本日の日経平均は5日ぶりに小幅反発。イースター休暇により外資勢の商いが細る中、リスク回避売り優勢で18,224円(−110)まで下落する場面もあったものの、ドル円の下げ渋りやコンセンサスを上回った中国1−3月期GDPが先物での買戻しを誘発。東証1部の売買代金は今年最低となる1.63兆円。

東証主力株は高安マチマチ。9602 東邦、5714 DOWA、2432 DeNAが前日比3%超の上昇に。中小型株も総じて底堅く推移し、4800 オリコン、3677 システム情報、4597 ソレイジア、3932 アカツキ、3479 TKP、3561 力の源、6532 ベイカレント、6323 ローツェ、3667 enishなどが急騰。

日経平均 18,355円 +19、Topix 1,465 +6

225先物(6月限)18,310円 為替 109.38円/ドル、
NYダウ先物 20,400ドル −14

■ テクニカル : 小反発による陽線引けながらも、5日線に触れられずに上値下値を切り下げているため「下値模索トレンド継続」優位の格好。ただし、年に数回しか示現しない強めのトレンド陽転サインである「ストキャス(13日)20%以下でのゴールデンクロス」が点灯間近なだけに、買い場探しの姿勢は継続していきたいところ。

big (21)

【ウォッチ銘柄】
△ 6323 ローツェ
ストップ高。急落のきっかけとなった4/10発表の18年2月期業績予想を本日寄り前に上方修正。大口案件がまとまったとはいえ、4/11からの急落で売らされた方には納得しにくい流れ。

△ 6023 ダイハツディーゼル
17年3月期営業益予想を28億円から34.9億円に上方修正。

△ 3640 電算
17年3月期営業益予想を3.8億円から5.8億円に上方修正。

△ 3815 メディア工房
発行株の4.4%の自社株買いを発表。

△ 3667 enish
先週後半の騰勢を継続。近似の仕掛けとしてお伝えしたAKIBA(6840)、23●●も同時に動意を示していますので、ワンチャンス狙いでケア

〇 6081 アライドアーキテクツ
ご提案としては「大リバウンド相場への備え」として先週中の利確優先とさせていただきましたが、本日も地合い不問の好需給が続いています。積極派の方は3,8●0円までの買い下がりを本線に、月内4,500〜5,000円目標を継続していってください。

big (24)

☆ 先週末からの新スポット銘柄
SUMCO(3436)を中核に据えるスタンスにて「
先月後半からの地合い悪のダメージ」を緩和したら、「下方向のオーバーシュートの反動」に向けたポジション・チェンジを計りたいところ。

当観点からの第一弾銘柄であるこちらは2日でまずは5%弱の上昇。第2弾の☆本日からの新銘柄即日5%強の上昇に!!
早ければ明日にも☆第3弾銘柄の仕込みに着手する予定です。

目先のリバウンドやリカバーのみを目的とする戦略、その先を見据えた戦略は思考のスタート地点が異なります!

   
(一部会員サークルより >>ご入会案内  
 
では 本日もお疲れ様でした。

お帰り前にこちらもよろしくです。