと変質するとみていますので、抜かりなく対応していきたいと思います。
    (会員サークルより >>Sラボ参加案内 


※ 現在の★☆新規買い対象は“本日からの☆ 新スポット銘柄”を含めて4つ。

※ 来週の展望はこちらで日曜午前中までに更新、無料メルマガは同15時配信予定です。
            
button3

では 本日もお疲れ様でした。

お帰り前にこちらもよろしくです!
             
     

■ 午後の戦略 : 無駄を削ぎ、事前戦略を丹念に!

前場の日経平均は、23,000円付近での利確優勢ムードやNY株安を重石として寄り付き早々に22,678円(−191)まで下落すると、売り一巡後は押し目買いが下支えとなって22,800円台で底堅く推移。東証主力株は売りが優勢。内外需の差異は限定的に。10時発表の中国7月製造業PMIはコンセンサスなりに着地。

中小型株 3652 DMP、3911 Aiming、4384 ラスクル、2459 アウン、6794 フォスター電機、9788 ナック、3031 ラクーンなどに短期資金が流入。

□ 午後の展望 : 売り買い交錯
22,900円付近ではドル円や上海株の軟勢、週末・月末のポジション整理売りが上値を抑える一方、22,700円台前半では押し目買いが底堅さを演出する方向感の乏し流れがメイン。

■ 午後の戦略 : 無駄を削ぎ、事前戦略を丹念に!

米中リスクの再燃や月替わりによる需給変動に起因する「4度目の23,000円付近からの下落トレンド入り懸念」に警戒すべく、3割+アルファの余力維持を優先。攻撃可能枠ではターゲットと売買条件を絞った押し目買いスタンスを継続。

☆ 5218 オハラ : 直近2,900円付近での一部利確 → 本日前場2,754円までの買い下がり後、もう一段の押しを期待しながら買い直しを計っていってください。

【ウォッチ銘柄】
△ 1400 ルーデン、5480 日本冶金工
勘助氏注力中。ともに渋い動きにて好トレンドを維持。

では 午後もよろしくお願いします。

★ 本日の展望 : 半歩後退で全体需給を俯瞰!

おはようございます。

昨日のNY株式市場は反落。節目の26,000ドル超えにより利確バイアスが高まっていたところに、トランプ大統領の「来週にも2000億ドル相当の中国製品に対する追加関税を発動する」発言、トルコリラやアルゼンチンペソの下落などが触媒となって終日軟調に推移。ダウ構成銘柄はキャタピラー、ボーイング、GEを中心に概ね軟調。ナスダックもインテル、クアルコム、TIなどが売られて反落。

NYダウ 25,986ドル −137、ナスダック 8,088 −21
米10年債  2.858% −0.023、NY原油 70.25 +0.74
為替 111.00円/ドル、日経先物 22,720円 −150

big (8)

□ 本日の展望 : 売り優勢

NYタイムの日経先物動向を引き継いだ軟調スタート後、引けにかけても利確売りや週末・月末のポジション整理が重石に。10時発表の中国8月PMIに関しては、中国政府の意向による水増し → コンセンサスなりの着地 → 無風通過が本線。想定レンジは22650〜22800円台後半。リスクシナリオとしては上海株やドル円が軟勢を強めた場合の22,500円台までの下振れに警戒。


★ 本日の展望 : 半歩後退で全体需給を俯瞰!
ドルインデックスは6月以降の平均水準で推移していますので、トルコリラの下値模索再開が日本株に与える影響は限定的になりそうです。ただし、米中リスクの再燃や月替わりによる需給変動が「4度目の23,000円付近からの下落トレンド入り懸念」を高めているだけに、本日は3割+アルファの余力維持を優先し、全体動向の俯瞰に注力したいところ。

攻撃可能枠については好トレンド銘柄の押し目買い狙いを継続。本日の日経平均の引け味が悪い場合には来週も23,000円付近では上値を重くする可能性が高いため、積極派の方は東証主力系に比べて中小型株のバランスを高めるのも妙手。

