前場の日経平均は続落。NY休場の影響で売買が低調な中、イタリア政局への警戒感や明日以降の米中マクロ指標を前にしたポジション整理売りが優勢に。

東証主力株は高安マチマチ。中小型株は2656 ベクター、3825 リミックスポイント、7859 アルメディオ、4284 ソルクシーズ、3661 エムアップなどが買われているものの、総じて様子見色の強い構図。

□ 午後の展望 : 弱含み
前場同様の弱気優位の展開が本線。ドル円が110.50水準まで下ブレるようなら19,500円の攻防に警戒。

■ 午後の戦略 : 的を絞った押し目買い!
ドル円や日経平均のテクニカル悪化による鋭角な下落には警戒していますが、明確な弱材料がないままでの19,500円水準までの下押し、「中小型株物色の一服感」ともに直近何度か触れてきた想定内の事象です。

よって、下押しリスクへのケアはそのままに、現況は押し目買い好機として臨みたいところ。Sラボ銘柄も従来戦略を継続。

※ ストレス玉や弱トレンド銘柄は現値でのポジション縮小により、早ければ週末の雇用統計前後に現れるであろう『新たなる物色トレンド』に乗るための準備を進めていってください。※ 当観点からも現況での銘柄の増やしすぎはご注意ください。

【ウォッチ&Sラボ銘柄】
△ 2749 JP、2462 ライク
安倍政権が幼児教育・保育の早期無償化に向けた安定的な財源確保を検討中との報道を好感。一定数はホールドも妙手。

△ 3669 モバイルクリエイト
隠れ国策銘柄。過熱感が乏しいうちに・・・!

☆ 6668 アドテックプラズマ
昨日1,990円台までの上昇過程で5割程度の再利確 → 本日の押し目買い直し。先月のアライドアーキテクツ(6081)と同様に、名目上昇率に派手さはなくとも複数回転にて利益の積み増しが効きやすくなっていますね。もう一段の安値示現にきたい。

では 午後もよろしくお願いします。