NY市場は、朝方発表された個人消費支出(前月日+0.4%)が
市場予想(+0.3%)をわずかに上回り4カ月ぶりの大幅な伸びと
なったものの、先週末の急反発の反動に加え、週末の雇用統計
に向けたマクロ指標の軟化を警戒する売りが先行。引け際には
下げ幅を拡大し、結局大幅反落で取引を終了。

NYダウ  10,009ドル −140、ナスダック  2,119  −33  , 
84.60円/ドル、107.11円/ユーロ、1.2661ユーロ/ドル  
米10年債利回り 2.6530%  −0.116
NY原油  74.70 −0.47、 NY金  1239.2  +  1.3、
CME225(円建て) 8,985円

債券市場は株安と先週末の急落の反動から大幅高(金利は低下)。
「ユーロ<ドル<円」型の為替や原油安も、景気減速懸念を織り込
む格好。

□ 本日の展望
NY反落に加え、リスク回避志向+日銀・政府の経済対策に対する
失望感から ドル円の反落も重しとなり、CME225にサヤ寄せする
流れで売り先行のスタートへ。

米夜間取引やドル円しだいでは 先物主導での下ブレ懸念も残り
ますが、日米当局が追加策を示唆している現況においては、一定
の歯止めがかかることで、売り一巡後は膠着感の強い展開が予
想されます。

・政府・日銀の経済対策の影響
昨日引け後の政府対策も「想定」の域を出ることはできず、しかも
1兆円規模のスケールの小さいものとなったことで、マーケットへ
の押し上げ効果はほとんどゼロ。むしろ、今後の危機対応に際し
ての不安を煽る結果に。

「国内の政府・日銀の対応」については、‘期待’以上に‘失望感
の高まり’が相場の下押し要因となることに警戒してきましたが、
プラス面があるとすれば、政府日銀が当面の指針を示してきた
事で、国内の不安要素の一つは解消されること。

よって、前場中の‘期待剥落’の売り一巡にて、その影響は希薄
化していきそうです。

★ 本日の戦略  ‘二極化’戦略を加速!!
昨日前場の大幅高も レンジ相場内での上ブレとして、ポジシ
ョン整理をご提案させていただきましたが、引け際にかけての反
落により「目先の横並びの反発は一巡」と踏んで、昨日までの‘間
口を広げたリバ狙い’から、本日より“二極化”に向けた戦略を加
速させたいところ。

□ 的を絞った押し目買い!
具体的には 依然として年初安近辺で推移中の‘日経への連動性
が高く見える銘柄’は ヘッジも兼ねて 戻り待ちの「空売り対象」
としつつ、〜(略)〜は「押し目買い」スタンスを継続。

中小型・新興銘柄は、底堅なものも顕著となってきましたが、狙っ
て取れる銘柄はまだまだ極一部。道の裏を狙うのではなく、人(資
産家&有力ファンド)の行く道を 堂々と歩んでいきたいところ。

                 (会員サークルより)

【気になるニュース・銘柄】
5406 神戸製鋼所  180円
インドに環境型製鉄所を建設するとの報道。鉄鋼大手のインド進
出が加速。

4188 三菱ケミカル、5405 住友金属
財務強化のために有利子負債の圧縮を本格化させるとの報道。
家計感覚で借金を減らすことが必ずしも良い事ではありませんが、
次の一手に向けた戦略であれば、見方も変わります。


目先もトレンドの出にくい乱高下が続く可能性が高そうですので、
株価を見ながらの対応では後手に回る、もしくは何もできずに時
間だけが経過することが懸念されます。

よって、寄り付きまでに戦略の軸を固めたら、場中は堂々と そ
れを“実践行動”することで、現況の打開を計っていって下さい!

本日もよろしくお願いします!
  ↓    
人気ブログランキングへ        

 ★ 株式情報サークル・S研究所 ★
 

現在、Sラボ銘柄は 。裡拵動型 1銘柄、◆/袈酬蓮2銘柄に
加え、6売り1銘柄の布陣。そして、本日からは9月の“二極化”
進展を視野に,〃鰐段舛1本追加!

米経済・NY市場の灰汁抜け感が、国内政府・日銀への失望感を
上回ってくる時・・・、全ての歯車が加速度的に回っていくでしょう。