【ウォッチ銘柄】

△ 9684 スクエニ
中国テンセントとの合弁会社設立を発表。

△ フォスター電機
発行数の14.5%もの大規模自社株買いを発表。

△ 6757 OSG
発行株の3.0%、832円での自社株買いを発表。

△ 6845 アズビル
10/1付の株式2分割を発表。

☆ 新Sラボスポット銘柄
本業の好調さを背景とする最高益更新トレンド、大手証券による目標株価引き上げ、外資勢の〜(略)〜などを追い風に上値模索トレンド継続が期待されます。直近の☆★Sラボ銘柄は週足ベースでのリバウンド狙いに偏ってきましたので、純然たる好トレンド銘柄の補充も兼ねて、数週間での20%+アルファ目標で着手。想定ボラティリティは「やや高め」。

まずは、本日の弱地合いを生かした打診買いへ!!

『 一歩目が重要!』

9/1〜10スタートコースの新メンバーさん募集開始!
        
4343aquab02-001 
※ 本日にお手続きいただいた方にはスタート期間を前倒ししてID・パスワードをお送りさせていただきます。

では 本日もよろしくお願いします。
            
 

□ 日経平均(大引け) 22,869円 +21、個別物色に変化の兆し!

本日の日経平均は小幅に8日続伸。米SP500の連日の最高値更新や111円台後半までのドル円の騰勢を好感して寄り付き早々に23,032円(+183)まで上昇したものの、10:30ごろからはドル円とともに利確売りに押されて上げ幅を縮小。商いは2.6兆円台の売買代金、14億株近い出来高ともに今月後半の中では多め。

東証主力株は高安マチマチ。6366 千代建、6146 ディスコ、1333 マルハニチロが前日比2%超上昇。中小型株は 3758 アエリア、4667 アイサンT、2484 夢の街、3906 ALBERT、5704 JMC、3905 データセクション、6030 アドベンチャー、9424 日本通信などに短期資金が流入。

日経平均 22,869円 +21、Topix 1,739 −0
225先物(9月限)22,870円、為替 111.66円/ドル
NYダウ先物 26,088ドル −59

■ テクニカル : 長めの陰線が節目の23,000円に抵抗感を示す一方、14億株近い出来高が押し目買い需要の旺盛さを表している事から「上昇トレンド過程の日柄調整」優位の格好。10日・20日線のゴールデンクロスが間近のドル円のテクニカル良化気配も追い風。

big (2)

【ウォッチ&Sラボ銘柄】
△ 6092 エンバイオ
中国企業との土壌回復事業における業務提携を好感。従来からのポテンシャルの高さを踏まえれば上昇トレンド入りに期待。関連テーマでは東海カーボン(5301)etc もケア。

△ 9519 レノバ
今月中旬に「再生エネルギー・バイオマス関連は物色の正常化の柱の一つ」とお伝えしたように好トレンドを継続中。(☆ スポット提案を見送ったのは悔やまれますが)押し目買いスイング狙いで継続注視。

△ 5704 JMC
「第1種医療機器製造販売業」の許可取得を好感してストップ高。相場は年内の終盤戦に。

★ 5486 日立金属
日経平均の23,000円同様に1,300円に頭を押さえられる展開が続いていますが、お伝えしてきた経緯や素材セクターの比較優位を踏まえれば「日経の上方向へのオーバーシュートへの備え」として腰を据えて臨みたいところ。

★☆新Sラボ銘柄!
本日AI関連の一角が買われたように短期マネーの物色傾向に変化の兆しが見受けられます。情報と状況次第では 明日にも☆★新Sラボ銘柄の仕込みを開始する予定です。来月後半はFOMCに絡めた難解な相場つきも想定されますので、取り組みやすい今の環境を生かしていってください!!

9/1〜10スタートコースの新メンバーさん募集開始!
        
4343aquab02-001 
※ 明日中にお手続きいただいた方にはスタート期間を前倒ししてID・パスワードをお送りさせていただきます。

では 本日もお疲れ様でした。

お帰り前にこちらもよろしくです!
        
  

■ 午後の戦略 : 続・テクニカル調整と上振れへの両備え!

