2021年08月

東京市場(8/31) 物色の正常化・二極化

本日の日経平均は大幅続伸。ジャクソンホール会合後の騰勢一服ムード、28,000円の上値抵抗感などを重石に寄り付き早々に27,602円(−187)まで下落したものの、10日線を意識した押し目買いに下支えられて下げ幅を縮小すると、午後からは月末の特殊需給の買い傾斜」により28,100円台まで急上昇。13日ぶりに終値で28,000円台を回復。香港株暴落や10時発表の中国PMIの影響は限定的に。

東証主力株は買い優勢。9983 ファストリ、8035 東京エレク、4543 テルモ、6367 ダイキン、9984 ソフトバンク、6954 ファナックなどが指数高を牽引した他、2427 アウトソーシング、6920 レーザーテック、1911 住友林業、3038 神戸物産、4755 楽天などが堅調に推移。

中小型株は ☆ 6890 フェローテック、9479 インプレス、5408 中山製鋼所、7732 トプコン、7816 スノーピーク、8848 レオパレス、9308 乾汽船、6541 グレイステクノロジー、6619 ダブルスコープ、2934 ジェイフロンティア、4485 JTower、4488 AIInside、6027 弁護士ドットコム、6613 QDレーザ、3936 グローバルウェイ、4056 ニューラルポケット、6629 テクノホライゾン、6614 シキノハイテックなどに短期資金が流入。

日経平均 28,089円 +300、Topix 1,960 +10

225先物(9月限)28,180円、為替 109.86円/ドル
NYダウ先物 35,454ドル +102

big (15)

【ウォッチ&Sラボ銘柄】
△ 3647 ジースリーHD
押し目買いスイング狙いで継続注視。EneChange(4169)は以下のAタイプ対応がおススメ。

△ 1407 ウエストHD
GS氏注力中。主役クラス環境関連の中でも稀有な騰勢を維持。勘助氏のメドレー(4480)も公開即大幅高。

☆ 6890 フェローテック
8/19 ≒ 2,955円 → 8/31 3,275円 +320 10.8%上昇
先週月曜の地合いなりの下振れによる2,600円台を“勝負どころ”として対応 → 本日3,200円超えにより 名目上昇率の10%を超える体感・効果があったかと思います。こちらは以下のBタイプとしての対応を予定しています。

3

☆ 3762 テクマトリックス 
8/25 1,803円 → 8/31 1,987円 +184 10.2%上昇
ネットワークやセキュリティなど情報インフラ構築事業、医療・金融などアプリケーションサービス事業はともに堅実に成長中。7月末発表の決算は第1Q業績が好調だった前年同期比との比較で減益となり、通期予想も保守的な内容となったために売り材料視されましたが、クラウド・DX関連の見直し買いムードに伴い、ディーラー筋の注目度の高まりは必至と判断。7月高値圏突破後も騰勢を継続中!

1big (16)

☆ 9450 ファイバーゲート 
8/24 1,580円 → 8/31 1,868円 +288 18.2%上昇
本日1,860円台までの上昇により、約1週間での18%高を達成。会員サークルでは利確優先としましたが、弱テクニカルや見込みの乏しい銘柄への乗り換えであれば、押し目買い直しでの上値模索がベター。

big (17)

□ 利確手法の分散 : 今月中旬の日経急落局面は“勝負どころ”と捉えた逆張り買いで対応。その際に、(1)戻り売り前提の銘柄、(2)継続予定銘柄のタイプ分け → リバウンド局面での初志貫徹の取り組みをご提案。

同様に、足元の個別株物色の興隆に際しても、(A)売り上がり or 期間指定のポジション縮小を前提とする銘柄、(B)買い直しによる上値探求タイプの銘柄に分類、それぞれに応じた対処が正攻法となります。

決算シーズン明けの“物色の正常化・二極化”を見越して8/16からご提案したEnjin(7370)以降、5銘柄連続で10%高を達成している☆★Sラボ銘柄に関しても個別銘柄の特性、☆★銘柄全体でのバランス調整などを考慮した以下のタイプ分け、売買手法で臨んでください。

   (会員サークルより >>Sラボ参加案内

では 本日もお疲れさまでした。

「ファイバーG、フェローテック、テクマトリックス見てたよ。SBI持ってるよ!」・・・こちらも是非!
   
  

午後の戦略 : 小休止にて過不足調整!

