おはようございます。

昨日のNY市場は続落。朝方発表されたモルガンスタンレーの決算は市場予想を上回ったものの、IBMの決算悪や原油安、
個人消費の鈍化懸念を高めベージュブック(地区連銀経済報告)などを嫌気する向きが優勢となり、トランプラリー第3波終了(3/1)後の安値を更新。ナスダックは半導体製造装置大手の好決算が下支え。

big (15)

NYダウ 20,404ドル −118、ナスダック 5,863 +13 
米10年債 2.216% +0.037、NY原油 50.44 −1.97 
為替 108.85円/ドル、日経先物(夜間)18,380円 −30

□ 本日の展望 :警戒感 ± ドル円
下値不安を継続させているNYダウやドル円、週末のフランス大統領選・第1回投票を見極めたいとの思惑が実需買いを手控えさせるため、18,250〜18,500円レンジでの売り優勢の展開が本命視されます。日経平均が週初安値(18,224円)を割り込む場合には、個別需給が連鎖的に軟化するシーンに警戒。

★ 本日の戦略 : 市場マインドの悪化 = 仕込み場!
当面は海外情勢を睨んだ先物主導の荒い値動きが想定されますので、
持ち株の買い増し用資金と合わせて3〜5割前後の余力維持と手仕舞い条件の徹底を継続。
攻撃可能枠については(分散投資の効果は期待できない地合いだけに)直近の流れの良い銘柄にターゲットを絞った「押し目買い、上昇時の利確は慌てない」スタンスで臨みたいところ。

☆★4銘柄は昨夕の戦略を踏襲。地合い悪化を期待しながら買い直し、買い増しを進めていってください。持ち株全体で戦略に強弱をつける互助イメージもそのまま。
     (今朝の会員サークルより 

【ウォッチ銘柄】
△ 2337 いちごHD
18年2月期営業益予想は前期比−5.4%と冴えない内容となった一方、発行株の 1.05%の自社株買いを発表。

△ 9880 イノテック
17年3月期純利益予想を6億円から8億円、配当を14円から15円に上方修正。

△ 7751 キャノン
東芝から買収した医療機器会社など活発なM&Aが奏功し、17年12月期営業益は従来予想の2550億円から2700億円程度に上ブレる見込みとの報道。

『 改善とイノベーション! 』

では 本日もよろしくお願いします。