前場の日経平均は続伸。NY株やドル円の騰勢を好感して寄り付き早々に23,032円(+183)まで上昇すると、買い一巡後は利確売りを重石に22,800円台まで軟化。東証主力株は特色の乏しい高安マチマチの商状。中小型株は 3906 ALBERT、5704 JMC、4667 アイサンT、3776 BBTなどが買われているものの、総じて薄商いで推移しており、投資家の様子見心理を示唆。

□ 午後の展望 : 利確優勢
ドル円の111.50超えも上値追いのきっかけには力不足となっていますので、22,750〜22,950円レンジでの持ち合い継続が本線。中小型株全般では連鎖的現金化売りにも注意したいところ。

■ 午後の戦略 : 続・テクニカル調整と上振れへの両備え!
「22,600円水準までの押し目買い、手仕舞い条件の徹底、好トレンド銘柄の売りすぎ注意」を継続。☆★Sラボ銘柄も新規買い対象を3銘柄にまで絞ったうえで、全体需給の潮目の変化を俯瞰していってください。

では 午後もよろしくお願いします。

★ 本日の戦略 : 好トレンド銘柄の買い増しから検討!

おはようございます。

昨日のNYダウは4日続伸。4−6月期GDP改定値の上昇修正や「NAFTA再交渉におけるメキシコとの合意」後の騰勢を追い風に26,167ドル(+103)まで上昇。個別ではマイクロソフト、シスコ、アップルなどハイテク関連が堅調に推移。ナスダックはこれらハイテク株に加えて、エヌビディア、グーグルが指数高を牽引し、SP500とともに4日連続で過去最高値を更新。

NYダウ 26,124ドル +60、ナスダック 8,109 +79
米10年債  2.885% +0.002、NY原油 69.51 +0.98
為替 111.67円/ドル、日経先物 22,980円 +130

big (24)

□ 本日の展望 : 買い優勢 ± ドル円
111.50超えによりテクニカル良化が顕著なドル円を追い風とする買い優勢の展開がメイン。想定レンジは22,800〜23,100円。寄り前発表の7月貿易統計は無風通過が本線。

★ 本日の戦略 : 好トレンド銘柄の買い増しから検討!
外部環境に異変はありませんので、先週木曜からの強気度アップ戦略を継続。以下のイメージで現状で想定されるリスクと期待シナリオに備えていってください。

▼ 23,000円を天井圏とする調整トレンド入りリスク : 本日23,000円付近での新規買いは極力控え、持ち株の買い増しの是非から検討。保有銘柄が多すぎるとお感じの方は、弱テクニカル銘柄から好テクニカル銘柄への乗り換えも得策。

※ 手仕舞い条件の設定と徹底に加えて、テクニカルの正念場である日経平均22,400円、ドル円100.50を割り込む場合には(環境を確認しながらとなりますが)ディフェンス重視へ転換するイメージもそのまま。

△ オーバーシュートによる
23,000円半ば〜24,000円トライ期待 : 好トレンド東証主力株からターゲットを絞り込んだ押し目買い、「余力空けすぎによる乗り換え先の高値掴みリスク」を意識した上昇時の売りすぎ注意を継続。

〜(略)〜

【ウォッチ銘柄】
△ 6632 ケンウッド
9月中間期営業益は前期比25%増の30億円程度の見込みとの報道。

△ 6240 ヤマシンフィルタ、6324 ハーモニックドライブ
米中貿易摩擦の行方が不透明な中での機械(+自動車)セクターの本気買いは躊躇されるだけに、業績トレンドが良好な中小型株をワンチャンス狙いで継続注視。

   (会員サークルより >>Sラボ参加案内 

『 チャンスの評価は主観ではなく多方面から! 』

では 本日もよろしくお願いします。
            
  
  

□ 日経平均(大引け) 22,848円 +34、“物色の二極化”前夜

本日の日経平均は小幅に7日続伸。NY株高を好感して買い優勢でスタートすると、ドル円の騰勢も追い風に前引け際に22,968円(+154)まで上昇。しかし、午後に入ると前日同様23,000円の節目を意識した売り物に押されて、引けにかけて上げ幅を縮小。東証主力株は 9104 商船三井、9101 日本郵船、6857 アドバンテスト、6754 アンリツなどを中心に買いが優勢。

