本日の日経平均は4日ぶりに小幅反落。米長期金利の反発に追随したドル円を追い風として買い優勢でスタートすると、国内年金資金の買いや好都合な貿易収支を追い風に昼前には18,523円(+91)まで上昇。しかし、23日の仏大統領選・第1回投票への警戒感やリスク許容度の低下による戻り売りが重石となり、引けにかけてはジリジリと株価水準を切り下げる流れに。

※ 2016年の貿易収支は6年ぶりの黒字に転じつつ、対米黒字が減少 = 景況感を高めながらトランプ氏の怒りをかわす
理想的な内容で着地

東証主力株は 6857 アドバンテストなど半導体、7270 SUBARU、7242 KYBなど自動車セクターが買われた他は高安マチマチ。中小型株は 3667 enish、6836 ぷらっとホーム、3372 関門海、4597 ソレイジア、7827 オービスなどが商いを伴って大幅高。

日経平均 18,430円 −1、Topix 1,472 +1

225先物(6月限)18,470円 為替 108.89円/ドル、
NYダウ先物 20,340ドル +5

■ テクニカル : 晴れぬ視界
5日線と10日線の狭間での推移により方向感は生じず。18,600円付近まで切り返す場合にはMACD陽転をはじめ強めの買いサインが複数点灯しうるものの、10日線の上値抵抗感やファンダメンタルズの不安定さを踏まえれば、売買戦略上は節目の18,000前後〜200日線(17,886円)水準までの下押し警戒を継続していきたいところ。

big (1)

【ウォッチ銘柄】

△ 3793 ドリコム
 
17年3月期純利益予想を5億円から7億円に上方修正。薄商い銘柄ですが、医学生物学研究所(4557)、
東邦アセチレン(4093)、杉本商事(9932)、トーエネック(1946)も通期純利益を上方修正。

△ 2130 メンバーズ、7896 セブン工業 etc 
同じ上方修正でも買い対象としてはこちらに注目。

☆ 2427 アウトソーシング
4/17 3,935円 → 4/19 4,225円 +290 7.3%上昇
会員サークルでは、今月前半の地合い悪をSUMCO(3436)を中核とした「独自の好需給重視」戦略で臨み、先週後半からは「市場マインドの陰の極狙い」へとシフトチェンジ!こちらは☆ 6804 ホシデンに続く第二弾銘柄。

昨日4,200円台前半での●割の利確後の押しは必要悪ですので、明日もターゲットプライスまでの押しを狙って買い直しを計りつつ、反発時は売りすぎに注意しながら回転をかけていく予定です。

big (18)

■ 後記 : 神経戦を優位に戦う!
地政学的リスクや欧米政治リスクなど先行き不透明要因が氾濫していますが、一般的な投資家さんにとって「不透明さが明確」な環境は決して悪いものではなく「上がりそうで下がりそう、内需も外需も買われそう or 売られそう」といった的の絞りにくい環境こそ真の悪環境となります。

平たく言えば・・・現状ではトレードそのものを生業としているいわゆる大口投資家層は売買を手控えるか、通常よりもポジションを落とす必要があり、後者の場合は最低限の出来高とボラティリティの兼ね合いを優先しながら銘柄選別を計ってきます。

結果として、諸々の情報も考慮すれば「勝算のある勝負」の選択肢とタイミングは自然と限られてきますので、その隙を突き続ける感覚こそ “今”の最善手でしょう。

※「業績とテーマ性」だけで結果を残せる時期は意外と短く、昨年からの長期レンジ相場入りにより「とにかく短期狙い」も勝率が上げにくくなっています。

日曜のフランス大統領選・第1回投票に関しても結果を凝視したところで不用意にストレスを溜め込むだけであり、重要なのはその前後の市場の反応を見極めながら 具体的な戦略で対応する事。→ 周囲が結果に神経質になっているタイミングでは肩の力を抜き、その後の変化に敏感かつ積極的に対応する・・・!

よかったら、目先の神経戦をみんなで乗り切っていきましょう!
  
■ 4/21〜28スタートコースの新メンバーさん募集中!■
     今なら4月分の参加費は無料です!
 
4343aquab02-001   

では 本日もお疲れ様でした。
 
お帰り前にこちらもよろしくです!