前場の日経平均は続落。前日のNY市場での「ジャクソンホール会合に起因する短期騰勢の一服感」がネックとなって寄り付き直後に27,602円(−187)まで下落すると、前引けにかけては27,700円台前半で底堅く推移。東証主力株は売り優勢。9984 ソフトバンク、3659 ネクソン、9433 KDDI、4324 電通などが指数の足かせに。

中小型株は 8256 プロルート丸光、5381 Mipox、4488 AIInside、3936 グローバルウェイ、9919 関西スーパーマーケット、9479 インプレス、5408 中山製鋼所、7816 スノーピーク、9308 乾汽船などに短期資金が流入。

□ 午後の展望 : 弱含み ± 先物需給
前場の利確賛成ムードや香港株の暴落が重石となる27,600〜27,800円付近での弱含みの推移が本線。月末月初の特殊需給による下振れ ≒ 27,600円割れにも要注意。

■ 午後の戦略 : 小休止にて過不足調整!
週末にかけては日米市場ともに「米雇用統計前のポジション整理」が主流となる方向感の乏しい流れが予想されます。中小型株優位に変わりはないと判断していますが、本日の騰勢一服気配を利用してストレス玉の整理、継続予定銘柄の買い下がりメドの確認と実行などに時間を割きたいところ。

☆ 6890 フェローテック
8/19 ≒ 2,955円 → 8/31 3,225円 +270 9.1%上昇
現状のリスクは過熱気味な上値追い。3,200円台で小口利確後も慌てずにターゲットプライスまでを買い直すスタンスで。

☆ 9450 ファイバーゲート
8/24 1,580円 → 8/31 1,834円 +254 16.0%上昇
今月中旬の下落過程にて(1)突っ込み買い→戻り売り優先タイプ、(2)突っ込み買い → 逆襲+アルファ狙いタイプに分類したように、現状の個別活況時においても(A)売り上がりタイプと(2)一部ホールドしながら売り買いをこなしていくタイプに分けるのが正攻法。こちらは出来高が見劣りするため(A)タイプで対応。

big (10)

   (会員サークルより 
>>Sラボ参加案内

では 午後もよろしくお願いします。

「ファイバーゲート、フェローテック、テクマトリックスみてるよ!」・・・こちらも是非!☆
    
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村    

本日の戦略 : 好トレンド銘柄を丹念に育成!

おはようございます。

昨日のNY株式市場は反落。ジャクソンホール会合後の騰勢を引き継いで昼頃に35,510ドル(+54)まで上昇したものの、引けにかけては利益確定売りが足かせとなってジリ安で推移。個別では金利低下を嫌気した金融株が売られた一方、上場来高値を更新したアップルが指数を下支え。ナスダックはGAFAM、テスラが買われて大幅続伸。

NYダウ 35,399ドル −55、ナスダック 15,265 +136

米10年債利回り 1.281% −0.030、為替 109.91円/ドル
NY原油 69.15 +0.42、日経先物 27,690円 −50

big (8)

□ 本日の展望 : 戻り売り優位も底堅く

NYタイムで反落した日経先物のなりに売り優勢で寄り付いた後、27,600円付近では直近のテクニカルと市場マインドの改善を背景とする押し目買いが下支えとなる一方、27,900円台では国内要因(コロナ警戒、菅政権の支持率低下)が重石となる方向感の乏しい流れが本線。月末(月初)の特殊需給によるファンダメンタルズを度外視した上下のブレも念頭に。

★ 本日の戦略 : 好トレンド銘柄を丹念に育成!
日経先物のテクニカルにおける「5月以降の高値を結んだレジスタンスラインへの上値抵抗感」に変わりはないため、買い方優位ながら突発的な下押しにも警戒・・・イメージを継続。自ら売りそびれリスクを高めてしまう保有銘柄数の増やしすぎや飛び乗り買いは避け、的を絞った押し目買い・上昇時の売りすぎ注意スタンスで臨みたいところ。

ターゲットは(1)日経平均の持ち直しに対応した ★ 8473 SBIをはじめとする東証主力系や日経レバ(1570)など日経連動タイプ、(2)☆ 6890 フェローテック、☆ 3700番台、☆ 本日からの新銘柄など☆ スポット4銘柄を中心とする『流動性高めの好トレンド中小型株』の二本柱で対応。

【ウォッチ銘柄】
△ 3936 グローバルウェイ
マネーゲーム化が顕著なため売買対象としては適していませんが、マザーズ需給の変化を予兆する銘柄の一つとして継続注視。

△ 9919 関西スーパーマーケット
H2Oリテイリングとの経営統合に含み。

△ 9479 インプレス
メディアドゥ(3678)とPOD書籍出版分野での業務提携に向け協議開始。
 
   (会員サークルより 
>>Sラボ参加案内

『 浮遊しているチャンスより、足元のチャンスに注力! 』

では 本日もよろしくお願いします!☆

☆ 3700番台はこちらで公開中!
   
