おはようございます。

昨日のNY株式市場は小幅に6日続伸。コンセンサスを上回った2月フィラデルフィア連銀製造業景気指数、1月住宅着工件数、週間新規失業保険申請者件数などを追い風に強含んでスタートすると、テクニカル上の過熱感が上値を抑え「債券買い戻し、株式売り」が主勢に。NYダウは19,600ドル前後の狭いレンジでの推移に終始し、長期債利回り、ドル市況は軟化。ドル円は113.10水準まで下落し、
12月からの下落トレンド回帰リスクを高める格好。

NYダウ 20,619ドル +7、ナスダック 5,814  −4
米10年債 2.452% −0.050、NY原油 53.36 +0.25 
為替 113.24円/ドル、CME225 19,270円

big (7)

□ 本日の展望 : 弱持合い
ドル円の軟勢回復を警戒した続落スタート後、引けにかけてはドル円を睨みつつ、週末のポジション整理売りが上値の重石となる19,200〜19,400円レンジの推移が想定されます。

★ 本日の戦略 : ドル円の軟勢をケアしながら前に!
115円の壁に跳ね返された後に10日線(113.04)水準まで下落しているドル円や、トランプ大統領発言を中心とする週末中の市場環境の悪化、19,000〜19,200円レンジまでの買い下がりに備えるべく、まずは「3割前後の余力確保」を優先。

そのうえで、攻撃可能枠については東証主力系と中小型株のバランス = “物色トレンドの潮目の変化”に配慮しながら、買い条件内を毅然と対処していきたいところ。

※ 来週からの2月後半戦は米トランプ政権の予算教書を巡って、今週よりも起伏にとんだ相場展開が想定されますので、ストレス玉については早め手仕舞いにて攻撃枠拡充を計るのもおススメ。

★☆Sラボ銘柄についても昨夕の戦略を踏襲。

【ウォッチ銘柄】
△ 7594 マルカキカイ
発行株の1.4%の自社株買いを発表。

▼ 6081 アライドアーキー、6050 Eガーディアン、3905 Dセクション
メッセージアプリ「スナップチャット」を運営するスナップ社のIPO仮条件は、推定価値が市場予想を下回る結果に。今月上旬に割り切り対象として触れましたが、直近のテクニカル悪化も踏まえれば目先の強引な買い下がりは避けてください。

□ 許容するミスの数を決めておく! 
ロスカットラインを設定されている方は多いと思いますが、ポジション全体でのルールは曖昧となっているケースもあるかと思います。

連続損切りの後はボラティリティの低い銘柄を攻める、反対に連続利確の後はハイボラ銘柄を攻めてみる、中小型株(≒ハイボラ銘柄)を1か月での3回ロスカットしたら4銘柄目は東証主力に注力する ・・・などの他、資金配分についても柔軟に強弱をつけていくのがおススメ。

トップダウン戦略においては 銘柄選別の優先順位はこれらの後!

では 本日もよろしくお願いします。

気合の1ポチよろしくです!☆