本日の日経平均は、NY以外のマーケットで中国利上げが嫌気された事を受け 売り優勢のスタート後も、ユーロドルや中国人民元の上昇を受けたドル円の下落や 連日の中国市場の大幅安が重しとなり引けにかけても10,300円前後で弱含みの推移に。

日経平均  10,292円 -63、Topx    902  -1 
為替 82.41/ドル、109.03円/ユーロ、1.3230ユーロ/ドル  
NYダウ先物(15:00)  11,508
ドル

主力株は、円高を嫌気して輸出関連がマチマチから軟調に推移する一方、日経平均維持を目的に 金融株やパナソニック(6752)、日立(6501)などハイテクの一角が買われる構図。

新興市場は、東証1部指定替えの思惑からフリービット(3843)が急騰した他、アクロディア(3843)がストップ高となったマザーズが反発。ジャスダックも主力のネット関連は底堅く推移したものの、大証(8697)、マクドナルド(2702)など時価総額の大きい銘柄は軟調となったことから反落引けに。

■ テクニカル
大勢買い優位ながら、10,200~10400円のレンジを抜けた方向にブレやすい形を継続。

【気になるニュース・銘柄】
6453 シルバー精工   
同社から、約束手形の2度の不渡りにより銀行取引が停止された恐れがあるとの報告を受け午後から取引停止・・。年末のボロ株買いはこれが怖いですよね。これを受けて幅広い低位株が午後から失速。

・小沢氏が政倫審出席へ
民主党小沢元代表は、自らの政治資金問題について衆院政治倫理審査会で弁明すると表明。民主党の支持回復には「時既に遅し」の感が強く、執行部にとっては達成感以上に、普天間、尖閣事件クラスの政治力の欠落を露呈したことで、その代償は小さくはならなそうです。

本日もお疲れさまでした。

よろしければお帰り前にこちらもよろしくです!☆
  ↓
人気ブログランキングへ 

※ 本日打ち合わせによりメルマガはお休みさせて頂きます。
ご了承下さい。