  
 

東京市場(8/30) 「利食い千人力」の罠

本日の日経平均は反発。ジャクソンホール会合でのパウエルFRB議長の講演後のNY株の騰勢を追い風に寄り付き早々に27,921円(+280)まで上昇。戻り売りに押されて10時台に27,656円(+15)まで上値を切り下げながらも、引けにかけては押し目買いが下支えに。

東証主力株は概ね堅調。8035 東京エレク、6367 ダイキン、6954 ファナック、6098 リクルートの4銘柄で日経平均を50円強押し上げた他、5401 日本製鉄、5411 JFE、9104 商船三井、5563 新日本電工、4183 三井化学、6963 ロームなどが前日比4%超上昇。

中小型株も幅広く買いが進展。☆ 6890 フェローテック7370 Enjin、2158 Fronteo、4443 Sansan、5121 藤倉コンポジット、6191 エアトリ、3825 リミックスポイント、6493 日鍛バルブ、3377 バイク王、4475 Hennge、2934 ジェイフロンティア、4477 BASE、5759 日本電解、4074 ラキール、7373 アイドマ、4176 ココナラ、7810 クロスフォー、2315 CAICAなどが商いを伴って大幅高。

日経平均 27,789円 +148、Topix 1,950 +21

225先物(9月限)27,740円、為替 109.75円/ドル
NYダウ先物 35,428ドル +25

big (3)

【ウォッチ&Sラボ銘柄】
△ 6430 ダイコク電機
21年9月期経常益予想を2.7億円から7.5億円に、配当予想を40円から55円に上方修正。吹き値待ちの空売り狙いが妥当ですが、古典的仕手株だけに無理は禁物。

☆ 6890 フェローテック
先週月曜2,600円台前半までの下振れを踏ん張っていただいた効果が徐々に。乗り換えが有効な地合いではありませんので、(利食い千人力は放棄し)安値玉は丁寧に生かしていってください。

Mchart-mchart (1)

☆ 3700番台スポット銘柄
8/25 1,803円 → 8/30 1,942円 +139 7.7%上昇
ネットワークやセキュリティなど情報インフラ構築事業、医療・金融などアプリケーションサービス事業はともに堅実に成長中。7月末発表の決算は第1Q業績が好調だった前年同期比との比較で減益となり、通期予想も保守的な内容となったために売り材料視されましたが、クラウド・DX関連の見直し買いムードに伴い、ディーラー筋の注目度の高まりは必至と判断。

会員サークルでは、7370 Enjin(8/18から3日で14%上昇)、☆ 6890 フェローテック☆ 9450 ファイバーゲート(8/24から5日で12%上昇)に続くスポット銘柄として、先週水曜から参戦 → 本日は続伸にて6月以降の高値を更新!

似通った銘柄に乗り換えても効果は低い地合いだけに、明日もターゲットプライス内の押し目買い直しに注力していく予定です。☆ 先週末からの新スポット銘柄も2日で5%高の好スタート!

big (7)

☆ 3700番台は今だけこちらで!
    
 

午後の戦略 : 続・ターゲットを絞った“逆襲+アルファ狙い”!

前場の日経平均は反発。先週末のジャクソンホール会合でのパウエルFRB議長の講演を買い材料視したNY市場の流れを引き継いで寄り付き早々に27,921円(+280)まで上昇したものの、前引けにかけては戻り売りに押される展開。

□ 午後の展望 : 様子見ムード継続
NY株先物の騰勢一服も足かせとなる27,600円台前半から27,800円台前半の様子見色の強い展開が本線。

■ 午後の戦略 : 続・ターゲットを絞った“逆襲+アルファ狙い”!

