前場の日経平均は反落。112円台半ばまで軟化したドル円が利確売りを誘発して19,764円(−155)まで下落すると、売り一巡後も19,800円台前半で弱含む展開に。主要セクターは金融・資源関連を中心に概ね軟調。中小型株は 2425 ケアサービス、7448 ジーンズメイト、6941 山一電機、3661 エムアップなどに短期資金が流入したものの、総じて覇気のない商状に。

□ 午後の展望 : 続・利確優位
20,000円ワンタッチをきっかけに調整色を強めている先物主導の売り優勢の展開が本線。想定レンジは19,750〜19,900円。

■ 午後の戦略 : 想定内の押しを毅然と買い向かう!
米長期債に異変がない中での現状の株安は「良識的なテクニカル調整」の範囲内。20,000円手前の水準で利確を進めていただいた経緯も踏まえれば、予定通り19,600円水準までの押し目買いスタンスを継続していきたいところ。

☆ 6668 アドテックプラズマ
1,900円付近で●割程度まで利確を進めていただいたら、1,7●0円前後までの押しを念頭に、複数回の指値で買い直しへ。

★ 5019 出光興産
期待通りのボックス圏下限までの押しを丹念に買い直す。

その他☆★2銘柄も従来戦略を踏襲!※ Sラボ新規買い提案は現在4銘柄。
       
☆ 6541 グレイステクノロジー
5/12 4,150円 → 5/17 4,875円 +725 17%上昇
5,000円突破もワンチャンスとなっていますが、基本戦略としては予定通り「今日中の利確」で臨んでください。

        (会員サークルより)

では 午後もよろしくお願いします。