下記『今週のイベント・・・』におけるPさんのご質問は、ご覧いただいている多くに共通の疑問に思えましたので、こちらにまとめさせていただきます。
(質問内容はコメント欄でご確認ください。)
ご質問内容の概要は・・・
Q,株はギャンブルか?
A、勘や思い込みで売買してる限りはギャンブルです。
  人脈・情報を最大限に生かしたときに 勝率は劇的に上がります。分析好きな日本人の民族性からチャートや四季報を研究してる方も多いようです。もちろん売り場探しには重要です。ただし チャート、四季報で家を建てた方を私は知りませんので 基本的に儲けに直結はせず、損しにくくなる程度の効果ではないでしょうか?
確かに数千億円動かしている方でも 地合いや世界経済の正確な読みは不可能ですので“賭け”である事には違いはありません。相場に絶対が無い以上『勝てる確率』の問題です。極端な話、銀行に預金するのもつぶれない方にかけているだけのことですから。

Q,目標株価とは。

A、大きく3種類 
 1、数字目標、共通意識、いわゆる目標。(最も多用される。)
 2、背後の資金の関係上 達成しなければまずい株価。(仕手株に多い)
 3、M&Aなどを見据えた絶対的な株価。(JAA。。?♪)
2のパターンで上昇する時は、不可解な上昇をしますのでワクワク感はありますが、最終的にはMSCBなど反則技で極一部の方々だけが儲かることで決着します。昔は通用したんですけどね。。★
当方で多いのがファンドなどが1のパターンで相場にするケースです。彼らは近しい資産家にもシナリオを伝えてあるだけに、目標まであげたいというのは2とおなじですが、売り場よりも“仕込み・仕掛け”のタイミングに尽力しています。動きが出た後は遅かれ早かれ市場の噂になりますので、加熱してくるまでが勝負であり、その後は2ほどはこだわることなく自然体で売ってきます。
3のケースは友好的にしろ敵対的にしろ同時者同士の思惑が絡むだけに流動的にはなりやすいものの、基本路線がまとまれば時間との戦いになることが多いです。

この3つのパターンの違いを見極めることが大切です。当方のコメントは2の場合には適当なので ご理解いただけていると思いますが?!(笑)
低位株ならすぐに2だとお分かりになると思いますが、一般の方が4344が2だとは気が付きにくいですからね♪♪

Q、売り場を知りたい!
A、初心者の方であれば、まずはメルマガでの提案時に売っていただくのがロスが少ないでしょう。ネットエイジの初回や大崎エンジのように売り提案後に爆発しているものもありますが、ギャンブルにしないためには まずはそのまま対処していただくのがいいと思います。
Q、“回転”、“売りあがり”って?
A、説明不足でごめんなさい。ともに“売る”という作業は同じです。違いは“回転”→下がったところでは買いなおすイメージ、“売りあがり”→買い直しはしない前提で売るイメージということです。

個別銘柄の質問は応じきれない可能性がありますが、このようにふと疑問に感じる事がありましたら、コメントしてくださいね☆その代わり説明が長文化するのはご容赦願います(笑)

※Pさんへ。狭い業界ですので 投資顧問さんのイニシャルは●に変えさせていただきました。ご了承ください。