先週後半の「売却予定銘柄の大胆なポジション縮小」後は、物色の二極化を利用した“逆襲+アルファ狙い”シフトを邁進。上値が重い日経連動タイプや東証主力系は腰を据えて臨みつつ、流動性高めの好トレンド中小型株での押し目買い・上昇時の売りすぎ注意スタンスを継続していってください。

☆ 6890 フェローテック : 先週の2,600円台前半を“勝負どころ”として腰を据えて対処してきた効果が表れてきましたね。3,075円までの上昇過程での一部利確後は、2,●●0円までの押し目買い直しに注力。

☆ 9450 ファイバーゲート
8/24 1,580円 → 8/26 1,766円 +186 11.7%上昇
新規買い妙味は低下していますが、安値圏から参加中の方は押し目買い方針の継続が妙手。

☆ 先週末からの新スポット銘柄 : 前日比6%超の上昇後も押し目買い増しに注力!

   (会員サークルより 
>>Sラボ参加案内

【ウォッチ銘柄】
△ 4476 ココナラ
勘助氏注力中。前日比9%程度の急騰に。GS氏のプレイド(4165)も二極化の波に乗りそうです。

△ 7370 Enjin
続伸にて上場来高値を更新。継続的に触れている銘柄群ではAppier(4180)、ジースリー(3647)が買えるチャートを維持。

では 午後もよろしくお願いします。

    
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村    

本日の戦略 : 好トレンド中小型株主体の陣形!

おはようございます。

先週末のNY株式市場は急反発。
ジャクソンホール会合でのパウエルFRB議長による「年内のテーパリング開始妥当」発言が短期的な悪材料出尽くし感を高め、債券買い(金利低下)株式買いのポジティブトレードが進展。日経先物は前日比220円高の27,860円で取引を終了。

よって、本日は買い優勢でに寄り付いた後、週初の特殊需給やテクニカル要因(レジスタンスラインの抵抗力)を加減した推移が予想されます。想定コアレンジは27,700〜28,000円。なお、昨日の「米軍による無人機でのIS関係車両への空爆」をはじめとするアフガン情勢の悪影響は限定的と判断。

big (2)

★ 本日の戦略 : 好トレンド中小型株主体の陣形!
先週は、前半の急落局面を“勝負どころ”と捉えた継続予定銘柄の押し目買い、後半のリバウンド局面では売却予定銘柄の大胆な縮小に注力。

今週も日経平均 & 東証主力系(1)に関しては本格上昇トレンド入りは期待しにくい一方、中小型株(2)に関しては「日経の下振れリスク緩和」の追い風効果が期待できるため、(1)タイプ銘柄は腰を据えて丁寧に取り組みつつ、(2)タイプに関しては“物色の二極化”に備えた好トレンド銘柄主体のポジショニングを意識したいところ。

★☆Sラボ銘柄戦略 : (1) ★ SBI(8473)での日経高への備え、日経暴落時の日経レバ(1570)の突っ込み買いを軸としながら、(2)個別株の復調気配を利用した☆ ファイバーゲート(9450)、☆ フェローテック(6890)、☆ 先週水曜・週末からのスポット2銘柄にて数日〜2,3週間での回転狙いへと派生するスタンスで。

【ウォッチ銘柄】
△ 3926 オープンドア、3193 鳥貴族
コロナ感染ピークアウト期待を背景とする「消費関連の短期テーマ化」狙いで注目。801●も継続注視。

△ 4165 プレイド
GS氏の方で8/13(2,601円)から注力中。先週末はグローバルウェイ(3936)関連企業のM&A、21年9月期最終赤字幅の上昇修正を発表。土曜の日経朝刊「海外マネーの新興IT株への流入」特集にて、外資の持ち株比率の高い銘柄として紹介されています。記事はこちら。 マイルドな上昇局面を順張り買い(増し) → スイング狙いで継続注視。

先週末のIRによる割り切り対象ではランドコンピュータ(3924)、ステラファーマ(4888)、ラオックス(8202)などをケア。

    (会員サークルより 
>>Sラボ参加案内

『 奇策は最小限に、正攻法で堂々と! 』

では 本日もよろしくお願いします!☆
   
  

☆★ 8/21〜31スタートの新メンバーさん募集は今日まで!
体勢の建て直しから逆襲+アルファ狙いに向けて、「何かを変えたい!」とお感じの方はみんなで一緒に!
      
