本日の日経平均は、昨日の9,000円割れに加え、NYダウ・ドル円
の続落を受けて売り先行のスタート。売り一巡後は、米夜間市場の
反発や 日銀や政府の円高対応を巡る思惑から8,949円(−45)まで
下げ幅を縮小する場面もあったものの、上値が重くなったところを
見計らった先物での1000枚単位の仕掛け売りが 狼狽売りを誘発し
て、一時8,807円(−187)まで下落。引けにかけても戻りは限定的
となり 結局4日続落で取引を終了。

日経平均  8,845円 −149 Topx    807  −10
為替 84.32円/ドル 、106.70円/ユーロ、1.2650ユーロ/ドル  
NYダウ先物(15:00) 10,020
ドル

主力セクターは ディフェンシブ関連の一角が底堅く推移したもの
の、総じて軟調。84円台前半で推移した円高を嫌気して、自動車・
ハイテク株を中心に輸出関連が売られた他、デフレ長期化を嫌気し
たメガバンクも売りが先行。

新興市場は、アクセルM(3624)、ジー・モード(2333)などが
一時ストップ高まで買われた他、主力銘柄の一部が堅調に推移し
‘市場マインドの陰の極’を連想させる動きに。

■ テクニカル
抵抗帯としてきた9,000円を割り込んだことで、下方バイアスに
弾みがつき 連日のギャップダウン。1%を下回っているストキャス
(13日.K)や、ボリンジャー−2σ(9,852)をも大きく下回ったこと
で短期的には売られ過ぎ感が強いものの、再度9,050円どころ
を上抜けるまでは‘下値模索型’の継続がベースに。

■ 雑感
明日の日本市場は、実質8月度最終売買日。月末に向けては一
定のお化粧買いも期待される値位置であることや、政府・日銀に
何らかのアクションがあれば ・・・・。

      (今晩の無料メルマガより。ご登録はこちら

【気になるニュース・銘柄】
5726 大阪チタニウム   3,460円  −15
11年3月期純損失予想を29億円の赤字から46億円の赤字に
下方修正。

明日も下値模索とともに“二極化”に備えて・・!

本日もお疲れさまでした。

お帰り前にこちらもよろしくです!☆
   ↓   
人気ブログランキングへ