前場の日経平均は、中国利上げを受けて上海・欧州市場が大幅安となった事を警戒する一方、寄り前に発表された11月鉱工業生産が6が月ぶりの前月比プラス(+1.0% コンセンサス通り)となったことが下支えとなり CME225なりに小安く寄り付いた後は 10,300円台前半で様子見ムードの強い展開に。

主力セクターは、自動車の一角が買われている他は マチマチから弱い含みの推移。古河電工(5801)、富士電機(6504)、電気化学(4061)、明電舎(6508)など広義の環境関連に堅調な銘柄が目立ちます。

新興市場は、中国利上げ懸念の緩和から個別物色意欲の復活も感じられる中、アクロディア(3823)、フリービット(3843)、アンジェス(4563)などが買われたマザーズが反発。ジャスダックはシナジーM(3859)を除く主力どころがマチマチとなり小幅反落。

【 注目ポイントと優先順位の確認 】
1、外部環境
米夜間市場は前日の引け味の良さを引き継いで堅調に推移。商品市況の底堅さや、200日線割れに抵抗して切り返しているユーロドルからも、正方向のリスク志向は緩やかながら着実に継続中と判断。(-)

2、日経のテクニカル・外資の思惑
先物では、10,420円超えを回避したい売り方の思惑は生きていますが、根強い押し目買い意欲を前に下げあぐねている格好。よって、趨勢は買い方優位ながら 一段高へは大義名分が欲しいところ。薄商いによる上下のブレへの警戒は継続。(-)

□ 午後の展望
実質新年度入りも買い方の様子見姿勢が強い事や、年末の整理売りが下押し圧力になることで、10,200円台後半から10,300円台前半での膠着感の強い展開が想定されます。

□ 午後の戦略
年末らしく(?)勢いのある銘柄の短期張りも良いですが、大枠としての上昇トレンドを生かすべく、腰の据えた仕込みも意識していきたいところ。

【気になるニュース・銘柄】
6971 京セラ    8,400円 -20
継続売り注視中。今朝の好材料も無反応。ソフトバンク(9984)とともに戻り売り優位を継続中。

6677 SKエレク   54,900円 +2400
割り切り短期要員ですが地力は上位。従来より水面下での繋がりが深かった~(略)~が一相場をこなしていることからも注目!(昨日のメルマガより)

☆ 2138 クルーズ  161,500円 +4500
テクニカルの軟化には注意しつつも、先週の17万円台ではメルマガでも「バブル気味の新興活況=‘偶然’を利用する事が本線ではない」とお伝えしているように、‘必然’を狙うのであれは現値は買い(直し)レンジ。

引き続き安値玉を生かしながら・・!

☆ 新・Sラボ・CCCルートからの派生銘柄~!
短期15%高となったエディオン(2730)からスタートし、★CCC(4756)へ発展した同ルートの狙いを、更にコアな方面に探求すれば結論はここ!点と点が繋がりが線となり‘円’となった時、その破壊力はすさまじいものになると期待しています。まずは割り切っての現値買いから、初動を追撃イメージで!!

午後も(こちらも)よろしくです!☆
   ↓
株・投資 ランキング