日経平均株価は3日ぶりに反落。17,383円 106円安。
幅広い銘柄で利益確定売りが増え、先物主導で下げ幅が一時200円を超える場面も。ただ、25日移動平均(17245円)が下値支持線として働き、大引けにかけては下げ渋った。
注目の東証1部の売買代金は概算で2兆8794億円、売買高は同21億2831万株。東証1部の値下がり銘柄数は1225、値上がりは399、変わらずは90だった。
Topix 1,721  −9 、 東証2部 4,185  −8
ジャスダック平均 2,207 −4 、マザーズ  1,181 −0
ヘラクレス 1,919  −4
新興はIPO銘柄から資金が一気に流出しただけに乱高下しましたが、これで市場全体の重心がさらに一部銘柄に偏る事になります。昨年同様“デイトレ殺し”の相場つきに移行しそうです。