中小型株は 4238 ミライアル、3393 スターティア、3244 サムティ、3902 メディカルデータビジョン、9274 国際紙パルプ、5986 モリテックスチール、4344 ソースネクスト、6033 エクストリーム、4387 ZUU、4381 ビーフラッツ、6081 アライドアーキテクツ、6324 ハーモニックドライブなどに短期資金が流入。

日経平均 22,848円 +34、Topix 1,739 +7
225先物(9月限)22,850円、為替 111.15円/ドル
NYダウ先物 26,138ドル +53

■ テクニカル : 10日・20日線のゴールデンクロスにより中長期上昇トレンドに厚みが増す格好。ただし、節目の23,000円やボリンジャー+2σ(22,954円)水準の戻り売りバイアスの厚さ、ドル円の上値の重さなどを踏まえれば、短期的には持ち合いによる日柄調整 or 22,600〜22,400円水準までの値幅調整優位の形状。

big (15)

【ウォッチ&Sラボ銘柄】
△ 9658 ビジネスB太田昭和
9月中間期経常益予想を3億円から6億円に倍額修正。

△  5704 JMC 
Sラボ銘柄としては 8/14 2,750円からのご提案後、先週約20%の上昇にて利確優先としましたが、その後も押し目のないまま上値を追い、一気に目標株価としていた4,000円を突破!月初からでも5割の上昇ですので割り切り度合いは高まっていますが、依然として押しは買えるチャートつき。

☆ 3356 テリロジー    
8/20 940円 → 8/29 1,149円 +209 22%上昇
JMCの後継銘柄として参戦後、8日で20%超えを達成!ジャスダックでも有数の売買代金を誇り、過度の乱高下もなかったために 比較的取り組みやすかったのではないでしょうか。買えてた方は良かったですね!

big (21)

こちらも当初目標株価(1,100円)を突破していますので今後は楽しみの範疇で付き合いながら、その後継を担う☆スポット2銘柄、☆ 5218 オハラ、☆ 明日以降の新銘柄で利益の上積みを計っていく予定です。

★ Sラボ主力6300番台
トルコ・リスクへの警戒感が高まった8月3週目に、会員サークルでは「短期的な混乱、物色の正常化」などに触れながら5,300円からご提案。時価総額7000億円台の大型株にして、本日までの2週間弱で約10%上昇!!新規買いに適したシーズンは終盤を迎えていますが、押しはまだまだ強気で!

big (22)

※ 銘柄名は今だけこちらに!
            
   

★☆Sラボ戦略(8月)
: 好決算銘柄のみが局所的に買われた今月序盤は肩の力を抜き、★ 5486 日立金属などにて“物色の正常化”に向けた仕込みを継続。8/15のドルインデックスのピークアウトを確認しながら確認しながら積極度を高め、日経高対応としての★ 6300番台、中小型再興対応のJMC(5704)、☆ 3356 テリロジー、テーマ株再興対応として☆ 5218 オハラどなどに派生。※ 現在★☆新規買い対象は4銘柄。

日経23,000円ワンタッチにより横並びで買われる地合いは終了した可能性が高いだけに、ここからは不用意に手を広げず、“物色の二極化”を念頭に割に合う勝負を心がけていく予定です。

よかったら、(始めに銘柄分析や情報ありきの昔ながらの手法ではなく)世界の政治・経済情勢、需給動向に主眼を置きながら、地合いに合う銘柄をバランスよく配慮するポートフォリオ作りを目指していってください!!

8/21〜31スタートコースの新メンバーさん募集は明日まで!
        
※ 今なら8月分の参加費は無料です。 
4343aquab02-001 

では 本日もお疲れ様でした。
   
              

■ 午後の戦略 : 仕込みは繊細に、利確はおおらかに!

