本日の日経平均は、昨日のNY市場が 金融不安の再燃から
大幅下落となったことを受けて、前場から売り先行の展開。
一時 13,018円(−335)まで 下げ幅を拡大。
その後 13,000円割れに対して 一定の抵抗感を示した事で、
先物に買い戻しが入り 引けにかけては下げ幅を縮小。

日経平均  13,159円  −194  、Topx      1,281     −19
東証2部   2,750       −24  、ジャスダック平均  1,449  −8  
マザーズ指数  527     −6 、ヘラクレス指数    815    −12
為替       107.40円/ドル
東証1部売買代金 1.89兆円 、値上がり309、値下がり1,321

昨日の会員様ページ、メルマガでもお伝えさせていただきましたが、
米政府・FRBの断続的な策に対して賛否両論が飛び交う中、
その効果に懐疑的な見方は少なくはありません。

現状の複数の策で危機を脱せるとは、誰より 米当局自身が
考えていないでしょう。今は 焦点を絞り込みながらの応急
処置により 金融クラッシュを避け、‘時間稼ぎ’をする事
が大命題。
その面からは 各策は有効に機能していると考えます。

今回のGSE支援策によって、サブプライム問題に対して政府
が公的資金を持ち出した以上‘負け’は許されません。また、
あらゆる手段を使い‘引き分け以上’に持ち込むはずです。

この点を しっかりと押さえながら全体を考察するだけで、
マーケットの見え方はだいぶ変わってきます。


本日は、最も警戒が必要であると同時に、チャンスの接近を意味
する“米国発金融システム崩壊懸念”からの急落。

ここからは予定通り、その懸念の拡散具合を確かめつつ
静かに熱く マーケットに臨んでいきたいところです。

その先には、現在話題とされている 目先の個別企業の業績や
材料株の目先の乱高下などとは、『次元の異なる変化』
待っているでしょう。

本日もお疲れ様でした。
こちらもよろしくです! ☆⇒  株・投資 ランキング

☆ ランダム・コメント ☆
5302 日本カーボン
   
ザラ場643円は 連日の高値更新。佳境に向かって。
6330 東洋エンジ   
思った以上に人気のない(?)銘柄ですが、お伝えしている
大相場の道を着実に歩んでいます。

★  9113 乾汽船
本日の全面安の中、そして 海運セクター全滅の中・・・、 
ザラ場 1,675円は 昨日の高値をも更新!
無料メルマガにて 先週末にお伝えしてから すでに100円の上昇!
会員様には  7/16 1,503円から 172円 11%の上昇となってます。
買えている方は 本当に良かったですね!♪

押し目はまだまだ・・・!概況は今晩のメルマガも参照ください。