おはようございます。

先週末のNY市場にてNYダウは最高値を更新したものの、ナスダックとドル円の軟化を受けて日経先物は19,920円(−20)で取引を終了。よって、本日は19,900円付近の利確優位でスタートした後、ドル円やナスダック先物を睨んだ19,800〜20,050円レンジの推移が想定されます。

「フランス国民議会選挙第2回投票におけるマクロン大統領サイドの大勝」は下支え要因、安倍政権の支持率低下は上値の重しとしてケア。

今週の展望はこちら
を参照ください。

今週の戦略については「巻き返し狙いの前に、体勢の立て直しを優先」をメインとした昨日のメルマガのものを踏襲。※ 流れに乗っている方や積極派の方は直近のウォッチ銘柄も参照ください。

『 下準備を入念に!! 』

では 本日もよろしくお願いします。