前場の日経平均は大幅続伸。前日のNY株高を好感して買い優勢でスタートすると、利確売りバイアスを乏しいとみた先物にまとまった買い物が散発し、前場高値(22,968円 +154)で取引を終了。東証主力株は素材、機械、ハイテクを中心に概ね堅調。

中小型株は 4387 ZUU、4381 ビーフラッツ、6033 エクストリーム、6324 ハーモニックドライブ、6591 西芝電機、4238 ミライアル、3902 メディカルデータビジョンなどが商いを伴って大幅高。

□ 午後の展望 : 買い優勢
先物主導の堅調地合い継続が本線。ドル円が111.50付近まで上昇するようなら23,000円超えが視野に。

■ 午後の戦略 : 仕込みは繊細に、利確はおおらかに!
慎重派の方は22,400円水準、積極派の方は22,600円台までの買い下がりをベースとしながら、23,000円付近では一部利確を計りつつ、オーバーシュートによる24,000円トライも念頭に置いた「売りすぎ注意」スタンスを継続。※ 昨日同様に、本日も東証主力系への資金流入により手薄になった中小型株の押し目買い注力が妙手。

★ 5486 日立金属
JMC(5704)、☆ テリロジー(3356)などでの短期回転狙いの傍らで、‘物色の正常化’を念頭に丹念に拾ってきた成果が如実に・・・!もう一方の★ Sラボ主力銘柄9日で9%高を達成!!

何を買っても儲かる相場は終盤。ここからは“物色の二極化”を意識してターゲットの厳選が重要に!!

8/21〜31スタートコースの新メンバーさん募集中!
        
※ 今なら8月分の参加費は無料です。 
4343aquab02-001 

では 午後もよろしくお願いします。

★ 本日の戦略 : テクニカル調整と上振れの両備え!

おはようございます。

昨日のNY株式市場は3日続伸。「米国とメキシコによるNAFTA(北米自由貿易協定)再交渉での大筋合意」を好感した前日の流れを引き継ぎ、26,100ドル付近の狭いレンジで堅調に推移。コンセンサスを上回った8月消費者信頼感指数やティファニーの決算も追い風。個別ではインテル、マイクロソフト、シスコ、アップルなどが指数高に寄与。ナスダックは ネットフリックス、クアルコム、シアーズなどが買われて連日で過去最高値を更新。日経先物は一時22,870円(+70)まで切り返したものの、NYタイム後半は伸びを欠いて前日比変わらずで取引を終了。

NYダウ 26,064ドル +14、ナスダック 8,030 +12
米10年債  2.884% +0.034、NY原油 68.53 −0.34
為替 111.17円/ドル、日経先物 22,800円 +0

big (13)

□ 本日の展望 : 売り買い交錯
依然として低調な商いが示す実需筋の様子見、日経先物の売り方の買い戻し一巡感などを背景とする22,700〜22,900円レンジ内の動意の乏しい展開がメイン。上海株軟化時の22,600円台前半までの下落、ドル円が111.50を超えてきた際の23,000円トライも念頭に。

★ 本日の戦略 :  テクニカル調整と上振れの両備え!
昨夕お伝えしたようにテクニカル上は数日の持ち合いによる日柄調整、22,600円台(or22,400円付近)付近までの調整優位の形状ですので、買いは流動性の高い好トレンド銘柄をポジションの中核としながら、「日柄と価格帯を分散した押し目狙い」を継続。

一方、昨日先物では23,000円に触れていないように、買い方には余力が残っていると判断していますので、ドル円を利用した上振れ(→24,000円付近までのオーバーシュート)を念頭に「上昇時の売りすぎ注意」も意識していってください。

※ 昨日調整色を強めたマザーズ指数が示す中小型株の需給不安に対しては 手仕舞い条件の徹底でケア。

★☆Sラボ銘柄も昨夕の戦略を踏襲。

【ウォッチ銘柄】
△ 4667 アイサンテクノロジー
KDDI(9433)と資本業務提携を発表。

△ 8892 日本エスコン

中部電力(9502)と資本業務提携。

△ 2375 スリープロ
昨日発表の第3四半期経常益は高水準(88%)。

△ 4980 デクセリアルズ、696●
ドル円が騰勢を強める場合の飛躍に期待。

    (会員サークルより >>Sラボ参加案内 

『 幸運は捕まえに行かず、通り道で待つ! 』

では 本日もよろしくお願いします。
            
  
  

□ 日経平均(大引け) 22,813円 +13、ドル円を要チェック!