4343aquab02-001
    

日本株展望 8/30〜9/3 : トレンド陽転に含み ± 先物需給

■ 日本株展望 : トレンド陽転に含み ± 先物需給
先週末の米ジャクソンホール会合におけるパウエルFRB議長の講演後のテクニカル良化気配を追い風とする買い優勢の展開をベースとしながら、国内コロナ感染拡大、政治情勢の不安定化、中国での産業規制と景気後退懸念などが重石となる覇気のない推移が本線。2月中旬の年初来高値の期日売りは通過しているものの、出来高を最もこなした3月3週目から半年後の「9月第3週辺りまでは潜在的売り圧力が高め」なことも足かせ。想定レンジは27,500〜28,300円

big

楽観シナリオとしては、NY株展望で触れた欧米金融資本による「世界的な景気回復基調の見直し」シフト → 米債券売り(米金利上昇 ≒ ドル円高)・世界的な株式買いトレードの進展による追い風効果 → 28,500円トライに期待。

悲観シナリオとしては、東南アジアでのコロナ感染拡大による供給体制不安、テクニカル要因(5月以降の高値を結んだレジスタンスライン)を‘売りの建て前’とした27,000円台前半までの下押しに警戒。

 (会員サークルより >>Sラボ参加案内

週末も応援よろしくです!☆

 
  


来週の売買戦略(抄)は本日15時配信のメルマガで!
     
mglogo_c3   

NY株展望 8/30〜9/3: 上値模索トレンド継続 ± 景況感

おはようございます。

週末のNY株式市場は急反発。ジャクソンホール会合でのパウエルFRB議長による「年内のテーパリング開始妥当」発言が短期的な悪材料出尽くし感を高め、債券買い(金利低下)株式買いのポジティブトレードが進展。10時過ぎに35,400ドル台まで上昇すると、引けにかけては週末の利確バイアスやアフガニスタン情勢の混迷化などが上値の重石に。ナスダックも反発にて過去最高値を更新。アマゾン、アルファベットの他、エヌビディア、AMAT、AMD、マイクロンテクノロジーなど半導体セクターが指数高を牽引。

NYダウ 35,455ドル +242、ナスダック 15,129 +183
米10年債利回り 1.317% −0.027、為替 109.84円/ドル
NY原油 68.68 +1.26、日経先物 27,860円 +220

NYダウのテクニカルは長期上昇トレンドを維持。短期的にも35,200ドル付近に控える10日・20日に下値抵抗感を示した陽線引けにより、上値模索歩調を強める格好。マーケット動向を占う上でNY株よりも重要な米長期金利動向は、底打ち反騰トレンド入り優位の形状。

6,7月は米債券買い(金利低下)・NY株買い・ドル買いのトリプル高 ≒ 米国買いが顕著となりましたが、焦点が「世界的な景気回復基調の見直し」にシフトするようなら、米債券売り(金利上昇)・世界的な株式買いによる日本株への追い風効果が期待されます。

big (28)

【主な政治・経済イベント】
8/30(月)米決算:ズーム
8/31(火)中国8月製造業PMI、6月SPケースシラー住宅価格指数、8月消費者信頼感指数
9/1  (水)中国8月財新製造業PMI、8月ADP雇用報告、8月ISM製造業景気指数
9/2  (木)米7月製造業受注
9/3  (金)米8月雇用統計、8月ISM非製造業景気指数

■ NY市場展望 : 上値模索トレンド継続 ± 景況感
注目のジャクソンホール会合を買い材料視した経緯から、買い方優位の堅調地合いをベースとしつつ、火曜から週末の8月雇用統計まで続くマクロ指標を受けた景況感の浮沈、債券動向を加減した推移が本命視されます。想定レンジは35,100〜35,800ドル。

リスクシナリオとしては、良好なマクロ指標に起因するインフレやFRBのテーパリング加速懸念の高まり、新型コロナを巡るワクチンや行政サイドの動向の変化などを足かせとする35,000ドル割れまでの下押しに要注意。なお、バイデン大統領が最終決断した米軍撤退によるアフガニスタン情勢の混迷化に関しては、ニュースのインパクトに反してマーケットは徐々に軽視していくとみています。

〜(略)〜

 (会員サークルより >>Sラボ参加案内

週末も応援よろしくです!☆

 
  


来週の売買戦略(抄)は8/29(日)15時配信のメルマガで!
     
