前場の日経平均は、朝方こそ累積する不安材料に対するリスク回避の売りが先行し、9,448円(−73)まで下落する場面もあったものの、今晩のNY休場の影響で出来高が閑散とする中、更に下値を売り込む動きも限定的となり、前引けにかけては買い戻し主導で反発。

主力株はセブン&アイ(3382)、サッポロ(2501)など消費・ディフェンシブ関連の一角が堅調な他はマチマチ。新興市場も主力に積極的な動きは見られず、両指数ともに小幅高。

□ 午後の展望 : マチマチ
中低位株の一角には鬼(外資)の居ぬ間に強引な仕掛けを見せる銘柄も散見されますが、今晩のNY休場かつ今週は主要米経済統計ウィークとあって、9,500円±50のレンジでの持ち合い継続がメイン。

□ 午後の戦略 : 小口逆張り
寄り前までにお伝えしたイメージをしっかりキープしながら、小口逆張りが正攻法。

【気になるニュース・銘柄】
6758 ソニー(売)
空売り要員として継続注目。昨年のトヨタ同様に、今年はソニーが米財閥系の攻撃の的になっているとの話があるようです。サイバーテロの後の米議会での吊るしあげ警戒から戻り待ちの売りスタンスで。


1972 三晃金属、 8007 高島、4651 サニックス
G8での菅首相の太陽光発電強化案を好感して相場になっていますね。一段高に期待。もちろん、正味の成長性よりも条件反射的な売買が主流となりますので、★フェローテック(6890) とは明確に一線を画して接したいところ。

4575 キャンバス、2342 トランスジェニック
バイオ・総薬ベンチャーにも短期筋の動きが顕著に。

午後もよろしくお願いします!

こちらもよろしくです!
  ↓    

株・投資 ランキング