本日の日経平均は小幅に6日続伸。NAFTA(北米貿易協定)を巡る再交渉での米国とメキシコの大筋合意を好感して寄り付き早々に23,006円(+207)まで上昇すると、引けにかけてはNYダウ先物やドル円、上海株の軟勢が利確売りを誘発。東証1部の売買代金は8日ぶり2兆円台を回復。

東証主力株は6594 ファナック、6101 ツガミ、6301 コマツなど機械セクターや、9104 商船三井、9101 日本郵船など海運セクターが堅調だった他は高安マチマチ。中小型は 3926 オープンドア、6835 アライドテレシス、9399 ビートHD、4563 アンジェス、4387 ZUU、4334 ユークスなどに短期資金が流入。マザーズ指数は5日ぶりに反落。

日経平均 22,813円 +13、Topix 1,731 +2
225先物(9月限)22,800円、為替 111.26円/ドル
NYダウ先物 26070ドル −7

■ テクニカル
: 23,000円に上値抵抗感を示した
陰線安値引けにより、短期的には調整優位の形状。ボリンジャー+σ(現在 22,697円)が軽め、10日・20日・200日線が控える22,400円台が強めの下値抵抗帯として意識されます。

今年3度の23,000円トライは全てドル円の軟化をきっかけに調整トレンド入りしています。「日経平均の下値は上海総合指数が決める。上値はドル円が決める」イメージも有効となりそうです。

big (2)

【ウォッチ&Sラボ銘柄】
△ 4667 アイサンテクノロジー
KDDI(9433)と資本業務提携を発表。

・ 4565 そーせい
大商いでの上ヒゲ陰線が目先の天井形成を示唆。バイオ関連は‘物色の正常化’とは主旨が異なるマネーゲームとみているだけに要注意。並行して触れているユーザーベース(3966)は強気継続。

★ 5486 日立金属
下値切り上げトレンドを継続中。主要セクター内での素材関連の優位性も健在。★ 6300番台とともに地盤をしっかり固めながら、☆ スポット銘柄でのびのびと!

big (8)

☆ 先週木曜からのスポット銘柄
全体戦略における先週木曜からの強気度アップ戦略 + 業界内のエポックメイキングな事案に順じて、8/23 2,700円からご提案 → 本日までの4日で8%高を達成!

★ 主力系での地盤固め、JMC、☆ テリロジー、☆2銘柄での即転狙いとは異なるアプローチ・目的意識にて、目先の押しも丹念に!!

※ 銘柄名は今だけこちらで公開中!
          


■ 後記 : 8月2週目から戦略の肝に据えている“物色の正常化”に関しては概ねイメージ通りに機能。ただし、本日の中小型株に顕著となった「目先の天井形成」が“物色の二極化”への過渡期接近を示唆している事には要注意。

弱テクニカル銘柄や「底堅いけど相対的に動きが悪い」タイプの銘柄に関しては早め見切りがおススメ。
  (会員サークルより >>Sラボ参加案内 

では 本日もお疲れ様でした!

              
会員制サークル・S研究所
  banner2

一定期間ブログや無料メルマガをご覧いただいて、「これなら一緒にやっていけそうかも!」、「もっと深くSラボ戦略を体感したい!」とお感じになった方は、メンバー様全員参加型の有料掲示板(=会員サークル)へのご参加をご検討ください!

会員サークルでは積極的な自論展開もOK、閲覧のみのご利用もOK!

ご参加お待ちしてます!
記事検索
Sラボ関連ブログ

■ GS・勘助ブログ ■



Archives
直近のツイッターより



携帯でブログを♪
QRコード
Profile

S教授

47歳。趣味:テニスと娘、行動心理経済学
投資へのこだわり:マーケットの最大の敵は恐怖心と焦り!・チャートは読むものではなく、作るもの!・最短ルートは勝ち組のマネ。

  • ライブドアブログ