mglogo_c3   

東京市場(8/27) イベント前の静けさ

本日の日経平均は反落。FRBのテーパリング観測やアフガン情勢の混迷化を嫌気したNY株安に追随して9時台に27,481円(−261)まで下落すると、引けにかけては押し目買いと週末のポジション整理需要が交錯し、概ね27,600円台で持ち合う展開に。東証主力株は売り優勢。9983 ファストリ、4543 テルモ、6367 ダイキン、6954 ファナックなどが指数の足かせとなった一方、9104 商船三井、9107 川崎汽船、9101 日本郵船など海運大手がディーリング対象となって大幅高。

中小型株は 9115 明治海運、2975 スターマイカ、4251 恵和、9127 玉井商船、3998 すららネット、4475 Hennge、4583 カイオム、7082 ジモティー、3936 グローバルウェイ、5381 Mipoxなどに短期資金が流入。

日経平均 27,641円 −101、Topix 1,928 −6

225先物(9月限)27,640円、為替 110.01円/ドル
NYダウ先物 35,254ドル +94

big (26)

■ 後記 : 今週の日経平均は「リバウンド優位」とした想定内で推移。ジャクソンホール会合でのパウエルFRB議長の講演が1日後ズレしたために、未だ「下落トレンド継続」への油断は禁物ですが、日経平均の底割れ懸念さえ緩和してくれば、来週の中小型株需給は更なる改善が見込めそうです。

ただし、買われる銘柄と持ち合いを余儀なくされる銘柄の“物色の二極化”は必至。

先週後半から今週前半にかけての難局を“勝負どころ”として取り組み、直近のリバウンド局面で売却予定銘柄と継続予定銘柄に色分け&取捨選択していただいたら、来週も慌てず急いで“逆襲+アルファ狙い”路線を邁進していってください。

   (会員サークルより >>Sラボ参加案内

では 今週もお疲れさまでした。

お帰り前にこちらも是非!☆

   
  


来週の売買戦略(抄)は8/29(日)15時配信のメルマガで!
     
mglogo_c3    

午後の戦略 : 柔軟な構えで週末へ!

前場の日経平均は反落。前日のNY株安を受けて軟調に寄り付くと、27,481円(−261)まで下落した後、前引けにかけては底堅く推移。東証主力株は売り優勢。8035 東京エレク、6857 アドバンテスト、4911 資生堂が指数を下支え。

中小型株は 3672 オルトプラス、2975 スターマイカ、9115 明治海運、3823 アクロディア、9127 玉井商船、7681 レオクラン、3998 すららネット、4475 Henngeなどに短期資金が流入。

□ 午後の展望 : 売り優勢
ジャクソンホール会合や週末リスクを意識したポジション整理売り優位の展開が本線。

■ 午後の戦略 : 柔軟な構えで週末へ!
全体戦略としては、イベントリスク、週明けからの再攻勢に備えるべく、3割程度の余力確保を優先。個別戦略に関しても(1)流動性高め・日経連動タイプ、(2)好テクニカル中小型株を柱とする取り組みを継続。

☆ 9450 ファイバーゲート
8/24 1,580円 → 8/26 1,766円 +186 11.7%上昇
前場1,625円までの調整過程で買い直しを効かせたら、もう一段の下押しを期待しつつ、1,700円台前半は肩の力を抜いて対処してください。☆ フェローテック(6890)も買い下がりめどを意識しながら!

    (会員サークルより 
>>Sラボ参加案内

では 午後もよろしくお願いします。

    
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村    
会員制サークル・S研究所
一定期間ブログや無料メルマガをご覧いただいて、「これなら一緒にやっていけそうかも!」、「もっと深くSラボ戦略を体感したい!」とお感じになった方は、メンバー様全員参加型の有料掲示板(=会員サークル)へのご参加をご検討ください!
 ↓ ↓


会員サークルでは積極的な自論展開もOK、閲覧のみのご利用もOK!

ご参加お待ちしてます!
Sラボ関連

■ GS・勘助ブログ


S教授のメルカリ
読了済の書籍の一部を出品中!

S家の書庫
義父が遺してくれた書籍類
Archives
記事検索
携帯でブログを♪
QRコード
Profile

S教授

48歳 ファイナンシャルプランナー
趣味:テニス、行動心理経済学
信条:令和の時代は、企業情報よりも投資家動向を重視するトップダウン戦略こそ正攻法! 

  • ライブドアブログ